刑事裁判で証人が虚偽の発言をすると偽証罪に問われることがありますが、よっぽど重要なことでないと偽証罪に問うことができないのでしょうか?

例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。

このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

A 回答 (1件)

偽証罪が保護するのは国家の審判作用の公正なので、たとえ明白な虚偽であっても、裁判の争点との関連性がなければ、審判作用の公正に与える危険性はなく、そもそも偽証罪にいう「虚偽の陳述」(刑法169条)にあたらないとされます。



また、裁判の争点との関連性があり、偽証罪が成立する場合でも、裁判の結論を左右しない程度のものであれば、処罰の必要性が薄いとして、不起訴(起訴猶予)処分で決着することになるのが通常です。

> 例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。
> このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

被告人の家族の証言は、一般にあまり信用性が高いとは評価されず、裁判の結論に影響を与える危険は少ないこと、偽証したとしても無理からぬ面もあることなどから、原則として偽証罪は成立するが不起訴(起訴猶予)になると思われます。

#ちなみに犯人隠避・蔵匿罪や証拠隠滅罪については、親族が犯人の利益のために犯した場合に刑を免除する規定があります(刑法105条)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽証罪

刑事裁判で証人が虚偽の発言をすると偽証罪に問われることがありますが、よっぽど重要なことでないと偽証罪に問うことができないのでしょうか?

例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。

このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

Aベストアンサー

偽証罪が保護するのは国家の審判作用の公正なので、たとえ明白な虚偽であっても、裁判の争点との関連性がなければ、審判作用の公正に与える危険性はなく、そもそも偽証罪にいう「虚偽の陳述」(刑法169条)にあたらないとされます。

また、裁判の争点との関連性があり、偽証罪が成立する場合でも、裁判の結論を左右しない程度のものであれば、処罰の必要性が薄いとして、不起訴(起訴猶予)処分で決着することになるのが通常です。

> 例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。
> このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

被告人の家族の証言は、一般にあまり信用性が高いとは評価されず、裁判の結論に影響を与える危険は少ないこと、偽証したとしても無理からぬ面もあることなどから、原則として偽証罪は成立するが不起訴(起訴猶予)になると思われます。

#ちなみに犯人隠避・蔵匿罪や証拠隠滅罪については、親族が犯人の利益のために犯した場合に刑を免除する規定があります(刑法105条)。

Q【偽証罪の成立】国会参考人招致の場での虚偽発言に関する偽証罪について

例の「マンション偽装疑惑」を見ながら疑問に思ったので質問させていただきます。本来の国会参考人招致の趣旨から外れることが明らかな質問に対して、虚偽の発言をした場合に偽証罪に問われる可能性はあるのでしょうか?仮に国会議員が興奮して「あなたはズラじゃないの?頭髪も偽装してるんじゃないんですか?」という質問に対して、「いえ、違います」と答えた場合(現にズラであることが事実の場合は)偽証罪に問われる可能性はあるのでしょうか?「本件とは関係有りませんので、答える義務は有りません」という答え方を参考人がすれば問題無いとは思いますが。判例等ないのでしょうか?よろしく御教示ください。

Aベストアンサー

参考人招致の場での発言に対し、モラルは別としても虚偽の発言自体に法は不介入です。(衆参規則)
仮に、証人喚問の場でご質問にあるような「ヅラ」に関する質問があった場合に嘘をついた場合、そもそも不必要な質問であり、情状酌量の余地があるものですから罰せられることはないかと思います。
また、今回の偽装マンション事件における証人喚問での発言も「自己の刑事訴追あるいは有罪判決の恐れがある場合」は証言を拒否できるとあるので、黙秘が可能であったと考えます。(出頭は拒否できません)

Q偽証罪について

一年前の偽証は罪に問えるのでしょうか?
親告罪は犯人を知ってから半年、偽証罪は5年が公訴期間だと聞きました。
偽証罪は親告罪に当たるのでしょうか?
また、一年前の偽証は罪(民事刑事両方)に問えるのか、教えてください。

Aベストアンサー

親告罪ではないということは#1の方が書いておられるとおりです。

1年前の偽証ですから、
刑事上、偽証罪に問うことも、
民事上、不法行為に基づく損害賠償請求をすることもできます。
・刑事上の公訴時効は、法改正のため、平成17年1月1日以降、公訴時効は7年のようです(刑事訴訟法250条4号)。
・民事上の時効(消滅時効)は、被害者(または法定代理人)が、損害の存在と加害者の両方を知った時から3年間です。
不法行為の時から20年経過した時も、責任追及はできなくなります(除斥期間)。

念のために付け加えますと、
刑事上、偽証罪に問われるのは、#1の方もお書きのように、
「法律により宣誓した証人」のみです。
あなたが、もし、宣誓をしていても民事裁判の原告や被告であったり、
あるいは、刑事裁判の被告人として虚偽の事実を言ったのであれば、
証人ではなく当事者ですから、偽証罪にはなりません
(民事裁判の原告や被告であった場合は、
民事上、不法行為に基づく損害賠償請求をされるおそれはあります)。

Q法廷で本人が虚偽の陳述した場合、偽証罪の告訴は可能でしょうか

不当利得返還請求事件で、「裁判官は、宣誓の趣旨を説明し、本人が虚偽の陳述をした場合の制裁を告げ、別紙宣誓書を読め上げさせてその誓いをさせた。」状況で、被告本人が、資金は自分が支払ったと陳述し調書が作成されました。また、答弁書にも同趣旨を記載し提出しました。判決は私が同資金を支払った事が認められ勝訴しました。現在刑事事件(横領罪)として捜査され本人は、支払いしてなく、横領した事実を認めているようです。
 刑法169条の偽証罪での告訴も可能でしょうか。

Aベストアンサー

裁判の原告及び被告は証人じゃないです。
偽証罪では「証人が」と特定されてますから、刑法の偽証罪は適用されません。
民事訴訟で本人が虚偽の陳述をしたときは、民訴法209条で裁判所が10万円の科料を決定できます。
民訴法では第二節証人尋問の中に虚偽陳述に関する罰則規定がなくて、第三節当事者尋問の中に虚偽陳述の規定がありますが、これは証人による虚偽陳述が刑法の偽証罪にあたるから重複しないためと思います。

Q漢和辞典と漢和中辞典のちがいは??

漢和辞典と漢和中辞典のちがいはなんですか??また、漢和中辞典の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

違いは大抵の場合レベル(詳しさ)の違いです。
漢和辞典と漢和中辞典は大体詳しさ的には同じです。
で漢和中辞典はかんわちゅうじてん(変換してみてください)と読みます。勿論漢和大辞典、漢和小辞典などもあります。それらと同じですね。

Q家庭裁判所の法廷での偽証罪について

離婚裁判で判決が出ました。結果は夫である私の勝訴です。

その離婚裁判の証人尋問において、妻は明らかな嘘をつきました。
嘘は多数ありましたが、不貞行為の相手と密会現場を私が押さえた日のことを、
「仕事で会っていた」と法廷で嘘を言ったことが、私としては我慢できないものです。

この一番の大嘘を偽証罪として告訴することは出来るでしょうか?
私の弁護士は取り合いそうにもありません。

法廷では嘘やデタラメを言わない宣誓をさせられた訳です。
私は慰謝料というより、こうした妻の今までの嘘や騙しが許しがたい気持ちなんです。
何とか偽証罪を適用させるにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>偽証罪は警察の管轄なんでしょうか?

警察の管轄でなかったらどこが捜査をするんですか?
検察庁に直接告発することもできますが、起訴できるだけの証拠が揃っていることが条件です。
つまり、検察庁に告発しても、捜査はしてくれないということです。
捜査が必要なら警察に告発するしかありません。
(ニュースで目にする東京地検特捜部は、政治家汚職、大型脱税、経済事件などを捜査する部署です)

ちなみに、離婚裁判の途中で奥さんの本人尋問でのウソがばれ、裁判官が奥さんの陳述が虚偽のものであると認めれば、奥さんに対して過料の制裁を課すことができます。
しかし、結審した後では後の祭りです。
奥さんに対して過料を課してもらいたいのなら、離婚裁判を控訴して再度審理してもらうしかありません。控訴審で奥さんに再度虚偽の陳述をさせれば、奥さんに対して過料の制裁を課すこともできるでしょう。
(控訴期間が過ぎていればどうすることもできませんが)

Q殺人罪と傷害致死罪

被害者家族にとって、殺人でも、傷害致死でも、殺された事に変わりはなく、
悲しみは同じなのに、どうして、殺人罪より傷害致死の方が、極端に量刑が
軽いのでしょうか?
法律的、解釈を教えて下さい。

Aベストアンサー

殺人は、人を殺す、という意思がありますが、
傷害致死には、負傷させるという意思はあっても
殺す意思が無いからです。

違法、つまり何をもって悪い事とするかについては
説が分かれています。

生じた結果だけによって判断する、という立場があります。
これによれば、傷害致死も殺人も、過失致死も同じように
評価されます。

結果ではなく、犯人の意思だけによって判断する、という
立場があります。
これによれば、傷害致死と殺人は峻別されます。
しかし、未遂と既遂は区別されなくなります。

現代の通説判例は、犯人の意思も生じた結果も、双方
加味して判断する、ということになっています。

傷害致死も殺人も、人を死なす、という結果は同じ
ですが、犯人の意思が異なるので、軽重が出てくる
のです。

Q民事裁判における証人尋問での発言

民事裁判で証人尋問がありますが、被告が質問に対して、覚えていたはずのことを「覚えていない」という発言をした場合、被告側は不利になるのでしょうか?

Aベストアンサー

うまい弁護士さんなら、他の方面からの質問で「覚えていない」というのは不利なことを言いたくないために言ったいいわけだという証明ができるような尋問を行います。そうするとうそを言っていることがばれてしまい、信憑性がなくなりますよね。

尋問も数をこなすと、これは覚えてないのではなくて、そういっているだけだな(そう証言しろといわれているのだな)とピンとくるのです。

Q漢和辞典について

漢和辞典とは漢字・漢語の日本語としての読み方を示し、意義を日本語で解説した辞典ですが、
漢和辞典の「漢和」の漢は解ります、漢字の辞典ですから、「漢~」となるでしょう。
しかし、なぜ「和」という言葉がつくのでしょうか?
漢和辞典の「漢和」の語源について教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

「和漢洋」の「和」で、「大和」の「和」に由来し、「やまと」=「日本」を意味します。
「和服」「和風」「和式」などの用例もありますね。

Q嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね? では、嘘の被害届を出されたら

嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね?
では、嘘の被害届を出されたら、その相手を・・・
詳しい方、教えてください。
ちなみに、民事の面では、同じですか?

Aベストアンサー

嘘の被害届でも、虚偽告訴の罪にはなります。
しかし、それでの告訴には「相手の告訴が嘘」「相手の被害届が嘘」ということを、客観的な証拠で証明しないとなりません。

民事でも同じで、民事訴訟で訴えた側は「原告」ということになりますが、その原告には「原告立証責任」という規則があります。
訴えた内容を、証拠・証人等で証明しなければならない「義務」があります。
これができなければ、裁判官もその訴えた内容を認めることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報