アパレル関係に詳しい方宜しくお願いします。この度衣類ショップを開業予定ですが、私共は、衣類のデザインサンプルはありません。中国の製造工場の既製品のえり、タグなどにこちらのショップ名を入れてもらい仕入れ、日本で販売することは可能でしょうか。それともデザインサンプルがないと発注は無理でしょうか?女性衣類300枚ぐらいだと大体いくら位になりますでしょうか?(夏物です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どういうお店を開こうとしているのか


分からないのですが、
通常のショップはアパレルメーカーや問屋
から衣類を仕入れて販売します。

サンプルとパターンを工場に示して
発注をかけるのは、アパレルメーカーの
仕事ですが、ショップの中には、
オリジナルの商品を開発するところもあります。

300枚というのは単一商品のロット数でしょうか。

この程度ですと、正直言って直接中国の工場
と取引しても価格的なメリットはありません。

OEM取引のプランとしてアパレルメーカーや
問屋・商社などが展開していますので
探してみたらどうでしょうか。

値段は国内での流通の例しか分かりませんが
ショップが仕入れる値段(下代)は、上代(定価)
の5掛け(50%)から6.5掛け(65%)、
アパレルメーカーの製造原価(生地や糸・ボタン
などの原材料と工賃)は上代の5掛けの6掛け
(おおむね30%程度)以下というのが
大体の目安なので参考にしてみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセレクトショップなどへの卸値は?

オリジナルデザインのノーブランドのTシャツをオークションなどで売っていましたが好評が良く、セレクトショップでも置いてくれる話が数件あるので正式にブランドを立ち上げ商品化しようと考えています。
そこで、セレクトショップへの卸値で迷っています。
例えば、一枚のコスト1500円のTシャツを販売価格5000円とします。
その商品をセレクトショップへ卸すとしたらいくらぐらいで卸すのが良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

卸し価格の設定はいろいろありますが主なものをあげると、
(1)あなた自身がお店で販売してもらう価格を決める方法。
(2)お店が自由に販売する価格を決める方法。
(1)の場合は、どこのお店でもあなたの商品の価格は一緒です。
(2)の場合は、それぞれのお店の儲ける金額(率)によって、同じあなたの商品でも販売価格が変わって来ますよね。OK?
(1)の場合が解りやすいので、説明しますね。
「販売価格」を上代と呼び、「卸し価格」を下代(げだい)と業界?では呼びます。今回の場合販売価格5000円ですから、6掛けの卸し価格であなたがお店に売るとして、(販売価格X0.6)=3000円になりますから、お店の儲けは5000円-3000=2000円と言う事になります。そして、あなたの儲けは当然、卸し価格3000円-コスト1500円ですから=1500円となるわけです。OK?
ちなみに5.5掛けとは上代X0.55が卸し価格になる。という事です!
解らなかったらまた、質問して下さいね!

Q上代の算出方法を教えて!

下代が1750円で、掛け率が70%の場合、上代の算出方法はどのように計算したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 下代が1750円で、掛け率が70%の場合、上代の算出方法は
> どのように計算したらいいのでしょうか?
「上代×70%=下代の1,750円」と言う事ですよね。
それであれば
 下代1,750円÷70%=上代2,500円

Q売値の決め方がわかりません

個人商売での話しになりますが、販売主はどういう法則?で売値を決めてるのでしょうか?
売値なんか自分でつけたい値段をつければいいじゃないかと言われればそれまでですが、やはりお客あってのことなんでそう勝手に値段を吊り上げるても売れなければ意味がないですよね。
仕入れ値の何割増しくらいの価格をつけるのが妥当でしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

販売経費、事務経費等、販売場所の相場、利益
を考えた上、赤字にならない価格設定(客寄せや処分目的の場合は赤字価格にする場合もある)
ちなみに最低価格だけみると原価われになるような場合は無茶をせず自社販売価格で販売します。
売っても赤字だとダメですからね
最低価格だけ追い求めているような業者はいつか消えると考え無茶をせず価格設定はします。
(実際に数年後、消えるか買収され普通の価格になりますからね。たまに上場する場合もある)
赤字でもとにかく売り上げだけ上げて上場を考えている企業もあります。
この場合は商品売って儲けるという健全な商売方法というよりも上場して株で儲けるという
意味ですね。新興市場に上場している企業に多いですね
こういった企業の場合は上場できるまではむちゃくちゃな値段で販売している場合があります。

業界によって平均的な利益率は全く違います。
3%も利益のない商材の業界もあれば95%以上利益の出るような商材の業界もあります。
だから何割増しって決まっているものではありません。
これは商品仕入れ値さえわかればわかりますね

販売経費、事務経費等、販売場所の相場、利益
を考えた上、赤字にならない価格設定(客寄せや処分目的の場合は赤字価格にする場合もある)
ちなみに最低価格だけみると原価われになるような場合は無茶をせず自社販売価格で販売します。
売っても赤字だとダメですからね
最低価格だけ追い求めているような業者はいつか消えると考え無茶をせず価格設定はします。
(実際に数年後、消えるか買収され普通の価格になりますからね。たまに上場する場合もある)
赤字でもとにかく売り上げだけ上げて上場を考えている企...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報