人はいくつになってもやり直せるのだという内容の本がたくさん知りたいです。
最近は「だからあなたも生き抜いて」「朝二時起きで何でもできる」を読みました。
学歴、年齢、性別、経済的問題、etc…などを乗り越えて夢をつかんだ人々の物語が読みたいです。
30目前にして人生の再出発を考えている私を鼓舞してくれる本をぜひ紹介してください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

1.ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」


この本を読んで夢を実現させようと行動に移すことができました。
2.デールカーネギー「道は開ける」
不安悩みから開放されてくよくよしなくなりました。
    • good
    • 0

こんにちは。


中村天風の本をお薦めします。
1.成功の実現
2.盛大な人生
3.心に成功の炎を
4.いつまでも若々しく生きる
以上の4冊は、本人直々の言葉で語られています。

人生を諦めないというよりも、むしろ、貴重な人生を生きる事が大切だと教えてくれる本です。
    • good
    • 0

こんにちわ。



童門冬二さんの作品はいかがでしょうか?

作品名を挙げるのは、数が多くて困っちゃうのですが、、、

歴史上の人物(伊藤博文とか坂本龍馬とか上杉鷹山とか・・・etc.)を題材にして、その人が如何にして困難を乗り越えてきたのかって展開です。

小説もあれば、ビジネス新書もあります。

講談社文庫、PHP新書、PHP文庫、集英社文庫などを目印に本屋さんで探してみて下さい。
そして、ちょっと立ち読みしてみて下さい。
たぶんフィットするはずです。

因みに、作者は(元)東京都庁の職員でして、経済政策とか地方分権政策、労務管理などにも明るい方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらくパソコンから離れた環境にいた為、お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
登場人物が偉大な方ばかりのようなので歴史をよく知らない私にとってもいい勉強になりそうです。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/06 00:24

西原理恵子さんの作品です。


この人の波乱万丈な生き様は、自分がへこんだ時に読むと、生きるパワーを貰ったような気持ちになります。

その中の「ぼくんち」が、私が西原さんの作品の中で一番初めに手にしたものです。

http://www.toriatama.net/pub1.htm#bokunchi

ほかにオススメは「できるかな・シリーズ」

毎日新聞に、週一でマンガが載っています。
「毎日母さん」

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/etc/ …

参考URL:http://www.toriatama.net/pub1.htm#bokunchi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

西原恵理子さんは確か漫画家だったような・・・
漫画はもう10年以上も手にとった事さえないので、漫画から学べるとは思ってもいませんでした。
漫喫は殆ど行った事はないですが利用してみたいと思いました。ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/25 12:50

「鼓舞してくれる本」ですか。

どうかなそれは。「かっとばせー、Hirota !」の声援を背にヒットを飛ばしたとして、それは火事場の底力みたいなもの。アベレージを上げたいんでしょう。打率二割五分をせめて二割八分にひき上げたい。そのためにはどうすればいいかってことでしょ。身も蓋もない答えになりますけどね、「地道な努力の積みかさねと研究心あるのみ」。道に財布なんか落っこちてないんです。
もちろんあなたにも研究心はあります。さまざまな障害をのりこえたひとの話を知って自らの力にしようとしているのですから。でもね、考えてみてください。イチローや松井が壁をのりこえて一流メジャー選手になった話が、あなたを一流選手にしてくれるかどうか。

逆の方法を考えてみませんか。作者が直面したり目の当たりにしている困難な状況をつぶさに知ることによって、いまのじぶんをしみじみ見つめなおして、そこから得られる力もあると。

 江国滋   「おい癌め 酌みかわそうぜ 秋の酒」 
 岸本葉子  「がんから始まる」
 箙田鶴子  「神への告発」
 関川夏央  「海峡を越えたホームラン」
 後藤正治  「べラ・チャスラフスカ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの本を紹介してくださってありがとうございます!
「作者が直面したり目の当たりに~」の言葉はまさしく私が思っていることです。
そういう気持ちで本を読み、惰性で暮らすことなくこれからを生きていきたいと思っているのです。

お礼日時:2005/04/21 22:16

今、図書館で探すきりないかもしれませんが伊藤肇の「左遷の哲学」お勧めします。


 人生の再出発を考えていられるようなので、鼓舞するのに向いているか自信ないのですが、よく主人が左遷のような転勤の方にお送りしていました。読むと女の私でも感動です。
 主人は伊藤肇から安岡正篤に
 私は小島直記の「回り道をした男たち」から安岡正篤にたどりつきましたが、どちらもお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鼓舞すると言う言葉が回答を難しくしてしまったようでごめんなさい。
図書館で探すしかないということは絶版本ということですよね?
古本屋と図書館をさっそく利用したいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/21 22:28

夢…というより老いて後も人は成長できるという実体験話。


『老親を棄てられますか』門野晴子/講談社文庫
 時には、こんな日常もあるもの。でも、意外と成るように成るもんだと思わされた一冊。
文章も軽いので、楽に読めますよ。

希望に沿っていないかも知れないので、自信なしです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
このタイトルは聞いたことがあります。
重々しく悲しい感じがして、今まで手に取ることはありませんでしたが軽い文章だというのでぜひ読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/04/21 22:42

宮本輝「草原の椅子」



冒頭の一文
「あなたの瞳のなかには、三つの青い星がある。
 ひとつは潔癖であり、もうひとつは淫蕩であり、
 さらにもうひとつは使命である。」

あからさまな啓蒙ものではなく、淡々と描かれた小説ですが、じんわりと心にしみました。
人生における夢とは、成功とは、そして使命とは何かを考えさせられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冒頭を読んだだけで読みたくなりました!
今までノンフィクションばかり探していましたが小説もいい作品がたくさんありそうですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/21 22:50

リチャード・バック著



「かもめのジョナサン」(五木ひろゆき(←字忘れました)訳)
「イリュージョン」(村上龍訳)

質問者氏が求めているものがあるか? と言われるとちょっと自信ありませんが。。。
マインドには通じるものがあるのではないかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かもめのジョナサンは世界的に有名な小説なのは知っていましたが・・・読んだことはないのでこの機会に是非読もうと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 23:10

こんばんわ


私も運命的にあまり、恵まれませんので、自分を鼓舞してくれる啓蒙書を読んでは、自らを励まし、頑張っています。
経験上、最近のハウツー的な「思いどおりに○○できる」とか「あなたの思いは必ず○○する」とかは、眉唾です。しっかりと、自分の経験に沿って、信念を貫いて、結果を出した人のみが語れる領域のことであり、また、人それぞれの生まれ、環境も違うので、
安易にまねしない、その姿勢と努力を真似るという姿勢で読書するようにしています。
前置きが長くなりましたが、お薦めは「中村天風」の一連の書物です。時代背景も違うのですが、学ぶところが多かったです。只、入手が困難な場合もありますので、取り寄せになることが多いようです。公式サイト等からアクセスされればよろしいかと存じます。

参考URL:http://www.tempukai.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。人それぞれですよね。
私もその人のやり方を真似るのではなく、心意気、ものの考え方を学ぶつもりでこれからも本を読んでいこうと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング