ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんばんわ。
介護施設に働くものです。いくつか質問させてください。
(1)“瞳孔が開いています(死亡時)”とよく聞きますが、“瞳孔が開いている”とはどういうことですか?ちらっと聞いたのですが、目は開いているんだけども目の前で手を振りかざしたりしても全く反応が無い状況と考えても良いのでしょうか?

(2)私の施設では感染症で排菌状態の方は受け入れが難しいのですが、排菌状態のある方と保菌者“感染症を持っている方”とはどう違うのですか?

(3)ターミナルを迎えた方でバイタルを計るたびに、“血圧が異常に高い”とか“血圧が急低下している”とよく話すのですが、“では高すぎると何なのか?急低下している(低くなっている)と何なのか”がよく理解できていません。教えて下さい。

よろい区お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)瞳孔は目に入る光の量を調節するもので、カメラの絞りの役割を果たします。

光が当たると収縮し、暗い場所では散大(=いわゆる”開いている”状態)します。この反射は自律神経系によるもので、意識のない人の場合でも目にライトを当てれば瞳孔は収縮します。そのため、この反射の有無が死亡診断の指標の一つとして扱われています。(反射が見られない場合でも生存しているということはあります。)

(2)保菌状態というのは発症の有無に関わらず体内に菌を有している状態のことで、菌が体内に入ってから数を増やして発症に至るまでの潜伏期間なども含みます。これに対し排菌状態とは既に本人が発症しており、更に体外へ菌を出している(咳き・くしゃみ・鼻水・痰など)状態のことを言います。保菌状態では必ずしも他人への感染性はありませんが、排菌状態は感染性を有し、病気の種類によっては隔離が必要となります。特に介護施設など抵抗力の弱い方が多い施設では受け入れは困難でしょう。

(3)血圧は自律神経系の働きによって常に活動状態に合わせて調節されています。体にとって必要な圧より高ければ血管に負担がかかり、血管が脆くなっている場合などでは出血が起こることもあります。また必要な圧より低いということは十分な量の血液が送られていないということで、血流が滞れば血栓などが出来ることもあります。ただ、ターミナルの際の血圧異常は高すぎるから・低すぎるからどうというよりは、体が正しい状態を維持出来なくなっていることの表れだと考えて頂くのが良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても分かりやすかったです。御礼、遅くなっていしまいすみません。。。

お礼日時:2005/05/04 14:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「瞳孔が開く」って一瞬で判別できるのですか?

よく恋愛コラムなどで、
「好きなものを見るとき瞳孔が開くので、瞳孔の大きさで恋愛感情をはかることができる」
と書いてあるのをよく見かけます。しかし、実際相手と目を合わせるのは長くて数秒だし、
瞳孔の開き具合なんて「あっ!今開いた」と一瞬で見分けのつくものなのでしょうか?

というのも、先日片思いの年上男性と昼間にドライブデートしている途中、
私が「今度は夜景を見に行きたいから次回は夜来よう」と言った瞬間彼と目が合ったのですが、
自分の体が硬直する程の強い目力を感じて、一瞬動けなくなったことがあります。
あの時がつまり「瞳孔が開いている状態」だったのかな、と自分では思っています。

皆さんはそのようなことを感じたこと、経験したことがありますか?
ぜひ体験談を教えてください。

Aベストアンサー

それは「物の例え」でしょう。

実際に瞳孔が開くのは眼科医で行う「眼底検査」で体験できますが
ただ景色全部がボケて見えるだけです。カメラのピンボケのように。
そんなふうに目の前の物(景色など)を認識できないくらいに
他のものに見とれてしまうとか集中力を欠かしてしまうと言った状況を
「瞳孔が開く」と例えるのではないでしょうか。

---

恋愛がらみの事じゃなくてもいいのなら「瞳孔が開く」のは見ていれば分かります。
誰かにしばらく目を閉じていてもらって、目を開けた瞬間には瞳孔は開いています。すぐに絞られますけど。
と言っても、やっぱり一瞬ですし対象が小さいですから、その時に相手の瞳を凝視していなければ分かりません。
会話の途中でそんな事が起きて、それが見分けがつくか?と言えば、どうでしょう?

が、間近で瞳の奥を長く(と言っても数秒ですが)見つめていられる間柄だったら
すでに恋愛感情のようなものがあるのではないでしょうか。

---

それとは別かもしれませんが
「◇◇さん(私のこと)は○○ちゃんを見るときは目の色が違うね」と言われたことがあります。
私自身も、大好きだった○○ちゃんの声は覚えているんだけど
正面から何度も見ているはずの顔がちゃんと思い出せないんです。
もしかしたら彼女の前では瞳孔が開いていたのかもしれませんけど(笑)・・・。

それは「物の例え」でしょう。

実際に瞳孔が開くのは眼科医で行う「眼底検査」で体験できますが
ただ景色全部がボケて見えるだけです。カメラのピンボケのように。
そんなふうに目の前の物(景色など)を認識できないくらいに
他のものに見とれてしまうとか集中力を欠かしてしまうと言った状況を
「瞳孔が開く」と例えるのではないでしょうか。

---

恋愛がらみの事じゃなくてもいいのなら「瞳孔が開く」のは見ていれば分かります。
誰かにしばらく目を閉じていてもらって、目を開けた瞬間には瞳孔は開いていま...続きを読む

