昨日、一連のライブドア騒動に、一応の結論が出たようですが、色々とわからないことがありますので、是非教えてください。
(1)新株予約権と第三者割当増資の違い
(2)ソフトバンク、リーマン、村上ファンドは、どのような点で「勝ち組」なのか
(3)何故、問題解決後に、ライブドアの株価が下がったのか(株数が増えても、その分お金をたくさん手に入れれたのだから、一株当たりの利益は変らないような気がするのですが)

長々とした質問になってしまいましたが、ひとつでも良いので、教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

第三者割当増資とは、「株主構成比を変える時価発行増資」のことで、新株予約権とは、「予め決められた価格で定められた期間内に新株を引受けることができる権利」のことです。



例えば、
株価が@10,000円の会社があったとして、
平成17年4月1日に特定のA社に10,000株を発行し、A社はこれを引受けた(総額1億円をA社はその日に払込んだ)。これが第三者割当増資です。
一方、平成17年4月1日に、特定のA社に向こう5年の間、@10,000円で10,000株を買える権利を付与した。この権利が新株予約権です。

わかりやすくいえばお金の払い込みがあるかないかが違いますし、また新株予約権は「権利」ですから、行使するかどうか、どのくらい行使するかはA社が自由に決めることができます。

細かく、正確にいえばもう少し複雑ですが、ざっくりとした言い方では上記のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいご説明、どうもありがとうございました。ようやくはっきりと違いがイメージできました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:10

 第三者割当増資といえば、業務提携の相手先や取引先等の、発行会社と関係のある特定の者に新株引受権を与え、新株式を発行すること。


 新株予約権といえば、ストックオプションが有名ですが、他にもいろいろ種類があるようです。

 東京証券取引所のホームページに、辞書があります。

参考URL:http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_t/daisansha. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。つまり、引受権と予約権の違いなのですね。ご紹介いただいた辞書も使いやすく重宝しております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:08

この方のブログを読めば全てがわかります。



参考URL:http://www.yuichiro-itakura.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいブログの紹介、どうもありがとうございました。ライブドアの件だけでなく、経済の問題についてとても勉強になりました。
(2)(3)の問題は解決できました。あと、(1)をどなたか教えていただけたら幸いです。色々なサイトをみましたが、いまいち理解できませんでした。

お礼日時:2005/04/19 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング