一般的に売られている絵の具(水彩絵の具やアクリル絵の具など)を1000度以上の高温で燃焼させたいのですが、有害物質など出たりして危険でしょうか?燃焼は空気雰囲気で、電気炉で行うのですが、絵の具を燃やすことで故障の原因になる可能性はありますか?
また、1000度以上の高温でも色彩があまり変化しない色なのが不可避なので、どういう色がベストか、お教え願えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

絵の具の種類にもよります。


たとえば.萌葱色系岩絵の具の場合砒素や銅を含む事は有名です。これら金属化合物は1000度程度が沸点ですのでそれなりの重金属中毒が考えられます。
泥絵の句の場合.鉛・砒素・カドミ・セレンを含む場合があります。
染料の場合には多くがアゾ染料であり.熱分解によって発ガンぶしつを中間体とする分解反応があります。

>故障の原因になる可能
鉛(M2O, MOのうち低沸点成分)などの溶剤を含む場合は炉壁が溶けます。

>高温でも色彩があまり変化しない色なのが不可避な
でもないです。スピネル顔料でしたらば.1100-2000度程度まで変色しない成分があります。作り方は.素木洋一の本を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発がん性物質が生成するのはやはりだめですよね。電気炉への影響ですが、チタンイエローなどでしたら大丈夫かな?と考え中です。
素本洋一さんという方は顔料について詳しい方なのでしょうか。一度読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 22:17

どういった目的でこのような実験を行うかわかりませんが、特に目的がないなら止めておいたほうが正解です。


燃焼で有害物質ができるかという質問ですが、特に混合物である場合は微量でも確実に発生します。燃焼とはそれほど複雑で多数の副産物を生みます。
ちなみに加熱して色彩が変わるものもほとんどないと思います。水彩絵の具は基材としてアラビアゴムなどの天然もしくは合成樹脂を使っています。1000℃の熱で変性しないとは考えづらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまり詳しくはいえないのですが、とある物質の上にそれと似たような物質を塗布し、高温(実際は1200~1300度程度です)で燃焼させるのですが、燃焼後は上に塗布したものと基板の色が同一化してしまい、非常に判別しにくいので、片方を染色して燃焼させたらどうかと考えました(なお、事情があってSEMやEDXでは分析できないです)。
色彩そのものにかかわりの無いものなら、変性してもかまわないです。高温となると、色素そのものは無機物で無いと無理ですが、基本的に絵の具の色素として金属化合物がよく使われているので使えるかな?と考えました。
有害物質も、人体や大気に被害が及ばない微量なら良いのですが(絵の具の使用量は数g)、悩み中です。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパレットの絵の具がおちない

カテゴリーに迷ったのですが、こちらなら絵の具の扱いに詳しい方がいらっしゃるかもしれないと思ってこちらに投稿します。

子供が小学生なのですが、図工の時間のあと、パレットをすぐに洗わせてもらえればいいのに、なぜか先生の方針で家に持ち帰ってから洗うことになっています。べったりついた絵の具、なかなか落ちません。
使っているのはよく学校で使うプラスチックの白いパレット、絵の具はふつうの水彩絵の具です。
これまで石鹸、中性洗剤を溶かしたお湯、キッチンハイターなどの塩素系?の漂白剤、マニキュアの除光液を試してみました。完璧に落ちなくてもいいのですが、もう少しマシな状態にならないかと思っています。
何かよい方法をご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水彩絵の具は,顔料+アラビアゴム(最初に使う際に出てくる透明
な液体)で作られており,乾燥後はこの後者が接着成分となって,
絵の具の剥離を防止しているわけです。固まった絵の具が落ちに
くいのは,この成分の所為です。

本来,水彩絵の具は作業毎に洗い落とさないものです。それは,
パレットの小仕切り部分に絵の具をチューブから出し,不足すれば
そこへ注ぎ足して使用するものです。混色は,広い部分で行います
ので,小仕切り部分はあまり汚れません。しかし,小学生では
その方法は徹底できないものです(全て汚れてします)。よって,
作業後は洗ってきれいにする方法が一般的です。

先生が授業時間の最後にその作業を行わせないのは,後片づけの
時間を節約するためだと推測します(児童の制作時間を多く取る)。
で洗浄方法ですが,普通に水で十分落ちます。どの程度の状態を
望んでみえるのか分かりませんが,1回使用すれば,白いパレット
地には,絵の具のシミは残って当たり前です(プラスチックの分子
構造より,顔料の分子の方が細かい)から,あまり神経質にならない
方がよいのでは。また,いつも決まった場所に,決まった色を出す
目安にもなりますので,小仕切りはそれでよしとすべきです。

少し時間が経つと,水だけでは落ちにくくなります。物理的な力で
こすると,プラスチックを傷付けることになりますので避けましょう。
そういう場合は,ぬるま湯につけておくとか,水を張ったバケツに
一晩浸け置きすれば,アラビアゴムの成分は水溶性ですので,簡単に
落とせるはずです。石鹸・洗剤・除光液(苦笑,失礼)等は不要かと。

異常に固着しているようならば,水彩絵の具ではない場合(アクリル系)
もありますが,それは想定外のようで・・・・。

水彩絵の具は,顔料+アラビアゴム(最初に使う際に出てくる透明
な液体)で作られており,乾燥後はこの後者が接着成分となって,
絵の具の剥離を防止しているわけです。固まった絵の具が落ちに
くいのは,この成分の所為です。

本来,水彩絵の具は作業毎に洗い落とさないものです。それは,
パレットの小仕切り部分に絵の具をチューブから出し,不足すれば
そこへ注ぎ足して使用するものです。混色は,広い部分で行います
ので,小仕切り部分はあまり汚れません。しかし,小学生では
その方法は徹底でき...続きを読む

Q高温に燃焼する化学装置

海外出張でメーカーの化学分析センターに行ったのですが、2-3000℃位に試験体を燃焼する、若しくは燃焼する炎を用いての測定装置がありました。
ただ、英語のやり取りでその部分が具体的に何か終始分からず困っています。
このような装置に覚えのある方、なんという名前で具体的に何をする装置か教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2000-3000という比較的低温、
ICP発光分析、10000度以上のプラズマ
酸素-アセチレンフレーム原子きゅうこう、10000度くらい
空気-アセチレンげんしきゅうこう、温度忘却。
酸素-プロパンげんしきゅうこう、温度忘却
空気-ぷろぱんげんしきゅうこう、1000-2000で低い。
原子きゅうこうらしいと見当がつきますが、ご質問の温度ですと何を燃やしているのが思い出せません。
酸素-プロパン、それとも、空気-水素あたりかな。
これらは、固体は分析できません。多くの場合、有機物に錯体として溶かして、フレームの中に入れます。場合によっては、酸水溶液で入れる場合もあります。

「試験たいを燃焼する」、黒鉛炉原子きゅうこう、黒鉛炉自体に電気を流して発熱させます。
ただ、黒鉛炉げんしきゅうこうでは、最初に弱く加熱(100-500度)して、かいかし、水や有機物を飛ばします。次に目的の温度まで上げて、分析成分がげんしじょうになるようにします。
ですから、厳密な意味で「燃焼した状態で測定している」わけではありません。

Q絵の具のパレット

私って変なところで神経質で、白い物は真っ白でないと済まないのです。子供が夏休みで絵の具セットを持ってきたのですが、絵の具が染みついて落ちないのですが、食器用の漂白剤でパレットをつけてもだいじょうぶなのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスチック素材のパレットに
使って良い洗剤・・・・

特に問題なさそうですが、
シミになっていても 新しく違う色の
絵の具をつかってもまったくさしつかえないですし
そのままでも良い気がします。

それにしても
ううむとってもうらやましいです
母子家庭なので子供の頃
母親に学校道具を手入れしてもらたこと無いので・・
(スミマセン、回答と関係ないですね・・)

