当サイトのカテゴリー『政治』で靖国参拝についての
諸氏の見解を関心を持って拝読しました。
難しいことは分からないのですが、死者に対する
姿勢が日本と中国では相当に異なり、靖国参拝は
政治の問題ではなく文化の問題のように感じられ
ました。
小泉首相に限らず、参拝する政治家で戦犯の行為を
称えたり、戦争を賛美して改めて侵略を誓うことなど
とても考えられません。

靖国参拝を奨励しないまでも、日本人としては反対する理由は無いように思われます。

若し、そうだとしたら日本人によって構成される
マスコミが昔から何故、首相の参拝に纏わりつき
大々的に報じてきたのかが分かりません。
死者の霊を弔う人はそっとしておけば良かったのでは
ありませんか。(まるで利敵行為のように思います)
つつきまわして必要以上に騒ぎ立てた結果、つまらぬ
口実にいいように利用されてしまったように思える
のです。

マスコミが昔から大々的に報じてきた理由が
分かりませんので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#6の方の補足として。



吉田茂(5回): 1951年10月18日、1952年10月17日、1953年4月23日、1953年10月24日、1954年4月24日
岸信介(2回): 1957年年4月24日、1958年10月21日
池田勇人(5回): 1960年10月10日、1961年6月18日、1961年11月15日、1962年11月4日、1963年9月22日
佐藤栄作(11回): 1965年4月21日、1966年4月21日、1967年4月22日、1968年4月23日、1969年4月22日、
1969年10月18日、1970年4月22日、1970年10月17日、1971年4月22日、1971年10月19日、1972年4月22日
田中角栄(5回): 1972年7月8日、1973年4月23日、1973年10月18日、1974年4月23日、1974年10月19日
三木武夫(3回): 1975年4月22日、1975年8月15日、1976年10月18日
福田赳夫(4回): 1977年4月21日、1978年4月21日、1978年8月15日、1978年10月18日
大平正芳(3回): 1979年4月21日、1979年10月18日、1980年4月21日
鈴木善幸(9回): 1980年8月15日、1980年10月18日、1980年11月21日、1981年4月21日、1981年8月15日、
1981年10月17日、1982年4月21日、1982年8月15日、1982年10月18日
中曽根康弘(10回): 1983年4月21日、1983年8月15日、1983年10月18日、1984年1月5日、1984年4月21日、
1984年8月15日、1984年10月18日、1985年1月21日、1985年4月22日、1985年8月15日
橋本龍太郎(1回): 1996年7月29日
小泉純一郎(4回): 2001年8月13日、2002年4月21日、2003年1月14日、2004年1月1日

問題になったのが、中曽根さんの頃だったと思います。

それから戦犯はいません。すでに名誉回復されています。(ウィキペディアより)
----------------------------------
名誉の回復について
1952年(昭和27年)4月28日のサンフランシスコ平和条約の発行によって日本の主権回復後、改進党(現自民党)などによって戦争犯罪者とされた人物の名誉回復活動が開始された。

戦犯の国内での扱いに関して、1952年(昭和27年)5月1日付の法務府注意総発第52号「連合国の軍事裁判により刑に処せられた者の国内法上の取り扱いについて」において戦犯拘禁中の死者をすべて「公務死」、戦犯逮捕者を「抑留又は逮捕された者」として取り扱うと通知された。これにより1952年(昭和27年)4月施行された「戦傷病者戦没者遺族等援護法」が、困窮した戦犯遺族の支援のため一部改正され、戦犯としての拘留逮捕者について「被拘禁者」として扱い、当該拘禁中に死亡した場合はその遺族に扶助料を支給する事や、1953年(昭和28年)8月施行された「恩給改正法」で受刑者本人の恩給支給期間に拘禁期間を通算すると規定された。
----------------------------------

また岸信介氏も戦犯とされました。裁判は免れましたが。
その岸氏は戦後総理大臣になってます。そのとき中韓は何も言わなかったはずです。

またこれに火をつけた朝日新聞ですが、正論5月号に
「朝日はなぜかくも反日・左翼の新聞になったのか」
元朝日新聞社社員の方が書かれています。

> 他の新聞、テレビまでも何故、ああまで首相の参拝に群がり大々的に報ずるの
> かが分からないのです。

それは中韓が騒ぐからです。騒いでいる以上、メディアとしては放っておけないからでしょう。また反日的な報道になるのは、洗脳されちゃった人が多いのでしょう。
23の人とか、いろいろいますからね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細に解説を頂き有難うございました。
この問題は論じだすと様々な立場の方が
おられるだけに難しさを感じるばかりです。
大々的に報道するのは
>>中韓が騒ぐから放っておけずに報道する
のですか?
報道するとより勢いづいて騒ぎますよね。
鎮静さすよりも煽った方が新聞の部数が
増えるからでしょうか。

お礼日時:2005/04/21 14:08

日本のマスコミは,自虐的な歴史報道が戦争の抑止力として働いていると考えているのだと思います.



国民から他国に対しての敵愾心をそぐという目的では,自虐的な報道や歴史教育は非常によく働いていると思います.

靖国参拝についてはNo.8さんから中曽根さんが総理のときから始まったとありました.中曽根元総理はホームページを見ると改憲について考えている方のようです.

靖国参拝が問題であるとかないとかではなく,戦争を抑止するという目的だけでの報道ではないでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答くださり有難うごさいます。
>>戦争抑止の為に報道しているのでは。
とのご意見。よほどの人以外は戦争反対ではありませんか。参拝報道が無いと戦争に傾きますかね。

皆さんのご意見を拝見しながら、あれこれと推測して
みましたが何故、オールマスコミが参拝する首相に
群がり書き立てるのか分かりませんでした。

何でも報道すれば良いというものではない様な気が
しますよ。生産性が無く、世の役に立たず、報じても
マイナスをきたすばかりの事はほどほどにしておいた
方が良いように思うのですが…。

マスコミの方から掛け値なしの理由を教えてもらえたら、角度の違った回答が齎されたかも知れません。

お礼日時:2005/04/21 14:52

>マスコミが昔から大々的に報じてきた理由



ごく単純な理由だと思いますが…。
質問者さんも「靖国参拝についての諸氏の見解を関心を持って拝読しました。」とのことなのでおわかりだと思いますが、日本人が全員、質問者さんのように「日本人としては反対する理由は無いように思われます。」と考えているわけではありません。それどころか、これは国論を二分する問題です。
ですから、靖国参拝を問題だと考えるマスコミが存在し、そのようなマスコミがこの問題を大々的に報じるのはあたりまえのことだし、健全なことでもあります。

以下蛇足。
「利敵行為」とありますが、中国が「敵」だったのは60年前の話ですよ。このような感覚をいまだに引きずり、日本は加害者で中・韓は被害者であるという事実を認識せずに「愛国心」にばかり燃えて憤っている人が多いうちは、靖国問題も本当にわかりあえることはないんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ysk26さん、ご意見を述べていただき有難うございました。靖国参拝が国論を二分しているとは知りませんでした。
物事には色々な見方がありますから、
<<参拝を問題とするマスコミが存在し、それを報ずるのは当然かつ健全。
とのご指摘は分かりました。

ただ、私の疑問はご指摘のマスコミ以外までもが
連れ立って、結果として日本はおろか両国の友好にまで益の無い報道をするのか…なのです。

(競争相手や相手チームに利するプレイなどに日常用語として『利敵行為』を用いていますが、このような場で使用したのは迂闊でした。お詫びします。60年前の戦争に繋がったのには驚愕しました。)

お礼日時:2005/04/21 14:32

何方かの回答の中で、誤った認識をされている方がいらっしゃいますので、法律の学者の方の見解を本に正しい解釈を書いておきます。



●どこかの神社に参詣することが、「政教分離の原則に違反する」と言うことですが。

●真の「政教分離の原則」とは、法人としての宗教団体が立法・行政・司法などの公的機関から権力を与えられ、その権力を行使することを禁じた法律です。

従って、政治家であっても私人として神社や寺に参詣することは、禁じていません。

他の公務員についても同様です。

その点を履き違えられているようですので、正しい解釈の仕方を掲載しました。

この問題は、曖昧な解釈をされていられる方を多く見受けますのでご注意下さい。

●決して何方かの回答に反論している者では有りません。
悪しからず。
    • good
    • 0

昔から大々的に報じてきたわけではありません。


戦後、歴代総理は靖国に参拝していましたが、マスコミもそれほど問題にせず、中国や韓国も何も言いませんでした。
ところがあるとき突然、朝日新聞がそれを問題にし始め、中韓に言いつけたわけです。日本に何かにつけていちゃもんをつけたい中韓としては、日本を悪者にするネタができて大喜びというわけですね。それ以来、靖国神社は日本たたきの格好のネタになっています。
では、中韓からの非難をやめさせる最も効果的な方法は何か?
それは、非難を無視して平然と8月15日に内閣全員が参拝することです。なぜ中韓が靖国問題を持ち出してくるのかというと、日本政府からなんらかの譲歩を引き出せるし、そのたびに日本に勝ったという満足感が味わえるからなんですね。

しかしまあ、こうやって相手の弱みに付け込むことは昔から外交上の常套手段であり、そういう意味では中韓は日本よりある意味普通の国と言えるでしょう。
相手を思いやれば、相手もわかってくれる、なんてのは日本国内の個人同士の付き合い方であって、国際社会では、ましては外交では通用しません。

そうそう、朝日といえば、靖国問題だけでなく、いわゆる“従軍慰安婦の強制”だの“南京大虐殺”だの、こういうのも、証拠も何もないのに朝日が最初に騒ぎ出して、日本に無実の罪を着せた事件ですね。国内では地道な研究によってこれらがでっちあげであったことがほぼ証明されつつありますが、世界的には従軍慰安婦の強制も南京大虐殺も歴史的事実であったとしていまや常識となってしまっています。

朝日の罪は重いですね。ありもしない罪を着て自分たちだけで反省するならまだしも、虚報に虚報を重ねて、日本人全員を貶めるのはやめてもらいたいですね。

それと、その場をまるく収めることしか考えない政府も許しがたいですね。中韓の主張がいかに間違っているか本当は分かっている政治家もたくさんいますが、日本の冤罪を晴らそうと、国際社会にアピールしてくれる政治家はまだいません。寂しい、というか悲しい限りです。櫻井よし子か安倍晋三か、石原新太郎が総理になれば少しは変わるのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を頂き有難うございます。
朝日新聞の姿勢はご指摘される通りのもので
それらしい報道内容も納得できるのですが、
他の新聞、テレビまでも何故、ああまで
首相の参拝に群がり大々的に報ずるのかが
分からないのです。

お礼日時:2005/04/20 11:18

 靖国神社は、ただ単に


>世界大戦でお亡くなりになった御霊を奉る所
 ではありません。『天皇のために死んだ人々を「英霊」として祀(まつ)っている』のです。たとえば、東京大空襲で亡くなった一般庶民は祀られませんし、西郷隆盛ですら、戦死ではあるけれども、反乱を起こした賊軍ということで祀られていません。(西郷どんといえば「右翼」の皆さんの神様みたいな存在なのに不思議なもんです)。
 また、戦争遂行責任者をも神として祀っていますし、戦前には、国家神道として日本の侵略戦争を支える役割を果たしてきました。

 今でも境内には「日の丸」がはためき、「軍人勅諭の碑」が立っています。また、敷地内にある戦争賛美の博物館「遊就館」では、太平洋戦争を「大東亜戦争」と戦中そのままの呼称で美化し、人間魚雷や大砲まで展示しています。

 首相という立場から、憲法の政教分離原則に違反するという点でも問題ですし、そもそも、憲法二〇条で、「政教分離の原則」や「信教の自由」を明記したのは、靖国神社が戦前の侵略戦争と結びついたことへの反省からきています。

 以上の点を踏まえれば、たとえ、侵略を美化する意図が無かったとしても、首相が公人として参拝を繰り返すことが諸外国の反発を招くことは避けられないことはおわかりになるかと思います。
 外国から見て、日本のマスコミが報道することさえしなくなれば、日本という国が本当に信頼されなくなってしまいます。日本のマスコミがこの問題を報道することは、外国から見ればいわば「せめてもの救い」といえるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
>>マスコミが報道することが外国にとっての
せめてもの救い
とのご理解、よく分かりました。
マスコミは外国第一なのですね。
日本の救いはどうなっているのでしようね。

お礼日時:2005/04/20 11:07

靖国問題に就いては色々国内でも問題が有る様です。


戦争で殉職された方々を『軍神』として別納している所が
靖国神社と考えています。
日本ではすべて殉職された方は『軍神』と成る様ですが、
諸外国ではそう言う考えが無いので理解出来ないのでは。
マスコミはその昔の奉賛会の時代から進歩していないし、
政治家も献金の供給先ですので、当たり障りの無い事しか
しないし、参拝しないと成ると選挙で落選のうきめを
見る状態では無いでしょうか。
靖国神社では東京裁判の被告の埋葬を辞退したと聴いています。
それを無理矢理埋葬させたのが、当時の政府だと。
どこの国にも『慰霊碑』自体は有り、随時参拝している様です。
そこで日本だって靖国神社を『神社』で無く慰霊施設に
すれば問題は無いと思うのですが、先程の供給先が反対している
ので、いつ迄も出来ないのでは…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き有難うございました。
マスコミの姿勢についての
ご意見を頂ければ良かったのですが…。

お礼日時:2005/04/20 10:59

そもそも、「靖国問題」とは外圧の事でなく、日本の宗教家や知識人の多くが反対していた問題と記憶していますが。



仏教やキリスト教等々、遺族と死者個人の信じる宗教でなく、強制的に靖国という特殊な新興宗教で公費を使って祭るのは、信教の自由に反する!というのが、靖国訴訟の主旨だったはずです。

それが、いつのまにか・・・
    • good
    • 0

靖国神社とは世界大戦でお亡くなりになった御霊を奉る所です。


他国が文句を言われてるのは東京裁判で重大戦争犯罪人を同じ神社に奉っていることが気に入らないだけだと思います。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tokyosai …
それは日本の戦死者に比べれば微々たる人数ですが
重大戦争犯罪人を奉る=軍事国家の復活
とでもお考えになられてると思います。

しかし、日本国の総理大臣が参拝するのは戦死者の御霊に敬礼し
2度と同じ過ちを繰り返さない為に参拝しているのですから問題に
している観点が全然違う様に思います。
それに日本国の風習に口を出すのも変ですし実際彼らは何を求めているかも不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございました。
述べられているところは分かりました。
マスコミについて触れていただければ
なお良かったのですが…。

お礼日時:2005/04/20 10:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外交カードとしての靖国参拝について

先日安倍総理が靖国参拝をしました 様々な評価がある中である識者の方は安倍総理の狙いは「中国、韓国に対する靖国参拝という外交カードを無力化するためにやったのでは」という意見もあります

靖国参拝カードを無力化するとはどういうことですか?
逆にこれまで靖国参拝することはどのように中国や韓国に外交カードとして利用されていたのですか?

Aベストアンサー

「外交カード」とは、何らかの圧力をかけて、自分に有利に交渉を進めるために使うということです。靖国参拝問題は、東京裁判でA級~C級とランク付けされた戦犯者を合祀した時点から、「日本は、韓国、中国に侵略したことを正当化するつもりか!反省していないのか!」というネタとして特に使われるようになりました。
日本は、「人が何を参拝しようと自由だろ!内政干渉するんじゃない、ボケ!」と言ってしまっても良かったんですが、『配慮』をすることが大人として大事ですよね、ということで、参拝の日をずらしたり、「公人」ではない、「私人」としての参拝だ、と繰り返して、お茶を濁してきました。
しかし、韓国、中国は、だったら外交しないぞ、とか国内の反日機運を高めて、日本からODAを多く出させたり、在日韓国人の立場を守ってきたりしていました。

靖国問題に限らず、韓国は、慰安婦問題、竹島問題、中国は南京大虐殺、尖閣諸島問題といくらでも切るカードは用意をしています。

外交カードを無力化するとは、このうちの靖国問題に関しては、『もう関係なく参拝するもんね』というスタンスをとることで、騒いでも意味ないですよ、とアピールして使っても意味のない外交カードにすることを言っています。

「外交カード」とは、何らかの圧力をかけて、自分に有利に交渉を進めるために使うということです。靖国参拝問題は、東京裁判でA級~C級とランク付けされた戦犯者を合祀した時点から、「日本は、韓国、中国に侵略したことを正当化するつもりか!反省していないのか!」というネタとして特に使われるようになりました。
日本は、「人が何を参拝しようと自由だろ!内政干渉するんじゃない、ボケ!」と言ってしまっても良かったんですが、『配慮』をすることが大人として大事ですよね、ということで、参拝の日をずらし...続きを読む

Qどうして産経新聞だけ首相の靖国参拝に賛成なの?

TVで報道していのたのですが、
首相の靖国参拝問題に関して、新聞各社の論説は、おおむね反対なのに対して、
産経新聞のみ「首相の責任を果たした」と賛成らしいです。
産経新聞は読んだことないのですが、
特殊な新聞なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャーナリズムというのはそもそも反権力であるべきなのです。
政府つまり国家権力側の人間が行うことについて政府見解をそのまま報じることは「大本営発表」を肯定することと同じで、ジャーナリストが行うことではないと考えているからでしょう。

これに対し、産経新聞は反社会主義です。
今の与党が反社会主義なので、政府見解を肯定するような意見が多いのでしょう。
ですが、公務員批判はものすごいですよ。
公務員労組や日教組などが旧社会党系・共産党系であることから、新聞各社の中で公務員に最も批判的なのが産経です。

朝日などは政府は批判するが公務員は擁護する論調が目立ちます。

Q靖国参拝の現実的なメリット

安倍長官が靖国参拝してたことが判明しましたが、どうしてそこまで靖国参拝をしたいのかがよくわかりません。
参拝にどんな現実的なメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

○精神的充足
  自分の信念を貫くと気持ちがいい
○遺族会の票
  遺族会は自民党の大きな支持母体です。遺族会の票は俺が貰った。
○小泉政権の後継者
  小泉首相の政策を踏襲することを暗に示しています。小泉政権を
  支えた人たちの支持を集めやすくなります。

私は、上記3要素全部か、またはその一部であると思っております。

Q有名政治家(首相、大臣、豪腕O沢)は常にマスコミが付けられている?

有名政治家(首相、大臣、豪腕O沢)は常にマスコミが付けられている?

上記のような人々はいついかなる時もどこへ行くのも移動中はマスコミに付けられているのでしょうか?

都内の国会付近の移動の際は勿論、新幹線の中、飛行機の中、

はたまたO沢氏が海へ釣り船で釣りに行く際も船で追いかけられていました・・。

大きな事件や渦中人物で無くてもVIPの移動中には必ずマスコミが追跡しているのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる、番記者と呼ばれる人たちですね。
対象と密着することで、常日頃から情報を収集し、
同時に突発的な事象にも備えることになります。
(基本的に、同じ記者が長年勤めることが多いですし、
これを勤めることは、出世の登竜門でもあります。)

対象との距離の近さ故に重要な情報が得られることが
多いですが(オフレコ情報等は、こういう所から
得ることが多い)、同時に近すぎるが故に癒着したり、
批判の筆先が鈍ったりする(下手すると擁護してしまう)
こともあるようです。

Q小泉さんの靖国参拝にこだわりまくる理由

 小泉首相の靖国参拝が問題になっていますが、なんでそこまで靖国参拝にこだわるのでしょうか?。
 単純に戦死された方に対する哀悼の意が強い方なんでしょうが、首相になる前から参拝をされていたんでしょうか?。ここまで問題が膨らむのに参拝をやり始めた理由が解りません。
 

Aベストアンサー

小泉総理は知覧特攻平和会館でガラスケースの中の神風特攻隊の遺書を読んで、顔をゆがめて大粒の涙をボロボロとこぼしていた映像がかつてニュースで流されました。

大の大人の男性が、人目もはばからずにあんな泣き方を滅多にするものではありません。どうみても激しく心を揺さぶられたときの泣き方だったと私は感じました。

そして、「特攻隊の彼らの心を思うと、何でもできるね」と、呟くように言ったそうです。

上記のことだけでも戦争で国のためになくなった方を慰霊する(靖国参拝する)理由としては充分です。

日本の後世を任された一国の首相としては、参拝する気持ちになるのが人間の自然な感情だと思います。

下記のフラッシュや特攻隊の遺書を読めば、少しはその気持ちが分かると思います。
http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/isyo/isyo.html

Q中国人の反日デモは大々的に取り上げるマスコミ

尖閣竹島で揉めてますが、マスコミが中国人の500人程度の反日デモでも
大々的に取り上げるのは、ちょっとおかしいんじゃないでしょうか?

ニュースを見てると、いったいどこの国の放送局かと
疑うことがあります。

なんで日本のマスコミはこんななんですか?

Aベストアンサー

>>なんで日本のマスコミはこんななんですか?

ここでもしばしば書かれていると思いますが、「日中記者交換協定」というものを日本と中国で取り交わしています。

1.日本政府は中国を敵視してはならないこと。
2.米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しないこと。
3.中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げないこと。

となっています。なので、中国の気にいらないこと、中国を敵視した敵視した報道はしないようにしないと記者が、中国から国外処分となるからです。
そうなると記事のネタが入らなくなって、マスゴミ企業が経営的に厳しくなるからでしょう。で、日本のマスゴミが中国の宣伝役になっているってことかな?

そして、500人程度の反日デモを、大々的に取り上げることが中国政府の意向に沿ったことなんだと思います。

Q靖国参拝にアメリカやロシアは抗議してるのか?

相変わらず8月15日になると日本の政治家の靖国参拝で
中国や韓国が抗議したりしてますが、
第二次世界大戦で日本と戦ったアメリカやロシアは
靖国参拝に抗議したりしてるのでしょうか?

Aベストアンサー

 アメリカは、軍関係者なんかが結構、公式に参拝してますよ。
   http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/1747757/

 ブッシュ大統領が参拝を希望したなんて話しも、ニュースに成ったぐらいですし。
 (外務省が某国に配慮して、明治神宮に変えたのですが…。←結局非難されたので意味ないですが…。)

 ドイツの駐日武官は着任と離任時に参拝するのは定例化しているみたいです。

 あとロシアも公式参拝した事有るみたいです。
 (まあ、あの韓国も公式参拝[2002年]した国ですが…。)

 ちなみに、日中共同声明に署名した周恩来は、若い頃靖国の大祭を見物して「はなはだ大きな感慨を催す」なんて日記に残しています。

Q朝生ですら靖国参拝「支持」71%「不支持」29%

元旦の夜に放送されたテレ朝の朝まで生テレビによるアンケートで安倍総理の靖国参拝を71%の人が支持すると回答。

また、今年、安倍総理に期待すること心配することへのアンケートでは期待することは、景気回復が197件で一番多かった。

朝まで生テレビ 98:02~
http://video.fc2.com/content/20140101rwRyU9Kc

■TBS「情報7days ニュースキャスター」

12月28日のアンケートのテーマは
今回の安倍首相の靖国参拝。 あなたはどう思う?

いいんだ…28977票 71.2%
まずいんだ…11740票 28.8%

【世論調査】 「安倍内閣を支持する」が82.1%・・・Yahoo!ニュース を紹介した時の回答のほとんどが、Yahoo!は信用ならないというものでした。

しかし、かのTBSや朝日でさえこの結果です。

この信用ならないとする人たちって、何を信用してるんでしょうか?

■元旦が来た
http://www.youtube.com/watch?v=jtYaoemxso0

まさにおめでたいんでしょうか?

元旦の夜に放送されたテレ朝の朝まで生テレビによるアンケートで安倍総理の靖国参拝を71%の人が支持すると回答。

また、今年、安倍総理に期待すること心配することへのアンケートでは期待することは、景気回復が197件で一番多かった。

朝まで生テレビ 98:02~
http://video.fc2.com/content/20140101rwRyU9Kc

■TBS「情報7days ニュースキャスター」

12月28日のアンケートのテーマは
今回の安倍首相の靖国参拝。 あなたはどう思う?

いいんだ…28977票 71.2%
まずいんだ…11740票 28.8%

【世論調査】...続きを読む

Aベストアンサー

人間=精神=言葉には、単純化すると、政治的なものと思想的なものとがあると考えると、人の行動や考えが分かりやすいと思います。

思想とは、ただ思い、考えるだけで、それ自体は何の役にも立ちません。思想の結晶化したものが芸術であり、それは人間が生きることと何の関係もないばかりか、時に毒にさえなる。優れた芸術はほとんど常に豊かな社会を母体とし、余裕のある人間にしか生み出せない。

これに対し、政治は、広い意味で世の中に働きかけ、自分の思うように変えようとする行動です。戦争はその最たるものですが、個人でも生きている以上、多かれ少なかれ政治的な行動は行わざるをえない。エネルギーを得るために酸素を吸うとか、集団の中ではなるべく仲間外れにならないとか。

だから、いわゆる左翼も右翼も政治的な行動をする点では同じだと考えてよいでしょう。ナチスもレーニン主義も形の上ではよく似ていた。だから、例えば、自分は日本社会から疎まれていると感じる人間、自分以外の人間はすべて愚か者であると無意識に信じている人間、より明確に曰本社会の破壊を企図している人間は、多かれ少なかれ、日本社会の繁栄を妨害し、その挫折を企図するものです。

それゆえ、世論調査の結果が自分にとって望ましくない場合、その現実を認めてしまうと、自分の政治的行動が多数決民主主義に反することになる。現代社会においては多くの扇動家が直接民主主義を標榜し、大衆の示威運動や蜂起をもって政治目的達成の重要な手段としており、国民の何割かは常に多数に追随することを知っているので、自分に都合の悪い世論調査はこれを無視するか、出来るだけ目立たなくする必要がある。

…ということで、ご質問への回答の結論としては、彼らは信ずるに足りるものを何も信じていない、ということで宜しいかと思います。

人間=精神=言葉には、単純化すると、政治的なものと思想的なものとがあると考えると、人の行動や考えが分かりやすいと思います。

思想とは、ただ思い、考えるだけで、それ自体は何の役にも立ちません。思想の結晶化したものが芸術であり、それは人間が生きることと何の関係もないばかりか、時に毒にさえなる。優れた芸術はほとんど常に豊かな社会を母体とし、余裕のある人間にしか生み出せない。

これに対し、政治は、広い意味で世の中に働きかけ、自分の思うように変えようとする行動です。戦争はその最たる...続きを読む

Q政治家の靖国参拝

毎年、この時期になると政治家の靖国参拝が報じられます。
安倍をはじめ、大臣連中が靖国参拝しますが、「本気なのかなあ」と毎年感じます。
戦死した遺族から票を稼ぐためのパフォーマンスとしか思えません。

総理、大臣職を辞してもいまだに靖国を訪れる元政治家っているんでしょうか?

Aベストアンサー

マスコミは基本的に親中韓ですから、殊更に大きく報道するんですよ。
戦後自民党が靖国を参拝したのは明らかに選挙のための票集めです。
遺族会の勢力が強く、靖国に参拝する事によって遺族会の表を得るのが目的です。
今から30年ほど前に知ったので、今でも存続しているかどうかは判りませんが、自民党の選挙必勝法の中には「最低でも5つの宗教法人に所属すること」というのがありました。
つまり自民党にとって参拝は完全なパフォーマンスです。
その証拠にほとんどの自民党代議士が地元に戻っても祭礼に寄付はしても帰る度に護国神社に参拝しているという情報は聞いたことがありません。
靖国は全国の護国神社の元締め、護国神社は兵士だけではなく地元を護るために尽くした人のための神社です。そこに詣でることもせずに靖国だけに、しかも終戦の日だけに詣でるというのは信仰心ではなくパフォーマンスとしか言いようがありませんね。
だから遺族会の力が弱まると靖国参拝をしなくなる議員も増えるということです。
中には「靖国に参拝する議員団」とかなんとかいうパフォーマンス集団で活動している人も居るでしょう。

中には靖国が地元で例大祭に列席している人も居ます。
また東京と神奈川県には護国神社がありません(神奈川は空襲で破壊され、再建直前に終戦を迎えて再建されませんでした。)なので護国神社として靖国に詣でる人も居るでしょうね。

でもこれだけは間違えないで下さい。
靖国参拝することを政治家の義務だなどと吹聴することそのものが信教の自由と政教分離の法に反しているんです。靖国参拝はあくまでも個人的思想であって政治に絡める事はしてはなりません。もちろん個人的に絡めても個人の自由ですが、社会的に主張すれば不法行為となります。
愛国心を問うなら、全国戦没者追悼式に出ているかどうかをまず見るべきでしょう。こちらに出ないで靖国にいくのは意味ありません。

それに靖国参拝を扇動している世論には、中朝の扇動があることを忘れてはなりません。靖国にたむろしている右翼の少なからずも実は親中朝のスパイなんです。政治家の中でもKだとかNだとか愛国心の象徴のようにマスコミが祭り上げた者が実は中朝と深い関係にある事は有名な話です。
奴らは靖国参拝を扇動して、中朝の反日政策を正当化しているんです。

マスコミは基本的に親中韓ですから、殊更に大きく報道するんですよ。
戦後自民党が靖国を参拝したのは明らかに選挙のための票集めです。
遺族会の勢力が強く、靖国に参拝する事によって遺族会の表を得るのが目的です。
今から30年ほど前に知ったので、今でも存続しているかどうかは判りませんが、自民党の選挙必勝法の中には「最低でも5つの宗教法人に所属すること」というのがありました。
つまり自民党にとって参拝は完全なパフォーマンスです。
その証拠にほとんどの自民党代議士が地元に戻っても祭礼に寄付は...続きを読む

Q総理の靖国参拝でNHKの報道はおかしくないです

今日(26日)の安倍総理の靖国参拝について、NHKは昼のニュースで報道していた。

安倍総理の参拝理由の弁明時間がやたら長いと思っていたら、
防衛大臣や石破幹事長その他自民党の面々が参拝は良かった、
との報道が10分くらい延々と続いた。

その後やっと野党の民主党が一人出たと思ったら、後はなくて次のニュースになった。
象徴天皇さえ参拝しない靖国参拝で、国民に意見の相違がある問題だ。

中立であるべきのNHKの報道としては、総理の参拝擁護の姿勢丸出しの
偏った報道に思いましたが、ご覧になった皆さんはどのように感じましたか。

Aベストアンサー

 >日本のテレビ局は日本寄りでよい
とのご発言もありますが、その中身が問題です。表面的に日本支持といってもそれが時として浅薄で狭溢なナショナリズムを煽るとのケースもあることは既に歴史の語るとこでもある。
 こうした意味からすれば、今回の報道には徹底して批判的に伝えることが必要でしょう。何よりも立法府に属しその上で行政府のトップにある立場ですから、靖国に行くとしても「これら全ての職を辞してから行く」のが筋です。国家基本法としての日本国憲法の趣旨並びに条文を無視するほどの違法行為ですから報道に携わる立場ならそれを厳しく指弾することも必要です。
 マスメディアが第4の権力もしくは社会の木鐸と呼ばれる「由って立つべき原点」を見失った時、それは同時に自らがその責務を放棄したと言われても仕方のない行為であると僕は考えます。
 むしろ、今のメディアが採るべき立場は桐生悠々をはじめ菊竹六鼓やむのたけじといった言論の先達が遺した足跡を検証し自らの支えとすべきではないでしょうか。


人気Q&Aランキング