昨日、一連のライブドア騒動に、一応の結論が出たようですが、色々とわからないことがありますので、是非教えてください。
(1)新株予約権と第三者割当増資の違い
(2)ソフトバンク、リーマン、村上ファンドは、どのような点で「勝ち組」なのか
(3)何故、問題解決後に、ライブドアの株価が下がったのか(株数が増えても、その分お金をたくさん手に入れれたのだから、一株当たりの利益は変らないような気がするのですが)

長々とした質問になってしまいましたが、ひとつでも良いので、教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

第三者割当増資とは、「株主構成比を変える時価発行増資」のことで、新株予約権とは、「予め決められた価格で定められた期間内に新株を引受けることができる権利」のことです。



例えば、
株価が@10,000円の会社があったとして、
平成17年4月1日に特定のA社に10,000株を発行し、A社はこれを引受けた(総額1億円をA社はその日に払込んだ)。これが第三者割当増資です。
一方、平成17年4月1日に、特定のA社に向こう5年の間、@10,000円で10,000株を買える権利を付与した。この権利が新株予約権です。

わかりやすくいえばお金の払い込みがあるかないかが違いますし、また新株予約権は「権利」ですから、行使するかどうか、どのくらい行使するかはA社が自由に決めることができます。

細かく、正確にいえばもう少し複雑ですが、ざっくりとした言い方では上記のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいご説明、どうもありがとうございました。ようやくはっきりと違いがイメージできました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:10

 第三者割当増資といえば、業務提携の相手先や取引先等の、発行会社と関係のある特定の者に新株引受権を与え、新株式を発行すること。


 新株予約権といえば、ストックオプションが有名ですが、他にもいろいろ種類があるようです。

 東京証券取引所のホームページに、辞書があります。

参考URL:http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_t/daisansha. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。つまり、引受権と予約権の違いなのですね。ご紹介いただいた辞書も使いやすく重宝しております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:08

この方のブログを読めば全てがわかります。



参考URL:http://www.yuichiro-itakura.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいブログの紹介、どうもありがとうございました。ライブドアの件だけでなく、経済の問題についてとても勉強になりました。
(2)(3)の問題は解決できました。あと、(1)をどなたか教えていただけたら幸いです。色々なサイトをみましたが、いまいち理解できませんでした。

お礼日時:2005/04/19 20:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメブロから引っ越しするならライブドアブログとgooブログどっちがいいか

今アメブロでブログを書いていますが、引っ越しを考えています。
候補に挙がっているのがライブドアブログとgooブログです。
今ブログを2つ書いていて、もう一つはライブドアブログで書いています。
一体どっちに引っ越しするのがいいでしょうか?

Aベストアンサー

すでにライブドアを使っているようでしたら、ライブドアの方が慣れているので良いでしょうね
但し、もしライブドアで不具合が起きた場合は、2つも影響受けるので、gooブログにしてみても良いと思います。



あとアメブロから別のブログに引っ越す時のエクスポートがないので、検索してやり方を調べておくと、あとで焦らないと思います。


個人的には、アメブロもgooブログもライブドアブログも利用しています。

Qライブドア次の一手、新株予約権対抗策について

ライブドアが新株予約権発行を差し止める仮処分を東京地裁に申し立てたましたが、もしこの仮処分申請が認められなかった場合、ライブドア(あるいは他のニッポン放送株主)は、次の対抗策として以下の様な方法は可能なのでしょうか?

フジテレビの新株予約権の行使そのものを、
自社の権利が阻害されることを理由に、
差し止める仮処分を申し立てる。

上記が不能の場合、
フジテレビが新株予約権の権利行使を実施した時、 同様の理由によりニッポン放送に対して、
新株の発行そのものを差し止める仮処分を申し立て る。
あるいは、臨時株主総会の開催を請求し、
他の株主と力をあわせて新株発行を阻止する。

要は、
新株予約権というものは発行され一度その権利が付与されてしまうと、
他者は何人もその権利の行使を止めるてだてはないのか、
新株予約権というものの
性格そのものにも興味があるので質問します。

Aベストアンサー

前回回答から時間もたち、大変遅れて申し訳ありませんでしたが、以下にこれまで回答が不十分だった点を追加回答します。

>新株予約権の発行主体は、ニッポン放送。
同権利行使の主体は、フジテレビ。
仮処分申請又は、裁判にしろ、新株予約権の発行、権利行使、新株発行、の各段階において、ライブドア社が対峙する相手が異なってきます。

これは民事訴訟の根本的な問題で、民訴の原型は1原告:1被告なのですが、係争物(権利も含む)が譲渡(移転)されると、それを裁判でどう継承するかという問題になります。これを訴訟が係争物に付いて回るとするのが「訴訟継承主義」といい、一方裁判手続き上その原因をつくった当事者を変えないのが「当事者恒定主義」で、後者のドイツ普通法をお手本に日本の民事訴訟法がつくられています。これは係争物が第三者に移った場合でも「従前の当事者が訴訟追行権を失わず、その判決の効力が継承人にも拡張される」ことで全体の利益調整が図られる構造になっています。
例えば係争中にも拘わらず係争対象が変化したり、当事者が増えたり変更したときには、争点や事実の主張が同じならその判決効が新たな当事者にも及ぶように新たな請求を追加する「訴えの併合」や「訴えの変更」が認められます。
しかし、裁判は往々にして長引くものですから、その間係争物や権利関係が複雑に変化する可能性もあり、その度に変更していたら裁判の長期化につながり、法律もそこまで対応できないので、その予防策として本裁判の前に実務上当事者恒定の目的で保全の仮処分を求められるようにしたわけです。さらにその後新設された民事保全法では、その仮処分の効力が係争物の移転先などにも対応するように定められています。
従って(現実には既に禁止命令が決定されていますが)仮に新株予約権が発行され、行使されて新株となったとしても、まず発行禁止の仮処分時にラ社はニッポン放送に対して同一訴訟内で第2次請求として、予約権行使による新株発行も禁止する仮処分を併合することもできることになります。また、債務者側の共同当事者としてフジテレビジョンを加えることもできるわけです。
しかし、現実には訴訟手続上そのようにしていないのは、新株予約権は商法上登記によって発権しますから、今回で言えば保全命令によりラ社が5億円の担保を立てればこの新株予約権について保全仮登記ができ、フジが新株予約権を登記しようとしても対抗できません。従って、ニッポン放送は新株予約権は発行できず新株も発行できません。だからラ社としては新株予約権の発行禁止の仮処分申立てのみで十分なわけです。(この点は今回調べてわかったことで、これまで処分解放金を供託すれば、仮処分を執行停止にできると考えてニッポン放送が強行発行に及ぶことも可能性ありとみていたのですが、それは間違いでした。)

以上で、これまでの不十分な回答を補完したつもりですが、まだ何か疑問が残っていましたら補足してください。
なお、仮処分命令がでたことでその内容の全貌が明らかになったので、ラ社とフジの争点と法廷戦略に関する意見は改めて他の機会に回答することにします。

参考URL:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/minnjihozennhou.htm

前回回答から時間もたち、大変遅れて申し訳ありませんでしたが、以下にこれまで回答が不十分だった点を追加回答します。

>新株予約権の発行主体は、ニッポン放送。
同権利行使の主体は、フジテレビ。
仮処分申請又は、裁判にしろ、新株予約権の発行、権利行使、新株発行、の各段階において、ライブドア社が対峙する相手が異なってきます。

これは民事訴訟の根本的な問題で、民訴の原型は1原告:1被告なのですが、係争物(権利も含む)が譲渡(移転)されると、それを裁判でどう継承するかという問題に...続きを読む

Qライブドアブログについて

3年くらい前に ライブドアブログをやっていました。 今日になって またブログを再開しようと思ったのですが、ライブドアブログって今後も 長く続けていけるだろうかと心配になりました。 ライブドアという会社も今は無いみたいだし、いろんな機能も縮小しているのではないかという感じがするのです。アメーバブログにしようかと思って 管理画面をみてみたのですが どうもデザイン過剰で広告の部分がやたら大きくて、カラムの部分も大きくて せっかく書いた文章の部分が広告写真などで埋もれてしまって、目立たないのです。 デザインや構成面では 絶対ライブドアのほうが私は好きです。 ライブドアブログって終了の心配はないでしょうか。 今後も続けていけるでしょうか。 何事にも絶対はないというのはわかっていますので今とくに問題がなければ ライブドアでまた再開しようかとおもっています。 どなたかブログに詳しい方のご意見をいただきたいのですが よろしくお願いいたします。
私は 超初心者でして カスタマイズとかはできません。

Aベストアンサー

ライブドアブログは危険ですね。
なくなるのは時間の問題でしょう


普通にブログやるのでしたら、【アメブロ】。

カスタマイズしたいのなら、【fc2ブログ】。

無広告可能でカスタマイズしたいのなら、【シーサーブログ】。
※1アカウントで5個ブログを作れるのも魅力的


オススメは、シーサーブログです。

Q第三者割当増資をする際、株式を保有するメリットとは

先ほど、ある記事を読んでいて、「第三者割当増資」という言葉が出てきたのですが、正確に意味を把握していなかったので、用語集で調べてみました。その中に以下の記述があったのですが…