Q炭酸カルシウムを混ぜたおがくずなどを高温で屋外で燃焼させると

炭酸カルシウムを混ぜたおがくずなどを高温で屋外で燃焼させると

炭酸カルシウムを混ぜたおがくずなどを高温で屋外で燃焼させるとどうなるでしょうか。

ウィキペディアでは、炭酸カルシウムを900℃以上に加熱すると二酸化炭素を放出して酸化カルシウム生ずると説明されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0

また、水を加えると発熱し、数百℃にまで温まった後、水酸化カルシウム(消石灰)を生成するとも書いてあります。

すると、次のような仮説が立ちます。

1.屋外で相当量の燃焼物と粉末の炭酸カルシウムを燃焼させると、炭酸カルシウムは酸化カルシウムになり、高温のまま、他の煙とともに空高く舞い上がります。

2.上空で、雲の中に煙が入ると、周りの水蒸気(水滴)と反応して、数百℃にまで加熱します。この放熱により、周囲の氷結した水蒸気が融解し、大量の雨を降らします。そして、連鎖反応を起こすかのように、次々と、降雨が始まります。

と、このような仮説を立ててみました。すべて、独断による設定です。

このような変化が生じるのか、それとも生じないのであれば、どこの仮説に誤りがあるのか教えてください。

化学は素人です。よろしくお願いします。

炭酸カルシウムを混ぜたおがくずなどを高温で屋外で燃焼させると

炭酸カルシウムを混ぜたおがくずなどを高温で屋外で燃焼させるとどうなるでしょうか。

ウィキペディアでは、炭酸カルシウムを900℃以上に加熱すると二酸化炭素を放出して酸化カルシウム生ずると説明されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0

また、水を加えると発熱し、数百℃にまで温まった後、水酸化カルシウム(消石灰)を生成するとも書いてあります。

すると、次のよ...続きを読む

Aベストアンサー

>炭酸カルシウムは酸化カルシウムになり、高温のまま、他の煙とともに空高く舞い上がります。
いいえ、酸化カルシウムは炭酸カルシウム同様固体ですので、舞い上がりません。

もし、酸化カルシウムが舞い上がって…以下の事が起きるなら、酸化カルシウムでなく炭酸カルシウムが舞い上がっても同じ事が起きます。

QPainter7でパレットで絵の具を混ぜるウインドウの表示の仕方

以前本で見たいのですが、忘れてしまったので教えてください。WINでPainter7を使っています。Painter7でパレットで絵の具を混ぜるようなウインドウがありませんか?出し方を知っている方がいたら教えて下さい。
Painter7のヘルプが英語しかないのはとても不便で困っています。

Aベストアンサー

Painter8からの新機能なので、7ではその機能はありません。

Q燃焼に伴って発生する赤い炎は、高温の炭素粒子が光っている。

燃焼に伴って発生する赤い炎は、高温の炭素粒子が光っている。
 本当ですが
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/comb/index.files/Page2292.htm

赤っぽい色はこのすすが熱によって熱くなり発した色です。

Q画像の絵の具について

この画像みたいな固形?のサクサクしてる絵の具ってどっかで買えたりしないんですかね・・?調べてもよくわからなかったのですが

Aベストアンサー

これは、ピンクのオレオじゃないのか?
https://www.etsy.com/listing/203670821/hot-pink-oreo-charm-kawaii-polymer-clay
食べれるものではないみたいだけど。

水性の絵の具のブロックってのはあるけど、あれはカチンコチン
https://jp.pinterest.com/pin/13721973841677911/
骨董でなくてもW/Nはまだ作っていると思うけど、楽しい形ではない。

Q30度以下で固体 30度以上で液体

室温25~30度で固体、30~35度以上で液体になる物質とは何がありますか?

パラフィンや蝋をベースに、何かを混ぜたら、そのような事ができるでしょうか?

