経済的、軍事的にも、アメリカという国の右に出る国はないと思います。日本も、憲法を作ってもらったり、日米同盟でアメリカ軍を駐留させたりと色々つながりのある国ですね。
そんな「アメリカ」という国をどう思いますか?どんな答えでも構いません。あえて的を絞らないのは、色々な角度から意見を聞きたいからです。みなさんの回答を待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

アメリカという国を国のトップ、現在のブッシュ大統領で見るのなら、独裁者もしくは世界支配の願望を強く持った国と見てしまいます。


イラク戦争は明らかに侵略戦争だと思います。
国連を無視し、あるかどうかも分からない大量破壊兵器とフセイン政権から世界を守るみたいな事を熱弁しながら、結局のところ治安の悪化やテロの危険性を増やしただけの暴挙にしか見えません。
確かにフセイン政権も世界から見れば異常であったとは思いますが、今のイラク国民は戦争前より命の危険にさらされているように思えます。
さらに、この戦争がきっかけで日本の自衛隊までがイラクへ行くことに。
なぜ日本を自衛するための自衛隊が遥か遠くのイラクで危険にさらされなくてはならないのでしょう?
日本を子分扱いするアメリカ政府と長いものに巻かれちゃおう精神の日本政府のおかげで、曲がりなりにも平和憲法と謳われた日本国憲法の改正問題にまでなってきました。

イラク問題と並んで挙げられるBSE問題でもアメリカはわがまま言い放題。
なんでアメリカの農場を支えるために日本人が危険性のある肉を食わなければいけないのか。
牛肉は買え、検査はしねぇなんてわがままにも程がある。
それなのに、またまた日本はそれに合わせていこうとする。
情けなすぎます。
もうちょっと強くなれんのだろうか。

アメリカって聞くと愛国心の強い国というイメージも出てきますが、愛国心=自国尊重・他国無視になってるような気がします。
今の中国なんかもそうですよね。
愛国心とか歴史がどうとかいいながら、ほんとにちゃんとした考え持ってデモやってる人ってほとんどいないんだろうな。
日本の批判する前に自分たちのやってることを客観的に見る余裕を持てって感じです。
日本人の店や企業、とても気の毒です。

さてアメリカですが、大統領と政府を見ると出てくるのは文句ばっかりですが、国民はどうなんでしょう。
私はアメリカ人の知り合いなんていませんので、テレビで見るくらいのもんですが、すごく考えのしっかりしたタイプと、周りの雰囲気に流されやすそうなタイプにきれいに分かれてる気がします。
見る番組にもよるのでしょうが、大統領選挙のときも政策についてちゃんと見ている人もいますが、立候補者のメディアでのアピールの仕方にすぐに影響されてる人が多いなぁって感じる場面も多々ありました。
その結果がブッシュ大統領で、この戦争につながってるとしたらすごく残念なことです。
世界の大国としてそのトップに誰がふさわしいか、お祭り騒ぎしてないで、もっと厳粛に選んでもらいたいです。

アメリカ人のテンションは好きです。
もちろんいろんな人がいますが、基本的に性格は明るいイメージがあります。
こういうところは、日本人も真似したほうがいいと思います。
自分の主張をもっと出せるようにしないと。
これは私自身にも当てはまります。

あとスポーツや映画などのジャンルでも世界一でしょうね。
私は映画好きですが、アクションやSFはやっぱりアメリカが1番だと思います。


いいとこ、悪いとこ、両方アメリカの持ち味でしょうが、他国との協調を大切にして世界を平和な方向に導いてくれたらと願うばかりです。
    • good
    • 1

アメリカの政治や外交を勉強している者です。

アメリカは民主主義や自由といった理念で結びついている国ですから、普遍主義的になりやすい国であろうと思います。しかしその理念自体は誰にも否定できないものですからアメリカという国を否定することは出来ません。イラクへの武力行使は国連決議678、687、1441に基づくものですから侵略戦争ではありません。日本はアメリカとの緊密な関係を維持すべきだろうと思います。

アメリカを理解するいい入門書には村田晃嗣著『アメリカ外交』、吉崎達彦『アメリカの論理』、佐伯啓思『新帝国アメリカを解剖する』、阿川尚之『憲法で読むアメリカ史』などがあります。全て新書で選んでみました。
    • good
    • 0

私見ですが、、、



ドラえもんの「ジャイアン」ですね。
彼の名言で「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物。」というのが有りますがまさにそんな感じ。お山の大将です。
でも、怖い反面いい奴だとも思います。
日本含め、全世界の国々には多面性があるのでうまくは言えませんが「アメリカ」については私はそう感じてます。答えになってなければ申し訳ありません。
    • good
    • 0

