少し前‘年寄りは死んでください国の為‘という歌が詠まれ話題になりました。読み手の伝えたかった真意を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



既に故人ですが渡辺美智雄氏が、現役の大臣当時の発言で、

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/104/0140 …
(第104回国会 大蔵委員会 第7号昭和六十一年三月六日(木曜日))

によると、

「二十一世紀は灰色の世界、なぜならば、働かない老人がいっぱいいつまでも生きておって、稼ぐことのできない人が、税金を使う話をする資格がないの、最初から」

、こう言ったわけであります。渡辺通産大臣は、それ以外にも、八三年の十一月二十四日には、「乳牛は乳が出なくなったら屠殺場へ送る。豚は八カ月たったら殺す。人間も、働けなくなったら死んでいただくと大蔵省は大変助かる。経済的に言えば一番効率がいい」

とあります。(同議事録下の方、正森議員の発言)

これらの発言を揶揄った歌ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。昔の政治家はなかなかストレートな事を言えたのですね。でも渡辺通産大臣の‘灰色の世界‘発言はあたってると思います。

お礼日時:2005/04/20 09:24

 もとは15~55歳まで40年間を働いた者が、0~15歳の15年、


55~70歳までの15年、あわせて30年間を扶養すればよかった。
 余った10年分で、役人の給料(徴収コスト)を払う予定だった。
 
 いまや20~60歳まで40年間を働いた者が、0~20歳の20年、
60~80歳までの20年、みずから40年間を扶養することになる。
 学歴が5年、平均寿命が10年のびたため、勘定が足りなくなった。
 
 去年は「掛金を払わない連中が多い」と非難された。
 今年は「掛金を流用した役所が悪い」と追求されている。
 来年は「年金を受けとる老人が憎い」と風向きが変わるだろう。
    • good
    • 0

そういう思想があることは事実です。


しかし老人は現在の日本の繁栄の担い手であった筈で、その成果を謳歌する邪魔だから国の為死んで下さいとある日突然言われてもそれは余りにも虫の良い思想だと思います。

何事も自己責任の時代といわれても、これも最近の風潮であって、老人達の現役時代にはそんな事は考えていられなかった状態だったのを忘れていませんかと反論が聞こえてきます。

貴方もいつか老いていく身、その時は国の為死んで下さい。  これは冗談。
    • good
    • 0

あまり良く覚えていないのですが。


法律の改正で老人の介護や医療費の国の負担を減らして、地方自治体の負担を増やす。
そうすると財政の厳しい地方自治体は負担できないので、当然介護や医療費が削られ、今まで受けていたサービスが受けられなくなる。
それを受けて、ある介護福祉士の方が。
今まで日本を支えてきた先達たちは「働けなくなったら死んでくださいと国は言いたいのか」と皮肉って作られたと聞いた覚えがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。皮肉だったのですね。

お礼日時:2005/04/20 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓

韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓国軍に対する米軍の評価は良いものなのでしょうか?(評価については、確かな根拠を出していただければ幸いです)

何日か前、自衛隊所属の友人と一緒にいた在日米軍人(たしかカナダ系、日本語上手い)と飲んだ時の話です。
カナダ系の人とも仲良くなって、楽しく会話した時でした。最近会ったニュースで、大規模な米韓合同軍事演習があったのを思い出し、その事について2人に聞いてみました。

カナダ系「僕はそれに参加してないからよくわからないけど、韓国にとってはいいんじゃないかな?」

私「韓国だけ?アメリカにとっては良くないってこと?」

カナダ系「いや、国としてはいいと思うよ。日本や韓国はアメリカにとって大切なパートナーだからね。でも、…。」(そのあとは、まとめると、彼が所属してた隊や他の隊も韓国軍に対する印象は良くなかったとの事でした。)

何故か聞いてみると
・英語が理解できるヤツが少なく、連携した行動が取ることができない。中には「お前の発音が悪い」と言われキレられる。(まぁ、英語力が低いのはコッチも同じかな〜と思います。)
・勝手に判断して訓練を進める事もたまにあるため、混乱する事も珍しくない。
・黒人や東南系、メキシコ系、日系に対する態度は酷い。白人に対してもチラホラ…
・身だしなみが酷く、寝坊して集合に遅れる者も多い(特に上官が酷い)。
・そもそも統率力が低い。
・喧嘩が多く、それに何故か巻き込まれる。
など。

また、彼が在韓米軍として働いていた時は、在韓米軍人の殆どが「もう帰りたい」と口を漏らしていたとことです。(韓国での生活でも色々と大変みたいです。)

まぁ、100%信じてる訳じゃないですけど…。ちなみに、自衛隊に対する評価は高かったです。(特に統率力と食事)

韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓国軍に対する米軍の評価は良いものなのでしょうか?(評価については、確かな根拠を出していただければ幸いです)

何日か前、自衛隊所属の友人と一緒にいた在日米軍人(たしかカナダ系、日本語上手い)と飲んだ時の話です。
カナダ系の人とも仲良くなって、楽しく会話した時でした。最近会ったニュースで、大規模な米韓合同軍事演習があったのを思い出し、その事について2人に聞いてみました。

カナ...続きを読む

Aベストアンサー

こちらがアジアの軍事力比較です。
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/55361863.html
必ずしも2位というわけではありませんが、眉唾的な北朝鮮のデータを除けばそこそこの地位にあると思います。
米軍評価ですが、まず韓国にも「思いやり予算」がありますがその額はおよそ900億円です。一方日本は1860億円であり、韓国の2倍となっています。
韓国と違って日本は地政的にも南北に長くて防衛・守備範囲がとてつもなく広いという事情もありますが、在日米軍は在韓米軍よりも恵まれているといっていいでしょうね。
それと大きな違いは、韓国には元々徴兵制があって「自分の国は自分で守る」という感覚があります。そういう視点は当然在韓米軍に対する接し方にも現れるでしょうから、逆に韓国軍に対する評価が低くなる可能性は大いにありそうです。
日本は、初動は自衛隊で対処できますが、二次三次攻撃に対する防衛となったら手が出ませんから、米軍を頼る感覚はもっと高いです。
そこが規律や協力度合いとなって出るのかと思います。

Q国の為に子供を産む人なんていませんよね、単に自分達の性欲を満たす為に産

国の為に子供を産む人なんていませんよね、単に自分達の性欲を満たす為に産んでいるだけでしょ、どうして他人の子供に赤の他人の税金を使うのですか?
こう考えるとニートとかフリーターの人って被害がなくて羨ましいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223923767
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110653866
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1248175434/
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1274687378/
や2ちゃんねるでも人口減ってくれという人は多く見ますが増えてくれなんていう人は
稀な気がします。実際にテレビなどでも高齢者の問題は大きくとりあげるけど
少子化問題はほとんどとりあげないですから。
掲示板などの子供手当てに対するコメントにしても時間帯によってすごく変わる。
平日の昼間とかは暇な主婦、夜間は恩恵を受けれる男、それら以外の人は何のメリットもないので反対。平日の23時過ぎぐらいになるとほとんどは反対意見になる。
ようするに貰える人間だけが必死で賛成するのだろうけど、そもそも産み終っている
世帯にばら撒いた所でなんになるんですか?お金に困ってないから産んだんでしょ?
国があなたに産んでくれと頼んだわけでもないでしょ。(実際に適度な人口密度の欧州の国々に比べて国債の増加率が著しいのを見ると、それだけ税金食い虫が日本には
多い事だと思う、二酸化炭素発生量にしたって世界3位だし)
朝から晩まで休みもほとんどなく働いていても子供作ってしまって生活費が厳しいというなら同情して毎月補助金10万円ぐらい国があげてもいい気もするけど、昼間からネットしているような主婦がいるような所にばら撒く必要ないと思うんですよね、お金ないなら働くのが当たり前なんだから(専業主婦にいたってはパートすらしていないわけだから)。よく聞くのが年収300万未満が10人増えるより年収1000万以上が1人増える方が税収も高くなるし、地球環境にも良いとなると某大学教授が言っていましたけど。
年収300万以下だと基礎控除などをひいて所得税なども実質年間に20万ちょい(10人いてもせいぜい300万ぐらい)
1000万クラスだと3割強の税率がかかり、1人だけで380万とかそのくらいの
所得税を納めるわけですから。年収300万未満でも働いているだけマシですが、わざわざ国債使わないと仕事が作れない(雇用を作れない)日本だし
民間企業も本当に必要な人材しか雇わない時代に(どんどんリストラしている時代)
子供なんか増やしてどうするのですか?、どんな低脳でもお金さえあれば大学入れてしまう国だから学力も外国にどんどん抜かれていくと思うし。
子供手当てなどは小額なので我慢できても、子供手当てで育ってて、また就職口が
ないから生活保護費だ雇用維持費だで国債発行という話になったら、人口維持を推進した人のマネーだけでやってほしいものですよね。 はじめから出生数があがる=国債も増える異常気象も増えるぐらい目にみえているんですから。ブラジルなどは増えすぎて中国のような人口抑制政策をするようですが。 政策の賛成、反対も名前を明記して投票して、成功したなら賛成した人が恩恵を受ける、失敗したならその賛成した人達が
余った子供に仕事を譲るなり、社会保障をその人達だけのマネーでやってもらいたいですね。 そういう人達って子供が増えなかったら、あなたの老後のお金はってバカのひとつ覚えのように言ってますから(別に貯蓄してるから困らないし)

国の為に子供を産む人なんていませんよね、単に自分達の性欲を満たす為に産んでいるだけでしょ、どうして他人の子供に赤の他人の税金を使うのですか?
こう考えるとニートとかフリーターの人って被害がなくて羨ましいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223923767
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110653866
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1248175434/
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1274687378/
や2ちゃんねるでも人口...続きを読む

Aベストアンサー

全くその通りです。他人の赤ん坊のために税金なんて払いたくありません。

そういえば、質問者さんの家の前の道路は舗装されていますか?その道路の舗装は、私が払った税金で舗装されているんですよ。なんで私が見ず知らずの他人の家の前の道路の舗装のために税金を払わなければならないのかさっぱりわかりません。
そんな税金は払いたくありません。

質問者さんがどこの生まれで、どこの小学校を出て、どこの中学を出て、どこの高校へ行き、どこの大学を出たか知りませんが、すべて税金で賄われています。私立の学校も、税金からの補助金がたくさん使われています。それらはすべて私が払った税金が使われていますなんで私があんたの学校のために税金を払わなくちゃならないんです?
そんな税金は払いたくありません

質問者さんは水はどうしていますか?水道は使わずに雑巾がけやトイレ、洗濯まですべてペットボトルのミネラルウォーターを使っていますか?それともご自宅に自前の井戸がありますか?もし水道を使っているのなら、それも私が払った税金で賄われているんですよ。なんだって私があんたの家のトイレの水のために税金を払わなくちゃいけないんです?
そんな税金払いたくありません。

あなたもそう思いますよね?

全くその通りです。他人の赤ん坊のために税金なんて払いたくありません。

そういえば、質問者さんの家の前の道路は舗装されていますか?その道路の舗装は、私が払った税金で舗装されているんですよ。なんで私が見ず知らずの他人の家の前の道路の舗装のために税金を払わなければならないのかさっぱりわかりません。
そんな税金は払いたくありません。

質問者さんがどこの生まれで、どこの小学校を出て、どこの中学を出て、どこの高校へ行き、どこの大学を出たか知りませんが、すべて税金で賄われています。私立の...続きを読む

Q統治力と軍事力について

こんどWORLD HISTORYの授業で10分スピーチをする事になったのですが。
私はローマ帝国の統治力と軍事力について話そうと思ってるんですが。
個人の意見で 
”国を治めるには統治力より軍事力がなければならない”ということを
言いたいんですが、その証拠になる資料を探しています。
いくら統治力があったとしても軍事力がなければ外からの攻撃を防ぐ事は出来ない
もし軍事力があったのなら その力で国を弾圧する事だってできるのだから
軍事力の方が国をコントロールするのに必要・・みたいな事を書きたいのです。
あ あとネロは暴君だと聞きましたがあの人もやはり高い軍事力をもっていたのでしょうか。ローマ帝国の皇帝はAUGUSTUSとネロ・・その他の皇帝の軍事力の資料が必要なのですが そのことについて詳しいサイトを知ってる方がいたら教えていただけないでしょうか お願いしますっ

Aベストアンサー

tsurugiさんの話そうとしていることについてですが、「統治力」「軍事力」というのはどのようなことを指しているのでしょうか。

話の流れから考えますと、一個人の能力で考えておられるのかなとも思えますし、国家としてのシステムや能力のことを考えておられるのかなとも思えます。いずれにしろ、スピーチを始める前に、ご自分でその言葉をどのように定義するか、良く考えてください。

私の思う所では「統治力」とは個人の能力であり、「軍事力」とは国家の能力です。とするならば、いかなる場合であれ個人よりも国家の能力の方が優越しますからtsurugiさんの意見は常に正しいです。(でもとりたてて新しい見解でもないのであんまり意味はないと思えます。)もし、「統治力」を国家のシステムであると考えるのであれば、その中には当然「軍事力」が含まれていますから、これまた無意味なことになってしまいます。

また、後半の部分の質問である「ネロ・・その他の皇帝の軍事力」とは一体何を指しているのか意味不明です。まさか、シミュレーションゲームで数値で表されるようなものとして考えておられるのではないでしょうね。それとも例えばネロ直属の親衛隊の兵力とかを考えておられるのでしょうか。これにしても、その国家の体制次第で(ローマの場合ならば時代次第で)皇帝の命令権の到達範囲が違いますからなんとも言えません。ネロの頃であれば、まだ皇帝(というより第一市民)の命令を全軍隊が聞くはずですからローマ軍すべてということになるでしょう。うーん、それともローマ軍全ての数を知りたいのですか?

あまり参考にはならなかったとは思いますが、結局自分が何を知りたいのか明確にすれば、おのずと答えは見つけられると思います。

tsurugiさんの話そうとしていることについてですが、「統治力」「軍事力」というのはどのようなことを指しているのでしょうか。

話の流れから考えますと、一個人の能力で考えておられるのかなとも思えますし、国家としてのシステムや能力のことを考えておられるのかなとも思えます。いずれにしろ、スピーチを始める前に、ご自分でその言葉をどのように定義するか、良く考えてください。

私の思う所では「統治力」とは個人の能力であり、「軍事力」とは国家の能力です。とするならば、いかなる場合であれ個人...続きを読む

Q‘地主‘に重税をかけないのはなぜ??

こんにちは。‘地主‘という存在が日本で一番の悪人だと思っている者です。
世間の皆様はホリエモンや政治家を叩きますが彼らより悪人なのは‘地主‘ではないでしょうか?
堀江社長は自分の頭脳と才能でお金を稼ぎ出したわけで別に犯罪行為で儲けたわけではありません。
政治家だって民主主義により選ばれたわけです。
しかし‘地主‘(特に東京の)はたまたま農家で土地があり戦後の高度成長で土地の価格が上がっただけで大金持ちです。都内でしたらまったく働かなくても億万長者です。
自分の知り合いで少々知的障害を持っている方がいますが、親が地主の為働かなくても年収ウン千万円です。
‘自称‘写真家、‘自称‘アーティスト(又は芸術家)、‘自称‘何とかの活動家‘などなど‘どうやって収入を得ているのだろう?食べていけるのだろうか?‘と疑問に感じる‘職業‘の方々はよくよく話を聞くと大抵実家が地主で本職は‘不動産管理‘で生活は‘家賃収入‘というパターンが多いです。(要するに実家が地主ではなかったらニートもしくは無職)
別にお金持ちを妬んでいるわけではございません。
イチローや自分で事業を起こし成功した方々は立派だと思いますし、才能があり努力した人間にはそれなりの報酬があって当然だと思います。
しかし、‘地主‘というのは努力、才能にまったく関わらず大金をいとも簡単に稼いでいます。多くの方が毎日一生懸命働いて稼いだ月収の中から家賃を支払っていると思います。その家賃を受け取るのはろくに働きもしない‘自称‘芸術家の地主の息子だったりするわけですがどう考えておかしくないでしょうか?資本主義はそういうものだ。と言ってしまえばそれまでですがなぜ国は地主に重税をかけないのでしょうか?
時代劇でも‘地主‘は悪役です。

こんにちは。‘地主‘という存在が日本で一番の悪人だと思っている者です。
世間の皆様はホリエモンや政治家を叩きますが彼らより悪人なのは‘地主‘ではないでしょうか?
堀江社長は自分の頭脳と才能でお金を稼ぎ出したわけで別に犯罪行為で儲けたわけではありません。
政治家だって民主主義により選ばれたわけです。
しかし‘地主‘(特に東京の)はたまたま農家で土地があり戦後の高度成長で土地の価格が上がっただけで大金持ちです。都内でしたらまったく働かなくても億万長者です。
自分の知り合いで少々知的...続きを読む

Aベストアンサー

戦後の日本経済の原動力は、不動産価格の高騰でした。
農地解放でタダで手に入れた土地が、莫大な資産に変わったわけですから、その資産がぐるぐる回って日本の経済を支えたわけです。

その不動産価格が不安定であることが日本の経済を不安定にしています。
不動産を悪者にした橋本元総理と、日銀の三重野総裁がバブル崩壊の戦犯です。

不労所得で左うちわの人へのジェラシーもわかりますが、自由主義経済というものは、金を稼いだ人が無駄遣いし、それが回り回って経済が活性化するものです。

きちんと納税し、無駄遣いしているのなら、間接的に世のため人のために活躍しているはずので、問題ないと思います。

Q世界の支配的な言語になるため必要なのは軍事力ですか

現在、英語が世界の支配的な言語になっている理由は、
アメリカの軍事力が秀でているからでしょうか。
ある国の言語が世界の支配的な言語になるために必要なのは、
その国の軍事力なのでしょうか。

Aベストアンサー

英語が(アメリカ語ではありません)今のような支配的言語になったのは、産業革命時代、イギリスの技術と文明が最も優れていたからです。軍事力故ではありません。アメリカはその鬼っ子に過ぎません。
世界の覇権を握るのはあくまで技術と文明の高さであって、軍事力ではありません。第二次世界大戦時はドイツの軍事力が世界一でしたが、ドイツ語は世界共通語にはなれませんでした。今でも日本語よりマイナーです。(ドイツ語人口が少ないという意味で)
言語人口としては中国語が多いですが、世界共通語には絶対なりません。中国の技術と文明があまりにも低いからです。いくら中国語を覚えても、商売は出来ますが、技術や文明に関われません。
近い将来、英語が母国語の国より、技術、文明が高い国が出たら、その国の言語が世界共通言語になるでしょう。しかし今のところその候補は見あたりませんね。少なくとも後100年は無理でしょうね。20年前、バブルがはじけず、あのまま高度成長が続いていたら、日本と日本語がそうなれる可能性がかなりありましたが、駄目でした。技術と文明の程度が英語圏より高くなかったからでしょう。

英語が(アメリカ語ではありません)今のような支配的言語になったのは、産業革命時代、イギリスの技術と文明が最も優れていたからです。軍事力故ではありません。アメリカはその鬼っ子に過ぎません。
世界の覇権を握るのはあくまで技術と文明の高さであって、軍事力ではありません。第二次世界大戦時はドイツの軍事力が世界一でしたが、ドイツ語は世界共通語にはなれませんでした。今でも日本語よりマイナーです。(ドイツ語人口が少ないという意味で)
言語人口としては中国語が多いですが、世界共通語には絶対...続きを読む

Q‘自分さえ良ければいい‘と考える人間が増えたのはなぜ??

こんにちは。TVドラマ女王の教室でも‘自分さえ良ければ良いの、みんな。まあ、今は日本中そうだけど。‘というセリフがありましたがなぜそんな人間が増えてしまったのでしょうか?義務は果たさないが権利はきっちり主張する!!ここでもそんな質問を多く見かけます。【自己破産したら海外旅行に行けませんか?】(借金踏み倒して旅行に行こうという考えが怖いです)【自分の資産は手放したくありませんが生活保護受けたいです】など法的には大丈夫かもしれませんが倫理的にどうなの?と思いますよね。自分も医療機関で働いていた時【待ち時間が長いのは他の患者に時間を掛けすぎるからだ。他の人は適当に診察して自分をじっくり診てくれ!!】とおっしゃる方が結構いまして面食らいました・・・。
日本はどうなってしまうのでしょう・・・・??

Aベストアンサー

実際どうなのかわかりませんが、本当に自己本位的な考え方が増えているのだとしたら、それは、「共同体」「コミュニティ」の崩壊によるものだとする考えができると思います。

かつて、会社経営が家族主義的と言われた時代には職場がひとつのコミュニティでした。また、マイホームのある一帯もコミュニティでした。

しかし、昨今、雇用が流動化し、会社に依存することが必ずしも生活の安全をもたらさなくなっている状況では、職場のコミュニティは事実上解体されています。地域コミュニティも、非都市部では担い手の流出、都市部では新規住民の急増などの要因もあり、今までのようには機能していません。

このような状況では、自分を守るものは自分しかありません。共同体は、個人の自由を制約する一方で、その上位にある社会的主体からの介入を退け、外部からの攻撃から個人を守る役割を果たしてきました。しかし、ここにきて、個人は、共同体の呪縛から解放されるかわりに、自分で自分を守るという課題に直面することになったわけです。

しかし、伝統的に我々の倫理・道徳は「共同体」に基礎を置いていました。そこから解放された時代にあっては、個人が直接外界と接する新しい倫理・道徳が必要となる、又は今まで「共同体」に意味づけられていた倫理・道徳を新しく定義しなおす必要があるはずなのですが、それができずに、倫理・道徳なき個人が暴走している(というよりむしろ過剰防衛に向かっているというべきか)、という説明が可能かと思います。

ステロタイプな言い方になりますが、欧米では個人と絶対者=神の関係が意識されているのに対し、日本では横のつながり(たとえば世間)が重視されるといいます。その横のつながりが壊れて、絶対者の意識もないところに、どのような倫理が打ち立てられるのか。

対応策としては、個人を主体とする新たな倫理を模索すべきだ、という議論と、何らかの形で共同体に回帰すべきだ、という議論があります。

なんか、新書とかでいい文献がありそうな気がするのですが、今すぐに思い浮かびません。社会学関係で「共同体主義」などに言及しているものを探してみてください。本来、何かの文献に当たってからご回答するのが筋なのでしょうが、この手の考え方に言及したものがなかったので、こういう考え方もあるというご紹介までに。なので、回答内容の自信は「なし」です。

実際どうなのかわかりませんが、本当に自己本位的な考え方が増えているのだとしたら、それは、「共同体」「コミュニティ」の崩壊によるものだとする考えができると思います。

かつて、会社経営が家族主義的と言われた時代には職場がひとつのコミュニティでした。また、マイホームのある一帯もコミュニティでした。

しかし、昨今、雇用が流動化し、会社に依存することが必ずしも生活の安全をもたらさなくなっている状況では、職場のコミュニティは事実上解体されています。地域コミュニティも、非都市部では...続きを読む

Q軍事力の必要性について

よく外交するには軍事力が必要だと聞きます。
でも、ピンとこないのです。
 例えば、日本と中国が外交交渉をする際に、軍事力をもっている方が有利であり、日本は軍事力を実質的に(憲法9条の関係で使えない)持っていないのでアメリカの軍事力に頼らざるをえないと言われます。
 でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

 

 

Aベストアンサー

>>でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

「現実的でない」というのは、まだ日米安保があり、中国が下手に日本に対して手を出すと、痛いしっぺ返しが米軍から来るかもしれない、という米軍の軍事力の裏づけがあるから、日本に手を出さないだけです。

第2次大戦後、ベトナムやフィリピン、チベットやモンゴルに対して、中国がどう振舞って、数十万人、あるいは、それ以上を虐殺してきた歴史を考えれば、もし、米軍が日本からいなくなる、あるいは、いるとしても、財政難で動けないとなれば、日本は中国にあっという間に、侵略されて御仕舞いになる可能性もあります。

現在、米国のオバマ大統領は、「米国は世界警察ではない」と宣言し、さらにクリミア問題では、「紛争解決に向けて、軍事力を行使しない」なんて、まるで日本の憲法9条を米国が採用したような言い方さえしました。
しかも、EU諸国と一緒になって、ロシアへの経済制裁などの口撃を続けています。これは、ロシアを中国側に近づけることになりますし、それにイスラム勢力が加担したら、米国は、中国+ロシア+イスラム諸国を敵にまわすことになります。
こうなれば、ただでさえ、米国国債を中国に握られているわけですから、米国が日本を切り捨てる判断をする可能性さえあります。

質問者さんが、銃口を突きつけられても、相手の要求を拒否できる勇気があるなら、そういう主張も納得できますけどね。

まあ、中国は、政権が変われば、先代は、皆殺しっていう、日本とは違う考え方もあります。
銃口に抵抗しても、しなくても、撃たれておしまいってこともあるでしょうね。

>>でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

「現実的でない」というのは、まだ日米安保があり、中国が下手に日本に対して手を出すと、痛いしっぺ返しが米軍から来るかもしれない、という米軍の軍事力の裏づけがあるから、日本に手を出さないだけです。

第2次大戦後、ベトナムやフィリピン、チベットやモンゴルに対して、中国がどう振舞って、...続きを読む

Q安楽死が話題になっていましたがいまはどうですか

以前、安楽死が話題になっていましたが今はどうなっているでしょうか。安楽死法案だか世界のどこかにありませんでしたっけ。日本では死にたい人が死ぬ権利に関してのことはどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

 安楽死という概念がそもそも難しい概念ですので、ある程度しっかりした説明をすれば

>安楽死が話題になっていましたが今はどうなっているでしょうか。安楽死法案だか世界のどこかにありませんでしたっけ。日本では死にたい人が死ぬ権利に関してのことはどうなっているのでしょうか。

現在、安楽死を容認する法律はどこにも存在しません。
ただし、”安楽死措置について殺人罪と適用しない”とする法律・法解釈の国家・地域はそれなりにあります

質問者のレベルを勘案して説明するとして、安楽死には概ね3種類の形状があります
ただし、厳格な定義があるわけではないの、以下の概要は、当方の主観的定義と捉えてください


(1)尊厳死
 死期間近の個人が、自発的意思に基づき積極的延命措置を断ること
日本では、「東海大学尊厳死事件」として、裁判で”延命措置を中断できる要件”が判示されています。
これは、尊厳死を肯定している判決ではなく、刑事罰を問わない方法と提示したものに過ぎません

(2)消極的安楽死
 何らかのやむを得ない事情があって、尊厳死よりも積極的に延命措置を拒絶すること
これは、死ぬ当人の意思が大前提にならない事例もあり、時には遺族の承認で延命措置が中断される事例もある
日本の国内法では実定法レベルでは「違法」だが、実際の医療レベルでは行われる事例がある。
刑事事件として起訴することも不可能ではないが、医療倫理レベルでは争論があるにしても、病床の関係から黙認されている

(3)積極的安楽死
 死を希望する当人に対して、特段の事情などがなくても、絶命のための医療措置を講じること
現在、世界のどの地域でも合法的に実施されていない模様
ただし、地下世界などは不明

死ぬ権利については、極めて要約になる回答に留めるが、
日本の実定法では、個人の死ぬ権利については特段想定していない。あるのは、殺人行為の問題である。
要は、死ぬ権利は否定も肯定もされていない。ただし、安楽死の類が認容される社会では、死ぬ権利は、自己決定権の延長で理解されている。
日本国の場合は、自己決定権は憲法13条から導き出せるが、上記した尊厳死の事例を除けば、”結果的に死ぬ”ということへの実定法上の制限などは存在しない模様
 実定法ではなく、道徳・モラルの部分では、一般的には、死ぬ権利は認容されないが、高齢化社会を迎えて日本が「死ぬ権利」を認容するような社会に変化する可能性は低くないだろう
実際、高齢者医療の学会では、積極的延命治療と患者当人の意思の緊張関係において、「延命優先」から「QOL」(余生の質)を重視する傾向に変化している。
『ホスピス』(終末医療)は”ペインクリニック”から派生したものだが、実態は、「QOL」、尊厳死を援助する医療への発展しているとも言えるだろう

なお、死ぬ権利を考える上、個人的に検討してほしいのが、『福井火葬場心中事件』である
この事件の議論の振れ幅は広く、今後、様々なディベートで教材にされうる事件なのだが、死ぬ権利の視座でも、是非、事件を検討してみてほしい
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%81%AB%E8%91%AC%E5%A0%B4%E5%BF%83%E4%B8%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 安楽死という概念がそもそも難しい概念ですので、ある程度しっかりした説明をすれば

>安楽死が話題になっていましたが今はどうなっているでしょうか。安楽死法案だか世界のどこかにありませんでしたっけ。日本では死にたい人が死ぬ権利に関してのことはどうなっているのでしょうか。

現在、安楽死を容認する法律はどこにも存在しません。
ただし、”安楽死措置について殺人罪と適用しない”とする法律・法解釈の国家・地域はそれなりにあります

質問者のレベルを勘案して説明するとして、安楽死には概ね3種類...続きを読む

Q拉致問題の解決は軍事力無くしてあり得ないと思うんだが・・

残念な事に世界では外交だけでは解決できない問題があるのだと思います。
国と国との問題解決は外交力と軍事力の両面が必要なのだと思います。
理想的には、話し合いで、とは言いますが、どこの国も話し合いに行き詰まると軍事力に訴えるのが現実です。

拉致問題のような国家犯罪は軍事マターだと多くの国民が感じているのではないでしょうか?
相手のトップの犯罪なんだから。
軍事力による経済封鎖、スパイを養成して相手国に送り込んで体制崩壊を含む破壊活動。

旧軍隊があった頃には決して起こらなかった問題だと思うし、起こっても軍隊が即解決したでしょう。

政府は六カ国協議とか中国の協力で、とか表向き言いますが、全面解決とは体制崩壊なんだから
出来ようはずはありません。

偉い人はそれをよくわかっていて、現憲法では限界がある、残念ながら諦めてください・・
と思っているのではないかと思います。

結局のところ、横田さん達、拉致被害者は憲法九条の被害者って事なんでしょうか。
軍事力を使えばそれによる犠牲者も出るでしょう、拉致犠牲者と解決にかかる犠牲者を秤にかけて・・・どっちかに あきらめてほしい、というのも なんか変ですよね。

拉致問題に妥協ってあるのでしょうか?
なんかやりきれない思いがします・・皆さんどう思いますか

残念な事に世界では外交だけでは解決できない問題があるのだと思います。
国と国との問題解決は外交力と軍事力の両面が必要なのだと思います。
理想的には、話し合いで、とは言いますが、どこの国も話し合いに行き詰まると軍事力に訴えるのが現実です。

拉致問題のような国家犯罪は軍事マターだと多くの国民が感じているのではないでしょうか?
相手のトップの犯罪なんだから。
軍事力による経済封鎖、スパイを養成して相手国に送り込んで体制崩壊を含む破壊活動。

旧軍隊があった頃には決して起こらな...続きを読む

Aベストアンサー

 ご返事ありがとうございます。

 言葉足らずのようですから、もう一度書き込みます。

私自身、他国の諜報活動には注視しております。国家防衛には、警察力と軍事力は必要不可欠です。交流が盛んになれば当然機密漏えいも盛んになり、軍事技術転用可能な精密機器が流失しています。今朝のニュースでも流れましたね。そのためにも、国の機能を集約する国家防衛組織が重要だと考えています。

 私の持論をどこまで公開した方がいいのか、迷っていますが、もう少し補足致します。軍事力というのはどこまで強化すれば足りるというものではないと考えています。軍組織の暴発の危険性を想い浮かべるだけで私は空恐ろしくなります。それよりも国家全体のバランスを重視した上で経費と収支の枠組みで捉える方が賢明なのだろうと思います。日本の軍事力は(米国の現物提供によってではありますが)世界標準と比較しても高いレベルにある事は、専門家の一致した意見ですね。

