日本の国土のほとんどが森林であるのになぜ国産の木材を使わずに輸入するのでしょうか?どうして、これほど日本の木材自給率は低いのでしょうか?

疑問に思いネットで調べようとしたところ(木材自給率が)低い、低いとは書いてあるもののなぜ低いのかが書いてありませんでした。国産木材の価格が高いからだけではないような感じがします。

たとえば、住宅建築に国産木材を使用しようとするとその木材は人工林から伐採してきたものですよね?国内の木材を国内のどこかで使用するのであれば移動させる費用も海外から運んでくるよりずっと安いはず。それなのに、この木材自給率の低さは何なのでしょうか?

参考になるようなサイトがあればどしどし教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 国民が家を作るときに、外材を使うか国産材を使うか、自給率を左右すると思います。


 私は40年前に家を作ったときに、大工さんは米つが(アメリカ産の柱材)を使うことを勧めました。安いということのほかに、見た目が柾目で綺麗でした。しかしそれは新築当時の話で、年々黒ずんできて、あっという間に見苦しい様相になりました。
 一方、20年前に100年以上経った古い家を買い、移転しましたが、その家の柱などは年輪=凹凸という有様で若い建築家は解体移転を中止を勧めたほどでした。しかし移築した家は年々趣を増し、昔ながらの国産材の家の素晴らしさを見せ付けております。
 国産の杉檜の良さは100年以上住まってみて初めて分るものであり、現代に生きる短絡的な人々は当座の外材の外観に惹かれる限り、輸入木材の利用が増えるのはやむをえないことでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご自身の体験談をどうもありがとうございました。

やはり、日本の古民家は素晴らしい物がありますね。

お礼が遅くなり申しわけありません。

お礼日時:2005/06/01 14:06

現在は、国産材と外材との価格差はほとんどありません。


国産材は安定供給(定時、定量、定価)されないので、大口需要者は安定供給され、価格も若干安い外材を使います。

なぜ安定供給されないのか?
北米の場合、森林所有から製材、販売までを1社で行なっている。
北欧の場合、森林所有は細かいが、それをマネージメントする仕組みがある。
日本の場合、森林所有は細かく、林業、素材生産、製材、流通と何層ものステップが介在する。

なぜ価格が安いのか?
北米の場合、伐採のスケールが大きい。森林は工場の資材庫のようなもので、需要に併せて何時でも伐採できる。
日本の場合、伐採のスケールが小さい。所有者の家計の都合で伐採が行なわれる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>国産材と外材との価格差はほとんどありません。

新情報ありがとうございます!思いもよらないことです。

外材は、好きじゃないんですよ。

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/06/01 14:08

国産材が売れないのは主に外材の価格が国産材のものより安いからだと思います。

たしか為替レートが固定相場だった1ドル360円からだんだん安くなっていってそのうち今のように100円くらいになったことによって今までは1ドルの木は360円出して買っていたものが100円で買えるようになったというのがひとつの理由だそうです。海外からの輸送コストを考えても外材のほうが安いそうです。国産材は山からの切り出し、輸送にやはりコストがかかり、日本の場合は人件費が高いのでこれがばかにならないというのも理由の一つでしょう。

また建築用材は乾いた木でないと使えないのですが外材はすでに乾いていて国産材は乾いていないので建築業者のほうでそれをストアして乾かすスペースや時間が必要となり、欲しいときに欲しい木がすぐに手に入るという意味で外材は魅力的なのだと思います。

日本林業の衰退はもちろんあります。戦後に住宅不足から木を植えれば売れる時代がありました。そのときには林業は上り調子でよかったのですが外材に押され始めてだんだん林業をやる人が減ってきました。日本のように林地=急斜面では大型機械の導入が難しくなかなか作業能率が上がらずにコストが抑えられないのです。作業能率はスウェーデンの10分の1もなかったと思います。
さらに3K(きつい、汚い、危険)などと言われるように現在の林業はイメージもよくありません。それにより若者の林業参加も多くないのが現状でしょう。
少し話がそれますが、これにより放置された人工林が今のスギ花粉のもとだったりするんですよね。

材の質としてはやはり日本のもののほうがよいという意見も多いですが本当かはわかりません。節穴の少なさなんかは確かに高級国産材にかなうものはないみたいですが。

日本の林業が全部だめかというとそうでもなく、がんばっているところもあります。
速水林業さんなんかはうまくいっているいい例だとおもうのでHPをみてよかったら質問などをしてみてはいかがでしょうか↓
http://www.re-forest.com/hayami/

今の日本では木を伐って搬出してという過程にコストがかかりすぎてなかなか儲けられないそうです。
でも少しでも多くの人がこのように林業や森林に関して興味を持ってくれるとうれしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくありがとうございます。

高級国産材にまさるものはないと思っています。このようなよい木材があるのだから日本人はもっと目を向けるべきですね

お礼が遅くなり申し訳ありません

お礼日時:2005/06/01 14:05

いくつかの要因があると思いますが、1つには林業に携わっている人が少なくなっていて(後継者不足も深刻)そのため生産性そのものが少ないためと思われます。

(つまり資源はあるのにそれを生かしきれない)
生産量が少ないわけですから当然自給率は下がります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど!そういうこともありますね。

お礼が遅くなり申し訳ありません。

お礼日時:2005/06/01 14:02

あまり参考にならないと思いますが・・・。



木の成長の度合が中南米に比べて遅いからではないですか?

気候的に大量生産なんて日本では出来ないように思えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですねー、それに乾燥させるのに時間かかりますしね。

お礼が遅くなって申し訳ありません。

お礼日時:2005/06/01 14:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画像の木材(材木)の種類は何でしょうか?

画像の木材(材木)の種類は何でしょうか?
ちなみに張物です。
張物ですが何も木材を表そうとしてたのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

欅 (ケヤキ) と思います。

Q農業自給率

日本は食物の自給率が低いですよね。日本はもっと自給率をあげるべきだと言う意見はよく聞くし,政府も一応そういう方針ではあると思います。しかし農家は生産調整をしてますよね??価格を安定させて農家が苦しくならないようにするためだと思うんですが,では生産調整しなければ,もっと安い国産の野菜がたくさん市場にでると言う事でしょうか??生産調整するのは国の方針と逆だと思うんですがどうですか!

Aベストアンサー

生産調整を国が行っているのは米だけですね。米は全ての水田で作付けてしまうと生産過剰になってしまいます。
なので生産調整を行い、そこに大豆や野菜等を作ることを奨励しています。それによって食糧自給率を上げようというものです。

また、農家や産地自体が出荷調整をする場合があります。単価が極端に下がった場合は、販売収入よりも手数料、労賃の方が高くなり、赤字になってしまうので、出荷せず破棄してしまいます。

生産調整をやめれば米は余り、安くなるでしょう。
しかし、出荷=赤字となり、生産をやめてしまう可能性があります。そうなると逆に米が足らなくなる事態も出てきます。

また、そうなると米作りをやめた水田に野菜等が作付けられ、自給率は上がる。米が足らなくなれば、産地間競争で勝ち残ったところが米生産を行い、需給バランスが良くなる可能性もあります。

どちらがいいかはわかりません。
ただ水田がなくなると、都市部では水不足となり、環境維持などの農業の多面的機能も失われます。

Q木材看板の文字を塗る時の塗料の種類

店外の看板を木材で自作しようと思うのですが、
木材全体に防腐等の為にオイルなどを塗るのは分っているのですが、
文字の黒い部分を塗る塗料の種類が分りません。
看板のイメージとしては下記の様な感じです。
http://www.kinokurashi.com/kanban-1.htm
アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

職人さんがある程度高級品を作る場合はカシューや漆を使用していたはず。今はカシューも扱いやすく色の種類も多いのでお勧めです。
まぁそれほどこだわりがないのであればウレタンでもアクリルでも墨汁でも何でもいいと思います。

Q穀物の自給率

日本の食料自給率は先進国の中でも低いですが、その中にあって米はほとんど国内生産で賄えています。

では、なぜ米だけ自給率が高いのでしょうか?
また、大豆・小麦・トウモロコシなどの他の穀物はなぜ輸入に依存しているのでしょうか?

