Yahooにログインしたいのですが、できません。
画面を見ると「現在お使いのブラウザの設定ではログインできません。(クッキーを無効にする設定になっています)」と出ます。
PCは何にもさわってないのですが…。

Cookieを有効にするにはどうすればよいのでしょう?
過去の質問の検索をして「レベルのカスタマイズ」に行ってみたのですが、みなさん書かれているようにCookieという項目がありません。どうすれば良いのでしょう?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

インターネットオプション>プライバシータブ



にあるスライダーを動かして設定できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局ブラウザに原因があるようでした。スライダーもわかりましたが、変化なしでした。お時間をさいていただきありがとうございました。また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/04/20 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q議決不存在、取り消し、無効の意味

株主総会やマンション管理組合総会、漁業組合総会等で議決したもの対して不存在、取り消し、無効確認請求などの訴訟があります。
不存在、取り消し、無効の違いは何ですか。
議決が無効になるという意味では皆同じように思えるのですが。

不存在、取り消し、無効を区別して確認請求するのは何故ですか。
総会召集手続きが定款や規約に反する場合、その議案が定款や規約に反する場合で不存在、取り消し、無効確認請求と使い分けるのですか。

Aベストアンサー

違いがあるわけでもなく、使い分けているわけではなく、訴訟の「事件名」として使われているだけです。
訴状に記載する「請求の趣旨」では、例えば「年月日開催された総会の議事録のうち第〇項を取り消す。との判決を求める。」と言う場合の事件名は「総会取消の訴え」となり、
「年月日開催された総会の議事録のうち第〇項は無効であることを確認する。との判決を求める。」と言う場合の事件名は「総会無効確認の訴え」となります。
このように、何をどのように求めるか、と言うことで名称が変わるだけです。
勿論のこと、請求の趣旨が同じでも、原因が同じの理由もあれば、異なる場合もあるでしよう。
例えば、議決権の数に誤りがある場合、委任状に誤りがある場合、規約違反の場合、等様々な理由があります。
それらを分けているのではないです。

QAdministratorでログイン、パスワード設定後、他のログインユーザ名を設定するとき

ログインユーザ名を新しく作らず、うっかりAdministratorで仕事で使う複数のソフトのインストールや環境等の設定をしてしまったのですが、なんとか、今の設定のまま、ログイン名やパスワードを設定しなおす方法はないのでしょうか?一から、設定しなおさなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

そのソフトがAdministratorのログイン名でないとアクセスできない前提で答えます。
コントロールパネルのユーザーアカウントで
新しいユーザーを追加して
そのユーザーをAdministratorsグループに入れればよろしいと思います。

ただ、ごく普通のアプリケーションソフトの場合、
新しくユーザーを追加したときに、
そのユーザーを、使うコンピュータに対しどれだけの権限を持たせるか
権限のグループ指定が出来ます。
パワーユーザーにするか、単なるユーザーにするか、それともフルアクセスの
Administratorsにするか、それとも・・・・

Q「無効の行政行為」と「取り消し得べき行政行為」の違いについて

先日行政法を学び始めた者ですが、「無効の行政行為」と「取り消し得べき行政行為」の違いがわからず苦しんでいます。

前者 無効の裁定が下る→始めから法的効力を持たないものとする

後者 取り消しの裁定が下る→効果発生時からの効果を取り消す

効力に関してはこの二つは全く同じもののように見えてしまうのですが。。。わかりません

申し訳ありませんがどなたかレクチャーしていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

無効と取り消しの概念は民法総則で勉強すると思いますので、よろしければそちらの本も参考にご覧になってみてください。

将来に対する効果は同じですが、過去の意義が違うと、過去の行為に対する判断について相違が生じます。

例えば或る人が自動車運転免許停止の行政処分を受けているときに車を運転していたとします。

*免停処分が取消された場合→取消されるまでの間の運転は無免許運転
*免停処分が無効とされた場合→無効が確認されるまでの間の運転は無免許運転にあたらない

例えばAがBから月々5万円でサービスを受ける契約をしていたがこれを支払っていなかったとします。

*3ヵ月後に無効→BはAに対して支払請求不能
*3ヶ月後に取消→BはAに対して取消されるまでの対価の支払請求可能

Qパスワードわからずログインできません。どうすれば、いいでしょう。

友人から、譲り受けたノートPCなんですが、OSはNT Workstationになっておりまして早速使ってみようと思いましたら、ログイン画面が出てきて、ユーザーIDやらパスワードやらドメインやら聞いてこられ・・
会社でネットワークの端末として使っていたようなのですが、ローカルで使うには、どうすれば良いのですか?
友人も知らないって言うし・・結局使えないんですしょうか。恐らく非常に初歩的なことだと思うのですが・・
どなたか助けてください。

Aベストアンサー

その状態ですとおそらくあなたには、そのPCの中のソフトの使用権がありません。新しくOSを買って来てFDかCDで立ち上げてクリーンインストールする事が必要です。

因みに、NT Workstationでドメイン構成にされていた場合、その状態でOSを立ち上げて構成変更を行うには

・ドメインのadministoratorのパスワード
・そのPCのadministoratorのパスワード

どちらかが必要です。どちらかが分かれれば特にドメインコントローラーの無い環境でもPCにキャッシュされている情報でログオンできます。

ユーザーIDを入れる画面でユーザーの所にadministorator、パスワードには調べたパスワード、ドメインの所はリストボックスで幾つか選択肢が出ると思います。
それでテストしてみてください。

まあそれで立ち上がったからと言って使いつづけられる訳ではありません。
各デバイスのドライバーの名前やIRQの割り振り等をメモしたら、新しく買ってきたOSをインストールしてくださいね。

そのPCって会社のリースアップ廃棄品か何かでしょうか?その場合、使っていた会社あるいはリース業者がきちんとハードディスクを初期化して放出するもんですが、なかなか実施されていないようですね。

その状態ですとおそらくあなたには、そのPCの中のソフトの使用権がありません。新しくOSを買って来てFDかCDで立ち上げてクリーンインストールする事が必要です。

因みに、NT Workstationでドメイン構成にされていた場合、その状態でOSを立ち上げて構成変更を行うには

・ドメインのadministoratorのパスワード
・そのPCのadministoratorのパスワード

どちらかが必要です。どちらかが分かれれば特にドメインコントローラーの無い環境でもPCにキャッシュされている情報でログオンできます。

ユーザ...続きを読む

Q民法 契約の無効と取り消しの違いは・・・?

今年度法学部に入学し、前期試験を間近に控えております。
さて、民法の勉強をしていたところ、少し行き詰ってしまった部分があります。
タイトルの通り、契約の無効と取り消しの違いなのですが・・・。

まず、無効はその契約が締結された時点から契約そのものが存在していないということ。
取り消しは契約が締結された時点では契約は有効であり、その後表意者あるいはその後見人などの新たな表意によって契約がなかったものになる、ということ。
以上の解釈で良いのでしょうか?

さて、そこで疑問が出てきたのですが、これらは実質的にどう違ってくるのでしょう?
脅迫の取り消しの場合を除いて、どちらも善意の第三者には対抗できないのではなかったでしょうか?

とすると・・・例えば、
「AがBに土地Xを1000万で売った。しかしその土地Xは実際には2000万の価値があった。」
という事実が存在するとします。
その状況で、Aが勝手にXの価値を錯誤していた場合(ややこしくなるので重過失はなかったものとします)=無効
Bが詐欺を働いてAがXの価値を勘違いした場合=取り消しor無効
となりますよね?

これらは法律学的にではなく、実質的あるいは現実的に、どのような違いとなってあらわれてくるのでしょうか?

今年度法学部に入学し、前期試験を間近に控えております。
さて、民法の勉強をしていたところ、少し行き詰ってしまった部分があります。
タイトルの通り、契約の無効と取り消しの違いなのですが・・・。

まず、無効はその契約が締結された時点から契約そのものが存在していないということ。
取り消しは契約が締結された時点では契約は有効であり、その後表意者あるいはその後見人などの新たな表意によって契約がなかったものになる、ということ。
以上の解釈で良いのでしょうか?

さて、そこで疑問が出...続きを読む

Aベストアンサー

みたび私です。
いやあ、私などよりよほど緻密に勉強なさっていますね。こっちが勉強になります。

第3者というのは仰るとおり善意の第3者ということでいいと思います。
心裡留保についても、相手方が善意であれば心裡留保による意思表示がそのまま確定してしまいます(要するにこの場合、土地を1000万で買われてしまいます)ので、相手方が悪意または有過失であることが条件となるでしょう。

あとの場合わけについてですが…
(5)について、結論はあっていると思うのですが、この場合のAの行動を「過失」とは表現しないと思います。「Bに対する土地売り渡しに関し意思の不存在があった」というような言い方になるのではないでしょうか。
(6)について、これも結論は正しいですが、「取り消し得る」取引であるに過ぎないので、あまり悠々と構えているわけには行かないと思います。できるだけ早く取り消しを提訴すべきでしょう。
(8)は少し違うと思います。文章から「取り消し後に現れた第3者Cとの関係」と判断しましたが、この場合、AとCとは対抗関係に立ちますので、登記を先に備えたものが土地所有者になるという関係になるかと思います。

そのほかについては私も同じ考えです。

前の回答に書き忘れたのですが、一番最初に私は「最初からなかったことになるから第3者にわたっていても取り戻せる」のが無効で「取り消されるまでは一応有効なものとして扱われるので有効な間に第3者にわたってしまったら取り返せない」のが取り消しだといいました。実はこれは私が無効と取り消しを理解する取っ掛かりになるために非常に大雑把に分けた分け方ですので、無効でも第3者に対抗できないこともありますし、逆に取り消しでも対抗できる場合もあります。ですので私の説明はかなり乱暴な分け方です。
法学部でどういう順序で法律を勉強されていくのかわかりませんが、行政法などでも無効・取り消しという言葉は頻繁に出てきますので、そのときそのときに応じて「これが無効(あるいは取り消し)だからそのあとどういう処理がなされるのか」をひとつづつ見ていくと、なんとなくああ、無効あるいは取り消しってのはこういうことか、というのが肌で実感されてきます。特に行政法で見ていくと「取り消し」が取消権者が決まっており、取り消しを提訴できる期間も短く設定されているのに対し、「無効」はいつでも誰からでも提訴できるとかそういう例が多く、「似てはいるけどぜんぜん違うものなんだなあ」という感覚が自然と身についてきます。
ですのでここはまああまり深く考えず、「無効…初めからなかったことになる/取り消し…取り消されるまでは一応有効になる」と単純化して覚えておいて、あとは「慣れ」だと思いますので勉強を進めていってください。

私も11月の行政書士試験に向けて勉強しているに過ぎない身なので、間違っている部分などありましたらどうかお許しください。

みたび私です。
いやあ、私などよりよほど緻密に勉強なさっていますね。こっちが勉強になります。

第3者というのは仰るとおり善意の第3者ということでいいと思います。
心裡留保についても、相手方が善意であれば心裡留保による意思表示がそのまま確定してしまいます(要するにこの場合、土地を1000万で買われてしまいます)ので、相手方が悪意または有過失であることが条件となるでしょう。

あとの場合わけについてですが…
(5)について、結論はあっていると思うのですが、この場合のAの行動を「過失」と...続きを読む

Q以前のログイン名でログインできない

自分でもわけがわからないので変な質問になりますが
よろしくお願いします。
ーーーーーーーー症状ーーーーーーーー
1.以前から使っていたログイン名でログインできなくなった。
2.以前のログイン名とパスワードでログインしても
別名(以前のログイン名の後ろに.G0X4X0が付く)になる。
3.その新たなログイン名だと、今までのOutlook Expressのメール情報が全く見られない。
他のデータはCドライブから探して移植することができる
のでとりあえず問題ない。

*BIOSをいじっていたらこんなことになりました。
ーーーーーーー質問ーーーーーーーーーー
1.以前のログイン名でログインする方法を教えて欲しい。
2.1.がダメなら、今の新たなログイン名で今までのOutlook Expressのメール情報が見られる方法を教えて欲しい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アカウント名の後ろにPC名が付加されているのは、以前まで使用していたユーザーのプロファイルが壊れてしまったため「一時的な」アカウントを作成してログオンしているためです。

管理者権限のユーザーを新規作成し、そのユーザーでログオン。

以前の情報はC:\Documents and Settings内にユーザーフォルダが存在するはずですのでそこから必要なデータを抜き出して下さい。

ただしメールの設定情報は引き継げませんので手動で設定して下さい。

OE5、OE6 のバックアップ&リストアについて教えて下さい
http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/oetips.html#260

OSはWin2000ですか?

Q(宅建)無効 解除 取り消しの違い

宅建の勉強をしています。
民法で契約が無効、解除、取り消しの場合になるがあるのは勉強できるのですが、これらの主な違いはどうやって区別をつければいいのかわかりません。

Aベストアンサー

質問は契約の「無効」「取り消し」「解除」についての主な違いを答えればいいんですよね?

・契約の「無効」
これは契約が契約当初に遡って無効となります。
契約の無効とは、契約当事者以外が見ても無効になる契約であり、有効になることがありません。無効の場合は契約自体が法律で認められていないものですので、当初から契約がなかったことになります。
仮に追認したとしてもそれは当初の契約が継続するのではなく、追認した時点で再度新しい契約をしたことになります。

・契約の「取り消し」
これも契約を取り消した場合は契約当初に遡って契約が無効になります。
無効との違いですが、取り消しは取り消せる人が(法律により)契約を取り消すとした場合に限り当初に遡り無効となるもので、取り消しをするまでは契約が有効に成立した状態になります。
無効の場合は契約当初から契約が成立してませんので、取り消しとは異なります。

解除との違いは、法律で取り消しが認められている場合に、相手の合意とは関係なく契約を取り消すことができるといった点です。

また、第三者(取り消しできる人を除く)から取り消しをすることはできず、取り消しできる人が決まっています。
追認についても無効とは異なり、追認するとその契約は当初から有効なものであり、新たな契約にはなりません。
追認後は取り消すことができなくなります。

・契約の「解除」
一般的に、これは契約の当事者同士がその契約を解除することに同意することにより、契約をなかったものにすることです。
これは上記「無効」や「取り消し」と異なり、法律上有効に成立した契約を当事者の合意で契約を解除することになります。(法律で解除をしているわけではなく、あくまで当事者同士の合意で契約を解除することになります。)

この解除については契約の際に条件として設定しておくこともでき、例えば「○月○日までに金銭の支払がなければ本契約を解除する」といった感じです。

質問は契約の「無効」「取り消し」「解除」についての主な違いを答えればいいんですよね?

・契約の「無効」
これは契約が契約当初に遡って無効となります。
契約の無効とは、契約当事者以外が見ても無効になる契約であり、有効になることがありません。無効の場合は契約自体が法律で認められていないものですので、当初から契約がなかったことになります。
仮に追認したとしてもそれは当初の契約が継続するのではなく、追認した時点で再度新しい契約をしたことになります。

・契約の「取り消し」
これ...続きを読む

QNT4.0でログイン画面を出さずにログインさせる方法

NT4.0でログイン画面(CTL+ALT+DEL)の画面を出さずにログインさせる方法はないのでしょうか。
標準ではできないと思っていますが、何か方法はありますか?

Aベストアンサー

これをインストールすれば可能です。

http://www.microsoft.com/ntworkstation/downloads/PowerToys/Networking/NTTweakUI.asp

日本語化はこちら

http://stereo.jpn.org/muttyan/twui.htm

Qトサン契約は無効に出来ますか?

10日で3割の利子でお金を借りる契約をした場合
(契約書にサイン&ハンコ済み)
取り消し 又は 無効にする事はできますか?
弁護士を雇わず、個人で出来る方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> 契約をした場合

 「契約をしました」ではなくて、「した場合」の話ですよね。貸した側をA、借りた側をBとします。

 不法な目的の資金借り入れ(相手も知っている)のような場合と違って、ふつうは金銭消費貸借そのものが無効となることはないですが、法定の利率を超える部分の「利息支払い」は、無効です。

 従って、取り消しや無効にするまでもなく、すでに無効で、Aは「請求権」を持ちません。

 請求してきたら、Bはそう言ってやればいいと思います。

 Bがどうしてもというのであれば、「無効確認の訴え」というのを起こせます。本人訴訟「可」です。


 質問外の余談ですが、Aに「無効である」という法的な状況を「納得させる方法」というのはありません。

 お尋ねのような利息を取るAは、それが違法であることは最初から知っていますので、Bなにをどう言おうと、予定の取り立て行動に出ると思われます。

 で、実際に過度の請求を受けたら、受けた状況に応じて、例えば警察に言うなどの手を考えればいいと思います。

 しかしご質問は、Bが「殺す」と脅されて無理矢理サインさせられたというような状況設定ではないので、Bが実際に過度な取り立てを受けるとか殴られるとかの被害を受けてからでないと「警察は動きません」という話になります。

 なにかと面倒なので、興味は興味にとどめておき、実行しないのが良いと思います。
 

> 契約をした場合

 「契約をしました」ではなくて、「した場合」の話ですよね。貸した側をA、借りた側をBとします。

 不法な目的の資金借り入れ(相手も知っている)のような場合と違って、ふつうは金銭消費貸借そのものが無効となることはないですが、法定の利率を超える部分の「利息支払い」は、無効です。

 従って、取り消しや無効にするまでもなく、すでに無効で、Aは「請求権」を持ちません。

 請求してきたら、Bはそう言ってやればいいと思います。

 Bがどうしてもというのであれば、「無効...続きを読む

Qログイン時に新規ユーザープロファイルを作ってログインされてしまう。

WindowsNT4.0ドメイン(pdc, bdc)にWindows2000のクライアントを配置して利用しています。

極まれ(4ヶ月に一度程度)に50台あるクライアントの1台で、次のような状態になってしまいます。

[現象]
朝PCを起動後、自分のIDでWindowsドメインにログオンすると、昨日まで使ったいたデスクトップと異なるデスクトップになっている。
このデスクトップは、初めてログインした時の状態。

ユーザープロファイルのディレクトリをみると、今までは「loginname」とあったディレクトリ名の他に、「loginname.DOMAIN」といディレクトリが作成されていました。
どうやら、この現象になる場合は、前のユーザープロファイルを使わず、新規にプロファイルを作成して、そちらを使ってログインしてしまうようです。

とりあえずは、「loginname.DOMAIN」を削除して、「loginname」を「loginname.DOMAIN」に変更する事で対処しています。

この現象について何からの情報がありましたら、教えてださい。
よろしくお願い致します。

WindowsNT4.0ドメイン(pdc, bdc)にWindows2000のクライアントを配置して利用しています。

極まれ(4ヶ月に一度程度)に50台あるクライアントの1台で、次のような状態になってしまいます。

[現象]
朝PCを起動後、自分のIDでWindowsドメインにログオンすると、昨日まで使ったいたデスクトップと異なるデスクトップになっている。
このデスクトップは、初めてログインした時の状態。

ユーザープロファイルのディレクトリをみると、今までは「loginname」とあったディレクトリ名の他に、「loginname.DOMAI...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら頂いた情報では何ともいえません。(すみません)
また自分で案内しておきながら恐縮ですが、haruyutakaさんが試された手順はいささか暴力的です。

理由を以下に記述します。

システムのプロパティに表示されるプロファイルリストと、実際のプロファイルディレクトリの関連はレジストリの \HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList\[ユーザー識別番号]\ProfileImagePath キーで関連付けられています。
[ユーザー識別番号]はSIDと称しますが、Windowsが初回ログオン時に動的に生成するIDです。
SIDの詳細構造は公表されていないようですが、概ね以下に記述する通りです。

 S-1-5-21-XXXXXXXX-XXXXXXXX-YYYYYYYY-ZZZZZZZ

・S-1-5-21は固定。
・X部はドメインを表す識別(可変長)
・Y部はマシンを表す固有番号(可変長)
・Z部は利用者の様態を識別

一方ユーザー個々のレジストリ値(すなわち \HKEY_USERS\[ユーザー識別番号]\...キー)は C:\Documents and Settings\xxx\utuser.dat ファイルに保存されてます。

先のProfileImagePathキーとutuser.datファイルに記録されているユーザー識別番号は密接に関連しているので、プロファイルフォルダのエクスプローラレベルでのコピーや名称のリネームでは関係値を保つことができません。

よって問題となっているプロファイルが破損しているかを調べるには

1) userBでログオン&ログオフ
2) 管理者でログオン
3) C:\Documents and Settings\userBフォルダが生成されていることを確認
4) システムのプロパティのユーザープロファイルタブにて破損していると思
  われるプロファイルを選択
5) コピー先ボタンをクリックしてC:\Documents and Settings\userBへコピー
(権限はEveryoneとしておく)
6) ログオフ
7) userBでログオン
8) C:\Documents and Settings\userB.DOMAIN フォルダが生成されてなければ
4)のプロファイルは破損していない。

ですが、4)がマークしているプロファイルフォルダがC:\Documents and Settings\userA.DOMAINだったら意味が無いですね。

以上からそもそものトラブルシューティングの手法(「loginname.DOMAIN」を削除して、「loginname」を「loginname.DOMAIN」に変更)も暴力的ですので、根本解決には至っていないのかもしれません。
一旦ユーザープロファイルを全て削除して様子を観察してみた方が良いかもしれません。

それでも再発するようでしたら、Default Usersプロファイルの破損が考えられますので、OSの再構築(クリーンインストール)を行った方が良いと思います。

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;314045

残念ながら頂いた情報では何ともいえません。(すみません)
また自分で案内しておきながら恐縮ですが、haruyutakaさんが試された手順はいささか暴力的です。

理由を以下に記述します。

システムのプロパティに表示されるプロファイルリストと、実際のプロファイルディレクトリの関連はレジストリの \HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList\[ユーザー識別番号]\ProfileImagePath キーで関連付けられています。
[ユーザー識別番号]はSIDと称しますが、Windowsが初...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報