日本の国土のほとんどが森林であるのになぜ国産の木材を使わずに輸入するのでしょうか?どうして、これほど日本の木材自給率は低いのでしょうか?

疑問に思いネットで調べようとしたところ(木材自給率が)低い、低いとは書いてあるもののなぜ低いのかが書いてありませんでした。国産木材の価格が高いからだけではないような感じがします。

たとえば、住宅建築に国産木材を使用しようとするとその木材は人工林から伐採してきたものですよね?国内の木材を国内のどこかで使用するのであれば移動させる費用も海外から運んでくるよりずっと安いはず。それなのに、この木材自給率の低さは何なのでしょうか?

参考になるようなサイトがあればどしどし教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 国民が家を作るときに、外材を使うか国産材を使うか、自給率を左右すると思います。


 私は40年前に家を作ったときに、大工さんは米つが(アメリカ産の柱材)を使うことを勧めました。安いということのほかに、見た目が柾目で綺麗でした。しかしそれは新築当時の話で、年々黒ずんできて、あっという間に見苦しい様相になりました。
 一方、20年前に100年以上経った古い家を買い、移転しましたが、その家の柱などは年輪=凹凸という有様で若い建築家は解体移転を中止を勧めたほどでした。しかし移築した家は年々趣を増し、昔ながらの国産材の家の素晴らしさを見せ付けております。
 国産の杉檜の良さは100年以上住まってみて初めて分るものであり、現代に生きる短絡的な人々は当座の外材の外観に惹かれる限り、輸入木材の利用が増えるのはやむをえないことでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご自身の体験談をどうもありがとうございました。

やはり、日本の古民家は素晴らしい物がありますね。

お礼が遅くなり申しわけありません。

お礼日時:2005/06/01 14:06

現在は、国産材と外材との価格差はほとんどありません。


国産材は安定供給(定時、定量、定価)されないので、大口需要者は安定供給され、価格も若干安い外材を使います。

なぜ安定供給されないのか?
北米の場合、森林所有から製材、販売までを1社で行なっている。
北欧の場合、森林所有は細かいが、それをマネージメントする仕組みがある。
日本の場合、森林所有は細かく、林業、素材生産、製材、流通と何層ものステップが介在する。

なぜ価格が安いのか?
北米の場合、伐採のスケールが大きい。森林は工場の資材庫のようなもので、需要に併せて何時でも伐採できる。
日本の場合、伐採のスケールが小さい。所有者の家計の都合で伐採が行なわれる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>国産材と外材との価格差はほとんどありません。

新情報ありがとうございます!思いもよらないことです。

外材は、好きじゃないんですよ。

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/06/01 14:08

国産材が売れないのは主に外材の価格が国産材のものより安いからだと思います。

たしか為替レートが固定相場だった1ドル360円からだんだん安くなっていってそのうち今のように100円くらいになったことによって今までは1ドルの木は360円出して買っていたものが100円で買えるようになったというのがひとつの理由だそうです。海外からの輸送コストを考えても外材のほうが安いそうです。国産材は山からの切り出し、輸送にやはりコストがかかり、日本の場合は人件費が高いのでこれがばかにならないというのも理由の一つでしょう。

また建築用材は乾いた木でないと使えないのですが外材はすでに乾いていて国産材は乾いていないので建築業者のほうでそれをストアして乾かすスペースや時間が必要となり、欲しいときに欲しい木がすぐに手に入るという意味で外材は魅力的なのだと思います。

日本林業の衰退はもちろんあります。戦後に住宅不足から木を植えれば売れる時代がありました。そのときには林業は上り調子でよかったのですが外材に押され始めてだんだん林業をやる人が減ってきました。日本のように林地=急斜面では大型機械の導入が難しくなかなか作業能率が上がらずにコストが抑えられないのです。作業能率はスウェーデンの10分の1もなかったと思います。
さらに3K(きつい、汚い、危険)などと言われるように現在の林業はイメージもよくありません。それにより若者の林業参加も多くないのが現状でしょう。
少し話がそれますが、これにより放置された人工林が今のスギ花粉のもとだったりするんですよね。

材の質としてはやはり日本のもののほうがよいという意見も多いですが本当かはわかりません。節穴の少なさなんかは確かに高級国産材にかなうものはないみたいですが。

日本の林業が全部だめかというとそうでもなく、がんばっているところもあります。
速水林業さんなんかはうまくいっているいい例だとおもうのでHPをみてよかったら質問などをしてみてはいかがでしょうか↓
http://www.re-forest.com/hayami/

今の日本では木を伐って搬出してという過程にコストがかかりすぎてなかなか儲けられないそうです。
でも少しでも多くの人がこのように林業や森林に関して興味を持ってくれるとうれしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくありがとうございます。

高級国産材にまさるものはないと思っています。このようなよい木材があるのだから日本人はもっと目を向けるべきですね

お礼が遅くなり申し訳ありません

お礼日時:2005/06/01 14:05

いくつかの要因があると思いますが、1つには林業に携わっている人が少なくなっていて(後継者不足も深刻)そのため生産性そのものが少ないためと思われます。

(つまり資源はあるのにそれを生かしきれない)
生産量が少ないわけですから当然自給率は下がります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど!そういうこともありますね。

お礼が遅くなり申し訳ありません。

お礼日時:2005/06/01 14:02

あまり参考にならないと思いますが・・・。



木の成長の度合が中南米に比べて遅いからではないですか?

気候的に大量生産なんて日本では出来ないように思えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですねー、それに乾燥させるのに時間かかりますしね。

お礼が遅くなって申し訳ありません。

お礼日時:2005/06/01 14:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森林が緑のダムと呼ばれる理由

この理由についてご存知の方がいらっしゃいましたら御投稿お願いします。

Aベストアンサー

木の根っこには水を蓄える能力があります。
森林伐採したら水を蓄える事が出来ないので、
山の土砂崩れが起きます。
なので森林は緑のダムと呼ばれているのです。

Q大気の厚さ

ネットで「大気の厚さ」で検索すると10kmと載っている場所もあれば、
1000Kmと書かれている場所もあります。一般的に大気の暑さは何kmと
思えば良いんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
「大気の厚さ」という言葉は科学の分野ではあまり使わないのですが、「大気圏とはどのくらいの高さまでか」と言い換えて見ましょう。この言い方でも実はいろいろな定義のしかたがあって良く議論になるのですが、つぎのような説明ではいかがでしょう。
ポイントとしては、「“宇宙より下”という意味ではだいたい100kmくらいかな・・」

さて、大まかに次のような説明が言えます。
(1) 概ね10km~20kmまで
 他の方の説明にもあるように、対流圏という考え方です。空気が、「当たり前の」空気として働く高さであり、「暖かい空気が上に行く」(対流)、素速く翼を動かせば浮力になる、生き物にとっても(体のつくりが適応した一部の生き物まで含めれば)何とか呼吸もでき、装置で圧縮すればなんとか物を燃やす(ジェットエンジンを回す)こともできる範囲です。季節・気象により影響があり、対流圏の上の「成層圏」(対流せず空気が安定した横層状になっているといわれていますが、実際には上下方向の動きがないわけではない)の一部も混同させての区分ではありますが、概ねこれ以上になると普通に言う空気としての動きが乏しくなり空気を圧縮してエンジンを回すことも困難になります。

(2) 概ね100kmまで
 宇宙条約で「宇宙」と決められた高さ以下のところです。通常、「大気圏」は、「宇宙」の反対語的に使われますので私は素人向けの説明などにはこの高さをよく使います。もちろん、「宇宙」の定義も使用分野によって少々異なりますが、基本的には「物体がいくら高速で動いても気体として発生する揚力・抵抗力が極端に小さい」という高さです。この高さで翼のある飛行機(スペースシャトルなど)を極端に高速で走らせても「摩擦熱」ばかりが生じて揚力はあまり生じませんし、翼の一種であるプロペラが効かないので空気を圧縮して物を燃やすこともできません。その一方、この高さに程度の低い衛星はわずかな抵抗が積み重なって地球を数回回ると落ちてきてしまいます。

(3) 概ね1000kmまで
 一応、空気(気体)の分子がわずかながら存在する高さです。もちろん、遠く離れた宇宙でも「完全な真空」はない(冷蔵庫くらいの空間に原子1個くらいはある)ので境界はあいまいですが、1000Kmくらいの高さではこれに比べれば極端に原子・分子数が多く、太陽からの放射線などによって原子・分子が分解されて、「電離層」という特定の電波を反射するはたらきが生じたり、オーロラという形で光を発したり、物理学的な「気体のはたらきの特殊な現象」が観測できます。

さて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
「大気の厚さ」という言葉は科学の分野ではあまり使わないのですが、「大気圏とはどのくらいの高さまでか」と言い換えて見ましょう。この言い方でも実はいろいろな定義のしかたがあって良く議論になるのですが、つぎのような説明ではいかがでしょう。
ポイントとしては、「“宇宙より下”という意味ではだいたい100kmくらいかな・・」

さて、大まかに次のような説明が言えます。
(1) 概ね10km~20kmまで
 他の方の説明にもあるように、対流圏という考え方です。空気が、「当たり前の」空気と...続きを読む

Q国産材と輸入材について教えてください!

天然木にこだわった住宅作りを検討中です。
そこで使用する木材について質問なのですが、
国産材と輸入材の違いを知る限りメリット・デメリット交えて教えてください。

私のイメージ的には食べ物と同じように国産の方が安全性があって安心な気がします。
でも勝手なイメージなので詳しくご存知の方情報よろしくお願いします。

Aベストアンサー

材木屋のプレカット部門で技術を担当している者です。

私は、木材を国産材、輸入材で分けるのはあまり意味がないと思います。
要は適材適所だと思います。
食品とかとは違い、木材は添加物を混入したりしている訳ではないので、国産材が安心という訳でもないです。

ネットで「木材の種類」で検索すれば、色々なサイトがありますので、一度ご覧になると良いかと思います。
私自身もたまに見ては勉強しています。
大径で強度の強い梁に適した木材(松など)もあれば、小径で狂いが出にくい柱に適した木材(桧など)、加工はし難いが耐候性が高い木材(ウリンなど)と木材の性質によって使い分けが必要というのが理解できると思います。

ただ、国内の林業のために積極的に国産材を使いたいというのは良いと思います。
私の所にも、年に何件かはそのような御客様が来ます。

その他に、匂い等、実際に現物に接しないと解らない事もあります。
大よその木材の種類を理解した上で、大きな材木屋や市場を見学させてもらうと良いと思います。
うちの工場にもたまにそのような御客さんが見学に来てます。
設計士さんや工務店さんに頼めば連れて行ってもらえるはずです。
例えば杉などは独特の匂いがあるので、嫌がる御客さんもたまにいます。

まずは、設計士さんや工務店さんにも、そのような物件を得意にしている方達がいますので、決まっていないのならそのような業者に頼めば的確なアドバイスをもらえると思います。

材木屋のプレカット部門で技術を担当している者です。

私は、木材を国産材、輸入材で分けるのはあまり意味がないと思います。
要は適材適所だと思います。
食品とかとは違い、木材は添加物を混入したりしている訳ではないので、国産材が安心という訳でもないです。

ネットで「木材の種類」で検索すれば、色々なサイトがありますので、一度ご覧になると良いかと思います。
私自身もたまに見ては勉強しています。
大径で強度の強い梁に適した木材(松など)もあれば、小径で狂いが出にくい柱に適した木材...続きを読む

Q松かさは果実ですか

松の雌花が後に松かさになるそうですが、それって果実といいますか?

松の雄花に花粉のできるところがありますが、それの名前は、〔やく〕ですか?〔花粉袋〕ですか?

松の雄花、雌花などについて調べています。松について、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
中学理科の範囲でマツについて考えていくなら・・・・
マツは花の咲く植物の中でも、胚珠が子房につつまれていない(むきだしになっている)裸子植物です。裸子植物には子房がないわけですから、種子はできますが、果実はできません。
まつかさというのは、雄花のりん片のやくからでた花粉と雌花のりん片の胚珠とが受精して、胚珠が種子となったものです。
したがって、まつかさは果実ではなく、種子の集まりだと考えられます。
マツやスギなどの裸子植物は基本的に風によって種子が飛ばされる風媒花です。したがって、花粉には風に飛ばされやすい工夫がしてあります。これが空気袋と呼ばれているものです。春になると花粉症に我々が悩まされるのは花粉がこのようなつくりになっており、ふわふわと風船のように小さい花粉が空気中を飛んでいるからです。
花粉ができるところは裸子植物でも被子植物でもやくです。被子植物ではおしべの先のすこしふくらんだところがやくですね。
専門的なことを言えばきりがありませんが、こんなところでいかがでしょうか?

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q日本の全長

日本の全長は北海道から沖縄まで何kmくらいですか?
また、一番全長が長い国はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

どうもこんにちは!


日本の国土の長さは北東から南北に約3000kmです。
http://www.env.go.jp/earth/coop/coop/materials/07-ttmncj/07-ttmncj-1.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AE.E7.AF.84.E5.9B.B2

世界では、国土面積も1番広いロシアが東西に約1万km、南北に約4000kmで最も長いと思います。
http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_761569000/content.html

因みに、日本の海岸線の長さは2位のイギリス(54.1m/km²)を大きく上回る91.3m/km²で世界1位だそうです。


ご参考まで

Qなぜ国策でスギの木を切らないのですか?

もうすぐ花粉の季節で、たいへんな思いをしている人は多いと思いますが、
さらに今年からは花粉についた放射能のことまで心配しなくてはならなくなりました。
これだけ多くの人が花粉症で苦しめられているのに
花粉が飛ぶ季節になる前に、
国はなぜ国策でスギの木を切らないのでしょうか?

ではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.財産件の問題
 人の山の木を勝手に切ることは無理ですし。

2.防災上の問題
 杉の木を切った後はきちんと手当てをして、別の木を植えなければなりません。あまり急激にやってしまうと保水力が一気に落ちて土砂災害の原因になるとともに、水不足の原因ともなりえます。

3.人的問題
 林業従事者はいまや5万人を切っており、これは昭和30年代の1/10、しかもそのうち1/4が高齢者です。国策で木を刈りたくても手が足りません。

4.予算の問題
 伐採の人件費や材木への処理の人件費もかかりますし、なによりイキナリ国産材が豊富に出回ると市場価格のバランスが崩れます。また現在は国産材を使うと行政から補助金がでる仕組みになっていますが、その予算が不足することが懸念されます。

 他の回答者様も答えていらっしゃいますが、花粉を飛ばさない品種の定植も行われつつありますが、そもそも植林は数十年サイクル単位で進めてゆくものですので、一朝一夕とはいかないでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報