思い当たる物がある方、教えてください。

Aベストアンサー

 ガリウムの他にも次の様なものがあります。

セシウム:28.4℃・・・水や空気との反応がナトリウム以上に激しい
フランシウム:27℃・・・水や空気との反応がナトリウム以上に激しい、放射性物質
一塩化ヨウ素:27℃・・・腐食性が強い、猛毒
炭酸ナトリウム十水和物 (Na2CO3・10H2O):34℃・・・空気中で風解(水分を失い粉末になる事)し、融点の高い一水和物に変化する
ジシクロペンタジエン:33.6℃・・・有毒
4-メチルフェノール(パラクレゾール):35.5℃・・・有毒
オクタデカン:28~30℃
ノナデカン:32~34℃
トリデカノール:29~34℃
デカン酸(カプリン酸):31℃

 おそらく他にもあると思います。

QAdobe Illustrator cs リンクパレットに画像ファイル名が表示されない

配置した画像の名前がリンクパレットに表示されません。表示というか情報に登録されてないというか。

ダブルクリックで開ける情報を見ると「変形」以外、軒並み「NA」になってしまいます。画像自体は配置されているのですが…

回避策を教えてください。

環境
mac(10.4.1)
AI(11.0.0)

Aベストアンサー

「埋め込み」になっているとそうなります。
「埋め込み」ではなく「リンク」にしたければ配置するときに「リンク」にチェックを入れます。

的はずれだったら誤ります。

Q化学・燃焼反応・標準燃焼エンタルピー

教えてもらいたいです。

ジメチルエーテルの燃焼反応は、次式で表される。ジメチルエーテルの標準燃焼エンタルピー

はいくらか?

ただし、ジメチルエーテル、二酸化炭素および、水(液体)の標準生成エンタルピーは、それぞれ

-184kJ/mol、-394kJ/molおよび-286kJ/molとする。


CH3OCH3+3O2→2CO2+3H2O(1)

解答:題意の式は、1molのジメチルエーテルCH3OCH3の燃焼反応であり、標準状態

   (25℃、標準大気圧)下でのこの燃焼反応式のエンタルピー変化△Hc°が
 
   ジメチルエーテルの標準燃焼エンタルピー△Hc°である。

   △Hc°=〔生成系の標準生成エンタルピーの総和〕-〔原系の標準生成エンタルピーの総和〕

   △Hc°=〔2mol×(-394kJ/mol)+3mol×(-286kJ/mol)〕-

         〔1mol×(-184kJ/mol)+3mol×(0kJ/mol〕

         =-1462kJ

         得られた値は1molのジメチルエーテルについての値であるから、答えは、

         -1462kJとなる。

問題を解く事は出来ますが、良く分からない事があります。

CH3OCH3+3O2→2CO2+3H2O(1)

上の式の最後にある(1)とは、1molという意味でしょうか?

あと、初歩的と言うか、小学生並みの事で申し訳ありませんが、

(-1646)-(-184)=-1462とは、どうやって計算するんでしょうか?

-1830と間違えそうです。

何か、アドバイスや考え方や覚え方など、ありましたらよろしくお願します。

毎回、毎回申し訳ありません。

過去に質問した内容はすべて理解してすごく身になっています。

よろしくお願いします。




   

教えてもらいたいです。

ジメチルエーテルの燃焼反応は、次式で表される。ジメチルエーテルの標準燃焼エンタルピー

はいくらか?

ただし、ジメチルエーテル、二酸化炭素および、水(液体)の標準生成エンタルピーは、それぞれ

-184kJ/mol、-394kJ/molおよび-286kJ/molとする。


CH3OCH3+3O2→2CO2+3H2O(1)

解答:題意の式は、1molのジメチルエーテルCH3OCH3の燃焼反応であり、標準状態

   (25℃、標準大気圧)下でのこの燃焼反応式のエ...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)とは、1molという意味でしょうか
1(いち)ではなくl(エル)です。リキッドの頭文字で、液体状態、の意味。
反応を考えるとき、気体に対し、体積0とみなせるので、平衡移動を考えるとき必要になります。

>(-1646)-(-184)
は、括弧を丁寧に展開することでしょうね

(-1646)-(-184)
=(-1646)+184


人気Q&Aランキング