市販されているキュウリは鉛筆のように真っ直ぐです。そのようなキュウリをどのようにして歩留まり良く栽培するのですか? 私も数年前より家庭菜園でキュウリを栽培してきましたが、真っ直ぐなキュウリはごく僅かしか収穫できません。大半は少し~かなりの程度に曲がってしまいます。専業農家の方は、特別な農薬を使用しているのでしょうか? 栽培中または収穫後何か特別な方法で強制的に真っ直ぐになるよう細工をしているのでしょうか? 栽培技術だけで真っ直ぐなキュウリを高い歩留まりで生産しているのでしょうか?(どういう点に手間をかけ、工夫をして栽培しているのでしょうか?) お店で売られているキュウリを見るたびに疑問に思ってきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

きゅうりをまっすぐにするためには


実が幼いうちに先端に真っ直ぐに伸びさせるための
(成長を促進させる)農薬をかけたりするなど
さまざまな方法があるようですが、


近所の農家で以前聞いた話では、
栄養をたっぷり与えて育て、
そして成った実のうちで曲がりそうなものは
小さいうちに落としてしまうそうです。

小さいうちに早めに落としてしまえば
ほかの実に栄養も行き渡るため、
ほかの実がまっすぐ育つそうです。


ただ、農産物直売所などに出す場合は
あまり真っ直ぐすぎる物よりも、
多少曲がっていたほうが
ビニールに入れた場合にたくさん入っているように
見えるため、よく買ってもらえるという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答を頂き有り難うございました。
何か農薬があるんでしょうね。 ホームセンターとか種屋さんでは トマトの受粉促進用のホルモン剤は売っていますが、キュウリを真っ直ぐにする農薬はまだ見たことはありません。 少なくとも曲がりそうなキュウリを早い段階で摘下するのが簡単ですが、そうすると収穫量が落ちますので痛し痒しですね。

お礼日時:2005/04/21 19:37

知り合いの「きゅうり農家」は、


曲がったきゅうりを、
長年の経験によって培われた絶妙なテクニックで、
箱に伸ばしながら収めます。
素人には真似のできない巧みな技です。
最も手間をかけないで効率よく出荷するには、
出荷時の梱包の際に「伸ばす」のだそうですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそく回答を頂き有り難うございました。
そのテクニックが知りたいですね。新鮮なキュウリは硬いですから、水平に置いて力を加えると、折れたり、割れが入ったりすると推察しましが。 少し萎れさせて柔らかくした後、真っ直ぐに矯正し、何かの容器に詰め、水分を降りかけ短時間低温貯蔵すると、シャキとしてその真っ直ぐな状態を保つ。 と推察しますがどんなものでしょうか? 今年試して見ましょう。

お礼日時:2005/04/21 19:47

植物の元気が良ければ、ほぼまっすぐなキュウリができます。


まっすぐにさせるサヤがあることは事実ですが、
あまり使われていないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答を頂き有り難うございました。
確かに真っ直ぐなサヤに入れれば良いことは判ります。そのようなサヤをホームセンターとか種屋さんでは見かけたことはないですね。透明の薄手のポリエチレンチューブを探してきて、20cm程度に切断し使ってみると良いのかもしれません。吊るすのに工夫がいるのと、露地栽培ですので風が強ければ飛んでしまいそうです。今年試して見ましょう。

お礼日時:2005/04/21 19:58

パイプを被せていると聞いたことがあります。



スイカやメロンなども四角い容器で栽培すると立方体のスイカができます。
それと同じようなものではないでしょうか。
    • good
    • 0

栄養不足ですかね


うちの胡瓜は殆どまっすぐですけど^^;
僅かですが、曲がった胡瓜は間引きますけど

参考URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~coo-coo/vegetablesky …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました。参考URLの写真も拝見しました。 私は毎年20本程度のキュウリを露地栽培しており、鉢植えで栽培するのと少し違うかもしれません。接木苗は苗代が高いので使用していません。キュウリの接木は 台木はカボチャです。主目的は連作障害を防止するためです。 従って鉢植えのように毎年土壌を交換する場合は接木苗でなくても良い筈です。 但し接木苗は低温傷害に強いですから地温がまだ高くない時の早熟栽培には有利と言えます。 接木苗と通常の苗で試してみてはどうでしょうか。

お礼日時:2005/04/22 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうどんこ病のキュウリ

ベランダ菜園初心者です。
キュウリを2苗育てています。
すでに、何本か立派に育ったキュウリを収穫しています。
梅雨時期、そのキュウリが軽いうどんこ病になりました。
葉を間引き、ホームセンターで売られているスプレー式の薬で対応すると、
うどんこ病は落着いたかに見え、その後も順調に収穫できていました。
ところが、最近になってうどんこ病が再発し、かなりな範囲で広がってしまいました。
スプレーしても全く効果が上がらなくなり、症状は増すばかり。
しかたなく白くなった葉っぱを全て取ると、ほとんど丸坊主になってしまいました。
それでも、茎まで満遍なく出てしまった症状は治まらず、もうダメかな・・・と思っていたところ、
新しい葉がいくつか出始め、その付近に花も咲き、現在、久しぶりにキュウリがなりつつあります。
しかしながら、茎は相変わらず全体的に白くなる症状が改善されておらず、
油断すると新しい葉もすぐ、白くなってしまうため、スプレーする頻度も多いのです。

そこで質問なのですが、うどんこ病にかなり冒されている苗から収穫したキュウリは食しても問題ないのでしょうか?
また、こんなにも回数多くスプレーしてしまった苗から、収穫したキュウリを食しても問題ないのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

ベランダ菜園初心者です。
キュウリを2苗育てています。
すでに、何本か立派に育ったキュウリを収穫しています。
梅雨時期、そのキュウリが軽いうどんこ病になりました。
葉を間引き、ホームセンターで売られているスプレー式の薬で対応すると、
うどんこ病は落着いたかに見え、その後も順調に収穫できていました。
ところが、最近になってうどんこ病が再発し、かなりな範囲で広がってしまいました。
スプレーしても全く効果が上がらなくなり、症状は増すばかり。
しかたなく白くなった葉っぱを全て取る...続きを読む

Aベストアンサー

ウドンコ病菌はカビ菌の一種ではあるが、障害としては葉の表面を粉状のもので覆い光合成を阻害する事にあります。
初期段階ではまだ葉の内部組織までは犯されてはないが、重症となれば葉がイビツになったりして内部組織まで犯されるようになります。
こうなると薬剤散布してももう治療効果は期待できず、葉を摘み取るしか方法はありません。

コレを使ってみましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00528.html
「アーリーセーフ」という薬剤で、ヤシ油を有効成分とした自然派志向のもので、総使用回数も制限がありません。収穫前日まで使用できます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/pdfs/syo00528.pdf
希釈倍数は300倍から600倍となっていますね。重症度に応じて濃度を濃くしましょう。ハダニ、アブラムシ、コナジラミ類にも効果があります。油分で体表を覆って窒息死させる寸法です。葉の表裏や茎に万遍なく散布します。
一度噴霧器などで散布しておいて、ウドンコ病菌を手のひらで軽くこすり落とし、更にもう一回散布しておくと効果が期待できるかもしれませんね。
葉の形がイビツになってしまったものは、残念ですが摘み取りましょう。
ホームセンターあたりで1本848円ぐらいとお安くはないですが、薬剤耐性もつきにくく、安全性も高いものだとは思われます。

ウドンコ病菌はカビ菌の一種ではあるが、障害としては葉の表面を粉状のもので覆い光合成を阻害する事にあります。
初期段階ではまだ葉の内部組織までは犯されてはないが、重症となれば葉がイビツになったりして内部組織まで犯されるようになります。
こうなると薬剤散布してももう治療効果は期待できず、葉を摘み取るしか方法はありません。

コレを使ってみましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00528.html
「アーリーセーフ」という薬剤で、ヤシ油を有効成分とした自然派志向のもので、総使用回...続きを読む

Q長粒種のイネを栽培、収穫したいと思っております。日本では、種籾は検疫等の都合で手に入らないでしょうか。

短粒種のイネを栽培したいと思っております。日本では検疫等の都合で種籾は手に入らないでしょうか。

Aベストアンサー

長粒種なのか短粒種なのか、質問が混乱しているようですよ。
手続きをすれば検疫を通して入手することも可能です。
でもそれよりは、キリンビール植物研が日本国内で安定して生産できるインディカ品種の育成・普及に取り組んでいますし、米の育種をしている各地の試験場などで長粒や短粒のインディカ米を栽培していますので、そのあたりから種を手に入れるのが良いと思います。
また農業生物資源研究所のジーンバンク(URL)を探すと、いろいろな品種の種を手に入れることが可能です。
ただし、費用がかかりますし、気候条件などが違いますので、うまく栽培できるかどうか、注意が必要です。

参考URL:http://www.gene.affrc.go.jp/plant/about.html

Qうどんこ病

 家庭菜園で収穫を楽しみにしているキュウリがうどんこ病にかかってしまいました。

 これまで無農薬で栽培しているので、できたら農薬を使用せずにうどんこ病を抑えたいと考えています。

 いい方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 うどんこ病でその株が枯れてしまうというようなことはまずありませんので、発生が見られたら早めにその葉を取り除くようにしていれば、あまり大きな被害にはならないでしょう。病気がついて食べるのが気持ち悪いというならば、無農薬栽培は諦めた方がいいかもしれません。
 基本的に「農薬」を全く使わず防ぐと言うことは不可能なのですが、食酢に特定農薬としての登録がありますので、水で薄めて「農薬」として使用することが認められており、うどんこ病にも効果はあります。これも「農薬」であることに変わりはありません。
 ただし、濃すぎると植物を痛めますし、薄すぎると効果が出ず、市販の農薬のように確実に効果があるというものではないので、使用は自己責任でということになります。普通は10倍程度に薄めて使うようです。

Q有機栽培、無農薬栽培について

有機栽培や無農薬で栽培した野菜はおいしいとよく耳にするのですが、その根拠を知りたいです。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

マスコミ等の情報を鵜呑みにしているだけです。

#2さんの回答をみて、なるほどなと思いましたが私の答えは違います。

お米のおいしさの指標の一つにタンパク質含量があるのは事実です。しかし窒素吸収が抑えられればタンパク含量が少なくなるわけではありません。
玄米中のタンパク含量はまるまる太った米でもいわゆる屑米でも絶対量はあまり変わらないのです。またタンパク質は玄米の外側部分に多く存在します。なのでやせ細った米の方が相対的にタンパク含量が多くなり食味が低下します。青米や屑米のタンパク含量が多いのはこのためです。
もちろん過剰な施肥はタンパク含量を増やし食味が低下しますので有機であろうと無かろうと適正施肥が重要です。

また硝酸態窒素ですが、有機肥料も無機化し、好気性微生物によって硝酸態窒素に変えられ作物に吸収されます(稲はアンモニア態で吸収)。
化成肥料はこの無機化を化学的に行っているだけで、有機も無機も硝酸態で吸収されることに変わりはありません。なので化学肥料で作ると硝酸態窒素が増えるというのは間違いです。
有機野菜農家もこの辺の知識がある人の方が少ないので、効きの遅い堆肥等を必要以上に投入する人が多いのが実情です。余分な硝酸態窒素は植物体の中に残り、人体に悪影響を及ぼしたり、流亡して地下水を汚染します。

またミネラル分や#1さんの言われる微量要素ですが、有機肥料で全ての微量要素がまかなえることはありません。必要ないものは土に残り、バランスの崩れた土壌を作り出します。
化成肥料は必要な成分をバランスよく配合してありますので無駄なく使えるのはかえって化成肥料だと思います。

もちろん有機肥料のいいところもあります。土壌の団粒構造を作り出したり、ワラ類を鋤込むことによって水田の水持ちが改善されます。また化成肥料に変わって使うことによって野ざらしにされている牛糞堆肥等を有効に利用できることも見逃せません。

農薬にしても使ってないから安全というのは疑問です。前にもこのカテゴリーで回答したことがありますが、農薬を適正に使った方が安全な場合もあります。長くなるので省略しますが。


ということで、有機だから無農薬だから安全、環境に優しいというのは大きな間違いです。化成肥料も有機肥料も農薬も使い方次第です。正しい知識を持たないとどんな栽培でも環境を壊し、まずい農産物になります。

マスコミ等の情報を鵜呑みにしているだけです。

#2さんの回答をみて、なるほどなと思いましたが私の答えは違います。

お米のおいしさの指標の一つにタンパク質含量があるのは事実です。しかし窒素吸収が抑えられればタンパク含量が少なくなるわけではありません。
玄米中のタンパク含量はまるまる太った米でもいわゆる屑米でも絶対量はあまり変わらないのです。またタンパク質は玄米の外側部分に多く存在します。なのでやせ細った米の方が相対的にタンパク含量が多くなり食味が低下します。青米や屑米の...続きを読む

Qこれって、うどんこ病ですか?

