私は24時間営業のガソリンスタンドで夜勤のアルバイトをしている学生です。
休憩時間の扱いについてお聞きしたくお願い致します。

勤務時間は22時~8時、2時間休憩で3年余り勤務してきました。
(雇用契約は3ヵ月後との更新)
今回
・これまで2時間だった休憩時間を3時間に増やす。
・1時間分の収入が減ることへの救済策として1時間の早出、残業をしてもよい
とされました。

実拘束時間を長くすることで8時~22時勤務者の勤務時間を削減しようというのが狙いのようです。

休憩時間中は無給ですし、働きに来ているのですから休憩時間は法定の1時間のみで十分だと思っています。

休憩とはいうものの、勤務は2人のみで、何か問題が起これば休憩を中断して職務に復帰しなければなりません。

・このように休憩時間は雇用者が自由に定めれるものでしょうか?(契約書には何分与えるという表現は無く、「勤務割り表により事前に通知する」とのみ記載されています)

・「1時間のみの休憩でよい」と主張できるのでしょうか。

・会社としての方針ではなく、店長の思いつきでの変更のようで(系列の他店舗ではこのような変更はなく、社長からの変更命令と言われているがそのような事実も無い)、このように軽く変更されても仕方ないのでしょうか。

・外部に相談したり、訴えたりすることのできる機関はあるのでしょうか。

5月から実施と急に発表され弱っています。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残念ながら休憩時間の上限について法令の定めはありません。

このことについてはずいぶん前から問題になっています。1993 年に国会で当時の労働省の官僚が「必要な対策についての検討を行いたい」との答弁をしていますが、私の知る限りでは結局対策は取られていないようです。したがって、このことに関しては交渉力次第でしょう。

一方、「休憩とはいうものの、勤務は2人のみで、何か問題が起これば休憩を中断して職務に復帰しなければなりません。」ということは、休憩時間を自由に利用できないということになり、これは休憩時間ではなく労働時間とみなされます。(実際に職務に復帰して仕事をした時間だけでなく、そのような待機状態にあった時間全て。)したがって、「今後は何か問題が起こっても職務に復帰する義務が無いこと」の確認をさせるか、労働時間であると認めさせることが(あなたにその気があるならば)十分可能でしょう。また過去の分についても未払い賃金として支払わせることが(それなりの証拠があり、かつあなたにその気があるならば)十分可能でしょう。

長時間の休憩の問題も休憩の実態が労働になっている問題も、都道府県労働局の総合労働相談センターで相談してはいかがでしょうか。
[1] 佐藤正社会保険労務士・行政書士事務所 職場トラブルQ&A
http://www12.plala.or.jp/ts-office/q&atrouble.htm
[2] リクルート ワークス研究所 ワークス・ユニバーシティ
http://www.works-i.com/article/db/aid865.html
([2]は個別労働紛争解決システムのスキームという図がわかりやすい。)

総合労働相談センターで相談をするにしても、いきなり会社へ介入をしてもらうのではなく、最初は相談だけにとどめ、一方であなたが会社側(まず店長。だめならより上の立場の人。)と交渉していく。交渉が不調に終わるようならば、センター等の機関の介入を含め善後策を相談する。というように進めるのがよいのではないかと思います。

連合にも相談してみるといいかもしれません。
http://www.jtuc-rengo.or.jp/new/sodan/roudou/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お知らせいただいたHPなど参考にさせていただきました。来月から実施ということもあり、各方面へ相談しつつ、「休憩時間をこれ以上増やさない」という交渉をしてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 23:19

こんにちは。


休暇時間を増やすことによって、会社にとって法的な問題はありません。
むしろ、休ませることによって働く人の健康等を守るということにもなるでしょう。
ただ、働く方から見ますと拘束時間が長くなる不利益とも考えられます。
しかし、実際には(賃金は下がるが)勤務時間が長くなるわけではないので、
一概に拘束時間が長くなることだけを主張するのは難しいかもしれません。

>何か問題が起これば休憩を中断して職務に復帰しなければなりません。
休憩中であっても、こういう場合は給料を請求することはできますよ。

>このように休憩時間は雇用者が自由に定めれるものでしょうか?
契約の際に、双方が同意の上で決めるもので、
それは難しいと思いますが、働く方からの提案も契約に盛り込むことはできます。

>会社としての方針ではなく、店長の思いつきでの変更のようで・・・
残念ながら休憩等については、その働いている場所ごとに決めることができますので、
全社統一という形ではありません。また店長の裁量でも決められるかと思います。

3ヶ月契約で勤務されているようですので、その契約で交渉するしかないような気がします。
そこで9時~21時(休憩1時間)といった具合に交渉することは不可能なのでしょうか?
いずれにせよ、休憩時間の取扱などを契約書等で取り交わすのが一番かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yoshizovvvさん
回答いただいてありがとうございます。
アドバイス頂いたように次回契約更新時での交渉も考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 21:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働基準法の休憩時間

労働基準法の休憩時間について教えて頂ければと思います。

労働基準法では1日の労働時間が6時間を越える場合は45分の休憩を、8時間を超える場合は60分の休憩を取らなければならないですよね?

では下記の場合はどうなるのでしょうか?
始業時間10:30~終業時間17:00
拘束時間は6時間半
もし45分休憩を取ると実働時間が5時間45分
もし30分休憩を取ると実働時間が6時間

この場合は何分休憩を取らないといけないのですか?
そしてもし30分しか休憩を取らなかった場合、労働基準法に外れることになりますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労働基準法第32条は次のようになっています。
「(労働時間)
第32条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
2 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」
このように「労働時間」とは「拘束時間」ではなく、「休憩時間を除いた実労働の時間」と考えられます。
これを踏まえて、お尋ねの件を考えると、拘束時間が6時間半ですから、休憩なしにぶっつづけで働かせることは「労働時間が6時間を越える場合は45分の休憩を」との基準法違反となりますね。同じように休憩時間が30分未満でも違法となります。
しかし、少なくとも30分の休憩が与えられれば、実労働時間は「6時間を越えない」ことになりますので、法では何も制限がなくなります。
このように考えると、実質的に30分の休憩を取らなければいけないことがわかります。
言い方を変えると「30分の休憩を取れば合法である」です。
この30分は決して「プレゼント」ではありません。法律の則るために最低限必要な休憩時間です。

労働基準法第32条は次のようになっています。
「(労働時間)
第32条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
2 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」
このように「労働時間」とは「拘束時間」ではなく、「休憩時間を除いた実労働の時間」と考えられます。
これを踏まえて、お尋ねの件を考えると、拘束時間が6時間半ですから、休憩なしにぶっつづけで働かせることは「労働...続きを読む

QI日8時間労働のバイトの休憩時間はだいたい何時間働いた後ですか?2時間

I日8時間労働のバイトの休憩時間はだいたい何時間働いた後ですか?2時間→休→6時間できつくて…社員が決めますがもう少し考えて欲しいなと。普通ですか?真ん中くらいに休憩入れて欲しいですね

Aベストアンサー

>>2時間→休→6時間

法律云々は置いておいて、おかしいですね。

多少の振り幅はありますが、朝9時始業として、
09-13:就労
13-14:休憩
14-18:就労
みたいな感じになるのではないでしょうか。雇い主さんによっては、4時間の勤務時間内にも5~10分程度のお茶休憩があります。

社員さんに問いただしてもよいですが、(本来あってはならないことですが)あなたの立場が危うくなる可能性がありますので、他のアルバイトの方たちにも賛同して貰う(=味方に付ける)か、別のアルバイトを見つけてからにした方がよいと思います。

Q労働基準法第32条で1日の労働時間は「休憩時間を除

労働基準法第32条で1日の労働時間は「休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならい」、休憩時間は労働基準法34条で「労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に一斉に与えなければならない(ただし労使協定がある場合は、この限りではない)。とあることから、労働組合がない会社の残業時間は基本労働時間8時間と休憩時間1時間分の残業しか認められていないように思えるのですが、始業時間が9時で8時間労働で17時まで残業しても最高で18時までしか認められていないと法律で書いているのに、労働組合がなさそうな会社が2時間残業とかしているのはなぜですか?

時間外労働は労働基準法第37条で2時間までとされていますが、時間外労働が許されているのは労使協定がある会社で労働組合が必要です。労働組合がない会社が時間外労働が出来るのも謎です。

Aベストアンサー

労基法36条を読んでください、
36条に基づく労使協定を締結すれば、
法定労働時間を超えての労働や休日労働させることが可能となります。

締結後、管轄労基署へ協定書の提出をし、かつ、就業規則や労働条件通知書、雇用契約に、
時間外労働や休日労働があることを記載しておく必要があります。
また、就業規則は周知されている必要があります。


>時間外労働は労働基準法第37条で2時間までとされていますが、時間外労働が許されているのは労使協定がある会社で労働組合が必要です。労働組合がない会社が時間外労働が出来るのも謎です。

労働基準法37条のどこに、時間外は2時間までと記載されているのでしょうか?
37条は時間外・休日労働・深夜労働の割り増しについての記載です。

労使協定は必ず労働組合と締結しなければならないものではありません、組合が労使協定の締結ができるのは。全労働者の過半数以上の加入がある労働組合になり、また、非組合員の労働者がいる場合、非組合員にも適用されるには全労働者の4分の3以上の加入がなければなりません。

組合がなければ、全労働者の過半数の代表となる労働者と労使協定を締結することになります。

組合と締結したものは労働協約といいます。

労基法36条を読んでください、
36条に基づく労使協定を締結すれば、
法定労働時間を超えての労働や休日労働させることが可能となります。

締結後、管轄労基署へ協定書の提出をし、かつ、就業規則や労働条件通知書、雇用契約に、
時間外労働や休日労働があることを記載しておく必要があります。
また、就業規則は周知されている必要があります。


>時間外労働は労働基準法第37条で2時間までとされていますが、時間外労働が許されているのは労使協定がある会社で労働組合が必要です。労働組合がない会社が時間外...続きを読む

Q就業時間11時間(休憩1時間)というのは違法?

就業時間についての質問です。

現在パート(時給)で働いているのですが、辞める人がいるので労働時間の延長になりそうなのです。

下記のような案が出ているのですが、法律上問題ないのでしょうか?

1日10時間+休憩1時間を月15日。
2人のパートでまわすのですが、Aさんが月水金、Bさんが火木土、日曜日は2人で隔週づつ担当。

長時間勤務なのですが、8時間を越える分は、通常の時給よりも割高にして請求した方がいいのでしょうか?
時給900円(日祝950円)なので、割り増しの手当ての相場を教えてもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常1日8時間を超えた分については25%増以上の時間外割増
手当が必要となります。

ただし、変形労働時間を採用している場合、1週で40時間以内
とか4週で160時間以内であれば、時間外割増は必要になりません。
今回の場合、2週で7日間勤務(70時間)なので4週で140時間
となるので、時間内の勤務となります。

これは労使協定や就業規則や準じるものの定めが必要なので、会社
サイドが勝手に決めることはできません。

Q労働基準法の休憩時間で例えば、1時間休憩しなければならない労働時間で、働くことになっていた場合、自分

労働基準法の休憩時間で例えば、1時間休憩しなければならない労働時間で、働くことになっていた場合、自分の意思で休憩の時間帯を働いて稼ぎたいといって働くのは認められていますか?

Aベストアンサー

労働基準法第34条で、休憩時間は労働時間が6時間未満の場合には、労働者に休憩時間はありません。労働時間が6時間以上8時間未満では、45分間の休憩時間、労働時間が8時間以上の場合には60分の休憩時間を事業所の使用者(社長、事業所所長、店長等)は、労働者に取得させることが義務化されています。また商業や接客娯楽業、労働基準法上認定された業種の場合には、休憩時間は交代制で労働者が取得することが許可されていますけど、事業所の労働者が一斉に休憩時間を取得することが義務化されている事業所で、労働者に交代制で休憩時間を取得させる場合には、事業所の使用者と労働者の過半数を超える労働組合が有る場合には労働組合と、過半数を超える労働組合が無い場合には、労働者側で選挙なり挙手などの方法で代表者を選任して協定を締結することになっています。時間外労働の36協定や就業規則の労働者の意見書の代表者の選任も同様です。ですから、貴方が60分の休憩時間に自分の意思で就労するということは、8時間以上の労働時間の就労になりますから、完全に時間外労働(残業)になります。労働基準法第32条に基づいて、1日の法定労働時間は8時間ですから、完全に1時間は法定労働時間を超える労働をすることになりますから、賃金(給与)も1時間25%の割増賃金が発生します。貴方の事業所の使用者は、貴方の意思を尊重して、割増賃金の支払いもして繰れますか?また労働安全衛生法に基づいて、労働者の健康管理及び労務管理も全て使用者責任になっています。労働安全衛生法は、労働基準法より労働基準監督署は厳しい対処を執りますからね。ですから貴方の意思で勝手に就労することはできませんので、どうしても貴方が就労したい場合には、確りと使用者と相談されて、賃金も割増賃金の支払いをして貰う状況で就労されることですよ。

