4年程前に糖尿病を患い、その後、頭痛が治まらないと、糖尿の担当医に相談したところ、「鬱の気がある」とのことで、心療内科を紹介され通院していました。
しかし良くなるどころか、どんどん外にも出なくなり、一日の大半寝ているような状態になっていきました。
昨年の年末には、パーキンソン病のような症状が出てきたので、薬を変えてもらうと、今度は幻覚です。
脳に何かあるのではないのかと思い、心療内科の先生に総合病院の紹介状を書いてもらい、調べてもらいましたが、何の異常もなく、そのあと、心療内科の診察に行くと先生はいつもに比べきつい口調で、「自分でも動いたりして努力をしないと!」と、言われたそうで、その日を境に、その病院に父は行かなくなってしまいました。
しかし、体はかなりつらそうで、そのうち、吐いたり、血便が出たりしたので、近所の内科に診てもらったところ、十二指腸潰瘍で、入院となりました。
そして、入院してしばらくして鼻血が止まらず、又検査したところ、副鼻腔から目のところまで癌が進行しており、まず放射線治療をし、手術をするみたいですが(紹介された大学病院にいってからではないとはっきり分からない)最悪の場合、目玉をとらないといけないそうです。脳のほうに転移があれば、そこも病院は調べてくれるんでしょうか?
ここ数年、日に日に弱っていく父を目にし、痛い思いまでして、ほんの少し生きるのが伸びるのであれば、手術をせず、楽にしてあげたい気持ちです。また、今の父の体力と気力では到底、闘病に耐えられるとは思えません。
本人には癌宣告をしてません。母は「先生にそんな色々言えないよ」と、言います。
私自身、今大変動揺してますし、文章があまりにとりとめないものとなっていますが、この内容で、少しでも父のためになる道があれば、教えていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず自己紹介させて頂きます。


大阪で健康食品の卸、小売業をしております。
仕事柄、ガンの方と多くお会いします。
その中での、経験ですが・・・
ガンは遺伝しません。よくガン家系といいますが、同じ生活環境や食生活から、家族でガンになる方が多い場合はあるようです。あと性格もあります。短気、神経質、責任感の強い方などストレスが一番良くないようです。
糖尿病にもI型とII型がありどちらでしょう???
紹介で病院に、行かれてるようですが、例えば私には、すごくいい病院で、いい先生でも、全ての人にそうではないのです。自分に合う病院(先生)を見つけることです。(本来は健康なときから、信頼できる先生を見つけておくのが、理想)ドクターも人間ですから、その日の、気分で患者さんに、厳しい言葉を言う場合もあります。
自分の体は、自分で守る。(この事を忘れずに)
告知は、様子を見てからされることです。
どんな人でも、かなりショックを受けます。
ガンと闘う場合、一番大変なのは、ご家族です。
抗がん剤の副作用で、患者さんは、痛み、吐き気や精神的にも、消極的になります。
病は気からといいますが、本当に、治したい、良くなりたいと思う人と、もういいと諦める人とは、改善率がまったく違います。
肉体的にも、精神的にも、ご家族が大変ですが、がんばって支えてください。
当方には、末期がんで余命宣告された方や、そのご家族などが、お客様です。商品をお売りするだけではなく、お話して、気がまぎれる方、安心する方いろいろです。
嬉しい事に、昨年末までの余命宣告された、おばーちゃま(86歳)全身に転移し、打つ手がないのです。
ホスピタルに入られてますが、昨日桜をみてきましたと、ご連絡くださいました。最後の親孝行と、息子さんが、連れて行ってくれたそうです。家族の方は、お正月は迎えられないと、諦めていたそうです。桜が見れたのは、貴方のおかげと、感謝されました。
人には天命があります。しかし、諦めないでがんばって欲しいと思います。家族で話し合い、後悔の無い、選択をしてください。もし、不幸にも亡くなられた時、やるだけの事はやったと思えるように・・・・
ドクターとは、納得がいくまで、話してください。
ご家族が、気になることは、何でも質問してください。
ドクターには、大勢いる患者さんの一人ですが、ご家族には、たった一人のお父様です。遠慮は禁物!
セカンドオピニオンをおすすめします。

長々書きましたが、1%でも不安に思うなら、まず相談して、納得してから、手術してくださいね。
明るく、笑うと、ガン細胞は減りますよ!(免疫力が上がるから)落ち込むとガン細胞は増します。
前向きに、プラス思考でがんばってください。

良い方向に行きますように、陰ながら祈ります。
がんぱって!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
性格面は、全部当てはまりますね。
糖尿病の方はどちらか分かりませんが、インシュリン注射などはせず、薬のみですね。
>自分の体は、自分で守る
父は、全く逆にことをしてきた人です。
好き嫌いが多く、お酒に酔うと食事を全部残し、私たちが「何々が効くらしいよ」と言っても、一切受け付けず聞く耳を持ちませんでした。
予防とか、治すとか以前に、自分で自分の体を傷つけているような人でしたから…
定年後、糖尿をきっかけに酒をやめたことが、心の弱い父のはけ口を失うきっかけとなったのでしょう。
何十年も、母を苦しめてきたパチンコも、行かなくなりましたし、というより行く気力もなくなったのでしょうね。
ガン細胞は減るんですね。初めて聞きました。
免疫力も関係しているとは思いませんでした。
勉強になりました。
私も妹も母も、父にはずっと苦しめられました。
「お父さんなんか死ねばいい」って、ずっと思っていました。そして、また今度は違う形で私たちを苦しめるのかと、たまに思ってしまいます。
しかし、過去のやられてきた事より、いかに父が子供に対しての愛情が深かったかと、そちらしか思い浮かんできません。
いっそ、憎しみの感情なら、私自身も楽なんですけど、そうはいかないようですね。
これは、私たちに与えられた使命、最後の親孝行と思い、後悔のないようにがんばります。

お礼日時:2005/04/21 23:43

心中、お察し致します。


私は、義母と義兄をガンで亡くしました。
義母の場合は、ずっとガンと分からずで、入院してたった2週間で、この世を去ってしまいました。
義兄は、約2年間の闘病生活をしていました。
義母は何も知らずに他界し、義兄は真実を受け止め、最後まで闘って他界しました。
つまり、「告知」をされた場合と、そうでない場合の両方を見てきました。

どちらがいいのか・・・
正直、私にはわかりません。
義母は何も知らずに他界した。きっとやり残した事が沢山あったのではと思います。
義兄は、いつ命が消えるのかという事を、すごく考えていたことでしょう。
義兄の場合、最後の方は精神的にもかなり参ってしまっていたようでした。
ですが、子ども達の為に出来る限りの事をしようと、辛い体を動かしていました。

はたしてどちらがいいのか・・・
お父様の場合、闘病以前から精神的に参ってしまわれていたようなので、今すぐ告知は難しいのではと思います。
その辺りは、主治医の先生とよく相談された方がいいと思います。
ただ、治療方法が放射線や抗がん剤などですと、おのずとご本人もわかってくると思います。
その時こそ、家族の結束が大切だと思います。
とても辛い事ですが、それを乗り越えられるようにご家族皆様が、健康でいなくてはいけません。
お父様が心配なのは十分わかります。
ですが、これからが闘いの始まりだと思いますので、
ご家族皆様のお体には、十分に気をつけてお父様を支えてあげられるようにして下さい。

このような陳腐な言葉しか書けませんが、お父様、ご家族皆様がこれを乗り越えられるよう、祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。父は元気な頃から自分が癌になっても告知しないで欲しいと、話していました。
気性が荒く、好き勝手に生きてきたのですが、精神的にかなり弱い人です。生に対しても、執着心が弱く、何が何でも生き抜くというようなタイプではありません。
ここ数年、苦しむ姿を見ており、私としてはとにかく延命より、身も心も楽にしてあげたいと言う気持ちばかりです。
何をどうすれば良いのか全く分かりませんが、私自身も後悔の無いように最善の道を、探っていきたいと思っています。

お礼日時:2005/04/21 08:33

なんと申し上げて良いやらわからなくて、不躾になってしまうかもしれません。


私は、10年前に退職いたしましたが、看護婦として5年間働いておりました。
総合病院の一般外科で、消化器系の癌患者さんもたくさんいらっしゃいました。
その当時でさえも、高齢の患者さんに対して外科的に治療をするかどうか
という事は真剣に考えられておりました。
医師も患者さんも患者さんのご家族も、患者さんの『クオリティ.オブ.ライフ』
ということはもっとも考えなくてはいけない事です。

担当医とどのようにお話しされている段階かわかりませんが、
お父様の場合、手術後の生活の質と、このまま送る生活の質を比較して、
担当医は手術を選択肢として勧めたのだと思われます。

今後の闘病は、医師も看護する者も、ご家族のみなさんも、一緒になって
立ち向かって行く事になると思われます。みなで協力できるよう、些細な事でも
わからないことは担当医に相談される事をお勧めします。
手術をするかしないかという事や、脳への影響についても、
ご家族が心配されているのに説明をしないなどという事はないと思いますよ。
また、ご家族として質問者さんがtsんとういに面会を申し込んでも良いと
思います。お母様もその方がご安心でしょう。

お辛いと思いますが、まずは担当医と納得のいくまでお話をされる事だと
思います。

どうぞ、お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、とにかく納得いくまで話し合いをしない、といけませんね。
今日行く大学病院は、「一度入ると生きて出てこられない」「研修医のモルモットにされる」など言われている為に、ただ練習台にされ、本人が苦しむのではないかと、猜疑心の塊で私が見ているものですから、不安感ばかりが先走ってしまいます。
知識の無い頭で、色々考え込んでしまいますので、混乱するばかりです。
また私には、3歳になったばかりの子と、7ヶ月の子がおり、病院についていくのは私より、妹の方が多いですから、直接話を聞けず又聞き状態になっており、見えない部分があります。
出来るだけ、話に加わっていきたいと思います。

お礼日時:2005/04/21 08:21

こんばんは


私はla-ppiさんの考えに賛成です、
賛成と言う言い方は合ってないと思いますが、同じ意見です、
私の家系は癌家系で親族は100%癌で亡くなりました、
私も20代半ばで癌になりましたが、運良く早期発見でしたので助かりました、
今回お父様と言う事ですが、娘さんの目で見てその状況なら先生に相談した方が良いと思います
癌で体力を失い、気力も細くなっていった親族を見た私には同意見です、
しかも脳に転移があれば当然手術になるだろうし、その為の後遺症が伴います、
本人が本人で無くなる可能性もあるわけですよね
御家族の方の心中お察しします、
大変な判断になると思いますが、悔いの無い判断をして下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
うちも、癌家系だと思います。不思議な事に、男の人は癌で亡くなった人が多いですね。
総合病院の先生からは、絶対手術をしなといけないと言われたらしく、今日行く大学病院の先生も同じ見解だろうと思いますので・・・
とても、悩みます。手術をしても痛い思いをし、苦しむのならと思いますが、せずに、苦しむ姿を見るのも切ないですね。今から長期戦になるでしょうから、腹を据えてがんばるしかないでしょうね。

お礼日時:2005/04/21 08:08

ご心痛お察しいたします、下記URLをご参考にされてはどうでしょうか



参考URL:http://www.1-taishitsu.com/m_2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URLを、覗かせていただきました。興味深い内容のようです。時間のある時にゆっくりと、見させていただきます。

お礼日時:2005/04/21 07:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 副鼻腔腫瘍<鼻の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    副鼻腔腫瘍とはどんな病気か  腫瘍はいわゆる“できもの”のことですが、良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。悪性腫瘍は“がん”と同義で、さらに上皮から発生する癌(がん)と非上皮から発生する肉腫(にくしゅ)からなります。副鼻腔に発生する癌の代表は上顎洞(じょうがくどう)の上皮から発生する上顎洞がんで、これについては次項で述べます。  一方、副鼻腔に発生する良性腫瘍は比較的まれで、乳頭腫(にゅうとうしゅ)と骨腫(こつ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん告知を受ける心構えを教えて下さい。

今月初めに主人(49才)が胃がんの生検を受けた検診センターから今日電話があり、『さらに詳しい検査が必要なのでもう少し太い内視鏡で検査をします。その後に結果説明をしますのでご家族と一緒に来院して下さい。』との事で今週末の金曜日に検査に付き添うことになりました。


これまでの経過としては、一年前に集団検診で再検査の通知~検診センターで胃カメラを施行~『胃炎』の診断~今年になって経過を診る為に胃カメラを受ける様連絡が入る~その場でポリープが見つかり生検~今週末に再々検査・・・という流れです。

主人の話では看護師さんからの説明中で『病院へ紹介・・・』の様なニュアンスの話もあった。とのことなので限りなく結果は『クロ』なんだろうね・・・と二人で話していました。


私以上に本人が不安だとは思いますが、私も動揺してしまい、告知の席についたらまともに話が聞けないんじゃないか、頭が真っ白になって冷静な判断が出来なくなるんじゃないかとか、そんなことばかりが頭を駆け巡ってしまいます。

『ここまで来たら腹を括って行くしかないよ』とは言ったものの。。。

いろいろ考え出すとつい悪い方に考えてしまいますます気が重くなっています。

結果を聞く家族としての心構え、聞いておくべき事があったらご教授頂きたく質問いたしました。
まだまだ子供も小さいので落ち込んでばかりいるわけにも行かず、なんとか前向きにその日に臨みたいです。

専門家の方、経験者の方、それ以外の方でも皆様からのお知恵を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

今月初めに主人(49才)が胃がんの生検を受けた検診センターから今日電話があり、『さらに詳しい検査が必要なのでもう少し太い内視鏡で検査をします。その後に結果説明をしますのでご家族と一緒に来院して下さい。』との事で今週末の金曜日に検査に付き添うことになりました。


これまでの経過としては、一年前に集団検診で再検査の通知~検診センターで胃カメラを施行~『胃炎』の診断~今年になって経過を診る為に胃カメラを受ける様連絡が入る~その場でポリープが見つかり生検~今週末に再々検査・・・という流...続きを読む

Aベストアンサー

4年前、ご主人と同じ49歳の時に胃がんの告知を受けました。
会社の定期健診で引っかかり、掛かり付けの胃腸内科で胃カメラを飲んだ時に胃潰瘍の
診断。2週間後生検の結果を聞きに(一人で)行って初期の胃がんだと告知されました。

私の場合、まるで予期していなかったので、いきなり「癌」と聞かされて頭の中は真っ白!
そのあとの説明も上の空で聞いてました。
いつもカミさんには「俺が癌になったら、絶対に知らせないでくれ」と言ってた小心者なもんで。
カミさんは逆に「私の時は、絶対知らせて」と言ってましたけど。

カミさんにはメールで、「命に別状はないけど、手術が必要らしい」みたいな内容で知らせたと
記憶しています。
その後、紹介された近所の総合病院でカミさんと詳しいことを聞きに行きました。
私は、恐くてまるで聞いてませんでしたが。

余談が長くなってしまい申し訳ありません。
胃がんは切れば治る病気だと掛かり付けの先生にも言われ、カミさんは
入院に必要な物の準備や、術後の「胃を切った人の食事のレシピ」みたいな本も
準備してくれてました。
奥様も、先生の説明をしっかり聞いて、ご主人のためにしっかり準備をしてあげて下さい。
もちろん、胃がんと確定したわけではありませんが、もしそうでも心配しないでと言いたいのです。
地方の総合病院でさえ、胃がんの手術は年に100以上、つまり日常茶飯事の如く行われています。

ちなみに、2/3切除しましたが、調子が良すぎて酒も美味くメタボになってしまいました(^^ゞ

4年前、ご主人と同じ49歳の時に胃がんの告知を受けました。
会社の定期健診で引っかかり、掛かり付けの胃腸内科で胃カメラを飲んだ時に胃潰瘍の
診断。2週間後生検の結果を聞きに(一人で)行って初期の胃がんだと告知されました。

私の場合、まるで予期していなかったので、いきなり「癌」と聞かされて頭の中は真っ白!
そのあとの説明も上の空で聞いてました。
いつもカミさんには「俺が癌になったら、絶対に知らせないでくれ」と言ってた小心者なもんで。
カミさんは逆に「私の時は、絶対知らせて」と言ってま...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q末期がんで抗がん剤が効かず治療手段がなくなった場合、余命は平均どれくら

末期がんで抗がん剤が効かず治療手段がなくなった場合、余命は平均どれくらいなのでしょうか。とくに肺(扁平上皮)がんのケースでお願い致します。

Aベストアンサー

抗がん剤は錠剤と点滴で多種あると思いますがすべての薬で
治療されたのでしょうか?
違う薬を使う度に最低一ヶ月の入院です。
すべての薬を使ったのでしたらかなり長い
入院をされたのではないでしょうか。
確実な余命はお医者様でも分からないと思います。
我が家も違う癌で治療中です。
癌になってから多数の人々、多数の発生した人に
聞いてまわりましたところ発病してから35年の
現在も腫瘍はあるが異常はない人から2ヶ月で
亡くなった人と色々でした。


ちなみに弟の奥さんは体中に転移してから
発見されましたが数ヶ月、たしか2ヶ月だったような
気がしますが生存していました。

Q末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期の肺ガンを患っている父について、これまで何回かこちらで
質問させて頂き、たくさんのご回答を頂きました。
その度に助けられ、救われてきたのですが
わがままな父の言動に振り回される自宅療養の介護生活に疲れてしまい
最近では「もう早く死んでほしい」と真剣に願うようになってしまいました。

闘病生活はもう5年になります。
父は医師も驚く驚異的な体力の持ち主で、これまでリンパ節以外、
他臓器への転移は認められなかったのですが先日、骨転移が判明しました。
医療用麻薬が処方され、医師からは
「麻薬もいずれは効かなくなります。そこからが大変です。」と宣告されています。

父の死を願う理由は二つあります。
ひとつは出来るだけ苦痛を味わないで亡くなって欲しいという事。
手術が出来なかった為、今までも抗がん剤をはじめ、様々な薬剤を投与し
咳や痛みに耐えながらも延命に延命を重ねてきました。
父のように体力がある患者は鎮痛薬が効かなくなった時に地獄の苦しみを味わう事になり
体力がある分、苦痛を味わいながら無駄に長生きしてしまうというパターンに突入する事が
少なくない、と医師から説明を受けました。
本人も苦しみが前提の延命は望んでいません。
もうひとつは大型犬を飼っているのですが、この犬を溺愛しており
私は「この犬の面倒を見ないならお前には一銭も相続させない」などと言われています。
そんなに言うほど多額の遺産である訳もなく、
こんな恥ずかしい事を言われているなんて知人にも言えません。
そして自分が毎日散歩出来ないので、お前がやれと怒鳴って喚き散らし、私は仕方なく
会社へ行く前に散歩させに行き、仕事が終わるとまた散歩させに行くという生活です。
大型犬の散歩など今までしたことがないところへ、
仕事の前後1時間以上の散歩を強要され肉体的にも限界が来ています。
母は母で父のわがままや罵倒に付き合って肉体的にも精神的にも疲弊しています。
ちなみに母と私は父とは別に住んでいるので毎日通いです。
事情があり一緒に住むことは出来ません。

痛み止めが効いているせいか一時より外出するようになりましたが
疲労感が強いせいか帰宅するとうつらうつらと寝ている事が多いです。
しかし十分に休養すればまだ自分の事は自分で出来るので寝たきりとかではありません。
故に介護の申請も却下されてしまいました。

最近では言動も余計におかしくなり、何度も話した大切な事を
「そんな事聞いてない」と言って逆ギレしたり、
昨日話したはずの事を忘れてしまっていたり、記憶障害では?
脳に転移でもしているのだろうか?と思うような事が多々あります。
これも薬のせいなのかわかりませんが・・・

もう本当に疲れました。
あとそんなにたくさん生きられる訳ではないと思いますが
こんな生活が続いては母の方が体を壊してしまうのではないかと
心配でたまりません。
いつまでこんな状態が続くのか?
父親にもうこの世から旅立って欲しいと思う私は薄情な人間なのでしょうか?
人間失格なのでしょうか?

よろしくお願い致します。

末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期の肺ガンを患っている父について、これまで何回かこちらで
質問させて頂き、たくさんのご回答を頂きました。
その度に助けられ、救われてきたのですが
わがままな父の言動に振り回される自宅療養の介護生活に疲れてしまい
最近では「もう早く死んでほしい」と真剣に願うようになってしまいました。

闘病生活はもう5年になります。
父は医師も驚く驚異的な体力の持ち主で、これまでリンパ節以外、
他臓器への転移は認められなかったのですが先...続きを読む

Aベストアンサー

自分の心を否定しなくてもいいと思います。

私も 何年も癌を患った家族がいました。
段々辛くなっていくのを 見ている方も  辛いですよね。
亡くなった時は 本当に 亡くなって  よかったって思いました。
もう 痛い思いや 辛い思いを することもないのだから。
それまで ずっと生きるために戦ってくれた家族に 有難うって。
何回も 死んだ方が 幸せなのかもしれないって 
何がよかったのか 今でも分からないです。

あなたの思いは 薄情なんかじゃない。
癌は、蝕まれている人間も 周りにいる人間も おかしくさせます。
どうか、自分を責めないで。
自分に正直に、そして思いつめないで下さい。
ずっと光のない世界なんてありません!

もっと、母親のことも大事だけど、自分のことも考えて。
あなたが幸せなことが、結局母親も幸せになるんですよ。

Q末期がんの祖父がおいしく食べられる食事おしえてください

末期の肺ガンの祖父78歳がいます。
病院には入院せず、自宅で療養してます。
だんだん食欲が落ちてきて
やまいも、ヨーグルト、とうふ、バナナ
など、のどごしの良いものしか
食べませんし、少量しか食べません。

いつも同じようなものばかりだし
もっと食欲がでるように おいしいものを
食べさせてあげたいと思うのですが
何かおすすめなものは ありますか?(><)

教えてください

Aベストアンサー

最後の時に食べたい物を一度沢山の人に聞いたことありますが、子供のときに食べた母の味でした。再現が不可能と思うことかもしれませんが、私は最後に喉越し良く食べれることを研究してアイスクリームに取り入れることを考えて造りに作った時期がありました。病室の暖かさに冷たいアイスクリームの味がかぼちゃだったり、蓬だったり季節感も必要で考えながら造りました。でも時には暖かいものと考えた時に友人から朝鮮には人参がありますが、日本の朝鮮人参といわれる葛(本葛)を葛湯にして味を生姜・黒糖・ゴマなどにしてみました。ヨーグルト・とうふ・バナナ・プリンは老人はあまり好みません。なぜなら食べなれないものでしょ(豆腐・バナナ以外は)病院でも術後に私はポカリ・ヨーグルト・プリンの定番はイヤでした。
ヨーグルトなら心太:プリンなら茶碗蒸し:豆腐なら湯豆腐に薬味:以外なのはバナナを皮ついたまま焼いてみてください。とろりとなるくらいに。皮は真っ黒ですがバナナがとろけるように熱いのにアイスクリーム甘めでないのをかけてみてください。目先をかえるの大事ですよ。
市販のアイスに桜餅の皮刻んで香りつけたり、一番は子供のとき何が一番美味しかったか、一番好きな母の味は・・?聞いてみてください。又何か考え付けば書き込みます。食べる意欲は、少量でも栄養がなくても食べたいものが一番の栄養なのですから。
 老人ホームで一番イヤなのはに年代的にヨーグルトもプリンもなじまないことなのですが、手間がかからないのが介護者の都合だけでなされることなのです。市販のかぼちゃスープもにおいを嫌いましたので、かぼちゃを残りご飯と煮てミキサーでスープにしました。(たまねぎ・ブイヨン匂いが出ます)さけて適当な塩味に。美味しいものは変わります。それはせっかく作っても食べたいと思う時期でなくなったりで看病する方は辛いと思います。何種類かあげてくださいませんか。方法は考えれると思いますよ。妹が白血病の末期に嚥下障害が出たときもう一度食べさせたいと思いシャーベット・アイスクリームで味の再現をしてもできたときは食べたい時期が過ぎて食べれなくて辛いこと多かったのですが、市販のプリンより苦いキャラメルの味のプリンは亡くなった母の味に近かったのか全部食べましたよ。今ならお年からふきのとうなんかどうなのでしょう。餅なら蓬餅(春らしく)市販の乾燥蓬か冷凍蓬で餅は炊飯器に入れてお水を少したらしてやわらかめにして混ぜてみてください。白玉の黒蜜もどうなのでしょうね。茹でてすぐならやわらかくて
美味しいかもしれませんよ。優しいお孫さんでよかった。

最後の時に食べたい物を一度沢山の人に聞いたことありますが、子供のときに食べた母の味でした。再現が不可能と思うことかもしれませんが、私は最後に喉越し良く食べれることを研究してアイスクリームに取り入れることを考えて造りに作った時期がありました。病室の暖かさに冷たいアイスクリームの味がかぼちゃだったり、蓬だったり季節感も必要で考えながら造りました。でも時には暖かいものと考えた時に友人から朝鮮には人参がありますが、日本の朝鮮人参といわれる葛(本葛)を葛湯にして味を生姜・黒糖・ゴマ...続きを読む

Q末期がんでイタイイタイと泣いている人にどうしてモルヒネを打ってあげないのか?

どうしても理解できない。
末期がんでただ死んでいくだけの患者がイタイイタイと泣いている。
どうしてモルヒネを打ちまくって安らかに死なせてあげないのだろうか? ただ痛いだけで生きている価値があるのか? たとえ寿命が半分になって半年生きるところが三ヶ月になったところで痛いだけの六ヶ月と安らかな三ヶ月とどちらが良いか。モルヒネなんて病院の畑でケシの花かなんか知らないけど栽培したらただで作れるじゃないか。値段の問題は栽培すれば解決する。どうして末期がんの患者を苦しませるのだろうか? モルヒネ投与を禁じている医者が末期がんになったら自分で打ちまくるのではないだろうか? もしそうだとしたら矛盾していないだろうか?

Aベストアンサー

質問拝見しました!!
質問者様の身内の方が、その患者さん・・という事で良いのですよね?
それとも・・別の患者さんを、質問者様が見ていらして感じたこと?では無いですよね?
(ちょっと判らなかったので・・すいません!)

私の父は・・ガンで亡くなりました。
一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。

突然として
「胃ガンです!余命1年です」と言われて帰ってきたのです。
その様な言葉は・・冗談でも出る内容とは違ったので、本当にビックリし、又、とてもショックでした。

そして検査入院で「スキルス胃がん、リンパ節転移」とわかり・・。
父の希望を真剣に聞きました。
◎抗がん剤治療はしてもよいが・・入院は避けたい!!
(父は良く判らなかったけど・・私は延命治療・・と感じました)
◎手術は絶対したくない!!・・体を開けてしまったらもっと不自由になるに違いない。
◎とにかく・・とにかく「痛い」「苦しい」「辛い」の状態を一番少なくして欲しい。
(告知された時は痛みや苦しみはまだなかったです)
この3つが「父」が私にゆっくりと、真剣に話してくれた希望でした。
医師に私が伝えました。

そして・・運良く内服の抗がん剤で時を過ごしました。
少し気持ち悪いけど・・その気持ち悪さもだんだん取れて、元気になってきました。食欲はあるし、車を運転して好きな場所に行くし、買い物も行くし・・普通の人と変わらない?・・それ以上かも・・と思われるくらい!

(でも私は・・この元気さが、いつか突然ひっくり返る瞬間が来ると思っていました)
11ヶ月弱経った、ある日の朝・・父は「痛いんだ・・」とぽっつり言いました。
私は「とうとう来たか!!」と深呼吸をして・・明日から色々な事が変わっていくのだろう・・と思いました。

痛みがでて・・毎日通院で「処置室」で点滴を8時間して帰る日々が続き・・。
ついに「外科部長」に・・
「入院してはどうかな?お父様にもおっしゃってみて!」と言われました。
・・・そうだよなぁ!その日が来たんだな~・・と思い、父に話しました。
父は「そうだなぁ・・入院するかぁ~・・・」と答えました
入院して主治医は同じですが・・いつも来てくれるのは研修医です!
「痛い」「苦しい」「辛い」・・この3つをとにかく・・
とにかく避けて進めて!・・と言いました。
研修医は優しく、真面目ですよね!一生懸命だし・・。
そして・・「そろそろモルヒネ打ちませんか?・・その分色々あると思いますがどうでしょう?」・・と。
「有難う!・・そうだよね!痛そうだモンね・・お願いするよ!」と告げました。
研修医は「こちらの点滴がモルヒネです!(モ)と書いておきますね!わかるように!」・・と。
すこしずつ、言葉の「ろれつ」が回らない感じ、色々な事がわからない様子が見えてきましたが・・それと同時に・・。
「お父さん!!痛い?」と聞くと「ううん!痛くないよ・・!」と
良かった・・と思いました。
更に命が短くなる事は覚悟していましたし・・でも「痛く、辛く、苦しくない!!!!!!」
これです!!重要なのは・・。
5日後に亡くなりました・・眠るように気分良さそうに!
良い亡くなり方だったと思いました・・悲しさは逆に半減しました。
ですから・・医師に、とにかくお願いしてみてはいかがでしょうか?
長々と・・しかも体験談だけのくだらないお答えかもしれませんが書かせて頂きました!!
お願いして・・早く辛さを取ってあげて下さい!!
そうすれば・・自分達の辛さも同時に取れます!!
くれぐれもお大事になさってください!!

質問拝見しました!!
質問者様の身内の方が、その患者さん・・という事で良いのですよね?
それとも・・別の患者さんを、質問者様が見ていらして感じたこと?では無いですよね?
(ちょっと判らなかったので・・すいません!)

私の父は・・ガンで亡くなりました。
一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。

突然として
「胃ガンです!余命1年です」と言われて帰ってきたのです。
その様な言葉は・・冗談でも出る内容とは違ったので、本当にビックリし、又...続きを読む

Q膵臓癌での最期までの経過はどのようなものなのでしょうか?

膵臓癌での最期までの経過はどのようなものなのでしょうか?

義父(60)が、膵臓癌の肝臓転移ありで緩和ケア入院しています。
以前はジェムとTS1の併用で通院で抗がん剤治療をしていましたが、癌に耐性ができてしまったため抗がん剤治療は打ち切られました。
その後、体のだるさが強いため今回の入院に至りました。

現在は寝たきりの状態で、尿も管で採取しています。
一日の大半を寝て過ごしており、呼びかけにはかすかに返事をする程度です。
起きている時はほとんど動かないのですが、寝ているときに空中を掴むような動作をよくするようです(せん妄)。

口からは水と氷のみ取っています。また高カロリー点滴などはせず、痛み止めなどの薬を管で入れています。
血圧は上が110程度あるそうです。

以上のような状態ですが、今後最期を迎えるにあたり、どれくらいの期間でどのような経過をたどるのでしょうか?

私はあまり見舞いにいくことができず先生に直接聞くこともできないため質問させていただきました。

何卒どうぞご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の父は2年3ヶ月前にすい臓癌と解り16時間の手術を行い 今年まではとても元気でしたが、今月12日に旅立ちました。
今年の2月から糖尿病を 発症 4月末から普通食がほとんど取れず同時に体重減少 5月からはお粥か食事をしても嘔吐
5月末から手足の浮腫と同時に毎日点滴の末
6月1日 自分から入院すると言い その日の検査で腹水 胸水あり 肝臓全部に転移 門脈の一部が潰されていた…
余命1~2週間との話だった…
入院5日目からモルヒネの直接投与が始まり 言語障害 眠る時間が増えた
最期の日までの間 何度か担当医や面会人と真ともな会話をする事もあったが 12日 AM 4:21 担当医も間に合わないままに 旅立ちました。

Q病院での検査結果の説明に家族を呼ばれたのですが・・

26歳女性です。

先週、健康診断で鎖骨と首の間に腫れが見つかったので大きな病院で、触診、エコーをしてもらったところ、甲状腺に腫瘍がありました。石灰化してるようで、細胞診、採血をされ、翌日、MRIも受けました。
検査結果を来週聞きにいくのですが、家族を連れてくるように言われました。

家族を連れてくるってことは、かなり悪いから説明に家族もいるのでしょうか??
何にも無ければ一人でもよかったのでしょうか?

先生にどういう見かたをされたかは分かりませんが、うちの場合、患者本人の私より家族の方がパニックになって、癌にでもなろうものなら大騒ぎです。騒がれると私も困るのでできたら一人で聞きたいです。
悪いのであれば、なおさら一人で聞いて、自分なりに整理をつけてから話したいのですが・・・。

Aベストアンサー

最善の治療が手術である場合、家族の同意が必要です。
入院時には、家族若しくは親交のある知人等の保証も必要になります。
複数の治療法がある場合には、家族を含めての病状説明と治療方針への合意が求められる場合もあります。
主治医は、家族のパニックを想定していないので、普通の対処を提案されていると思います。
どうしても家族の同伴が嫌であれば、一人でも構いません。医師からの提案は、あなた自身のパニックを家族がカバーしてくれるだろうとの、一般的な対処かと思います。
貴方とは反対のケースになりますが、自分の妹婿が大腸癌の診断を受け、妹だけが説明を受けました。婿殿本人は大変臆病で、癌なら手術を受けても再発するので、死んでも良いから手術は受けたくないと言い張っていました。
妹から相談を受けた私は、担当医にお願いして『癌化寸前の大腸ポリープで、直ちに手術が必要』の旨、本人を言いくるめて貰いなさいと、助言しました。説明と治療は私の提案通りに薦められ、手術も成功しました。
後々定期検査がありますが、幸い再発や転移もなく、『やっぱり癌ではなかった』と、嬉しげに私に報告してくれました。少し可笑しかったのですが、笑いをこらえて全快の喜びを伝えました。
貴方の場合、一人で検査結果を聴き、必要なら家族への説明の仕方を主治医と相談しましょう。
何はともあれ、悪性の病気でないことをお祈りしています。

