『金子一馬グラフィックス女神転生黙示録』
●出版社名 アトラス
●出版年月 1999/07
●価格 2400円

という本を探しています。
色々探してみたんですが、見つかりませんでした。
どこにあるかご存知の方、いらっしゃいませんか?
新品・古本問いませんのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 イーブックスで検索したところ、絶版・重版未定作品となっていましたので、書店で普通に注文しても手に入らないと思います。


 更にヤフーオークションで調べてみたところ、2件ほど見つかりましたが、片方は既に倍額近くにまで値が上がっていますので、恐らく結構な貴重品になっているのでしょう。もう片方も、残り時間が短くなれば同様に高騰するかと思われます。検索する時は「女神転生黙示録」の方が見つかりやすいでしょう。
 あと、どこにあるか、を聞くときには、せめて地域だけでも(北関東、とか、大阪近辺、とか、ネット通販限定、とか)書いておくと具体的な情報が集まりやすいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な御回答、ありがとうございました。
適切なアドバイスもありがとうございます。以後、質問時には気をつけます。
本のほうですが、やはりオークション上にしかないのでしょうね。
頼まれて探しているのですけど、非力な私では見つからないので質問してみました。
しかし、やはり本自体が稀少なんですね。
オークションに参加するか、運にかけるか・・・。迷うところですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/13 00:38

このタイトルは特殊な装丁の本なので(カバーとトビラが一緒になっている)、改装が掛けられない商品です。

なので、新品での入手だと店頭在庫のみになるので、ほぼ不可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。
初めて知った事実でした。
写真で見ただけなのでよく分からなかったのですが、特殊な装丁なんですね。
やはり運にかけるしかないのでしょうか・・・。
適切にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/13 00:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自費出版と業務出版(企画出版)共に適したソフト

自費出版を考えています。とはいっても出版業者に依頼するのではなく、自分でIllustratorなどをつかってデータを作って印刷業者に依頼しようと思っています。ISBNも自分で発行できることがわかったので、これなら自分自身で売る以外にもamazonのe委託販売なども利用できると思い、少し夢が膨らんでいます。
質問なのですが、今後将来的に販売がうまくいったら他の手段で出版できるといいなと思ったりもしています。版権も著作権も自分にある形になるので自由にできますが、その場合、普通の出版業者ってどんなソフトを使っているんでしょうか。自分が業者に頼んで印刷してもらうのならIllustratorで事足りますが、インデザインとかのほうがいいんでしょうか。捕らぬ狸の、、、というか典型的な自費出版作者のうぬぼれの質問でお恥ずかしいのですが、将来の将来のことも考えて、普通の出版業界というのはどういうソフトの方があとあと良いのかお知らせいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

フォントにはシリーズがあります。
太い字、細い字、大きい字、小さい字で、日本語に適した文字のバランスが違うので、同じシリーズのフォントでも違うフォントを使います。
このシリーズをフォントセットといいます。

この辺を適当に使っていると、様々な文字の形のフォントが混在したり、細い字用や小さい字用の同じフォントを使い回して文字のバランスが違うなんてことが起きます。

また、無料のフォントには、高解像度での印刷ができないもの、印刷機用のフォントがサポートしていないものなどもあります。
有名どころでは、下記があります。

http://www.ryobi-group.co.jp/projects/printing/font/products/f_mihon.html

http://www.motoyafont.jp/

http://www.fontworks.co.jp/typography

本にするためのソフトを組版ソフトといいます。絵が中心のものでも、ページを通したり、右ページ、左ページの位置を合せたりするのに使います。古くはページメーカ、クォークエクスプレス 、最近では、インデザインなどが有名です。イラストレータも組版用のソフトのひとつです。
http://www.dtp-transit.jp/adobe/illustrator/tutorial/post_1004.html

フォントにはシリーズがあります。
太い字、細い字、大きい字、小さい字で、日本語に適した文字のバランスが違うので、同じシリーズのフォントでも違うフォントを使います。
このシリーズをフォントセットといいます。

この辺を適当に使っていると、様々な文字の形のフォントが混在したり、細い字用や小さい字用の同じフォントを使い回して文字のバランスが違うなんてことが起きます。

また、無料のフォントには、高解像度での印刷ができないもの、印刷機用のフォントがサポートしていないものなどもあります。
...続きを読む

Q出版社より、投稿した作品を有償出版しないかと勧誘

先日、妻が某出版社のホームページで見つけた出版コンテストに投稿した結果、選出はされなかったものの、出版社より有償にて出版しないかと持ちかけられています。
一定期間は全国規模の本屋にも陳列されるとのことですが、製作費用は100万円を超えることから、慎重に判断したいと思いますが如何なものでしょうか?
うまく売れ行きが伸びれば良いのですが、結果、大半が売れ残り、当初の製作費100万円と、大量の在庫を残すことが心配です。また、この様なコンテストでは、投稿した方の多くに持ちかけられているのでしょうか?経験された方、出版関係に詳しい方のご返事、お待ちしております。
最後に、仮に出版できたとしても、利益を求めることは望んではおりませんが、何とか商法とかではないのか心配です。

Aベストアンサー

一応、全国規模の書店にも置いてもらえます。
ただし、あくまでも「置いてもらえる」だけでしかありません。本屋の片隅にある「自費出版コーナー」などに置いてもらえる、というだけです。
質問者さんでも、奥様でも良いのですが、自分が本屋にいったとき、隅から隅まで見て回りますか? まして、「全国規模の書店」というのは、大型書店などが多くなるわけですが、そうすれば、ますます、見てもらえる可能性は低くなります。ですので、「置いてもらえたものの、全く売れない」という可能性が高い、と思われます。


個人的には、お勧めできません。
自費出版に限らず、出版社が利益を見込んで販売した本の返品率というのがどのくらいかご存知でしょうか?
細かい説明は省きますが、書籍は再販制度という制度があり、売れなかった書籍は本屋から取次店に返品をすることが出来るのです。そして、その返品率は40%を超えているのです。
つまり、本屋に並ぶ本の40%は、「売れないもの」として返品される運命を辿っているわけです。それを考えれば、自費出版は……と考えざるを得ません。

さらに、個人的に疑念を抱くのは、そういう自費出版の出版社がどの程度の編集などをするのだろうか? という点です。
少し前に大ヒットした自費出版の小説に『リアル鬼ごっこ』というものがあります。著者の山田悠介さんは、それで人気作家となり、様々な作品を出しています。自費出版から、の作家としては例外的な存在といえるでしょう。
ただ、その『リアル鬼ごっこ』が問題なのです。この小説、物語の構成とか、色々とツッコミはされていますが、その最大の問題は「日本語になっていない言語」です。詳しくは検索でもしていただければ、と思いますが、まともに校正すらされていない、と疑わざるを得ないレベルです(この作品の場合、その滅茶苦茶さが、話題になったのですが) そういうのを考えると……と思うのです。

一応、全国規模の書店にも置いてもらえます。
ただし、あくまでも「置いてもらえる」だけでしかありません。本屋の片隅にある「自費出版コーナー」などに置いてもらえる、というだけです。
質問者さんでも、奥様でも良いのですが、自分が本屋にいったとき、隅から隅まで見て回りますか? まして、「全国規模の書店」というのは、大型書店などが多くなるわけですが、そうすれば、ますます、見てもらえる可能性は低くなります。ですので、「置いてもらえたものの、全く売れない」という可能性が高い、と思われます...続きを読む

Qコアグラフィックスさんの住所を知りませんか?

雑誌「coa」「far」「happy voice」等を制作、発行しているcoa graphicsの住所を調べているのですが、どなたか御存知でしたら教えていただけますか。雑誌があれば、おそらく編集部の住所が記載されていると思うのですが…どなたか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

発行・発売 coa graphics
〒155-0031世田谷区北沢3-25-1MTビル301号
Tel 03-3469-7703  e-mail coa@ha.bekkoame.ne.jp

参考URL:http://onan.tripod.co.jp/goods.html

Q出版本の印税について

細木数子さんの、話題の占いの本が450万部
売れたそうです。
たしか500円位だったと思いますが・・。

500円×450万=22億5000万円の売り上げ
になりますね。

ところで、細木さんの手元には幾ら入るのでしょうか?
印税って売り上げの何%くらい貰えるのでしょうか?

暇にまかせて他人さまの懐具合を計算してみたくなりました。

Aベストアンサー

本当に450万部も売れたんでしょうか?
出版物は再販売価格維持制度という制度で
守られているので、返品が可能です。

つまり出版社は問屋さんに出荷した時点で
販売とみなし、売上げ計上できますがそれは
返品される可能性のあるものです。

また、出版界には公称部数という訳の分からない
外部公表用の部数があり、特に雑誌の部数は
曖昧に扱われてきました。今回は雑誌じゃないので
何とも言えませんが、出版社が「こんなに売れて
まっせ」という宣伝の一環のような気がしなくも
ないです・・・

それでも細木さんにはけっこうな額の印税が
ころがり込んでいるのは間違いないでしょう。

Q出版社教えて下さい。

今日の、王様のブランチで紹介された香水付きの雑誌(バーザー?)何処の出版社から出ているか教えてください。

Aベストアンサー

BAZAARは朝日新聞社から出版されています。
でも、ミニ香水のおまけはもう終わってしまったようです(ブランチのHPに載ってました)。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/brunch/report/new/report.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報