Aベストアンサー

米については、極めて高率の関税で、事実上、輸入を禁止しています。
そのため、そのペナルティーである義務的輸入量が国家輸入されているだけです。

穀物に分類される飼料用トウモロコシは100%輸入ですが、
人間が食べるトウモロコシ(スイートコーン)は、実は野菜に分類されており、こちらはほぼ国内産で自給できています。
http://www.famic.go.jp/public_relations_magazine/kouhoushi/question_and_answer_of_food/qa53.html

大豆は、植物油製造用に大量に輸入しているため自給率が非常に低いですが、普通に料理して食べる分は、4分の1くらいは国内産です。
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/qa/kid/kidqa030805.htm

小麦の場合、国内産は外国産より品質が劣ると言われていますし、
http://www.maff.go.jp/soshiki/nousan/kikaku/ikiikinews/mugikadai_no19.pdf
特殊な補助制度による補助金が収入の大半なのですが、
http://ameblo.jp/agri-8/entry-10060851120.html
国際協定によって、増産を促すような補助金は禁止されているのです。

それに、他の方が回答しているように、全部を国内生産するには、農地が全く足りませんしね。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/6.html

米については、極めて高率の関税で、事実上、輸入を禁止しています。
そのため、そのペナルティーである義務的輸入量が国家輸入されているだけです。

穀物に分類される飼料用トウモロコシは100%輸入ですが、
人間が食べるトウモロコシ(スイートコーン)は、実は野菜に分類されており、こちらはほぼ国内産で自給できています。
http://www.famic.go.jp/public_relations_magazine/kouhoushi/question_and_answer_of_food/qa53.html

大豆は、植物油製造用に大量に輸入しているため自給率が非常に低い...続きを読む

Qスピーカーラックに適した木材(種類)を教えてください

省スペース型のホームシアターシステムの購入を考えています。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/ysp/ysp-3000/index.html

テレビの下に置きたいのですが、市販品で良い大きさのラックが見当たらず、
ホームセンターで木材を購入して、自作しようと思っています。

心配なのが、その形状ゆえに900mmほどのスパンを両端で支えなければならず、
ラックの中央部に25kgほどの液晶TVを乗せた時に撓まないかです。

天板にはどのような種類の木材(厚さ)が適しているでしょうか?
背面も配線や掃除を考慮すると塞ぎたくありません。

通常のホームセンターで手に入る木材で、なるべく安価なものでお願いします。

Aベストアンサー

指定のURLに載っているウーハーを収納出来るラックを作りたいが、
ラックの上に25kgのテレビを置くのでたわみが心配ということですよね?

ホームセンターでパイン集成材という板が売っています。
板はこれを使うのが無難でしょうね。

+補強をするのであればスチールのアングルを入れるのが手っ取り早いです。
組み立て式の棚?を売っているコーナーに鉄のLのカタチをした柱が売っています。

それを自作するラックの天板の前後に入れればまず歪むは無いと思います。
ただその構造上今度は両端の強度が問題になってきますが・・・。

ホームセンターにZ金具という耐震用?の住宅に使う金具があります。
厚みが3mmあるステーなのでそう簡単には曲がらないはずです。

それを自作ラックの両端に入れておけばまず大丈夫でしょう。

あとはコストパフォーマンス重視なら2x4の材木を使って自作もありです。
ゴツイので上手く使えば安く作れますよ?

Q小麦の自給率

小麦が大豆に次ぐほど自給率が低いことは知っていますが、その理由はなんでしょうか?
ただし、経済的理由はすべて除いてください。(コストなど)

Aベストアンサー

戦前(昭和5年~9年頃)の国内小麦生産量は約100万トンで、海外依存率は約37%でした。
http://www.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/soron/S24/H05-01.htm

戦後は食糧難から増産が行われ、昭和36年のピーク時には、約180万トンにまで増加していましたが、高度経済成長の進行とともに急速に生産量が減少し、昭和48年には約20万トンにまで落ち込んでいました。

高度成長期に生産量が急減した最大の原因は、出稼ぎや通年兼業農家の増加により、水田の米麦2毛作が廃れ、米作のみの一期作が一般的になったためです。
他産業が労働力不足だった時代なので、裏作をするより有利な条件で、求人があったのです。

その後、減反に伴う転作作物として生産が奨励されたことにより、表作として小麦が生産されるようになって生産量はある程度は回復し、平成19年度には戦前の水準に近い約90万トンの生産量になっています。

また、一口に小麦といっても、パン用の強力粉、中華麺用の準強力粉、
うどん用の中力粉、お菓子用の薄力粉は、それぞれ原料となる小麦の品種が違います。

日本で生産されている小麦は、ほとんどが中力粉用と薄力粉用で、強力粉用品種は、北海道以外では生産が困難なので、非常に生産量が少ないです。
http://www.maff.go.jp/j/study/yunyu_migirule/06/pdf/data1.pdf

戦前(昭和5年~9年頃)の国内小麦生産量は約100万トンで、海外依存率は約37%でした。
http://www.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/soron/S24/H05-01.htm

戦後は食糧難から増産が行われ、昭和36年のピーク時には、約180万トンにまで増加していましたが、高度経済成長の進行とともに急速に生産量が減少し、昭和48年には約20万トンにまで落ち込んでいました。

高度成長期に生産量が急減した最大の原因は、出稼ぎや通年兼業農家の増加により、水田の米麦2毛作が廃れ、米作のみの一期作が一般的に...続きを読む

Q木材の種類

木材の種類によって特徴(耐久性、外観、匂い、耐熱性)など、わかりやすく説明してくれると助かります。尚、URLなどで紹介されたものなどあれば助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
ここの
http://www.wood.co.jp/
こんなのはどうでしょうか
http://www.wood.co.jp/exmk/exmk.htm
取り合えずいろいろ出てきます

Q大豆の自給率(輸入大豆はどこへ?)

スーパーに売っている豆腐や納豆を見てみると
国産大豆100%とか○○県産大豆100%の物をよく見ます。
(というか、それしかないような気がする。)

たしか大豆の自給率は
そんなに高くなかったような
気がしていたのですが。


大豆の国内自給率はどのくらいなのでしょうか?
輸入大豆はどこへいってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

平成11年度の大豆の国内生産量及び輸入量は,それぞれ約19万トン及び約490万トンで,自給率は4%だそうです。

日本国内で栽培されている大豆はおもに 豆腐用,納豆用,煮豆用などに用いて,製油用の大豆には価格の安い輸入品が使用されるそうです。

参考URL:http://www.cfqlcs.go.jp/technical_information/question_and_answer_of_food/qa57.htm

Qアロマ効果のある木材の種類は?

アロマ効果のある木材の樹種を、教えて欲しいのですが・・・またマイナスイオン効果のある木材の樹種も教えて下さい。

Aベストアンサー

アロマテラピーに詳しくないので、外れたことを言っているかもしれませんが
手がかりになるのではないかと、書いてみます。

日本建築ではヒノキがいいとされます。
木の手に入りやすさなども有るんでしょうが、一番は「香がいいから」だと
思います。(特にヒノキのお風呂なんていいっていいますね)

香のイイ木材の種類を探されているのなら「香道」について調べると
いいかもしれません。(お香の調合などをして、いい香を出すことを目指す
日本古来の作法らしいです。)使われる材料は殆ど植物系だと思いますので。
去年流行ったので、本も探せばあるかもしれません。

あと、燃やすことばっかりになってしまいますが、燻製も参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.shinoryu.com/,http://www5.airnet.ne.jp/bigchief/myhp/xmas/smoke-1-d.html

Q中国産ニンニクを国内栽培し発芽させ、その発芽ニンニクを販売したら、国産?中国産?誰か教えて下さい!

中国産ニンニクを国内栽培し発芽させ、その発芽ニンニクを販売したら、国産?中国産?誰か教えて下さい!

Aベストアンサー

産地表示は日本です。

フランスの蠣大量に死滅
1960年代の終わりから70年代に、牡蠣に病気で全滅の危機に そこで宮城のHuître creuse マガキ稚貝を導入して立て直した
最近も絶滅の危機で日本から輸出で乗り切ってる
でもフランス産の蠣デス。


人気Q&Aランキング