アメリカの凄いところ。


「目的のためには手段を選ばないこと」
    • good
    • 0

傲慢


我儘
世界のリーダーみたいに考えている反面、他国のことを全く理解していない
移民で成り立つ国なのに国民自身が外国のことを理解していない
自分達の考え、習慣等が世界中での常識と思っている
自由だ!平等だ!と声を大にして言わなければならない程実際には偏見、差別等が根強い
銃規制が必要だと解っていながら圧力団体に弱い
環境問題よりも利益優先
他国による兵器輸出は牽制するが自国による兵器輸出は問題視しない

結局のところ、全てにおいて自国の利益が最優先な国!
    • good
    • 2

こんにちは。


良いにつけ悪いにつけフロンティアスピリットの国って感じでしょう。

自分達の要求を押し通す為なら何だって平気です。
自分達の利益こそが正義って感じ。

そしてフロンティアスピリットは、大航海時代に船で苦難の航海でたどり着いた人達を現住民が、食糧や水を与えて助けてあげたのに、そのお返しに、土地を取り上げ、抵抗する人達を殺しまくり、インディアンと名付けて目の仇にしてきた「虐待者魂」であり「侵略者魂」です。

かの国は成立の生い立ちからして諸悪の根源かもしれません。

ある意味、自分の命を守りながらえる事に徹底的に忠実なのでしょう。
    • good
    • 0

マイケル・ムーア監督の「ボーリングフォーコロンバイン」がまさにアメリカだと思いました。


のどかな田舎町の光景もアメリカだし武器に対する独特の価値観や病んだ社会情勢もまさにアメリカ。

個人的には北朝鮮の次に嫌いな国です。
情緒というものに乏しい国だと思います。
でも映画はつい見ちゃいますね。
日本じゃあり得ない!って話が多くて様々な突きつめた人間のあり方が一番顕著に見られる国だからでしょうね。

しいて言うなら人類先進国ですね。
    • good
    • 0

アメリカは、めちゃめちゃ広くて、むちゃくちゃいろんな地域があって、やたらといろんな人がいます。

これほどひとくくりにできない国も珍しいでしょう。ちょっと聞きかじったとか、ちょっと住んだくらいで判断してはいけません。というのが、私の思う「アメリカ」です。そう言ってはオシマイとお考えのかたもいらっしゃるでしょうが、そここそがポイントなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日本はほぼ単一民族で構成されていますね。アメリカは移民を受け入れる代わりに、治安の悪化をもたらしました。たくさんの人種ががいる分多くの考え方がある。日本人が社会に対しての問題意識が低いのも、単一民族だからというのが関係あるのかな。多分関係ないかな。

お礼日時:2005/04/21 01:20

いい意味でも悪い意味でも


すべてにおいてフリーダムな国
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かに自由ですよね。もしよければ、いい意味と、悪い意味についてもう少し具体的に教えていただければ幸いです。

お礼日時:2005/04/21 01:14

好きではないしどっちかっていうとヤクザみたいな感じ。

でも娯楽というか文化もすごいと思うから結局200カ国のうちの1カ国かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカは何故超大国になれたのか

 アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。

・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。

・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。

・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。

・19世紀の世界ナンバーワンの国であったイギリスと、言語が同種のため、容易に色々な事を学ぶことができたから。

などが理由として挙げられるのではないかと思っています。


この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。

また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。

因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。

かと言って中国もなんだか危うい。

一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。

Aベストアンサー

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。

英仏が北米に進出したのはもう少し後です。
だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。
この頃欧州はアメリカからの富でかなり力をつけてきました。さらに、100年以上も海を行き来していたので航海技術もかなり上達しています。大量の物資を安全に欧州に運ぶ事が出来るようになったわけです。つまり、海を横断するコストが下がったわけです。
またアメリカ大陸が発見されて100年以上経っていたので、アメリカ大陸で生まれアメリカ大陸で育った人も増え始め、見知らぬ大陸が身近になり大陸へ進出する事への抵抗感が和らいだというのもあると思います。当初は出稼ぎの場だった新大陸が第二の故郷になり始めていたわけです。
そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。

初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。
普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。


>給料が良かったから欧州から様々な人がやってきたとは、まるで高度成長期の日本のようですね。
>東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。

正しくその通り、基本的には全く同じです。
経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。
何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。
今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。

>産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。

その通りです。
ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。

電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。
石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。
また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。
電話も、ベルがアメリカで開発しました。
コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。

科学技術だけでは有りません。
前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。
日本の品質管理方法もアメリカのエドワーズ・デミングが研究した物を日本が発展させたものですし、テイラーの科学的管理法がなければ日本の労働者の技能がここまで急速に進歩する事はなかったでしょう。

日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。

当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。
(当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです)

昔の人がアメリカを特別視するのも当然の事だと思います。

・オマケ日本の果たした役割
ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。
つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報