ベストアンサー選定ルールの変更のお知らせ

戦後レジームからの脱却を掲げて脱官僚目指した安倍、菅とは対照的に、宏池会の岸田は、戦後レジームを作った革新官僚側の派閥だったのですか?

質問者からの補足コメント

  • だとしたら、非常に問題です。
    GHQ民政局の占領政策は共産主義者の社会実験に利用されました。官僚には共産主義者が多く現在でもGHQ占領政策を継続させています。

      補足日時:2023/03/31 21:07

A 回答 (3件)

菅はともかく、安倍は自分なりの方向性を持っていた。

党内基盤も強かった。だから意のままにならない官僚の権限を削ぐ方向で突き進んだ。

岸田は、「自分なりの方向性」はまだよく分からないが、党内基盤が安倍よりは遥かに弱い。宏池会も分裂して昔の面影はないからだ。
ゆえに、岸田内閣としては安倍よりも官僚依存度が高くなる。

とはいえ、安倍時代の官僚弱体化政策で革新官僚も弱体化し、政治に志のあるものは立民などに流れている。
    • good
    • 0

安倍統一教会政治を元に戻したのです。

    • good
    • 0

論外だと感じます


話しにならないレベルでしょうか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング