水溶液の凝固点降下度は、同一分子量の物質を比較した時、電解質物質として分類されている化合物を溶解した溶液が大きい。
この理由が分かりません。できれば詳しく教えて下さい。

A 回答 (2件)

こんにちは。



それは、凝固点効果に影響するのは、溶液の中の粒子の数だからです。

非電解質は、分子一つが溶液になっても1分子にしかなりませんが、電解質では、電離度(解離度)に応じて電離し、イオンになるって粒子数では、増えるものが出て来ます。

例えば分子数が100個だったら、非電解質溶液ならやっぱり100個、電解質で電離度0.9(90%)なら、190個の粒子が存在するわけです。
    • good
    • 0

 次の2点を教科書などで確認して下さい。



 1)「凝固点降下」は溶液中に存在する「全粒子数」に比例する。
 2)電解質は電離する。

 これらを考えれば,わかると思いますが,念のため,詳しく書かれた「楽しい高校化学」というペ-ジ(↓)を紹介しておきます。「楽しい高校化学」→「物質の状態」→「第8講 沸点上昇と凝固点降下」と進んで下さい。2ペ-ジ目に詳しい説明があります。

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q凝固点降下から求める分子量の誤差

化学の授業で、凝固点降下の実験をしました。
尿素と塩化ナトリウムをそれぞれ0.6、0.3gずつ10mlの純水に溶かし、
試験管に入れた後、寒剤で冷却しました。
10秒ごとにアルコール温度計で温度を測り、結果をグラフ(<縦軸>温度<横軸>時間)にすることで、各溶液の凝固点を求めました。

結果は、
尿素  -1.40
塩化ナトリウム  -3.40
でした。

次に、求めた凝固点から、
M=1000×1.88×W{0.6or0.3}/(0{純水の凝固点}-t{-1.40or-3.40})×10{純水の質量}
という式より、尿素、塩化ナトリウムの分子量を求めました。

しかし、求めた分子量は、
尿素  63
塩化ナトリウム  15
となってしまい、尿素は理論値60より少し大きく、
          塩化ナトリウムは理論値58.5を大幅に下回ってしまいました。
この、求めた分子量と理論値のズレの原因を考える必要があります。

尿素の分子量に誤差が出た、
塩化ナトリウムの分子量にズレが出た(実験でのミス?)
の考えられる原因を教えてください。

レポートの提出期限が迫っているのですが、なかなか分かりません。
回答よろしくお願いします。

化学の授業で、凝固点降下の実験をしました。
尿素と塩化ナトリウムをそれぞれ0.6、0.3gずつ10mlの純水に溶かし、
試験管に入れた後、寒剤で冷却しました。
10秒ごとにアルコール温度計で温度を測り、結果をグラフ(<縦軸>温度<横軸>時間)にすることで、各溶液の凝固点を求めました。

結果は、
尿素  -1.40
塩化ナトリウム  -3.40
でした。

次に、求めた凝固点から、
M=1000×1.88×W{0.6or0.3}/(0{純水の凝固点}-t{-1.40or-3.40})×10{純水の質量}
という式より、尿素、塩化...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.center.spec.ed.jp/c/ce/ce32/img_ce32/science/chemi/213.pdf

こんな感じでやりましたか?

Q混合溶液の凝固点降下度について

ブドウ糖(180)とショ糖(342)の混合物65.25gを、水500gに溶かした水溶液の凝固点降下度は0.93である。水のモル凝固点降下を1.86K・Kg/molとすれば、この混合物のブドウ糖とショ糖のモル比は何か?という問題なのですが、単純に公式に代入するだけではでそうにないみたいなのですが、分かる方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

凝固点降下の公式から、ブドウ糖とショ糖の混合物が水 500g に溶けているモル数は求められますよね?
⇒ 0.25mol になると思います。

つまり、ブドウ糖 Ng mol、ショ糖 Ns mol とすれば

Ng + Ns = 0.25 …(1)

そして、混合物の質量が与えられていますから

180Ng + 342Ns = 65.25 …(2)

あとは (1)、(2) を連立して Ng、Ns が求まりますよね。

Q高校化学の質問です。 溶解平衡に共通イオン効果というのがありますが、そこには 「ある電解質水溶液に別

高校化学の質問です。

溶解平衡に共通イオン効果というのがありますが、そこには
「ある電解質水溶液に別の電解質水溶液を加えたとき、両者に共通するイオンがあれば、共通のイオンが減少する向きに平衡が移動する。
その結果
、もとの電解質の電離度や溶解度が減少する。」
とあるのですが、共通イオン効果が起こった後の溶解度はどのように計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>共通のイオンが減少する向きに平衡が移動する。その結果、もとの電解質の電離度や溶解度が減少する。
「共通のイオンが減少する向きに平衡が移動する」これどこから拾ってきたのか意味が分からない、なぜなら塩を加えてしまった段階で、以前の共通イオンの総量は非常に大きくなり、比較の対象になれない。イオン式をちゃんと書いて、簡単のため数字も入れてみればすぐわかる。

Q専門化学の溶液です。Q 次の水溶液を沸点の高い順に並べよ。ただし、電解質はすべて電離するものとす

専門化学の溶液です。

Q 次の水溶液を沸点の高い順に並べよ。ただし、電解質はすべて電離するものとする。
(ア)0.15mol/kgの尿素水溶液
(イ)0.12mol/kgのスクロール水溶液
(ウ)0.10mol/kgの塩化ナトリウム水溶液

A ウ、ア、イ

この答えになる理由を教えて下さい(_ _).。o○

Aベストアンサー

沸点上昇は溶けているmol数が多いと大きくなるので
塩化ナトリウムの場合NaCl→Na+ + Cl-となり0.2molで一番大きいのでしょう。
スクロールはスクロースの事でしょうか?

Q鉛蓄電池の電解液は希硫酸、ニッケル水素の電解液はアルカリ水溶液

鉛電池の電解液は、希硫酸(PbSO4)、ニッケル水素電池の電解液は、アルカリ水溶液(KOH)ですが、これらの電解液が反応すると酸とアルカリで反応熱が生成されると考えております。化学式による反応後の生成物などどのような事が起こるでしょうか。

どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に電池の放電や充電の際に、内部で化学反応が起こるわけですから、それにともなう発熱があるだろうと思います。
しかし、それを単純に「酸とアルカリで云々」といってしまうのは正しくないように思います。

鉛蓄電池に関しては、下記のURLをご参照下さい。
http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/calculated/cell.htm

ニッケル水素電池に関しては、下記のpdfに詳しく書かれていますので、ご参照下さい。
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ1.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報