労働基準法第34条で、休憩時間は労働時間が6時間未満の場合には、労働者に休憩時間はありません。労働時間が6時間以上8時間未満では、45分間の休憩時間、労働時間が8時間以上の場合には60分の休憩時間を事業所の使用者(社長、事業所所長、店長等)は、労働者に取得させることが義務化されています。また商業や接客娯楽業、労働基準法上認定された業種の場合には、休憩時間は交代制で労働者が取得することが許可されていますけど、事業所の労働者が一斉に休憩時間を取得することが義務化されている事業所で、...続きを読む

Qこれは3時間勤務になりますか? 時給制のバイトで15分単位です。 18時から3時間のシフトで 17:

これは3時間勤務になりますか?

時給制のバイトで15分単位です。
18時から3時間のシフトで
17:47にタイムカードを押し、21:00までのはずが45分で上がってと言われ20:50に退勤を押しました
この場合、3時間勤務になりますか…?なりませんかね…2時間45分になるのでしょうか?

また、初日の日に16時に来てくれと言われバイトが始まったのは17:30からなのですが、シフト表には16時からと書いてありました、シフト表に書いてるだけでお金は17:30~の分しか支払われませんよね?

わからないので教えてください。

Aベストアンサー

> 時給制のバイトで15分単位です。
これが、出退勤時刻を各時間の0/15/30/45分とするならば、
出勤17:47~退勤20:50であれば、仕事始めは18:00なので、
2.75時間の勤務、になります。
しかし、出勤~退勤の勤務時間が15分単位であれば、3時間勤務になります。
なお、労基法では、1分単位が原則で、
15分単位や30分単位による切り捨ては違法としています。
http://www.roudousha.net/zangyo/002time_cut.html

> 初日の日に16時に来てくれと言われバイトが始まったのは17:30からなのですが、
16時出勤は業務命令にあたるので、給与対象は16時からになります。
例えば、急遽「16時出勤」の要求があって出勤して待機し、
18時ごろになって「暇だから、帰っていいや」と言われ場合、
実際に仕事はしていなくても、この2時間は給与対象です。

ちなみに、与えられた休み時間(給与外)に働かされたら、
これも給与対象です(休憩時間の穴埋めが無い場合)。

ご不審な点があれば、労基署に電話ででもご相談ください。
労基署職員は我々の税金で働いており、相談に躊躇は無用です。

> 時給制のバイトで15分単位です。
これが、出退勤時刻を各時間の0/15/30/45分とするならば、
出勤17:47~退勤20:50であれば、仕事始めは18:00なので、
2.75時間の勤務、になります。
しかし、出勤~退勤の勤務時間が15分単位であれば、3時間勤務になります。
なお、労基法では、1分単位が原則で、
15分単位や30分単位による切り捨ては違法としています。
http://www.roudousha.net/zangyo/002time_cut.html

> 初日の日に16時に来てくれと言われバイトが始まったのは17:30からなのですが、
16時出勤は業務命令にあ...続きを読む

Q労働基準法の休憩時間や手当てについて

6時間を越える労働の場合、45分の休憩
8時間を越える場合、1時間の休憩を与えなければならないと定められていますが、

例えば7時間働いているパートさんの希望で「休憩時間は15分で十分」と言われた場合、
管理職側はそれを断らなければならないのでしょうか?

過去の質問から 

休憩時間を与えているのに働いている時間分の給料は払う義務がない(上記の場合30分)。と書かれていましたが、

その休憩時間分を働いた分の給料を払うという条件で
パートさんの希望を受け入れることは労働基準法違反になるのでしょうか。

また、このような交渉をした上で
そのパートさんが休憩時間が短いことを理由に
心身ともに弱ってしまった場合に治療費等を請求された場合(ものすごく理不尽ですが)
管理職側に払う義務があるのでしょうか。


生活に困ってお金が必要な人に対して上記のような交渉をしても
労働基準法に従って雇わなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

> 6時間を越える労働の場合、45分の休憩
> 8時間を越える場合、1時間の休憩を与えなければならないと定められていますが、
> 例えば7時間働いているパートさんの希望で「休憩時間は15分で十分」と言われた場合、
> 管理職側はそれを断らなければならないのでしょうか?
労働基準法は「労働に関する最低限の条件」と自ら謳っているので、労働者が何と言おうと『アナタの申し出を受けると、会社は法律により罰せられるのでダメです』と断る事が必要です

> 過去の質問から 
> 休憩時間を与えているのに働いている時間分の給料は払う義務がない(上記の場合30分)。
> と書かれていましたが、
その通りです。
昔良く書いた例えですが、もしパン屋に働いていたとして、10分前に焼きあがった食パンがまだたくさん残っているのに職人が勝手に昼に食パンを焼いてしまったら賃金を支払いますか?或いは、『明日休むから、明日の分を焼いておきます』と言って、勤務時間外(残業)労働したら賃金支払いますか?

> その休憩時間分を働いた分の給料を払うという条件で
> パートさんの希望を受け入れることは労働基準法違反になるのでしょうか。
労働基準法第34条違反です。罰則に関しては労働基準法第119条により『6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金』です。罰則が適用されるのは会社及び事業主に対してです。
ここで間違いやすいのが、
・会社が労働を認めたと言う事は労働に対する賃金支払義務は有ります。
・でも、賃金を支払ったとしても、休憩時間に対する労働基準法第34条違反は消えません

> また、このような交渉をした上で
> そのパートさんが休憩時間が短いことを理由に
> 心身ともに弱ってしまった場合に治療費等を請求された場合(ものすごく理不尽ですが)
> 管理職側に払う義務があるのでしょうか。
因果関係が認められた場合には、労働基準法第77条~に基づき補償義務が生じます。
 (労災保険に加入している場合には、労災保険法が適用されるので労働基準法は免責)
支払義務者は「会社及び事業主」です。
このような変な要求を認めた管理職に対して「会社及び事業主」は、就業規則等の社内規定に基づく懲戒(懲戒免職とか、降格・減給・出勤停止)が為されると同時に、実学を限度として損害の請求が可能です【労働基準法第16条違反にはならない】。

> 生活に困ってお金が必要な人に対して上記のような交渉をしても
> 労働基準法に従って雇わなければならないのでしょうか
採用前であれば、採用するかどうかは企業側(人事権を持つ者)の自由です。
採用後であれば要求を却下した上で、どうしても納得し無いというのであれば次のような趣旨の書面を労働者に交付し、会社側は書面交付の受領控えを取っておくのも一法です。
 『休憩時間は12時00分から12時15分までの15分間のみで良く、実労働時間に応じた賃金を求めると言う労働条件の変更を△月□日に貴殿は要求なされたが、これは労働基準法第34条に違反する行為です。よって、この要求は受け入れ不可能であり、休憩時間は当初の通り12時00分から12時45分までの45分間である事をここに通知いたします。この通知内容に従わず、管理者の命令も無く労働契約に定めた休憩時間内に働いた場合には賃金は支払いません。又、この通知内容に違反した場合には現在の契約期間の満了を持って労働契約は終了し、労働契約の更新は致しません。』

> 6時間を越える労働の場合、45分の休憩
> 8時間を越える場合、1時間の休憩を与えなければならないと定められていますが、
> 例えば7時間働いているパートさんの希望で「休憩時間は15分で十分」と言われた場合、
> 管理職側はそれを断らなければならないのでしょうか?
労働基準法は「労働に関する最低限の条件」と自ら謳っているので、労働者が何と言おうと『アナタの申し出を受けると、会社は法律により罰せられるのでダメです』と断る事が必要です

> 過去の質問から 
> 休憩時間を与えているのに働いている時...続きを読む

Qアルバイトの勤務時間と休憩時間・・・(長文です)

最近から、製造のアルバイトを始めました。
勤務時間は8時から17時で休憩は1時間ということを面接で決めました。
この勤務時間は、ほぼ私の希望で、他のアルバイトの方は18時30分までの方もいるようです。
面接のときに何時まで働きますか?と聞かれて、私は実働8時間が限界かな・・・と思い、「17時までで。」と返事をしました。工場長も、「いいですよ。」という感じで決定しました。

しかし、働き始めてみると、今のところちゃんとお昼に休憩を頂けますし、17時には上がらせてくれます。
でも、他の人たち(社員さんや他のバイト)はあまりの忙しさに休憩時間が全く無かったり、16時から休憩だったり、上がる時間も、全ての作業が終わるまでで、何時だからという感じではないようです。

社員さんの間では、休憩を取った社員がいると、「私は休憩なんかとる暇が無いのに、あの人だけ・・・」と言っているようでした。
それを聞いて、私は休憩を貰ったり、時間通りに上がらせてもらっていていいものなのか、気になってしまいました。
入ったばっかりだし、アルバイトだからというのもあると思いますが、こういう場合でも、休憩や退社は時間通りでいいのでしょうか?

ちなみに私は、学生ではありません。(20代前半です)
一緒に働いている人たちは、20代~30代がほとんどです。

最近から、製造のアルバイトを始めました。
勤務時間は8時から17時で休憩は1時間ということを面接で決めました。
この勤務時間は、ほぼ私の希望で、他のアルバイトの方は18時30分までの方もいるようです。
面接のときに何時まで働きますか?と聞かれて、私は実働8時間が限界かな・・・と思い、「17時までで。」と返事をしました。工場長も、「いいですよ。」という感じで決定しました。

しかし、働き始めてみると、今のところちゃんとお昼に休憩を頂けますし、17時には上がらせてくれます。
でも、他の人た...続きを読む

Aベストアンサー

私は製造業で働いたことがないので、現状はわからないのですが、同じような思いをしたことがあるので、そのお気持ちは少しわかるような気がします。

ですが、質問者さんはアルバイト。
時給で働いているのですから、契約の終業時間がきたら上がっていいのは当然で、悪いことでもなんでもないのです。
しかも、短時間でなくフルタイム8時間労働だし、定時に上がるのが正しいのです。

もう少し残ってもらえないかと頼まれたのに「嫌です。契約ですから、17時で上がります。」って強引に帰っている訳ではないでしょうから、本当は気にする必要はないのです。

契約どおりに就業し、きちんと自分の仕事をこなせば、誰に文句を言われる筋合いはありません。とは言っても、一緒に働いている以上、周りは気になるし、いいのかなあ?って思いますよね。
自分勝手な人が多い中、20代前半という若さで、そう考える質問者さんはとても思いやりのある素敵な方ですね。

でも、物事は割り切ることも肝心です。
そうでないと、人の目ばかり気にして自分を見失ってしまうことがありますから。

社員と比べて引け目を感じることはないです。社員はそれなりの保証を得ているし、それなりに背負う責任も重いのです。
アルバイトが休憩をしているのを見て、文句を言う社員なんてその社員の考えが間違っているだけです。
仕事は契約です。18時半までいるバイトの方はそういう契約なのではないですか?
それとも、無理やりやらされているのでしょうか?

もし、工場長から時間延長等の依頼があったら、その時初めて考え、受けられる状況であるなら受ければいいのではないかなあと思います。
ただし、新たな契約に結び直して下さいね。
なあなあにしてはいけません。
今度は、あの人は残業したいだけなのよって言われる可能性もありますから。
哀しいけど、世の中にはいろんな人がいるのが現状ですから、あまり気にせずにやっていって欲しいと思います。

17時までの希望だったのだから、自分から時間延長を言い出す必要はないと思いますが。
それは辛い職場なのかなあ?
本当はそういう風潮こそが悪いことなのですが。
まだ、お若い質問者さんにずうずうしくなれと言っても難しいかもしれませんが・・・
私もやっと今わかってきたことなので、偉そうには言えないのですが、今のままで何も悪いことはないのです。

あまりアドバイスにはならなかったかもしれませんね。
長々と失礼しました。

私は製造業で働いたことがないので、現状はわからないのですが、同じような思いをしたことがあるので、そのお気持ちは少しわかるような気がします。

ですが、質問者さんはアルバイト。
時給で働いているのですから、契約の終業時間がきたら上がっていいのは当然で、悪いことでもなんでもないのです。
しかも、短時間でなくフルタイム8時間労働だし、定時に上がるのが正しいのです。

もう少し残ってもらえないかと頼まれたのに「嫌です。契約ですから、17時で上がります。」って強引に帰っている訳では...続きを読む

Q休憩時間の例外?労働基準法について

現在派遣で受付業務をしています。

勤務時間は、8時間15分(内お昼の休憩は1時間です)
1人体制で受付をしています。
 
この間、知人と

「足のむくみが酷いの」と、勤務状態について話していた所
「それって、労働基準法に違反していない?」
と言われました。

どうやら、休憩時間を他にも取らないといけないそうなのですが、
労働基準法で検索しても、8時間以上の労働では1時間の休憩を与える
としか書いていません。

受付の様な座りっぱなしの仕事では、何か違うのでしょうか?
お知恵を貸して頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

受付業務という事は9:00~12:00、13:00~18:15といった感じでしょうか。

法的解釈によれば、8時間ジャストの勤務時間の場合、8時間を『超えない』為
与える休憩は45分で良いそうです。(実働7時間15分)
質問者さんの事例ですと、8時間を『超える』ので休憩は60分となります。(実働7時間15分)

なので労働基準法上は問題ないと思われます。
(8時間を超える労働に対し1時間以上の休憩を与えている為)

休憩の取り方を会社と交渉してみてはどうでしょう?
昼休みはご飯を食べる必要があるので50分。
座りっぱなしだと体に悪いので、簡単な体操&一服を15時過ぎにでも10分。
それか、昼休み以外で適宜血行不良解消の為の軽い運動を許可してもらうなど。
無理なら、流石にトイレまでは制限出来ませんので、No2の方が言われるように
トイレの時間に合わせて。(なんなら嘘トイレでもw)でしょうか。

Qバイトの労働時間と給料について 現在飲食店の厨房で働いているフリーターです。 毎日12時間〜(休憩

バイトの労働時間と給料について

現在飲食店の厨房で働いているフリーターです。
毎日12時間〜(休憩1時間)時給800円で働いています。
他にもパートさんはいるのですがフルタイムで働いているのは私だけで、食材の管理や仕込み等(他のパートさんがやりたがらない、出来ないため)
任されています。

私自身いつかは独立したいという夢があり時給も他の方と同じなのは勉強料だからと思っていましたが、最近少し違うなと思い質問させていただきました。

料理長の他にもホールに社員さんはいるのですが、その人たちを休ませるため(月9回)私の休みを削りホール業務もやったりします。

またパートさんならまだしも、社員さんも意識が低くマニュアルでしか動けないような方しかいないのでただのバイトなのになぜこうも負担が大きすぎると感じています。

料理長に一度相談しこのままでは続けていけないと相談したこともあります。夢を応援する、時給の面は上に相談してみる、社員に関しては教育不足だと言ってくれましたが、半年経ってもなにも変わらず、、、
人手不足で、ただフリーターだから都合の良いように使われてるのではと悲しくなりました。

長くなりましたが、回答よろしくお願いします

1.時間にすると月4回休みの350時間以上、他の方がやらない仕事もしても時給も変わらず、社員さんより休みが少ないのは一般的にはどうなのでしょうか?

2.休みが少ないのは仕方ないとして、時給アップの交渉はしてもいいのでしょうか?

3.せめて正当なお給料はいただきたいのですが、どんなに働いても800円というのはおかしくないのでしょうか?

4.飲食店なら仕方ないというのはわかっていますが、客観的に見てこの職場はどう思いますか?

また、アドバイスなどありましたらよろしくお願いします。

バイトの労働時間と給料について

現在飲食店の厨房で働いているフリーターです。
毎日12時間〜(休憩1時間)時給800円で働いています。
他にもパートさんはいるのですがフルタイムで働いているのは私だけで、食材の管理や仕込み等(他のパートさんがやりたがらない、出来ないため)
任されています。

私自身いつかは独立したいという夢があり時給も他の方と同じなのは勉強料だからと思っていましたが、最近少し違うなと思い質問させていただきました。

料理長の他にもホールに社員さんはいるのですが、その人た...続きを読む

Aベストアンサー

1.本人の自由です

2.はい、もちろんです

3.おかしくはありません、バイトですから

4.あなたが将来の事まで考えているのであれば、アリです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報