一年ほど前から犬を飼いはじめました。
散歩をするのに神田川沿いの歩道を使うようになりました。
普段とても気持ちのいい場所で、ゆっくり歩けるのが気に入っています。
…が、犬の散歩をするようになって気が付いたのですが、ユスリカがすごいです。
100~200あたりで集団行動してるのは知っていました。それですら気持ち悪いと思っていたのに、特に暑くもない、湿気もないある日散歩していたら歩道の少し広くなってる所に、端から端までビッッッシリふわふわと群がっていました。
100なんてものじゃないです、一万、二万は軽く超えてました。
幸い家は川沿いにはないので被害はありませんが、この質問を書いてる今も鳥肌がすごいです。
それを見てから、散歩をするのも外に出るのもかなり苦痛です。
長くなりましたが、要約すると…

☆この異常なまでの繁殖をどうにか出来ないか
☆相談する、この状況を訴えるならどこに言えばいいのか

皆さんの回りではどうですか?
カテゴリーですが、住居ではなかったのでこちらにさせていただきましたが、カテゴリー違いでしたらすみません。
それでは失礼します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このカテゴリーに関して言えば・・


ユスリカは、流れの悪い川や、池、沼などなど、よどんだ水があれば大発生するもの、です。蜘蛛や小鳥の食べ物なので、生態系が豊かになります。それを、気持ち悪い、としてしまうのは、人間の身勝手、です。
ただ、人工的に作られたよどんだ水に、温暖化も相まって、大発生・・というのもあるので、限度を超えるようなら、その発生源を、蚊が異常発生しないような、自然な状態に返すという施策をとるのがよいかと。。

というのは、おいておいて・・
お役所の生活衛生課に相談するとよいです。
    • good
    • 0

河川の管理者は東京都になります。


http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasen/gaiyo/0 …

ただ、ユスリカの繁殖は水が綺麗になったためでもあるそうです。

参考URL:http://www.afftis.or.jp/konchu/mushi/mushi58.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあたま虫(ユスリカ)について

暑い時期になるといつも悩まされているのですが、アパートの玄関の前の蛍光灯にユスリカがいつも群らがってます。家に入る時も、ユスリカが侵入しないように気をつけなければいけません。
朝起きて玄関の前を見ると、沢山のユスリカの死骸が落ちていてホウキで掃いては捨てるの毎日です。
風の強い日なんかは沢山舞うので泣きそうです。
子供もアレルギーもちなので、ユスリカの死骸の粉末が風でとばされ、それを知らず知らず吸い込んでしまうと喘息になりかねません!
なので対策として、蛍光灯をはずしました。そうすると次の日死骸はほとんどなくホッとしましたが、主人の帰りが遅い時など蛍光灯がついていないと下が見えなく危ないのです。
蛍光灯をとらずにユスリカをよせつけなくするいい方法教えて下さい。

ちなみに数日間蛍光灯をはずしていたら、管理人さんが新しい蛍光灯をつけて行かれ申し訳なかったです(盗られたとでも思ったのかな?)

Aベストアンサー

虫が集まってきては困る食品工場などで使用されている、昆虫が好む紫外線をカットした蛍光灯があります。
または、普通の蛍光灯にかぶせるだけのカバーもあります。
でも、高いのと一般の小売店には無いかもしれません。
低誘虫蛍光灯(松下)で取り寄せられると思います。
カバーは専門の防虫業者に聞いてみないとダメかも?

あとは蛍光灯の代わりにペット用で防虫用の黄色のランプが使えるとおもいますが、管理人さんに言わないと問題になるかもしれません。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/takahashi-kouei/kigu.htm

Q自転車は歩道を走って良いのですか?危ないです。

歩道に自転車は走って良いのでしょうか?基本的には駄目ではないでしょうか?

走れても徐行しなければならないとか?

結構スピード出していて、歩行者にとって非常に危ないです。

歩道で歩行者とぶつかったら完全に自転車が悪いと思いますが、

事故はいやですから、非常に気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

参考に。

http://cycle-info.bpaj.or.jp/?tid=100134
http://law.jablaw.org/sw_swtc

 走ってよい場合も歩行者優先です。
 ベルを鳴らすなどして歩行者を避けさせるような行為はNGです。

参考まで。

Qユスリカがコップで溺死する理由

この時期、コップに水を入れたまま一晩おいておくと
翌日に水面に死んだユスリカが浮いているのをよく見ます。

一体何を考えての入水なのでしょうか。

ウィキペディアによるとユスリカは水面で羽化を行うそうです。
もし事故死ならば、波一つ立たないコップで溺れるような奴が
今日まで生きてこられたことが不思議でなりません。

Aベストアンサー

産卵
確かに水面で羽化もしますが、
その為には、水中に幼虫がいないと、羽化しませんね(^-^)

Qこのカテゴリーでいいのかな‥

 ジャングルにある動植物を調べてます。
 検索サイトでいろいろ探してるのですがなかなか
見つかりません。
 いいサイトを知っていたら教えてください。
 なるべく写真が多く載ってるところをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは~!ジャングルについて調べてるんだね^^ブラジルのアマゾンについての資料は掲載してるか解らないけど、今後秘境に行く事が有ったら知らせてね~。

オイラの知ってるURLを書いときますよ~♪

生物関連 自然科学 軽登山 等
http://www.kaigisho.ne.jp/literacy/midic/data/k24/k24124.htm
WEB版 動物 花 図鑑
http://www.knowledgelink.co.jp/
オンライン 百科事典 URL集
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/asao/etm/epedia.html
WEB 魚の図鑑
http://www.ffish.org/zukan/zksrch.htm
昆虫ずかん
http://www.tenteki.org/kitamura/
UMA 未確認生物 HP
http://toshigc.hp.infoseek.co.jp/uma/UMA.htm

アルマス(原生 雪男? 獣人?)
http://toshigc.hp.infoseek.co.jp/uma/uma-arma.htm

絶滅動物 イラスト(^^)HP
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/

☆☆☆生活お役立ち リンク  絶滅種・絶滅危惧種もあるよ~個人HPとは思えない内容☆☆☆
http://hp7.popkmart.ne.jp/eruchan/a.html

巨大動物 色々・・人呑みナマズ コモドドラゴン 大鰐 マンモスもクラーケンもある!
http://members.tripod.co.jp/big_game/

  一旦こんなものでどうかな?

こんばんは~!ジャングルについて調べてるんだね^^ブラジルのアマゾンについての資料は掲載してるか解らないけど、今後秘境に行く事が有ったら知らせてね~。

オイラの知ってるURLを書いときますよ~♪

生物関連 自然科学 軽登山 等
http://www.kaigisho.ne.jp/literacy/midic/data/k24/k24124.htm
WEB版 動物 花 図鑑
http://www.knowledgelink.co.jp/
オンライン 百科事典 URL集
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/asao/etm/epedia.html
WEB 魚の図鑑
http://www.ffish.org/zukan/zksrch.ht...続きを読む

Qユスリカの唾液腺の染色体

ユスリカの唾液腺の染色体についての
質問なんですが・・・・
(1)ユスリカの唾液腺の染色体の本数は
 6本ときいたのですが、観察した際は三本とか四本でした。
 なぜですか??
(2)一部ほどけてもやもやっとしている部分がありました。
 ここは何の働きをするんですか?また、どうしてこういう部分が
 できるのですか?
(3)染色体の縞模様はなんのやくわりをしているのですか?

Aベストアンサー

<セントラルドグマによって最終的にできたたんぱく質は、唾液腺細胞 になるのでしょうか?唾液腺の唾液酵素は、このたんぱく質からでき るのですか?

 唾液腺細胞 も 構成します。ウィルスのような例
もありますが,生命反応はタンパク質を介して行われ
ます。酵素の主体はタンパク質ですので,唾液酵素の
主体もタンパク質です。

<また、なぜ唾液腺だけが染色体がおおきいのですか?ユスリカの染色体はDNAが複製されたまま増えるとか聞きました。関係ありますか?

 ことが「進化」になるので言い回しがさらに複雑
になります。基本として「生物が目的のために体を
変えた」という表現は誤りで,「そのような形質を
持った生物が現代に生き残った」と考えるからです。

 巨大な唾液腺細胞は,双翅目(ハエ、カ等の仲間)
に発達した特別な染色体で,多量の特定タンパク質
合成に適しています。

 ハエの口,特に幼虫(ウジ)の口にアゴや刺突起
はありません。どのようにして栄養摂取するか・・・
というわけですが,食物に多量の消化液を吹きかけ,
溶けた肉汁などを啜る(すする),体外消化です。
このため多量の消化液を合成する必要があります。
 一方 カも多量の麻酔や筋弛緩効果のある生理
活性物質を獲物に注入する必要があります。
 このため大量の酵素タンパク質を合成できるこ
とは生存に適するわけですが,

 ドグマにもあるように,多量のタンパク質合成の
為には多量の目的部分の設計図のコピー(RNA)
を必要とします。そのためにはコピーマシンが多い
方がよいわけで,パフの部分にコピー機が80~
200台並んでいるイメージを考えてください。
 もしあれを各内のあちこちの場所で行えば確実に
からむでしょう。
 たまたまあのようなしくみを持った種が,多量の
特定タンパク質合成に頼った生活形態に合っていた
と考えてはいかがでしょうか。

<<確認>唾液腺の染色体はn=4なのは、実は2n=8だけれど
 減数分裂などによって2本で1つ(くっついているから)だからですよね?

 はい。対合(たいごう)しているためそのように見えます。

<セントラルドグマによって最終的にできたたんぱく質は、唾液腺細胞 になるのでしょうか?唾液腺の唾液酵素は、このたんぱく質からでき るのですか?

 唾液腺細胞 も 構成します。ウィルスのような例
もありますが,生命反応はタンパク質を介して行われ
ます。酵素の主体はタンパク質ですので,唾液酵素の
主体もタンパク質です。

<また、なぜ唾液腺だけが染色体がおおきいのですか?ユスリカの染色体はDNAが複製されたまま増えるとか聞きました。関係ありますか?

 ことが「進化」になるの...続きを読む

Q東電バッシングがすごいですけど

そもそも一民間企業(東電の場合完全民間企業とは若干違うと思うけど)が、
原子力の管理や絶対安全な発電所の運営なんて無理なんじゃないかと思うんですけど、違いますかね。
いま、世間の人たちは東電をたたいている人が多いみたいですし、
今後東電がいろんな方面に対して補償するだろう事は想像できますが、
そもそも原子力発電所を民間企業に任せて絶対安全だという嘘の事実を放置しておいた国民の全てに責任があるんじゃないですか。
原子力は日本一国だけの問題ではありません。
世界各国では反原発の動きが活発化しています。
今のように民間企業である電力会社に管理運営を任せている限り、
今後も想定外の事態が起こらないわけがなく、またそのときに責任のなすりつけあいをするのではあまりに進歩がなさ過ぎます。
東電をスケープゴートにして誰がいったい得をするんですか。

Aベストアンサー

http://www.youtube.com/watch?v=jyou9oG1qBg
http://www.youtube.com/watch?v=YDcYUlTHYyQ&feature=related
これを見れば良く判ります。

どうにかなりませんかね、日本。

Qユスリカ対策について

ユスリカ対策について
こんにちわ。
先月くらいから、家の玄関前、各部屋の窓周辺にユスリカがうじゃうじゃいます。
最初は何の虫か分からなかったのですが、ネット等で調べ、ユスリカであると分かりました。

対策についてですが、発生源をどうにかするというのは、家の周りが田んぼだらけなのでどうしようもないです。
妻が極度の虫嫌いで、引っ越しを考えるくらい悩んでいますが、まだ引っ越してきて2ヶ月なので、それは避けたい方法です。


(1)家の中まで侵入させないために何か出来ることはあるでしょうか?
虫よけネットや、虫コナーズのような置き型タイプのものは効果がありませんでした。


(2)また、昨日の夜に殺虫スプレーで玄関前(家の外)にいるユスリカを一網打尽にしてしまいましたが、今朝、玄関の廊下(家の中)に、見たことないくらいの死骸の量がありました。
これは、昨日殺虫スプレーをしてしまったせいなのでしょうか?

以上2点の回答をお願いします。

Aベストアンサー

電撃かな?
魚屋さん等で、青白い蛍光灯の周りを、電気が流れて居て、そこの線に触ると焼け死にます
良く外にも設置してあって、バチバチ音を立てて居る、青い蛍光灯を見たこと無いですか?
あの青い蛍光灯に虫が誘われて、焼け死にます、
前DIYセンターで家庭用のを売って居て、犬小屋の近くに設置したkkとが有ります
ある程度玄関から離れて居ても有効ですので一度考えてみてください
庭などでしたら、底の部分に市街が溜まりますがそこをはずしておけばだいじょうぶだとおもいます
ただたまに電撃線をコンセントをはずして、掃除する必要が有りますが、それは旦那さんがやってあげてください

Q竹や葛がすごい勢いで野山を侵食しているような・・

先日東京に行った時、びっくりしたのは、中央線の御茶ノ水駅から四ッ谷駅までの線路沿いにびっしりと葛が生い繁り、石垣の見える隙間もなく、見事に覆われ尽くされていたことでした。
ずい分前から日本中の山が竹に侵食されて、のんきに「美しい緑!」などと言っている場合ではないと心配していましたが、今年はいたるところの野原や里山が猛々しい葛で覆われて、からまれた木が枯れ始めている様子もあちこちで目にしています。
これは由々しい事態ではないかと思うのですが、そんな思いを持った方はいらっしゃいませんか。
また、対策に立ち上がっていらっしゃる団体などはあるのでしょうか。
世の中、悩みは尽きませんが、これもほおっては置けないことだと考えると、いても立ってもいられない気持ちになるのです。

Aベストアンサー

クズは暗いのが苦手なので、たいしたことはありません。
林縁の木とせめぎ合う程度で、
林そのものを滅ぼす力はありません。

問題はタケです。
モウソウチクは、筍から一気に、林のてっぺんまで伸びるので、
樹冠よりも高くなって、林を滅ぼしてしまいます。
里山を守る活動をしている人たちの間では、
このことが大きな問題になっています。
もっとも植林された林が放置されていることと、
たいして変わらない問題ですが。

ちなみに、鎮守の森のように、大木に守られた森だと、
筍が出ても樹冠を越えることができず、
日光がなくてそれ以上、侵入することはありません。
竹は何年かに一度、一斉に開花して、
枯れてしまう性質があります。
開花してしまえば、一気に勢力が衰えるのでしょうけど。
根がつながっていなくても、
元が同じ株であれば、竹は一斉に枯れます。
竹だけになった林が、開花によってはげ山になると、
山崩れなどの問題が起きそうですが...。

Qユスリカと河の汚染について

 今、学校の総合学習で河の汚染について調べているのですが、生息しているユスリカの種類によって、河の汚染度が分かると聞いたのですが、詳しく知っている方、回答お願いします。

Aベストアンサー

別に、アドバイスでもないのですが、質問をみて書き込みをしたくなりました。

環境調査会社(生物系)でアルバイトをしたことがあります。その中にユスリカ(他、底生動物)の分別作業をしました。普通はそういう作業は「同定」という名のもとに行われるのですが、僕にはそのアルバイト期間ではとても同定作業ができるほどの技術は習得できませんでした。同定作業は先の方が述べられているように非常に難しい作業です。顕微鏡を使って、しっぽが何本あって羽の生え具合とかを見比べる作業です。しかも、何種類もの生き物がいて、同じ種の動物でも幼虫、成虫で全く違う形をして至りと、専門書をつねに傍らに置いておかなければいけないという具合です。

でいいたかったところはここからなんですが、確かに同定作業は簡単にはできない作業ですが、同定はできなくとも、大まかな底生動物を見るだけで、川の様子が見えるようにはなりました。河川のサンプルを実際に取りに行く作業には殆どいっていないのですが、実際に現場に行った人から川の状況を聞きながら何本ものサンプルを見ていると、後からは状況を聞かなくとも川の様子が大体わかってきます。一定の期間を過ぎると「あぁここはこんな川なんだろうな」と想像しながら作用をしていました。済んだ川かそうでないかとか、流れがはやいところかおそいところかなどではっきりと違いが見えるからです。

ただ、総合学習の主役の生徒さんはあまり知識がなくともやっぱり指導される先生方はかなりの知識は要求されると思います。学術調査で無いので大まかな内容でもよいのでしょうけれど、それでも採取方法などもコツ(学術調査では細かい規定があります)などがいると思います。また、顕微鏡はもちろん、ふるいや採取したものを保存するときの溶液(底生にはホルマリンが最も適した薬品ですが非常に危険な薬品で、使用後は産業廃棄物として処理しなければいけません)はどうするのか、薬品をつかわないのも手ですが、すぐに調べないとサンプルが腐ったり、食物連鎖で調査対象の動物がたべられてしまいます。そのような細かい問題等の周りの準備をするのも結構大変だと思います。

でも、経験から言うと底生を見ると確かに川の様子が手に取るように見えてきます。何年生の児童・生徒さんを指導されるのかは分かりませんが、早い時期にそのような川の研究をできるのは非常に素晴らしいことだと思います。アルバイトの間に他の動植物の調査を手伝わせてもらいましたが、底生(川に生息する動物全て)が最も環境の影響を受けるという印象をもちました。また、実際頭では分かっていても、川にそんな小さな動物がいることは実感としてなかなか無いですからね。底生に限らず何らかの川の動物をどうにかして、調査できればこれは素晴らしい総合学習になるとはおもいます。簡単に諦めずにどうにか工夫してがんばってみてください。

別に、アドバイスでもないのですが、質問をみて書き込みをしたくなりました。

環境調査会社(生物系)でアルバイトをしたことがあります。その中にユスリカ(他、底生動物)の分別作業をしました。普通はそういう作業は「同定」という名のもとに行われるのですが、僕にはそのアルバイト期間ではとても同定作業ができるほどの技術は習得できませんでした。同定作業は先の方が述べられているように非常に難しい作業です。顕微鏡を使って、しっぽが何本あって羽の生え具合とかを見比べる作業です。しかも、何種類...続きを読む

Q地球温暖化の真因とは?それを止める方法とは?

とある過去質問を拝見してから、ずっと気になっています。

まず、地球温暖化が進行しているということは肌身に感じるところもあり、まず間違いないと思うんです。
そして、それを何らかの手段で抑止しなければ、進行度合いによっては地球上の殆どの生命が存続の危機に到る可能性も否定できないことだと思います。

気になる問題は、地球温暖化の原因と、その進行度合いについてです。

私はこれまで、地球温暖化は人類が産業革命をきっかけに大気中に増加させてきた、CO2を初めとする温暖化ガスが原因であり、その排出を抑制・減少させれば温暖化は抑制できるものと認識していました。

ところが、過去質問の中のご回答の幾つかには、
人類による温暖化ガスの排出はきっかけに過ぎず、主因になっているのは自然界からの温暖化ガス放出が指数関数的に増加していることによる、というようなものがあります。
人為的排出を抑止するだけでは温暖化は止められず、最悪の場合400年後には平均気温が100℃を超えるということも言っておられ、本当にそうなったら火山性バクテリアのような原始的な生命以外は本当に全滅してしまいます。

当面の温暖化ガス排出抑制は必要であり、それも継続すべきだとは思うのですが、私達は真に何をすべきなのでしょうか?
直接の御回答の他、参考になるサイト等もご紹介頂ければ有難いです。どうか宜しくお願い致します。

とある過去質問を拝見してから、ずっと気になっています。

まず、地球温暖化が進行しているということは肌身に感じるところもあり、まず間違いないと思うんです。
そして、それを何らかの手段で抑止しなければ、進行度合いによっては地球上の殆どの生命が存続の危機に到る可能性も否定できないことだと思います。

気になる問題は、地球温暖化の原因と、その進行度合いについてです。

私はこれまで、地球温暖化は人類が産業革命をきっかけに大気中に増加させてきた、CO2を初めとする温暖化ガスが原因で...続きを読む

Aベストアンサー

(まとまりの無い回答ですが)

<<現温暖化の原因>>
現温暖化の原因、そのアウトラインは、
(4)現温暖化← (3)大気中のCO2の増加← (2)その直接原因← (1)根本的原因

<その直接原因>
大気中のCO2がどこから来たかです。
地球で、大気と海洋は一体のシステムです。
そうするとCO2の起源は2つ(2過程)あります。

ア、人為的排出(拡散の過程)
大気中に排出されたものは、大気と海洋に拡散します。
海洋は大気に比べにCO2の容量が現状温度では桁違い大きいため、人為的CO2はほとんど海洋に拡散します。
結果、大気中に残るのは非常に少ない割合(1%ぐらい)です。

イ、海からの放出(平衡の過程)
温度により支配されていますが、海に含まれるCO2は大気に放出されます。
これには、悪循環の連鎖があります。つまり、
→大気中増加→温暖効果で温度上昇→放出増→大気中増加→。

多くのデータと理由で、大気中に増加し続けているCO2は海からと結論されます。
人為的排出分は無視できる低レベルです。
根拠:
・大気中で増加するCO2濃度の観測データと人為的CO2排出は、次のような点不一致、海放出は一致
整然とした指数関数性(過去200年のデータに現れている)、部分における直線性(年増量が一定)、(長期)エルニーニョ変動の関係、季節変動エルニーニョの関係、海中への拡散割合など。
(例えば、直線性(長期、季節変動エルニーニョの影響を除いたもので、最近は年増1.5ppmの一定)では、人為的CO2排出はそのように一定では決してありません。;また、2002年、2003年は、(長期)エルニーニョによりそれぞれ2.4ppm、2.3ppmの異常増です。この状況は、全く人為的CO2の考えと合いません。)
・人為的CO2は過去の氷河期、間氷期(温暖期)の変動と現温暖化の関係を一貫して説明できない。
・人為的CO2排出説は「拡散」の物理過程なのですが、
第一に考えるべき、必須の「平衡」と言う物理過程が排除されている議論は非科学的。

<根本的原因>
では、なぜ海洋から放出?
200年前から増加しています。それ以前はなかったのです。
何かが変わったのですが、それは人間による「森林縮小」が考えられる。
200年より前、「海からの放出量」-「森林による吸収量」=0で、大気中の増加は無しでした。
森林減のため、吸収量が減り、余った分が大気中に増え始めた訳です。

<過去の温暖化、寒冷化の理解>
氷河期・間氷期の仕組みが問題です。
氷河期・間氷期の変動は、
→[間氷期]→寒冷化→[氷河期]→温暖化→[間氷期]→寒冷化→。

この内、温暖化と寒冷化の部分については、その進行の直接原因は、現温暖化と同じで、
大気と海洋でのCO2の出入りによります。
寒冷化については、
海から放出減→大気中減少→温暖効果量減少→寒冷化→海から放出減→。

さて問題は温暖化、寒冷化の停止と反転の仕組みで、それがある訳です。
それを地球の森林がしていたのです。
温暖化と寒冷化の過度の進展が、自然の森林の盛衰で制御されていたのです。

つまり、
温暖化が進むと、その温暖気候とCO2の豊富さをカテに森は繁栄します。
その森林は大気中のCO2を吸収し減らし、温暖化は止まり、今度は寒冷化になります。
温暖化→温暖化進展→森の繁栄→ 温暖化停止→[間氷期]→寒冷化開始→寒冷化

寒冷化-温暖化の反転も、同様で、
寒冷化が進むと、森はその低温のために衰えます。
吸収量が減り、海からの放出が上回り、大気中に増えだし、温暖化になります。

*現温暖化がなぜ起きたのか
最後の間氷期の所で自然の森林の繁栄によってその自然の温暖止められ、少し寒冷化が始っていました。
ところが、その森林を、8,000年前から、人間が開発のために減らして来て、その保全の仕組みに障害を与えて続けて来て、ついに200年前に森林量は限界を超えて少なくなっため温暖化が始ってしまった。
そして今、過去に無い速さで進んでいます。

*対策
この温暖化を止めるには、手遅れにならない内に、少なくともCO2増加が始った200年前に森林を戻すしかないです。

*どこまで
氷河期、間氷期は200から300ppmの間の変動でした。
現温暖化で400ppmに近づいています。
海洋のCO2が全部出ると約30000ppmで、100度以上の昇温になり、水蒸気H2Oの温暖効果が加わり数百度になります。

参考URL:http://gaw.kishou.go.jp/wdcgg/PlotData.php?file=co2/monthly/mlo519n0.dat

(まとまりの無い回答ですが)

<<現温暖化の原因>>
現温暖化の原因、そのアウトラインは、
(4)現温暖化← (3)大気中のCO2の増加← (2)その直接原因← (1)根本的原因

<その直接原因>
大気中のCO2がどこから来たかです。
地球で、大気と海洋は一体のシステムです。
そうするとCO2の起源は2つ(2過程)あります。

ア、人為的排出(拡散の過程)
大気中に排出されたものは、大気と海洋に拡散します。
海洋は大気に比べにCO2の容量が現状温度では桁違い大きいため、人為的CO2はほとんど海洋に...続きを読む


人気Q&Aランキング