国家の枠組みは、西側がいいか東側がいいかの話ではない。その中間が丁度良いのではないか。日本には幸い平和国憲法がある。これを最大の武器に利用するべきだ。180度改正などしたら、アジア地域のバランスが崩れ、コントロール出来なくなる。むしろ、対外的にはどの国に対しても侵略の意図はないと理解させるのが効果的でスムーズな流れを産むと予測する。国家間の仲介役を果たせる国は、世界中を見渡せば日本しかないのではないでしょうか。スイスもありますが、世界の手本となるべき工業力と資本力、経済力、軍事力、警察力、教育レベル、生活や環境、外交力など全てを網羅した場合、世界標準でも日本の方が上だと考えるのは当然でしょう。

 軍備力で核武装論議があるわけですが、核を搭載出来る弾道ミサイルのみを極秘に装備する。わざと少し情報をもらし、国際問題にした上で弾道ミサイルではなく、人工衛星用ロケットだと図面と問題のミサイルもどきを公開すればいい。そして発射しなければ他国中枢部は日本に心理的脅威を覚える。不足する軍備力は補足するだけで十分で当たらないパトリオットなどを輸入・ライセンス生産しても経費と効用で意味がないのではないか。お互いが発射出来ない状況をつくる事が重要でしょう。

 少し前、アメリカが主力にすえた国家戦略の手法が 『 ソフト・パワー戦略 』だったわけですが、東ドイツを崩壊させ東側と共産国家を一気に呑み込んで名実共に世界の覇権国家にのし上がったわけですが、近頃は武力行使路線と金融を重視して生産重視を怠ったために、財政と経済が破綻する一歩手前に陥っていると分析しています。

 北朝鮮拉致問題解決には、経済パワーで呑み込み国家元首を懐柔する或は地理的に日本の発展政策が素晴らしい理想国家だと思わせてしまう方が手っ取り早くて経済的なのではないのか。その後は自然に崩壊するでしょう。北朝鮮組織は、日本の国内に確実に存在しています。公的機関を装っている場合もある。これも潰さなければならない。それまでは、人的交流は控え波打ち際で防ぐ。( 港湾・空港・海上・金融・暴力・武器他 )無論、KGB・CIA・モサド・MI6・P2( まだあったが今余裕がない 。)も標的としてマークする。そのためには、決して日本を裏切らないリーダーを求める必要がある。それを支える組織を私達が求めているのではないでしょうか。

 あえて国連のリーダーにならず、世界のリーダーになる事で諸問題は解決すると考えます。

 私自身、うまくまとめるには時間のかかる性格で、時間もなくなりましたので文脈を見直しておりません。また、多く書けばいいものでもないのではないかなど、回答にならないでしょうがとりあえずこんな感じです。


               敬具    鶏屋toriya 

 ご返事ありがとうございます。

 言葉足らずのようですから、もう一度書き込みます。

私自身、他国の諜報活動には注視しております。国家防衛には、警察力と軍事力は必要不可欠です。交流が盛んになれば当然機密漏えいも盛んになり、軍事技術転用可能な精密機器が流失しています。今朝のニュースでも流れましたね。そのためにも、国の機能を集約する国家防衛組織が重要だと考えています。

 私の持論をどこまで公開した方がいいのか、迷っていますが、もう少し補足致します。軍事力というのはどこまで...続きを読む

Q発展途上国(LDC)&最貧国(LLDC)

こんにちはsometimespage3です。

タイトルにもあるようにいま発展途上国(LDC)&最貧国(LLDC)について調べています。しかし、なかなか思うように情報が集まらず困っています。
誰かこの基準はどのようなものであり、どれくらいの国があるかなど、詳しい情報を教えてください。どこかのサイトでも大歓迎です。

Aベストアンサー

LLDC(=Least among Less Developed Countries)
後発開発途上国(但し最近の国連文書においてはLeast Developed Countries(LDC)と称するのが一般的)。開発途上国の中でも特に開発の遅れた国々を指す。この存在自体はすでに1960年代末時点から認識されていた。国連の開発計画委員会の認定基準によって評価した後、経済社会理事会における審議を経て国連総会の決議により認定される。具体的には、1人当たりGNIが750ドル未満、人口75百万人以下等が基準とされており、現在は世界50カ国が認定されている。

と簡単に説明すると以上のようになります。
外務省の国連に関するページにLDCについてのページがありましたのでURLを載せておきます。詳しくはそちらを参照してくださいね。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/ldc/index.html


人気Q&Aランキング