昔、母が持っていた本を探しています。

千夜一夜物語orアラビアンナイトというタイトルで
ハードカバーで装丁のしっかりした物だそうです。
アラビアンナイトに纏わる話が多数載っており
恋の駆け引きなど、大人向けの内容らしいのです。

どなたかご存知の方は教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 mermaidwithmoonさんや、mermaidwithmoonさんのお母さんの年齢がわからないのですが、ここ数十年のあいだで、「ハードカバーで装丁のしっかりした」ものとして発売され、もっとも多く読まれたと推測されるのは、岩波書店から刊行された『完訳 千一夜物語』全13巻(1982年~1983年)です。

これは、仏訳のマルドリュス版からの重訳で、わたくしの好みでは、asyさんが書かれている英訳のバートン版からの翻訳よりも、こちらのマルドリュス版の方がおすすめです。この岩波版は現在、岩波文庫に収録されています。
 ほかにも「ハードカバーで装丁のしっかりした」ものに近いのは、筑摩書房から刊行されている『世界古典文学全集』の第31巻から第34巻に収められている『千一夜物語』(1964年~1970年)が思い浮かびます。ただ、こちらは箱入です。
 あるいは、日夏耿之介(1890-1971)が翻訳した『世界童話大系』の亞刺比亞篇(第12巻~第14巻)に「一千一夜譚」の標題で収められたものかもしれません。こちらは、元号でいうと大正の終わりから昭和の初期にかけて刊行された古いものですが、1988年に名著普及会から複製版が刊行されています。
 以前、『アラビアン・ナイト』に関する質問にアドバイスを書いたので、ご参考までにそのQ&AのURLを下記にはりつけておきます。
 以上、気づいたことだけで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1298734
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、どうもありがとうございました。
教えてgooやアマゾン、eブックオフ等で検索をかけたのですが、なかなか見つからなくて困っていました。
母の年齢は40代後半で私は21です。
母が言うには子供には見せられない表現があるというようなことだったのですが、ひとつの分厚い本の中にそれぞれの話が入っていると言うので探すのが難しいのです。
もう少し探してみます。

お礼日時:2005/04/20 23:36

お母様がお持ちになられていたものと同一かどうか不明ですが、ちくま文庫 バートン版千夜一夜物語が良いのではないでしょうか 



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「千夜一夜物語」のレイラという登場人物が出てくる話を探しています。

「千夜一夜物語」の中で、レイラ(もしくはそれに近い名前)という登場人物が出てくる話を探しています。ご存じの方がいましたら、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

私も知りたくて検索しました。

どうやら、私たちが知っている物語を語る女性シェヘラザードを指しているようですね。アラビア語だそうです。
[アラビア語では、{アルフ・レイラ・ワ・レイラ}]と書いてあります。
http://www.scheherazade.jp/home.html

Q彩雲国物語

この間知り合いの家でちらっと見せてもらい面白いと思い購入してみようと思うのですが、何巻だったのか忘れてしまい質問させていただきました。
知り合いも仕事で暫く家へ戻れない状態のようで、確認する事も出来ません。
殺刀賊?という賊が出てきていたお話だったのですが、それは何巻なんでしょうか?

どなたか教えていただきたいです。
お願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
>4巻から7巻まで出ているという事でしょうか?
記憶なので多少あいまいですが
茶州へ行く途中で秀麗以外が牢屋に入れられた時に瞑祥が登場します。
その後で静蘭と燕青の間で、過去に殺刀賊を潰したという話が出てきます。
瞑祥はその時の副首領候補(もう一人は静蘭)で、今は朔旬の元で賊を復活させています。
7巻で朔旬が死んだ後には出てこなかったはずですので、
殺刀賊が登場している巻は4巻から7巻までとご紹介しました。

Q千夜一夜物語(アラビアン-ナイト)のあらすじ

千夜一夜物語は、王様に賢い娘が、おもしろい物語を千夜聞かせたという筋ですよね?(うろ覚えなんですが)
何故、そういう運びになったのか…最後、王様と娘がどうなったのか、憶えてません。
妹に訊かれて困ってます。教えてください!

Aベストアンサー

まず、はじめに王様が、王妃が浮気をしているのを知って王妃を殺します。
その後王様は、若い娘と夜を共にして、1晩寝たら翌日には殺すことにします。
それで国中の若い娘は次々と殺されてしまいます。

シェイラザードという娘の時に、娘は王様に面白い話をして、話のよい所で夜が明け「続きは翌日」となります。
それで王様も翌日に娘を殺さずに、その晩に話の続きを聞きます。
これが千一夜つづいて、いつも話の途中で朝になり「続きは翌日」となるわけです。

千一夜が終わった時には王様の子供まで生まれていて、さすがに王様はシエイラザートを殺さずに后にしました。

Qアンデルセンの物語で

赤い靴以外に靴や靴屋が舞台にでてくる作品はありますか?

Aベストアンサー

思いついたのは、「パンを踏んだ娘」でした。一番の方の「インゲ」の話はコレです。でも、靴がメインと言うわけではないし・・・ダメかな?

「ナイチンゲール」美しく歌ったナイチンゲールに、皇帝が褒美として「金のスリッパ」をやろうとします。

「火打ち箱」ある出来事で大金を手に入れた男が宿屋に泊まります。けれど靴は貧しいときのものだったので、宿屋の人に「お金持ちなのにひどい古靴だなあ」と思われます。
また、この男は最後の方で靴屋の小僧に助けられます。

「雪の女王」雪の女王に連れ去られたカイを、ゲルダが探しに行きますが、旅立つとき『カイがまだ見た事の無い、新しい赤い靴をはいていく』といいます。
また、カイも新しい長靴をはいているという描写があります。

家にあるアンデルセン童話集をぱらぱらと見たのですが、一応これだけ見つかりました。ご参考になれば幸いです。

Q大人版 千夜一夜物語を探しています

昔、母が持っていた本を探しています。

千夜一夜物語orアラビアンナイトというタイトルで
ハードカバーで装丁のしっかりした物だそうです。
アラビアンナイトに纏わる話が多数載っており
恋の駆け引きなど、大人向けの内容らしいのです。

どなたかご存知の方は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 mermaidwithmoonさんや、mermaidwithmoonさんのお母さんの年齢がわからないのですが、ここ数十年のあいだで、「ハードカバーで装丁のしっかりした」ものとして発売され、もっとも多く読まれたと推測されるのは、岩波書店から刊行された『完訳 千一夜物語』全13巻(1982年~1983年)です。これは、仏訳のマルドリュス版からの重訳で、わたくしの好みでは、asyさんが書かれている英訳のバートン版からの翻訳よりも、こちらのマルドリュス版の方がおすすめです。この岩波版は現在、岩波文庫に収録されています。
 ほかにも「ハードカバーで装丁のしっかりした」ものに近いのは、筑摩書房から刊行されている『世界古典文学全集』の第31巻から第34巻に収められている『千一夜物語』(1964年~1970年)が思い浮かびます。ただ、こちらは箱入です。
 あるいは、日夏耿之介(1890-1971)が翻訳した『世界童話大系』の亞刺比亞篇(第12巻~第14巻)に「一千一夜譚」の標題で収められたものかもしれません。こちらは、元号でいうと大正の終わりから昭和の初期にかけて刊行された古いものですが、1988年に名著普及会から複製版が刊行されています。
 以前、『アラビアン・ナイト』に関する質問にアドバイスを書いたので、ご参考までにそのQ&AのURLを下記にはりつけておきます。
 以上、気づいたことだけで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1298734

 mermaidwithmoonさんや、mermaidwithmoonさんのお母さんの年齢がわからないのですが、ここ数十年のあいだで、「ハードカバーで装丁のしっかりした」ものとして発売され、もっとも多く読まれたと推測されるのは、岩波書店から刊行された『完訳 千一夜物語』全13巻(1982年~1983年)です。これは、仏訳のマルドリュス版からの重訳で、わたくしの好みでは、asyさんが書かれている英訳のバートン版からの翻訳よりも、こちらのマルドリュス版の方がおすすめです。この岩波版は現在、岩波文庫に収録されています。
...続きを読む

Q「修善寺物語」について

 内容をかい摘まんだコメントを下さい。

Aベストアンサー

「内容をかい摘まんだコメント」ということは、つまり「あらすじ」ということなのでしょうか? それとも、それに対して「コメント」を付けろということでしょうか?

とりあえず、あらすじに関しては、ネット上を検索するといくらでもあがります。
たとえば、このサイトの「史跡」の項。
http://www.wbs.ne.jp/bt/sunzu/index.htm

面打ち師の芸術に関する狂気が、一般的には、やり切れなくも哀しい、すさまじい話……と取られるようですが、何らかの高みを掴むとはこういうことなのか……とも思わされる話ですね。

参考URL:http://www.wbs.ne.jp/bt/sunzu/index.htm

Q『千夜一夜物語』は「バートン版」or「マルドリュス版」?

『千夜一夜物語』は「バートン版」or「マルドリュス版」?
他に「直訳版」もありますね。
翻訳作品は訳の違いで印象もがらっと変わりますが、
好み、オススメはありますか?
どれか1つを読んで受けた印象や感想でも結構です^^
抄訳版でのオススメもあれば教えてください!

Aベストアンサー

記者は専科ではありませんが、わかる範囲で。
バートン版は英訳ですし、マルドリュス版は佛訳ですから、邦訳は又それの訳(重訳)になります。
バートン版は英語圏でも好色的に訳して有るとの評があり、何れも欧米人向けに多少の脚色がされていると云うのが定説です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/fuimei/arabiannight.htm
(ここで角川文庫とあるのは、当時の事で現在はちくま文庫に移っています)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480038401/

記者は、児童書や梗概本等で読むのではなければ、折角読むのですから「カルカッタ版第二版」よる平凡社の東洋文庫本をお勧めします。
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/

尚、岩波文庫本は、訳者の顔ぶれを見てもわかる通り佛訳(マルドリュス版)からの訳です。(現在版元品切)「完訳 千一夜物語」(全13巻)
http://iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch

又、ちくま文庫の版元品切の佐藤正彰訳は、佛訳(マルドリュス版)の別版からの訳です。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480022103/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%A4%9C%E4%B8%80%E5%A4%9C%E7%89%A9%E8%AA%9E

記者は専科ではありませんが、わかる範囲で。
バートン版は英訳ですし、マルドリュス版は佛訳ですから、邦訳は又それの訳(重訳)になります。
バートン版は英語圏でも好色的に訳して有るとの評があり、何れも欧米人向けに多少の脚色がされていると云うのが定説です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/fuimei/arabiannight.htm
(ここで角川文庫とあるのは、当時の事で現在はちくま文庫に移っています)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480038401/

記者は、児童書や梗概本等で読むのではなければ、折...続きを読む

Qダルタニャン物語と三銃士は。

 ダルタニャン物語を読みたいと思っています。
 ウィキペディアのダルタニャン物語に関する記述(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E)に、『一般に「三銃士」として知られる物語は、この第一部に当たる』とあったのですが。
 それならダルタニャン物語の一巻を読むならば、三銃士を読む必要はありませんか?
それとも、ダルタニャン物語を読む前に三銃士を読んでおくべきでしょうか?
 教えて下さい。お願いします。
 

Aベストアンサー

こんにちは。
ダルタニアン物語は講談社文庫版全11巻を読んだものです。

wikiの文庫版タイトルで言うと、1、2巻が第一部「三銃士」にあたります。通常、「三銃士」のタイトルのみで出ていたり、アニメ版の原作扱いされているものはこの1,2巻のみあるいはそのダイジェストの物語になりますので、全邦訳をお読みになられるのでしたら、わざわざ別に三銃士として出ているものを読む必要はありません。
「鉄仮面」の第三部も同様です。映画の原作扱いされていたり、そのタイトルで出版されているものは全てダルタニアン物語の一部ですので全訳を読むのなら別に読む必要はありません。
ただし、読み比べる面白さもきっとありますので、両方読まれても楽しいかもしれません。

Qアリババと40人の盗賊について・・・

アリババと40人の盗賊でアリババは盗賊の隠した金貨を盗みますがこれは何故ですか?
この話を子供むけにミュージカルにしようと思うのですが・・・
やはり良い人VS悪者という構図が分かりやすいと思うのですが・・・
アリババを本当に良い人というのは無理のような気がします。
盗んだのには何か訳があれば教えてください。

Aベストアンサー

まず第一に、時代も分化背景も違うところのお話を現代の日本の倫理に当てはめて解釈しようとしてもあまり意味がないんじゃないでしょうか。

私の手元の千夜一夜(マルドリュス版、ちくま文庫)では、偶然盗賊たちの財宝の隠し場所を知った樵のアリババは、「これはアッラーのお恵みで、盗賊たちが不当に得た財宝を我々が正当に使うようにとくださったのだ」といって財宝を持ち帰っていますね。

ちなみにその後は、アリババが思わぬ富を得たことを知った兄のカシムは言葉巧みにアリババからことの次第を聞き出し、早速自分も財宝を盗みにいくのですが、秘密の洞窟に入ったのはいいがでる時にせっかくの呪文を忘れてしまい(「ひらけ、大麦!」「ひらけ、トウモロコシ!」とか一所懸命)、帰ってきた盗賊たちに殺されバラバラにされます。

帰ってこないカシムを探しにいったアリババは、カシムの亡骸を見て悲しみながら持ち帰り、ひそかに埋葬しますが、死体が消えたことから盗賊にもうひとり秘密を知るものがいることを知られてしまいます。盗賊の手下はバラバラ死体を埋葬した家を突き止め、チョークで門に印をつけまが、賢い奴隷女のモルジアナがその印に気づき、近所の家にも片っ端から同じ印をつけ、盗賊の目を眩ませます(これが二回繰り返される)。

盗賊の頭はとうとう自らがアリババの家を突き止め、瓶の中に手下を潜ませ、自分は油商人に扮装してアリババの館を訪ねます。盗賊の正体を知ったモルジアナは煮立った油を注いで、手下を殺し、宴会中に剣舞によって盗賊の頭を殺します。

...というわけであまり「お子様向け」というわけではないかも(いやま、「千夜一夜」の発端からして「お子様向け」ではありませんが)。

でも、「ひらけゴマ」という呪文、洞窟の中に隠された財宝、盗賊と機転の効く賢いモルジアナとの知恵比べ、と、わくわくさせる要素いっぱいのお話なのは確かで、千夜一夜の中でも良く知られた話のひとつであるのも理解できます。

楽しく、お子さまの思い出に残る音楽劇になるといいですね。

まず第一に、時代も分化背景も違うところのお話を現代の日本の倫理に当てはめて解釈しようとしてもあまり意味がないんじゃないでしょうか。

私の手元の千夜一夜(マルドリュス版、ちくま文庫)では、偶然盗賊たちの財宝の隠し場所を知った樵のアリババは、「これはアッラーのお恵みで、盗賊たちが不当に得た財宝を我々が正当に使うようにとくださったのだ」といって財宝を持ち帰っていますね。

ちなみにその後は、アリババが思わぬ富を得たことを知った兄のカシムは言葉巧みにアリババからことの次第を聞き...続きを読む

Q昔読んだロシアの物語

初めて質問します。40年程前(小学生の頃)読んだ冬のロシアの、雪と氷に閉ざされたある村の家族のなんと言うことはない小さな物語といった本です。貧しい中でお互いに知恵を出し合いながら、笑いを忘れず、春を待ちわびながら懸命に生活する明るい母親と子供たちのお話ですがどうしても忘れられず、是非もう一度読んでみたいと思いますので、題でも作者でも知っている方教えてください。よろしくお願いします。(一応アマゾンetc.で検索しましたがだめでした)

Aベストアンサー

こんにちは。
お探しの本かどうか自信は無いのですが、私が思い浮かべたのは
ヴォロンコーワという作家の「町から来た少女」という作品です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報