イギリスの産業革命があったというのは分かるんですが、具体的にどんなことをして他の国にどんな影響があったか知りたいので教えてください。お願いします。(信頼できて情報が豊富なサイトなどでもいいです。)

A 回答 (4件)

去年受験生で世界史は得意でした。





 イギリスで産業革命が起きた理由は4つの条件がそろったからです。
その4つとは、機械、資本の蓄積、労働者、市場です。

 まず、機械。ご存知の通り、ワットにより蒸気機関が改良され、ハーグリーブズやクロンプトン、アークライトなどにより織機や紡績機が発明され、生産力が飛躍的に上昇しました。
 
 次に、資本の蓄積。工場を造るにも、新しい機械を発明・導入するにもお金、つまり資本が必要不可欠ですね。その点イギリスは毛織物工業の発達や、イギリスと西アフリカ、新大陸(北米大陸)を結ぶ三角貿易で資本を蓄積しました。
 
 第3に労働者。機械や工場を用意しても労働者がいなくては動かせません。イギリス政府は「第二次囲い込み」と呼ばれる農業政策を行った結果、大量の失地農が都市に流入し、彼らが工場労働者となりました。

 最後に市場。いくら製品を製造できてもそれを売ることができなければ意味がありません。そこでイギリスは北米大陸や、当時半植民地化しつつあったインドへ生産した、綿織物を売りました。機械で大量に生産したものですから当然安く、世界の綿織物市場を席巻することができました。

以上が産業革命です。

産業革命の他国への影響ですね。
まず、大量の安価な綿織物が世界に出回り、イギリスによるインド植民地化が進行した。
イギリスが覇権を獲得し、イギリスによる平和(パックス=ブリタニカ)時代到来の契機となったこと。
その後産業革命が世界へ広まったことにより、欧米列強による帝国主義時代への突入の道を開くことになった。

まだまだありますが、とりあえずこのくらいでどうでしょうか? 
    • good
    • 1

教科書には、書いていない資本の蓄積(北・南米大陸)での先住民族特の黄金文明の栄えたマヤ・アズテク・インカに対しての金装飾品等の文明を、イギリス・スペイン大航海時代のう勇者たちは、彼らの黄金文明を、単なる金として強奪しインゴットとし、産業革命の原資にした。

    • good
    • 0

中学の歴史でやったような。

。。

例えば、それ以前は『家内制手工業』とも言われる
親方と弟子、或いは文字通り家族単位で
鍛冶屋を営んだり、織物を織ったりしていたのが
工場に労働者を集め、(蒸気機関等の動力を用い)ることで大量生産を可能にした。
生産性が格段に上がり、商品単価が下がり大量の商品を捌く必要が生じたので
海外に販路を拡大するためと、原材料の確保のために植民地の拡大を行った。

かなり大雑把に言えばこんな感じ
学校の教科書の方が詳しそうな気もしますが
    • good
    • 1

>信頼できて情報が豊富


 そういった目的の場合は最寄の図書館へいくのがベストです。

この回答への補足

家が田舎なもんで図書館など調べ物ができる機関が近くになくて困っています。あればいいんですけどね~・・・

補足日時:2005/04/19 18:47
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスの産業革命について

困ってます。
イギリスの産業革命によって、日本が受けた被害と現在への影響
を知りたいのですが、
調べても分かりません。 この時代、日本は鎖国でしたので、ヨーロッパとの交流はなかったのだと思いますが・・・。
なにか、小さなことでも知ってましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>この時代、日本は鎖国でしたので、ヨーロッパとの交流はなかったのだと思いますが・・・。

そうです。
今の内に産業革命と第二次産業革命(それに伴う帝国、植民地主義)は違うと言う認識を持つべきです。


イギリスの産業革命によって家内製手工業体制は崩れ、大量生産の時代へ移ります。
生産の3要素、土地、資本、労働力と言う資本主義へステップします。

巨大な紡績工場で工女を雇って大量生産する時代になります。
特権階級である華族や財閥。それに対する労働者の貧富の差は歴然としました。

英国の綿布は安く高品質で大量でした。

家内製手工業の衰退は農家の副収入を激減させました。
その上、綿は綿布の価格を抑える為に安く買い叩かれ、農家の小作化が進みます。


綿布の輸出は主に中国であり、英国との競争でした。
日本は大陸への利権に固執し、満州国建設へ暴走します。

日本経済は綿布の輸出と言うグローバル化が進み、その結果景気不景気の波が激しくなります。
第一次大戦による好景気→不景気→関東大震災→昭和恐慌→世界恐慌→太平洋戦争へ進みます。

Qイギリス産業革命の意義について

これをテーマにしたレポートを提出しなければなりません。
よくわからないのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

>書物でなかなかよい参考文献が見つからなかったの
岩波講座 世界歴史
で大体用は足りるはずです。

Q世界初の産業革命について

イギリスで起こった産業革命は、国内と国外にどういう影響をもたらしたのでしょうか??教えてください。よろしくお願いします。参考になるホームページなどもぜひお願いします。

Aベストアンサー

#2です。追加ですが。

海外への波及は、ひとつは技術の流出です。日本もまた、欧米の技術を学びました。
結果、技術を与える側、つまり欧米が利潤を得て、精神意識も優位に立ちました。
分野はちがいますが、哲学などでも、延々と欧米中心主義がつづきました。

さらに、アフリカなどから労働力を得るため、奴隷制が始まりました。
労働市場の国際化と、差別、被差別の問題です。

国際化のための造船技術も発達しました。そもそも船がなければ遠くへは行けませんよね。
それが軍備(軍艦)として発達しました。

いずれにしても、始まりはなんと蒸気機関の発明だったという、ヘンなオチですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報