父親が亡くなりました。小さいころから心臓が悪かったんです。
住宅ローンがまだ残っているんですけど・・・

生前に父親が
「返済しなくていいようになってる。そういう契約をした。
(保険に入ったらしいです・・・)
でも、自分は健康だと言ってその契約をした。
その審査も軽いもので、自分は仕事もして稼ぎも十分にあるので
何の疑いもなく審査を通過した。
しかし・・・自分が昔から心臓が悪いのに
健康だとサインしたその書類が出てきたら
どうなるか分からない。
でも、その書類は一生保存されるような書類ではない。」と言っていました・・・

・・・実際、どうなるんでしょうか??
わたしはどういう態度で望めばいいんでしょうか・・・???

わかりにくくてスイマセン。
全くどうしていいのかわかりません。
少しでもご意見が聞ければいいんですけど・・・
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず お悔やみ申し上げます



お父さんがそのように話されていたのなら
まず心配ないのではと思います

私の親類の話ですが
やはり自宅ローンの返済中に突然体調を崩し
帰らぬ人になりました

ローン支払い契約時の書面がすべてですが
突然契約者が無くなった場合に
支払いに困らない様に
生命保険の受取をローン会社にして
後の支払いが遺族の負担にならない様に
契約を結ぶ方法を取っている所が結構あるようです
(ローン金額に含まれている)

これは住宅購入時にそのような契約を含めて
手続きを進めたそうです

細かい事はわかりませんが
実際ご主人がなくなって支払いが出来ずに
家を売却と言う事にならないように
考えられたものだそうです

guuさんの場合はそのような事も考えられる様なので
まずはお父さんがどのような契約をしてらっしゃていたのか
確認して契約会社に確認を取った方がよろしいかと思います

健康審査などは事前に行われている訳ですから
保険会社も納得しての契約だと思いますので
あまり心配する必要はないのではと思います

なにぶん素人なので
絶対だと言いきれない部分はありますが・・・

いずれにしろ自宅の契約書
または、契約会社への確認を早急にされた方が
良いかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

今日、確認の電話もいれました。
契約書には“健康”で病気もない・・・とサインされています。
でも、契約先に提出する死亡診断書には
いろいろ書かれていて・・・
やっぱり、こちら側の申告に問題があったことになりますよね・・・

お礼日時:2001/09/12 13:08

補足です



基本的には契約後の発病は問題にならないと思います
先に答えてらっしゃる方がいますが
契約時に問題なく(健康審査も含めて)
できているなら
心配ないと思います

親類が無くなった時の診断も
その点で心配をしていましたが
死亡診断書に関しては何も言われませんでしたので・・・

様々な状況はあると思いますが
心を強く持って対処できるよう
がんばってくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・
大丈夫ですよね。ありがとうございます。
あまり弱気にならないようにします!!

お礼日時:2001/09/13 00:20

 生命保険約款(生命保険の規則)では責任開始から2年たちますと,告知義務違反で保険会社の方からは解除できなくなります。

ローンが実行されてから、2年を経過していれば、大丈夫かと思います。

参考URL:http://www.seiho.or.jp/madoguchi/03_2a.html#8
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

ローン実行からは7年がたちます。
契約書と、死亡診断書を比べて不一致があっても・・・
大丈夫なんでしょうか???

お礼日時:2001/09/12 13:11

お父様の件大変でしたね


ご質問の住宅ローンですが、生前お父様がおっしゃっていたのは
恐らく「団信」と呼ばれる生命保険で正式名称を「団体信用生命保険」と言います。
細かくは理解していませんが、私自身も加入しています。
本当に簡単に言えば、加入していればローンがチャラになる保険です。

ただ、毎年更新だったと思いますので、切らしていなければの事ですが。
一度契約を解除してしまうと再加入は出来ないようです。

私の説明では不十分と思いますのでURL入れました。
他にも、「団信」または「団体信用生命保険」で検索すると
かなりの数ヒットしますので併せて見てみてください。

まず、保険に加入しているかどうかを確認することが急務かと思います。
こんな回答でもお役に立てれば良いんですが...

参考URL:http://www.e-sumaisagashi.com/new_page_17.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

そうです。「団体信用生命保険」というやつです。
今日、確認の電話もしました。
検索にもかけて調べてみますね。

お礼日時:2001/09/12 13:04

quuさん、こんにちは



僕もそれほど詳しいわけではないですが、たしか審査の時の申告にウソがあったとしてもその後数年(2年か3年くらいだったような)生きていれば、何の問題も無かったはずです。
何年前に契約したんでしょうかねえ?
それよりも、その保険会社が今も破綻せずに残ってるのかどうか心配ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

契約は7年前にしました。
保険会社にも今日、連絡をとりました。
だいじょうぶだといいんですけど・・・

お礼日時:2001/09/12 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書類保存期限を過ぎた書類を破棄しても大丈夫ですか?

会社の倉庫に大量の書類が入っています。
古いものは昭和時代のものもあります。書類保存期限を参考に、処分しようと思っているのですが、
経営者がモノを捨てられないタイプの人で「もしかしたら何かの時に必要かもしれないから捨てるな」の一点張りです。
そう言われるとこちらも何も言えないのですが、かといってこのままではどうにもなりません。
そこでお聞きしたいのですが、平成15年以前のものは破棄したいのですが、こういった「保存期限」を過ぎて処分した書類が後になってやっぱり必要だったなんていうことがあるのでしょうか?
詳しい方、教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
永久保存のものやそれに近いものは保存しています。それ以外のものです。

Aベストアンサー

たびたび失礼いたします
補足拝見いたしました

こちらこそ、いらぬお節介な回答をいたしましたようで申し訳ありません
改めて回答させていただきます

会社の規定がどうなっているのか?
文書を管理する責任者・権限者の意向がどうか?
斟酌する要素はこの2点です

最低保存期限を定めている規定があれば(もしくは規定そのものがなければ)、経営者が「保管しなさい」と言っているのですから保管しなければなりません

逆に保管期限後の廃棄を明確にうたっている規定があれば、廃棄しなければなりません
(個人情報にかかわる文書保存の場合、廃棄方法まで規定されることもあります)
もし、経営者が保管を命じた場合は、規定変更の具申が必要となります



法的な保存期限、社内規則等で定められた保存年限を経過後の書類であれば、通常は廃棄して問題が生じることはありません
保存年限を過ぎた書類が後々必要となるケースが皆無という訳でもありませんが、書類そのものが必要というより、記載されていた内容が必要なので、大抵は代替手段があります。
そもそも「規定に定めている保存期間を経過したので廃棄しております。」と言ってしまえばとおる話です

たびたび失礼いたします
補足拝見いたしました

こちらこそ、いらぬお節介な回答をいたしましたようで申し訳ありません
改めて回答させていただきます

会社の規定がどうなっているのか?
文書を管理する責任者・権限者の意向がどうか?
斟酌する要素はこの2点です

最低保存期限を定めている規定があれば(もしくは規定そのものがなければ)、経営者が「保管しなさい」と言っているのですから保管しなければなりません

逆に保管期限後の廃棄を明確にうたっている規定があれば、廃棄しなければなりません
(個人...続きを読む

Q会社清算後の書類とその保管期限について

会社を清算するのですが、清算後も保管しなければならない経理書類は具体的にどのようなしょるいになるのでしょうか?
また保管期限は何年になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

財務諸表と関連する書類…税金が関係するから清算完了の登記後に到来する申告期限から5年保存。
登記の閉鎖…清算完了の登記からやはり5年。
間違いは訂正下さい。

Q法人の確定申告書とその添付書類(別表、決算報告書)の成り立ちについて。

法人の確定申告書とその添付書類(別表、決算報告書)の提出を求められました。今まで会社がファイリング等をしっかりやってこなかったので、会社の書類棚を探し回っています。そこで分からない事が出て来たので質問させて頂きます。
当社はまだ5期目なのですが、期によって別表と呼ばれる書類があったり無かったりします。確定申告書の一番上の青色の書類の右肩には別表1と書いてあり、その別表1から始まって別表16までありますが、1から16まで全ての番号が網羅されている訳ではありません。別表2とか3はありません。これは無くてもいいものなのでしょうか。(他にも抜けている別表○○があります。7~14までは全ての期においてありません。)
また「固定資産台帳、減価償却費明細書」もある期と無い期があります。
そこで質問なのですが、そもそも法人の確定申告書に必要な書類というのはどこからどこまでなのでしょうか。全てを正しく揃えると、何と何が無ければいけないのでしょうか。教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

別表については、必要なものについてのみ添付するようになっていますので、1から16まで全てを提出するケースはまずほとんどないと思います。

但し、少なくとも別表一、四、五(一)、五(二)だけは最低限必要ですし、別表二も基本的に必要と思いますし、別表十五もまず必要だと思います。

それぞれの別表ごとに説明してみます。

別表一(一) これは申告書ですので言うまでもなく必要です。

別表二  同族会社の判定に関する明細書ですが、株主名簿のような性格もあり、基本的に提出すべきものと思います。

別表三(一)  同族会社に該当する場合に、留保金額に対して税額がかかってくるので必要ですが、但し定額控除額が1500万円がありますので、それなりの所得が出ない限りは必要ありません。

別表四 これは申告所得金額を算出するためのものですので、絶対に必要なものです。

別表五(一) こちらについても別表四と密接に関わっており、絶対に必要なものです。

別表五(二) 租税公課に関する明細書ですので、こちらも絶対に必要です。

別表六(一) 預金利息等から源泉徴収されている所得税がある場合に、法人税額から控除する際に必要な計算書ですので、一般的には必要と思います。

別表七 当期又は過去に控除可能な欠損金がある場合に必要な明細書ですので、欠損とは無縁の会社であれば必要ない事となります。

別表八 これは受取配当等がある場合に、その益金不算入の計算に関する明細書ですので、受取配当等がない会社では必要ありません。

別表十一(一)及び別表十一(一の二) 貸倒引当金を計上している場合に必要な明細書で、その計上がなければ必要はありません。

別表十一(二)及び別表十一(三) こちらも、それぞれの引当金についての明細書ですので、その引当金がなければ必要はありません。

別表十四 寄附金にの損金算入に関する明細書ですので、寄附金がなければ必要ありません。

別表十五 交際費等の損金算入に関する明細書ですので、普通は交際費はあるでしょうから必要な場合がほとんどだと思います。

別表十六(一)及び別表十六(二)
 それぞれの方法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書ですので減価償却資産がある場合は必要となります。
この明細書に資産ごとに記載せず、資産の種類ごとに合計で記載する場合は、別途減価償却の明細の添付が必要となります。

別表十六(五) 繰延資産の償却額の計算に関する明細書です。

別表十六(六)  一括償却資産(3年均等償却)の損金算入に関する明細書です。

それぞれの別表の詳細については、下記国税庁のサイトをご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/houjin/annai/01h.htm

別表については、必要なものについてのみ添付するようになっていますので、1から16まで全てを提出するケースはまずほとんどないと思います。

但し、少なくとも別表一、四、五(一)、五(二)だけは最低限必要ですし、別表二も基本的に必要と思いますし、別表十五もまず必要だと思います。

それぞれの別表ごとに説明してみます。

別表一(一) これは申告書ですので言うまでもなく必要です。

別表二  同族会社の判定に関する明細書ですが、株主名簿のような性格もあり、基本的に提出すべきものと思い...続きを読む

Q平成21年中に行政書士に書類の作成を依頼し、その報酬を支払いました。

平成21年中に行政書士に書類の作成を依頼し、その報酬を支払いました。
請求書に源泉徴収税を引いた金額が記載されていたので、それを差し引いた金額を支払い、当社で源泉徴収税を納付しました。
先ほど、調べていて知ったのですが行政書士の報酬は支払調書の提出義務がないとのことでした。
法定調書合計表への記載はどのようにすればいいのでしょうか?
文章が分かりにくいと思いますが、ご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

行政書士の報酬については、源泉徴収の義務はないし、支払調書の提出義務もありません。しかし、誤って源泉徴収をして納税したのであれば、支払調書を提出して法定調書合計表へ記載する方が良いのではないですか。そうしないと、税務署が把握している源泉所得税の納付額と合わなくなってしまうからです。

※支払調書の提出義務がないという事は、「提出しなくて良い」という意味であって「提出してはならない」という意味ではありません。

Q親からの事業資金借入 父親→私→会社 or 父親→会社 ?

今年法人を設立したのですが事業資金として父親から900万円を借りました。貸借契約書を作成する段階でふと気になることがありましたので質問しました。

この場合、父親と私個人間の金銭貸借取引として、会社では役員(私)借入金として計上するのがよいか、

それとも、父親と会社間での金銭貸借として長期借入金で計上した方がいいのでしょうか?

父親→私→会社の場合ですと貸借契約書は父親→私、私→会社と2種類必要となり、印紙税も2倍必要なのではないか、また、利息についても2倍の事務負担等(父親の確定申告、私の確定申告など)が必要になるのではないかと不安になり質問しました。

私(役員)を通すことなく父親→会社の取引の方が簡単でいいですよね?
それとも私(役員)を通すメリットは何かあるのでしょうか?
全くの事業初心者です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法人の場合には、支払い利息を損金に計上しなければ、費用になりませんので、会社役員との同族間の借入れについては、無利子でも受贈益は生じません。受贈益が生じるのは、お父さんが債権放棄した場合です。
 ちなみに、会社から借入れた場合で無利子貸付を行ったときには、会社に認定利息(通常の借入れ利息で概ね3%ぐらい)の計上が求められます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報