〔買い手企業が株式を取得するところは株式譲渡と同様であるが、新株引受は対価が売り手企業 (売却企業) に入る。売い手企業のオーナーの手元に現金は入らないかわりに、株式は持ち続けることが可能 (ただし持株比率は下がる)。〕

この中で、“株式は持ち続けることが可能”とありますが、売り手企業にとって、それをするメリットとはどこにあるのでしょうか。また、新株予約権の割り当てとの差異は、どこにあるのでしょうか。

Aベストアンサー

多分、立場がごっちゃになっているのではありませんか?

企業A:株式会社。質問文の「売り手企業(売却企業)」。
企業B:A社の元々の株主。質問文の「売い手企業のオーナー」
企業C:企業Aの株を第三者割当で買う企業。質問文の「買い手企業」

だとしましょう。
第三者割当では、企業Aが企業Cに新株を発行して渡し、対価として現金等をもらいます。
この時、企業Bは株を持ち続けますが、一円も受け取ることはありません。
また、新株を発行するので、発行済み株式数が増えるため、持ち株比率は下がりますが、依然としてA社の株主です。


> 新株予約権の割り当てとの差異は、どこにあるのでしょうか。

手続きを除けば、株と新株予約権の違いと大体同じです。

Qライブドアブログの検索エンジン

http://blog.livedoor.com/

 上記のサイト(ライブドアブログの検索エンジン)に自分のブログのタイトルや、書いている記事に関連する用語を打って検索しても、全然自分のブログが引っかかりません。

 自分が今使っているのはライブドアブログです。以前すくすくブログを使っていたときは、このライブドアブログの検索エンジンにも引っかかるようになっていたのに、本元のライブドアブログにしてからなんで引っかからないのかすごく疑問です。

 どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その検索窓はGoogleの検索結果が出るだけですので…
Livedoorブログのブログ専門検索エンジンでは無いので、Googleで検索されるように”努力”される事が必要です。

面倒な事はせず、こつこつと記事を書き、トラックバックをし、訪問先のブログの方と仲良くしましょう。
真面目で良いブログと検索エンジンが”認識”すれば、自然と検索結果に反映されます。

Q株のうごきとライブドア

 こんばんは。最近のニュースでライブドアが注目されていますよね?私は経済については無頓着で、いまいちよくわかりません。今日もニュースを見てみましたが、『ライブドアにとってまぁ・・・良かったといえる状態になったのかな?』ぐらいしか思えないくらいわかりませんでした。
 さすがにまずいと思うので、株に詳しい方や、ライブドアの件に興味を持っている方、いらっしゃいましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

NO2です。

歪んだ関係>
本来ニッポン放送が親です、そこから生まれたのがフジTVですので子です。(時代的に)
時が流れて子供の方が親より大きくなった。
(時価総額や売上高などで逆転)
株の世界では、支配権の有無が親子関係です。
ニッポン放送がフジTVの株を持っている。(ニッポン放送が親)
代替わりが出来ていなかった。(原因は鹿内氏の株?)
小が大の支配権を持っている。そこが歪んだ関係。

公開買い付け>
株式は上場していれば、通常株の売買は市場で取引します。
それ以外に直接売買(例 堤氏の西武の株)
そして公開買い付け(TOB)市場を通さず買う方法。
今回のTOB(1月17日 公表)
ニッポン放送の株価17日終値5500円 
公開買い付け価格 5950円(終値よりも価格上乗せ)
期限3月7日 目標株数50%以上

株主は持ち続ける・市場で売るか・TOBに応じるか選択できます。
今回の場合買収される側のニッポン放送も同意していますので、敵対的買収と言いません。

ここでライブドアが参戦しなければ、5950円以上の額にはならないで成功したでしょう?
しかし今回は大幅にUPしていたので、TOBに応じた企業は損をした事になります。
(次回の株主総会に説明責任が発生します)

時間外取引> ニッポン放送は東証2部
市場は通常9時~11時と12時半~15時(大商15時10分)
上の時間外にも市場取引が時間外取引です。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FE%B4%D6%B3%B0%BC%E8%B0%FA

NO2です。

歪んだ関係>
本来ニッポン放送が親です、そこから生まれたのがフジTVですので子です。(時代的に)
時が流れて子供の方が親より大きくなった。
(時価総額や売上高などで逆転)
株の世界では、支配権の有無が親子関係です。
ニッポン放送がフジTVの株を持っている。(ニッポン放送が親)
代替わりが出来ていなかった。(原因は鹿内氏の株?)
小が大の支配権を持っている。そこが歪んだ関係。

公開買い付け>
株式は上場していれば、通常株の売買は市場で取引します。
それ以外...続きを読む

Qブログを本に or ライブドアからアメブロへの引越

私はライブドアでブログを開設しております。


アメブロではブログを本にすることができるようですが、ライブドアブログも何らかの形で本にすることは可能でしょうか?
(用途は個人の保管用のみで1冊)

もし不可の場合、ライブドアブログをアメブロに引越する方法はありますでしょうか?
(1つ1つコピーペーストするしかないでしょうか…)

お分かりの方いらっしゃいましたら教えてください。

ちなみに私は
PCについて専門的な知識はありません。
恐れ入りますが、素人にも分かるようご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

ブログを本にするには、ブログに書き込まれた文章などをデータとしてダウンロードする必要があります。
参考URLにあります「ブログ出版局」での対応ブログにもあるように、ライブドアブログの有料版であれば、データのダウンロードができるようになりますので、本にすることができます。
アメブロへの引っ越しする場合は、一応調べたところ、ライブドアブログでダウンロードしてきたデータを読み込むことが出来るようです。
http://helps.ameba.jp/faq/blog/import/livedoor.html
こちらのアメブロのヘルプにもあるように、画像サイズやアメブロで使えないタグが入っていたりすると、ライブドアブログで表示されていたようにならない場合があります。

参考URL:http://print.cssj.jp/2/

Qライブドアのニッポン放送株買収について

落ち着きを最近取り戻しましたが、和解までの間にライブドアへの逆風がかなり多かった気がし、今更ながら逆に肯定論はないものかと考えています。
インターネットと放送事業の融合くらいしかメリットがない気がするのですが、他に何か思いつかれた方がいましたら、ご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

M&Aには全くの門外漢で、あまり関心もなかったのですが、今回の「騒動」を見て感じたことを書いてみます。

騒ぎの発端は、ライブドアの堀江社長が朝日新聞発行の「アエラ」誌のインタビューで、産経新聞の編集方針を批判して同紙改革のビジョンを語ったことです。

朝日と産経は論調とくに国際問題に関しては正反対の論陣を張っています。堀江氏はお金儲けにはすばらしい才能を持った人ですが、イデオロギー的にはいわゆるノンポリのようですね。

堀江氏が本当に賢くて、産経新聞を娯楽紙に変革しようと考える人だったら、「アエラ」誌に乗せられることなく、フジテレビの日枝会長を籠絡してまんまとフジサンケイグループに入り込んだことでしょう。

3月17日の朝日新聞夕刊はライブドアがフジテレビ本体をLBO(小が大を飲み込む敵対的買収)を考えていると報じました。

これは結果として逆効果で、大企業の経営者をはじめ一般投資家まで、堀氏の本当の狙いに疑いを抱かせることとなり、ライブドア自体の株価が年初来の最安値をつけました。

このあとの結末はご承知の通りです。一連の騒ぎで分かったことは、堀江氏はある勢力に踊らされたピエロだったということです。

M&Aには全くの門外漢で、あまり関心もなかったのですが、今回の「騒動」を見て感じたことを書いてみます。

騒ぎの発端は、ライブドアの堀江社長が朝日新聞発行の「アエラ」誌のインタビューで、産経新聞の編集方針を批判して同紙改革のビジョンを語ったことです。

朝日と産経は論調とくに国際問題に関しては正反対の論陣を張っています。堀江氏はお金儲けにはすばらしい才能を持った人ですが、イデオロギー的にはいわゆるノンポリのようですね。

堀江氏が本当に賢くて、産経新聞を娯楽紙に変革しよう...続きを読む

QライブドアブログのRSSはどうやったら分かりますか?

ライブドアブログのRSSはどうやったら分かりますか?

ライブドアブログを使ってます。自分のRSSのアドレスはどうやったら分かるんですか?

Aベストアンサー

最近はRSSのURLを自動検出される仕組みが普及しているので、主要なRSSリーダーを利用される場合には、RSSのURLを意識する必要はないかと思うのですが、それでも知りたい場合はみてるブログのソースをみると書いてあります。(つまりそれをRSSリーダーが読んで認識しています。)
<head>~</head>の中に
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="http://blog.livedoor.jp/xxx/index.rdf" />
のような記述があると思うんですが、(この場合)http://blog.livedoor.jp/xxx/index.rdfがRSSのURLです。

また、ライブドアブログのRSSのURLは、対象のブログのURLがhttp://blog.livedoor.jp/xxx/の場合、特になにも変更していない初期状態の場合、http://blog.livedoor.jp/xxx/index.rdfです。(もちろん自力で修正されていたり、有料オプションで別のRSSを指定していたりした場合は異なるURLなのですが)

最近はRSSのURLを自動検出される仕組みが普及しているので、主要なRSSリーダーを利用される場合には、RSSのURLを意識する必要はないかと思うのですが、それでも知りたい場合はみてるブログのソースをみると書いてあります。(つまりそれをRSSリーダーが読んで認識しています。)
<head>~</head>の中に
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="http://blog.livedoor.jp/xxx/index.rdf" />
のような記述があると思うんですが、(この場合)http://blog.livedoor.jp/xxx/index.rdfがR...続きを読む

Q結局、ライブドアがニッポン放送株を過半数買うとどうなるの?

今、色々と問題になっているライブドアとフジテレビのニッポン放送株の取り合いですが、結局民間の会社が放送局の株を買ったらなにがいけないんですか?
どんな問題があるんですか?決定権をにぎるのは分かるんですけどそれがなにか?堀江社長がなにか良からぬことでもたくらんでるんですか?また堀江社長はニッポン放送をどのようにしていくつもりだと思いますか?ご貢献を賜れば幸いです。

Aベストアンサー

なかなかレス付きませんね。
結構興味深い質問だったので期待したんですが。
素人なりの意見を書きますね。

>結局民間の会社が放送局の株を買ったらなにがいけないんですか?
民間の会社が株を購入することは問題がありません。
問題なのは、今回ライブドアが株購入の資金を外資から調達したことです。これも単に資金を借りたのなら問題はありませんが転換社債で調達した点です。
これは返済期限が切れると株に転換できる社債ですから仮にライブドアがニッポン放送を支配でき、ライブドアの株が外資の手にあれば、外資はライブドアを通じて間接的にニッポン放送を支配できてしまうことが問題になっています。放送局は外資が支配できないよう20%までしか資本参加が許されておらず、法の不備が指摘されています。
その他にライブドアがニッポン放送株、35%を立会い外で入手しましたが入手方法は違法ではありませんが入手過程に違法性はなかったか、またフジは友好的M&AとしてTOBによる株の買い付けを行ったが対してライブドアは敵対的M&Aとして立会い外での株入手という2社を比較しての道義的方法が問題視されています。

>堀江社長がなにか良からぬことでもたくらんでるんですか?また堀江社長はニッポン放送をどのようにしていくつもりだと思いますか?
この点についてですが堀江社長は盛んに既存メディアとインターネットの融合を口にしていますが具体的なことは明らかになっていません。しかし堀江社長が今迄発言してきた内容や対談などから考えの一端はうかがい知る事ができます。
基本的にニッポン放送をどうこうしようと思っていません。ニッポン放送を支配してフジテレビと業務提携したいだけです。そのための道具でしかありません。
元々ニッポン放送は赤字会社ではありませんから何もしなくても問題はありません。ニッポン放送を支配できたら今度はニッポン放送を利用してフジテレビへの経営参加に動くと思われます。何故フジなのか?という疑問ですが、堀江社長はメディアを持つことでライブドアの企業イメージを上げようと考えています。
また、ライブドアの集客率をヤフーより上げるにはどうしたら良いかと考えた時、テレビは大勢が毎日見ているからテレビのコンテンツをHP上に設けることで集客率を上げることができると思ったのでしょう。
堀江社長はネットオークションをHPに設けたいようです。そんな時にもフジのドラマで使用した○○を目玉にすればHPの集客率を上げることができます。
堀江社長はマスコミをどうこうするよりもライブドアの集客率をフジを利用して上げて広告収入を増やすことを考えているようです。
イメージを上げる、集客率を上げるこれが堀江社長の考えるシナジー効果のようです。

なかなかレス付きませんね。
結構興味深い質問だったので期待したんですが。
素人なりの意見を書きますね。

>結局民間の会社が放送局の株を買ったらなにがいけないんですか?
民間の会社が株を購入することは問題がありません。
問題なのは、今回ライブドアが株購入の資金を外資から調達したことです。これも単に資金を借りたのなら問題はありませんが転換社債で調達した点です。
これは返済期限が切れると株に転換できる社債ですから仮にライブドアがニッポン放送を支配でき、ライブドアの株が外資の手...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報