ベランダ菜園でキュウリの栽培を始めて約2週間目です。
最近、キュウリの葉っぱに白いカビのようなものが付着していることに気が付きました。
本の図で調べてみると、「うどんこ病」に似ている気がするのですが、
これはうどんこ病でしょうか??

なるべく無農薬で育てたいと思っているのですが、何か良い対策があったら教えていただけませんか?
ちなみに、木酢液等は発がん性物質らしいので、あまり使いたくないと思っています。
やはり、葉を取ってしまう方がいいのでしょうか・・・。
その場合は、手でちぎる、はさみで刈り取る どちらが良いですか?

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

うどん粉病です。早めに消毒しないと広がる可能性があります。どうも空気感染らしいです。白い粉が浮遊し風に流され他の植物にも広がります。他に健全な葉があるのなら汚染した葉は切り取ってゴミ袋に密封します。畑に放置してはいけません。
はさみで感染する可能性を防ぐため私は手で引きちぎっています。
家庭用に売られている殺菌剤は日光に当たると数日で分解します。実の収穫前1週間は撒かないようにすれば余り気にする必要はないとおもいます。勿論花や実には掛からないように散布します。

Q水耕栽培と土耕栽培

水耕栽培と土耕栽培のメリット・デメリットを教えて下さい。
水耕栽培といちごなどに使われる高設栽培は一緒ですか?

Aベストアンサー

水耕栽培のメリットは連作障害が発生しない。管理が楽である。自動制御が可能で管理に手間がかからない。などがあります。欠点は設備費が非常にかかる300坪で1000万円くらいかかります。培養液の調合に相当な化学てきな知識が必要である。良質な水が大量に必要である。電気料等のランニングコストがかかる。果菜類などは食味が落ちる。等があります。ハウスを造り水耕設備を入れると300坪で最低でも2000万円かかります。経営的に成り立つ面積で900坪建てると約6000万円かかりますから最低でも3000万円程度の自己資金が必要です。全額借入金では到底経営としては成り立ちません。通年栽培ですから暖房や夏期の溶液の冷却にも相当な経費が必要です。実行するためには相当綿密な経営計画と資金見積もりを立てなければ危険過ぎます。
土耕の場合は設備費が抑えられる。水耕に比べて生産物のあじが良い
等がありますが管理が大変。病害が発生しやすい。連作障害が出やすい。土作りが大変。樹勢の調整が難しいなどがありますよいものを作るには相当の経験が必要です。
イチゴの高設栽培には水耕と養液栽培があります。養液栽培はロックウールや椰子ガラやピートモスなどを高設ベンチに入れて細いチューブで水分や肥料分を施しながら栽培する方法です。設備費も水耕ほどかからず連作障害も少ない事から最近はこの方法が普及してきています。この方法から入るのが賢明でしょう。しかし養液管理には細心の注意が必要です水耕と同じく根に障害を起こす病害が発生すると全滅します。
余談ですが今施設園芸は重油を初めとする資材の高騰や人件費の値上がりやハウスの建築コストが上昇し減価償却費の増加等により厳しい経営状況が続いていますこれから参入するためには相当な覚悟と農業技術が必要です。1回の失敗が命取りになってしまいます焦らずしっかりとした知識を学習してください。

水耕栽培のメリットは連作障害が発生しない。管理が楽である。自動制御が可能で管理に手間がかからない。などがあります。欠点は設備費が非常にかかる300坪で1000万円くらいかかります。培養液の調合に相当な化学てきな知識が必要である。良質な水が大量に必要である。電気料等のランニングコストがかかる。果菜類などは食味が落ちる。等があります。ハウスを造り水耕設備を入れると300坪で最低でも2000万円かかります。経営的に成り立つ面積で900坪建てると約6000万円かかりますから最低で...続きを読む

Qうどんこ病について

我が家の家庭菜園のキュウリとスナックエンドウなのですが、葉が白や黄色っぽくなっていますが、うどん粉病で間違いないでしょうか??
うどん粉病だとしたら、どのような対処がいいのでしょう?
また、同じ菜園内にゴーヤ・ナス・シソ・セロリ・トマトなども栽培してるのですが『飛び火』しますか?
どなたかよきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園で農薬は使いたくないですよね。
病気等の事は良く知りませんが、参考のURLには自然農薬が有りますので、参考にしてみてください。

参考URL:http://park5.wakwak.com/%7Ekcy/sizenyaku.html

Qハウス栽培と露地栽培の割合は?

ハウス栽培と露地栽培の割合、知っている方教えて下さい.
何かトマトだけなどでもいいです。

Aベストアンサー

農林水産省統計情報部が発行している「ポケット園芸統計・平成12年度版」に載っていたデータです。
平成7~11年のデータのうち、平成11年だけですけど。
最新と思われる平成13年度版は手元にないので、やや古いデータであることをご了承下さい。

トマト(全国)
作付面積14000ha
施設栽培面積 合計・7860ha(内訳:ガラス室・514ha、ハウス・7100ha、トンネル・253ha)

「作付面積-施設栽培面積=露地栽培面積」となるかどうか分からないので、自信なしです。

サイト(参考URL)の方は探し方が悪かったのか、見つかりませんでした。

参考URL:http://www.maff.go.jp/www/info/info.htm

Qうどんこ病になったえんどう豆、食べられますか?

庭に植えた4種類のえんどう豆のうち、
1種類だけ、うどんこ病でかなり真っ白になってしまいました。
もう莢がたくさん出来ているので、薬は使いたくないと
思っているのですが、
  ・うどんこ病のままで食べられるんでしょうか?
  ・うどんこ病は味に影響してくるのでしょうか?
どうせ中の豆しか使わないし、洗うし、加熱するから大丈夫かなと思ったり
しているのですが、反面、気持ち悪い気もするので・・・
ご経験のある方、教えてください。

Aベストアンサー

食べても害は無いので全く問題ありません。
ほとんどの植物病害は人間には害はありません。

生育が阻害されて味に影響が出ることは考えられなくも無いですが、直接的な影響もほとんどないはず。


予防薬としてカリグリーンという食品添加物(重炭酸カリウム)で出来た安全な薬品が市販されていますので使用してみては?

Qハウス栽培と温室栽培は違うのでしょうか?

ハウス栽培と温室栽培は違うのでしょうか?
http://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/melon/index.htm などを見て初めて知ったのですが、ハウス栽培と温室栽培は同じではないのですね。同じだとずっと思っていました。

どのような違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

本当の所、ハウスと温室には、本質的な違いはありません。
「温室」は暖かい部屋という意味です。
一方の「ハウス」は「グリーンハウス(=日本語では温室)」を略した言葉、
あるいはプラスチックハウス」の略 ですから、意味としては「温室」と重なり合う部分が大きいです。

ではなぜ http://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/melon/index.htm などでは、「温室」と「ハウス」を別なものとして使い分けているのか。
これは、メロン栽培の歴史が関係しています。

現在「温室メロン」とよばれるメロンは、
イギリス宮廷の温室で栽培されていた"マスクメロン"に由来する品種で、
高貴な香りと、とろける口当たりが珍重されますが、
日本の気象条件では栽培することが困難で、
専用のガラス温室を使うことによって、やっと生産することができるようになった作物です。

一方、上記サイトで「露地(ハウス)メロン」と分類されているメロンは、
温室メロンのような美味しい品種と在来のマクワウリなどを交配して開発した、
病気などに強く、なおかつ品質も良好な、栽培しやすい品種のことを指します。
専用のガラス温室を使わなくても、簡単なプラスチックハウスや、
場合によっては露地栽培でも生産できるので、露地メロンとかハウスメロンと呼ばれるのです。

つまり、メロンの頭に付ける「温室」や「ハウス」という言葉は、
このような歴史的背景から生じた 特徴の異なる品種群 を区別するための呼称であって、
「温室」そのものあるいは「ハウス」そのものを区別した言葉ではありません。

ちなみに、最近は高度な設備を備えたハウスもいろいろありますので、
「温室メロン」をハウスで栽培・収穫することもできます。
その逆に「ハウスメロン」や「露地メロン」を温室で栽培することも、もちろん可能です。

本当の所、ハウスと温室には、本質的な違いはありません。
「温室」は暖かい部屋という意味です。
一方の「ハウス」は「グリーンハウス(=日本語では温室)」を略した言葉、
あるいはプラスチックハウス」の略 ですから、意味としては「温室」と重なり合う部分が大きいです。

ではなぜ http://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/melon/index.htm などでは、「温室」と「ハウス」を別なものとして使い分けているのか。
これは、メロン栽培の歴史が関係しています。

現在「温室メロン」とよばれるメロンは、
イギリ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング