「最近の若者は本を買わない」とか「読まない」という批判をよく聞きますが、これらを裏づけるようなデータはあるのでしょうか。(きっと、あるから批判しているんだと思いますが。)
ネットで検索してもイマイチそれらしいものが探せません。

「年寄りはこんなに本を買っている(読んでいる)のに、若者はこんなに買っていない(読んでいない)」というようなことを示す、たとえば年齢別の書籍購入費の統計とか、年齢別読書時間とか、そういったものをご存じの方、ぜひご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

  >これらを裏づけるようなデータはあるのでしょうか。


まさに同様の疑問から書かれたような記事…↓ ご参考までに。
http://www.honco.jp/inter_os/page.php?issue=18
若者にまったく読まない人が増えているのに読書率の平均値は高い、ということは、
ものすごく読む人も増えているという二極化現象?…という話は納得。


  >たとえば年齢別の書籍購入費の統計とか、年齢別読書時間とか、
十分なサンプル数と統計期間を持った資料は多くはないようです。もうお調べになったかもしれませんが…

・「全国農村読書調査」http://www.ienohikari.or.jp/data/plaza/research/ …
 これは、1998年からの調査資料が公開されてます。
 各調査項目に、年齢別のデータあり。
 ただし、お探しの「若者が年配者に比して読書量が少ない結果」であるか?というと、
 ここのグラフだけを素直に見れば、そんなことはない。

・「読書世論調査」「学校読書調査」毎日新聞社
 これは出版物のみで、そのまんまの資料公開はないようです。
 #1の方のご回答のような結果もあるようで、しかし一方、
 上の記事にあるような結果
 (→10代20代は全年齢層の平均読書率より高い数値、かつ、前年より上昇…などの記述)
 もあるらしい。やっぱり二極化ですか。

思うに、おとなのみなさんが「最近の若者は、、、」と批判的に言うときは、
「自分の若い頃に比べて」という意味であることが多いでしょう。ですからおとなのみなさんは、
・今の年配者の読書量と今の若者の読書量を比べて
  「現在、平均すれば若者世代のほうがたくさん読んでいる」…という結果はべつにどうでもよくて、
・昔の若者と今の若者を比べて
  「今の若者は昔の若者に比べてまったく読まないひとが増えている」…という結果のほうを重要視する、
のではないでしょうか。
そこで、一面だけを捉えた後者の説のみが、おとなのみなさんによる報道を通じて
流布してしまったのではないかと想像いたします。

参考URL:http://www.honco.jp/inter_os/page.php?issue=18,http://www.ienohikari.or.jp/data/plaza/research/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ていねいな回答ありがとうございました。
とても有用なサイトも紹介していただいて、参考になりました。

まだ詳しく目を通したわけではありませんが、やっぱりそんなに単純な話でもないみたいですね。
毎日新聞の調査も、図書館あたりで探してみたいと思います。

お礼日時:2005/04/21 21:43

過去に類似の質問がありましたので、ご参考ください。



◆質問:国民の読書数はどこで調べたらいいの?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=61341

こちらで紹介されている『国民生活時間調査』についてはリンク切れのようなので、別のURLを貼っておきます。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …


あと、昨年の関連記事がヒットしましたので、貼っておきます。

■読書週間 本社世論調査 本離れ懸念 世代で差
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20041028bf01. …


それから、若者のライフスタイルを分析した資料があります。
小遣いの内訳の移り変わりを比較することはできます。
(ただ、以前より図書館が充実したから自分で買うのは減った、という状況変化がもしかしたら、あるかもしれませんが)

■若者ライフスタイル分析
http://www.tfm.co.jp/wakamono/
http://www.tfm.co.jp/wakamono/1_3.html

書籍としては、『若者ライフスタイル資料集2004』があります。年鑑です。
http://www.j-fic.co.jp/databook/105.htm


*自分の周囲を見回した印象なのですが。
他の方もおっしゃってますが、二極化しているように感じます。熱心に読む子もいるし、まったく手が出ない子もいます。
以前も、そういう傾向はあったと思いますが、それがより広がったような感じです。
図書館の貸出冊数は、どこでも多くなっていますので、そのあたりの分析ももしかしたら、必要になるのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅れて失礼しました。
いろいろご紹介いただき、とても参考になります。
やはり二極化というのが有力な見方でしょうか。私もいろいろ調べて考えてみたいと思います。