最善の治療が手術である場合、家族の同意が必要です。
入院時には、家族若しくは親交のある知人等の保証も必要になります。
複数の治療法がある場合には、家族を含めての病状説明と治療方針への合意が求められる場合もあります。
主治医は、家族のパニックを想定していないので、普通の対処を提案されていると思います。
どうしても家族の同伴が嫌であれば、一人でも構いません。医師からの提案は、あなた自身のパニックを家族がカバーしてくれるだろうとの、一般的な対処かと思います。
貴方とは反対のケースにな...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q家族が癌に。会社へは?

同居の家族が癌になりました。
色々あって、手術はしない予定です。

日中はヘルパーさんと母が介護をして、私は会社から帰って夜と週末に介護をするだけなので、「この日は休ませてほしい」など、特に会社にして欲しいことがあるわけではありません。
この場合でもいつ何があるかわからないという前提で、私の勤める会社には、家族が癌である事実は伝えておいた方が良いでしょうか?

また、正直かなり厳しい病状で、口に出すと泣いてしまいそうです。
上司にその旨を伝えつつ、メールでの連絡では非常識でしょうか。

一応お伝えいたしますと、私は20代女子です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「癌なら事前に報告してよ」とはならないと思うので、
あなたがご自分の状況を、会社に知っておいて欲しいかどうかだと思います。

家族の事を思うと辛くて仕事が…というのであれば伝えた方がいいと思います。
状況を知っていれば、理解してもらえると思いますし、気も遣ってくれると思います。
でも、残業を頼み難くなったり、仕事のミスを責めるのも気が引けるかも知れません。

「いつ何があるかわからない」という状況が、数ヶ月とか数年とかになる可能性はないのですか?
その間、ずっと、あなたの状況を気遣う事になりませんか?
仮に「あと数日」だとした場合、話を聞いた人は、その数日間を過ごさないといけないですよね。
他人事だと気にしないでいられる人はいいですが、思いやりのある優しい人には辛い時間なのでは?

私の父は病院に行った時は手遅れで、手術もできない状態でした。
医者には1ヶ月単位で考えてくださいと言われました。
癌の進行の速さ次第で、1ヶ月持たないかも知れないし、2ヶ月かも知れないし、3ヶ月かも知れない。
投薬によって手術が出来る状態まで症状が改善するかも知れないが、その可能性はまずないものと思ってください。
そんな感じの説明を受けました。

父は入院していたので、看護師さんが世話をしてくれましたし、母が毎日病院に行ってくれたので、私の仕事に支障はなかったです。
仕事が早く終わった日や週末に見舞いに行っていました。
約5ヶ月でした。
毎日、病院に通ってくれた母は大変だったと思います。
私にとっても、正直、きつい日々でした。

私は職場に伝えることはしていませんでした。
その日がいつになるのか全く見当が付きませんでしたし、その日が来ない可能性もゼロではないと思っていたので。
私は、伝えなくて良かったと思っています。
確かに、突然、数日間仕事を休む事になってしまい、職場に迷惑をかける事になってしまいました。
でも、「いつ何があるかわからないので」と伝えていて、それから5ヶ月はちょっと長いかなと…。
(父が頑張ってくれた結果なのですが…)
その間、周りに気を遣わせることになったのではという思いもありますし、
気を遣われたり、父の事を聞かれたりしていたら、もっときつい日々だったのではという思いもあります。
私は、5ヶ月の間で、自分の状況を職場の人に知って欲しいとは思う事はなかったです。

会社に迷惑をかけないようにという考えは必要な事だと思います。
でも、「癌なら事前に報告してよ」とはならないはずです。
まずご自分の事を考えてください。

「癌なら事前に報告してよ」とはならないと思うので、
あなたがご自分の状況を、会社に知っておいて欲しいかどうかだと思います。

家族の事を思うと辛くて仕事が…というのであれば伝えた方がいいと思います。
状況を知っていれば、理解してもらえると思いますし、気も遣ってくれると思います。
でも、残業を頼み難くなったり、仕事のミスを責めるのも気が引けるかも知れません。

「いつ何があるかわからない」という状況が、数ヶ月とか数年とかになる可能性はないのですか?
その間、ずっと、あなたの状況を気遣...続きを読む


人気Q&Aランキング