柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

自分で作った曲を友人に献呈したいのですが……

この献呈や献辞というのの、形式や書式などを教えて頂きたいのです。よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 書き方のサイトは見当たりませんでしたが、楽譜のタイトルの下に「○○な某さんに(捧ぐ)」と書いておけばいいのではないでしょうか。

特別な理由があればその後に「××を込めて」とか「◇◇の記念に」とかつければよいのでは。

 参考下はモーツアルトがハイドンに四重奏曲を献げた際の献辞です(この長さだと、製本した際に普通の本の献辞のように一ページを割いたとしか思えません)。御参考になれば。。。

楽譜ではありませんが、沢木耕太郎が紹介していた
「For A who konws why」
と言うのは意味深でいいかも知れません。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/micin/ese/ese5.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
大体どんなことか分かりました。
ご紹介のURL大変面白かったです!

お礼日時:2005/04/23 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説の「献辞」について

小説を読む前に「献辞」が書かれてあると、その小説の背景とか
小説家の身辺に少し思いをはせることができます。
どうして「献辞」を書かれるのでしょうか?
意図があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 もっとも多いのは、その本の内容が献呈される相手に深くかかわるものである、という場合です。この本はたくさんの読者のために書きましたが、そのなかでも特にあなたに読んでもらいたい、という意味でしょう(小説以外にも、詩や批評、論文に献辞があるものもあります。大野晋さんのある論文に「橋本進吉先生〔大野さんの先生〕に」という献辞がついているのを見たことがあります)。
 例えばクラシックの曲にもよく献辞がありますが、これは初演者やアテ書きをした相手、演奏してほしいなと思った演奏者(ゆえにたいがい作品完成の時点で生きている人が対象になる)などが選ばれます。すべての人に演奏し、鑑賞してほしいけれど、そのなかでも特にこの人のために、ということでしょう。
 献呈される相手は、作者の知合いのなかでも比較的有名人であることが多いようですが(そのほうが「なぜこの人の献呈されるか」が一般の読者にわかりやすいから)、吉田健一さんの『英国の文学』のように「父〔吉田茂ですが〕に」というものもあります。吉健さんが英国に親しんだのは吉田茂が駐英大使であったためですから、これも当然といえば当然かもしれません。
 以上のほかにも、その作品の成立にあたって、あるいはその作家の生活に援助を与えてくれた協力者やパトロン、パトローネに感謝の意を示すために献呈する場合もありますが、これは十九世紀以降はきわめてまれになります。あるいはブラームスのようにちゃっかり恋人に献呈している人もいます。
 要するに作品をだれにプレゼントするか、ということですから、その人その人の事情であると言えます。

 もっとも多いのは、その本の内容が献呈される相手に深くかかわるものである、という場合です。この本はたくさんの読者のために書きましたが、そのなかでも特にあなたに読んでもらいたい、という意味でしょう(小説以外にも、詩や批評、論文に献辞があるものもあります。大野晋さんのある論文に「橋本進吉先生〔大野さんの先生〕に」という献辞がついているのを見たことがあります)。
 例えばクラシックの曲にもよく献辞がありますが、これは初演者やアテ書きをした相手、演奏してほしいなと思った演奏者(ゆ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報