お礼日時:2005/04/25 23:44

探しているものに当てはまるかどうか分かりませんがこんなの見つけました。



12~30歳を対象にした内閣府の「情報化社会と青少年に関する調査」(01年)によると、新聞を「まったく読まない」が22.3%に達した。これは20年前の3倍以上。「10分以上」読む人は1/3ほど。毎日新聞の「学校読書調査」(01年)では、月に一冊も本(教科書・マンガを除く)を読まない中学生は44%、高校生は67%にも及ぶ。若者の活字離れに歯止めがかからない状態だ。
[2002年9月30日付 毎日新聞より要約]
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も毎日新聞の調査は毎年ちょくちょく見てはいるのですが、やはり推移を見るとどんどん読まなくなってるのでしょうかね。
若者だけじゃなく、お年寄りはどうなんでしょう。

お礼日時:2005/04/21 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q活字離れの問題点をご説明ください

調べてみても納得のいく説明が無かったので質問を投稿します . 活字離れの問題点と原因をご説明ください .

既に

・思考力や読解力が低下する
・携帯電話やネットの普及で活字離れが起きている
・知識力の低下

などの意見がありますが , これらの因果関係は立証できているのでしょうか .

Aベストアンサー

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を解決する選択肢の減少⇒思考力の低下と考えられなくもないので。

・携帯電話・ネットの普及により活字離れ
これについては不思議に思うコトがあり、今の世の中は誰もがHPを作成し、ブログを書き、掲示板に書き込みをします。動画サイトにはコメント打つ機能もありますし(笑)実は活字とはそれほど離れていないのではないかというのが私の印象です。しかし、今は活字を読む人も書く人も素人なのだなと思います。例えば10歳の少年が書いた文章を50歳のおじさんが読む時代なのかもしれません。(読む人が素人なのは一般人なので今も昔も変わらないのですが、、問題は書き手がプロではないという点)ようは現在のネットなどで触れている語学のレベルの問題なのかもしれないと思います。ただ、中には若くしてすばらしい文章を書く方ももちろんいらっしゃいますし、ネットの世界での独自の文化もあると思うので語学のレベルなどという尺度自体がおかしいのかもしれませんが、、、。

・知識力の低下
前述した項目と関連してあると思います。

では私の考える問題点ですが、これは単純に今まで生きてきた経験上の話です。ようは言葉の使いまわしが上手くなるかどうかだと思っています。やはり本をたくさん読むことにより、文章に書かれた空間での話のやりとりなどを擬似的に経験することができ、それを自分の実際の生活上で使えたりできるんじゃないかと。もちろん表現方法なども学ぶことができると思います。活字に触れないと自分の生活している空間だけの言葉しか存在しないので、表現の広がりが小さくなってしまう場合もある思います。
私自身、活字離れな人生を送ってきたような気がするので、むしろ自分自身の戒めのつもりで書いてしまいました(汗)

原因については、前述したように今の時代はアマチュアの方も世界中のあらゆる人に自分の文章を発表できます。しかし、これは受け取る側にはどれが良質な活字なのか判断しにくくなっているのではないかということです。良質な活字に出会わない⇒活字離れのようになってしまっている(?)というのが私の考えです。

まあ、素人が書いた文章なので、もっと専門的な方が回答してくださったときは素通りしてください。(笑)

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を...続きを読む

Q国民の読書数はどこで調べたらいいの?

いま、ちょっとした新商品の企画書を書いているのですが、
日本人がどれだけ読書をしているかを企画書に盛り込みたいと思っています。

ホームページ上で、総務省統計局や、本の雑誌HPなどなど、
いろいろ調べてみたのですが、なかなか見つかりません。

インターネットを使わずに調べようとも思うのですが、
どこに行けばいいのかさっぱり分かりません。

その最新情報がどこにあるか、分かる人がいらっしゃったら
是非教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

毎日新聞社が、「読書世論調査」というのを毎年やっています。
詳しくは下記ホームページへどうぞ。

参考URL:http://www.mainichi-ks.co.jp/m-research/dokusho.htm

Q活字離れの現状について

若者の活字離れの現状について調べているのですが

社会人の一か月に本を読んだか読んでいないか

といった感じのグラフ、アンケート(もしくはそれに似た)結果が乗っているサイト等があったら教えてください!

Aベストアンサー

今年のものでは読売新聞と毎日新聞社の調査の一部が見られます。

1か月読書せず50%…読売世論調査
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111021-OYT1T01324.htm

「読書」 2011年10月面接全国世論調査 調査項目(質問と回答)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6100/koumoku/20111022.htm


第65回読書世論調査:震災体験、読書に影響 解説本に高まる関心(その1)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111026ddm010040005000c.html

第65回読書世論調査:震災体験、読書に影響 解説本に高まる関心(その2)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111026ddm010040006000c.html

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報