Q子供が近視で、眼科で瞳孔を開く目薬を使ったら視力が上がりました

7歳の子供が近視で1年位前から眼科に通っています。最初は両目とも0.5でしたが数ヶ月前からだんだん
下がり去年の10月には0.3くらいでした。もうそろ
そろメガネを作ったほうがいいといわれていたので、
昨日はメガネを作るつもりで眼科に行きました。検査
をすると両目とも0.2でめがねを作ったほうがいい
でしょうといわれ、瞳孔を開く目薬を使って検査をす
ことになりました。ところが目薬をした後に再度視力
を測ると右が0.4左が0.7で今のところまだメガ
ネは必要ないといわれました。本人は背が高いので学
校の座席は一番後ろなのですが、黒板の字はちゃんと
見えるといっておりテレビなどを目を細めて見ること
もほとんどないのですが、それは普段は本来の視力が
でているからでしょうといわれました。メガネを作ら
なくていいといわれて内心ほっとしました。しかし後
で疑問が残りました。今まで検査をするたびにあまり
いい視力がでなかったのに、本当に普段はそれだけの
視力がでているのでしょうか?今回使った目薬の名前
はわからないのですが、数分おきに何度か目薬をさし
ました。2、3日近くが見にくくなってふらつくかも
しれないといわれました。この眼科では常に数人の医
師が診察しており特に指定しなければ毎回別の医師に
診てもらうことになってしまい、医師によって言うこ
とが違ったりするので以前から疑問に思っていました
。でもどの先生がいいのかわからずに今まで通ってい
ました。一番疑問なのは
やはり普段の視力が右0.4左0.7あるのかと
いうことです。医師は緊張によって裸眼視力の検査の
ときはどうしても近視よりになってしまうといってい
ましたが、日常生活の中でも緊張によってたびたび視
力が落ちているということはないのでしょうか?

7歳の子供が近視で1年位前から眼科に通っています。最初は両目とも0.5でしたが数ヶ月前からだんだん
下がり去年の10月には0.3くらいでした。もうそろ
そろメガネを作ったほうがいいといわれていたので、
昨日はメガネを作るつもりで眼科に行きました。検査
をすると両目とも0.2でめがねを作ったほうがいい
でしょうといわれ、瞳孔を開く目薬を使って検査をす
ことになりました。ところが目薬をした後に再度視力
を測ると右が0.4左が0.7で今のところまだメガ
ネは必要ないといわれました。...続きを読む

Aベストアンサー

眼科受診時に使われた調節麻痺剤は、効果の説明から、サイプレジンを使用したのだと思います。
小さいお子さんの場合、そのままの状態で視力検査したのでは物を見ようとした時に働く「調節」という状態が起こりやすく、正確な度数がどの程度あるのかがしっかり分かりません。調節が起こると、遠視がある場合は遠視の度数が減ったりあるいは近視の様に出たり、また屈折異常は無くても見かけ上近視化してしまったり、さらには調節緊張が起こりやすい場合は近視度数が実際以上に強く出てしまうことがあります。

視力の値だけでは、その人が遠視なのか近視なのか乱視の程度はどの位か等の肝心な情報が分かりませんが、文面を見る限りでは近視の傾向があるのでしょうか。問題は矯正視力が出ているかどうかですが、レンズを入れて測った視力は1.0以上あったんですよね?

矯正視力が出ていれば、まず一安心。
近視の子供さんの場合は、眼前に焦点が合う距離があるので弱視に陥る心配はあまりありません。
また肝心なのは度数です。どの程度の近視の度数が調節麻痺後に出たのかは教えてもらっていないのでしょうか?
裸眼視力は点眼薬を使う前でも後でも不安定で、確実とは言えません。もしかしたら、調節麻痺後の度数はそれほど近視が強く出なかったため、眼鏡無しで様子を見ましょうと言うことになったのかも知れません。
その辺がどうだったのか、ご心配ならもう一度その眼科で説明を受ける方が良いでしょう。

実際の度数がそれほどないのに、近視のメガネを作ると、逆に調節緊張を誘発してしまい、近視化をより進行させる可能性があります。
こればかりは実際のデータが無ければ適切な判断は仰げないと思います。

小学校低学年のお子さんの場合、近視の傾向があっても、両眼で見た視力が0.5以上(片眼視力は両眼視力よりも悪く出る傾向があります)あり、度数的にもそれほど強く無い場合は、眼鏡無しで様子を見ることが多いです。教科書も黒板も文字は大きいですので、子供さんもあまり不便を感じていないことが多く、教科書等近くの物ははっきり見えていますので。
子供さんがどうにも見にくそうにしている場合は、もう一度眼科でご相談された方が良いでしょう。

眼科受診時に使われた調節麻痺剤は、効果の説明から、サイプレジンを使用したのだと思います。
小さいお子さんの場合、そのままの状態で視力検査したのでは物を見ようとした時に働く「調節」という状態が起こりやすく、正確な度数がどの程度あるのかがしっかり分かりません。調節が起こると、遠視がある場合は遠視の度数が減ったりあるいは近視の様に出たり、また屈折異常は無くても見かけ上近視化してしまったり、さらには調節緊張が起こりやすい場合は近視度数が実際以上に強く出てしまうことがあります。

...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。


人気Q&Aランキング