果樹の人為分類と自然分類の違いについて知っている方がいたら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ご自身で検索しましょう。


Google、gooかYahooで検索キー:人為分類 自然分類 果樹 で行ってください。
いずれも最初の5番以内に出るサイトが参考になります。
簡単に書きますと、人為分類は果物の形状や使い方による分類。
対する自然分類は科、属、種などの、科学的な分類。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/25 15:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一年目の果樹剪定(桃・梅・梨)

植付け一年目の果樹の剪定について教えて下さい。
2006年冬に苗木(桃・梅・梨)を庭植えをしたのですが、
一年目にどんな世話をしたらよいかが分かりません。
いろいろ調べてみたのですが、どれももう少し成長した
果樹について書かれているような気がします。
今年の冬までは触らず、葉が落ちてから樹形を整える剪定
をしようかと思っているのですが、それでよいのでしょうか。
【現状】
・桃(大久保)
 70cm 花が終わり葉が成長しつつある
・梅(小梅+南高)
 70cm 花は咲かず根元から先端にかけて葉が密についている
・梨(幸水+豊水)
 1m  Y字形に成長し葉がどんどん出ている

以上、お手数ですが教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

1年目の段階では横から大きな枝が伸びてきたら選定する程度で、基本的には剪定はいたしません。お考えのとおりでOKです。

Q農業用ビニールハウスの周りに掘る溝の呼び方を知りたいです。 よろしくお願いいたします。

農業用ビニールハウスの周りに掘る溝の呼び方を知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

やはり排水溝です。
やりかたは鍬やスコップで掘る。
耕運機や管理機にアタッチメントを付けて土を寄せる。
http://www.truetools.jp/html/engei/tiller/f220_at.html
トレンチャーや小型ショベルを使って掘るなどです。

Q剪定時期

木というよりも茎のような植物です。
これから花を咲かせるようです。
茂り過ぎるので剪定したいのですが、この植物を知る人は剪定すると枯れると言います。
しかし挿し木をすると容易に根付くとも言います。

そこで質問です。
一般的に、剪定すると枯れるような植物の剪定時期はいつごろでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。外国の植物ですと経験がないので分かりません。
人間も傷を受けた時に何も手当や消毒をしないと、化膿してひどくなるのと同じです。
木の外皮も同じように内部を守ってやっています。もちろん手当をしなくても丈夫な木もあります。

<最高気温は28度、最低気温は7度くらいです。
はっきりした休眠時期はないのかもしれません。でも剪定するとしたら、できるだけあまり成長しない時期が良いと思います。
切った時に切り口から液体が流れ出る状態ですと難しいです。
専用の切り口保護剤が入手できなければ、木工ボンドでも良いです。切り口を外気に触れさせないことです。

剪定する時に、その幹の葉がある部分より上を切ります。剪定した時に葉または葉が出る部分が残っていませんと枯れる木は日本でも多くあります。

Q棚田の収穫量を知りたい。よろしくお願いいたします。

先日、棚田を見学しました。

ちょっと方言がきつくて聞き取りにくかったのですが、1反8畝の棚田でコシヒカリを作っているという方でした(石川県)。

その田から豊作の年は一袋30kgの米を70袋近く収穫できるとおっしゃっていたとおもうのですが、この数字は妥当な数字でしょうか?

普通の田に比べて収穫量は少ないのでしょうか?

当方、農業に対しては全く無知な者です。ご存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

農水省の下記URLのよれば、
10a当り平均収量は532kgと出ております。
1反(10a)当り17.7袋、1反8畝では32袋になります。
70袋は米つくり日本一でも無理です。

参考URL:http://www.tdb.maff.go.jp/toukei/jyokenresult

Q松の剪定に適さない時期を教えてください

黒松の手入れをしないため繁茂してしまいました。
剪定をしようと思うのですが
8月から12月ぐらいの間に剪定すると枯れることなど
あるのでしょうか
剪定に適さない時期、注意事項等教えてください。

Aベストアンサー

>松の剪定に適さない時期を教えてください

地域や樹齢樹勢にもよりますが、樹形を整え樹高や枝張りを抑制したりするのであれば4~10月で良いと思います。
その間の梅雨を避けられたら特に問題はないでしょう。
むしろ、切り口の消毒やカバーと病害虫の被害に留意(剪定や移植は重大なストレス)が重要な要素だと思います。


※参考記事

http://www.google.co.jp/cse?cx=partner-pub-3264389164452911%3Afqusuu-lx29&ie=Shift_JIS&q=%8F%BC&sa=%8C%9F%8D%F5&siteurl=engeisoudan.com%2Flng.cgi&ref=&ss=3663j2587025j7#gsc.tab=0&gsc.q=%E6%9D%BE%E3%81%AE%E5%89%AA%E5%AE%9A%E6%99%82%E6%9C%9F


http://www.niwaki-sentei.com/jiki03.html

Q六成分分類 一般成分分類

についていろいろ教えてください!

Aベストアンサー

一般成分としては、
仁 義 礼 知 信 水分 になりますね。

この内、水分を除いた物が、固形分と呼ばれています。
このような質問サイトで質問する時は、せっかくですから、質問の背景なども書くと、有意義な質問になると思います。

参考URL:http://zookan.lin.go.jp/kototen/buta/b221_1.htm

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Q獣に食害されない(あるいはされにくい)果樹はあるのでしょうか?

お世話になっております。

猿は果樹を好んで食害するそうですが、猿や熊など、山の獣に食害されにくい果樹というのはあるのでしょうか?
例えば、猿や熊は甘柿は食べるのでしょうが、渋柿はどうなのでしょう?

もし食害されにくい果樹をご存知でしたら、ご教授いただけたらと思います。

Aベストアンサー

何でも食べられますね。
No2さんの言う胡桃と銀杏、確かに食べませんね。
それ以外は駄目です。(書き込もうとするまでクルミ、銀杏は頭にありませんでした)
渋柿も鳥が突いて傷を付けます、そこから腐ります(熟すると言っても良いかな)すると、渋くなくなったところから食べます。
りんごなんか、熊が食べながらウンチしているようです。糖分と油分だけ吸収して、置いていくのはりんごをすりつぶしたようなものを置いていきます。
桃なんか、木に登って枝を内側に折って、座布団のようにしてそこに座って食べます。
葡萄はハクビシン、サルに食べられます。
二種類とも棚に上って上からふさを取りますので、ほぼ全滅です。
昔、カモシカが棚の中柱に前足をかけてその周りだけ食べていました。(特別天然記念物のニホンカモシカです、手を出せません)
葡萄のふさの下側を一口食べられれば商品価値ゼロです。
スモモ、梨、洋ナシ等、何でも食べられてしまいます。
ここまで書いてきて、そう言えば梅は食べられないなと、思いました。
梅は熟す前に収穫するから、食べられないのかな?
荒らしておく木も有るのだから、食べる癖が付くならもう付いているはずなのに、食べられずに枝に付いたまま腐っていますね。

わたしらのところは有害鳥獣の見本市みたいなところです。

何でも食べられますね。
No2さんの言う胡桃と銀杏、確かに食べませんね。
それ以外は駄目です。(書き込もうとするまでクルミ、銀杏は頭にありませんでした)
渋柿も鳥が突いて傷を付けます、そこから腐ります(熟すると言っても良いかな)すると、渋くなくなったところから食べます。
りんごなんか、熊が食べながらウンチしているようです。糖分と油分だけ吸収して、置いていくのはりんごをすりつぶしたようなものを置いていきます。
桃なんか、木に登って枝を内側に折って、座布団のようにしてそこに座って食べ...続きを読む

Q生け垣の強剪定の時期?

九州在住です。3年目のプリペット(セイヨウイボタノキ)生け垣が、丈も幅も大きく成りすぎました(丈は50cm、幅は片方で20cm両方で40cmオーバー)。
剪定時期を調べると「5月から2月おきに9月くらいまで3回」とありますが、5月まで待てばその芽が展開し、ますますオーバーになり、その時強剪定(再新芽の伸びを考えれば丈-60、幅-30cm)すれば、葉がなくなる状態と予想されます。)

ならば今の時期に、丈-60、幅-30cmの剪定をし、樹エネルギーを無駄にしない方がいいように思えます。

一般的に、成長旺盛な常緑樹の生け垣の丈幅キープ剪定について、新芽展開前の切りつめダメなのでしょうか?
(広葉樹なので、針葉樹カイズカイブキの幅ぶと放認、強剪定→新芽吹かない:ではないと思うのですが)

Aベストアンサー

セイヨウイボタノキは成長が早いので剪定は大変ですね。
一般的には5月以降が剪定の適期と言われてます。
理由としては寒さに強くない事と花を楽しめないことだろうと思います。椿がよい例ですが寒さに弱い木を冬場に強剪定するとかなりダメージが出ることがあります。
お住まいが九州で今年は暖冬ですのである程度前倒しして剪定しても大丈夫かとも思いますが、芽が動き始めてからの方が良いのではと思います。
街路樹のセイヨウイボタノキなどは5月以降にバリカンでガンガン強剪定しているように見受けられます。自信が無ければ春以降にされてみた方が良いのではないでしょうか。

Q家庭果樹スグリの株分け方法

5年生の家庭果樹苗スグリが、昨年から沢山実を着けています。
樹勢も広がっていますので、株分けしたいのですが、可能でしょうか。

福岡ですが、もう新芽が吹いています。今の時期に株分けが可能でしょうか。

株分けの方法は、全体を根から掘り起こして、根元を剪定ばさみで切り分けて、植え替えたらよいでしょうか。

株分けしたら、暫く、実を着けなくなるでしょうか。

Aベストアンサー

落葉果樹は芽が動き始める前に移植や株分けを行うという原則があります。
芽が伸びてる時は元気そうに見えますが、根が頑張っている時ですので、掘り上げて根が切られる事は大きなダメージとなります。
特に今の時期ですと、新しい芽はまだ硬くなっておらず新芽が一旦枯れるおそれもあります。
具体的には2月-3月初め頃かと思います。

いわゆるベリー類ですと取り木や挿し木も可能と思いますので、5-6月頃から挑戦してみるのも一つの方法です。
取り木については図の良い物がないので、他の植物で代用。
http://www.kci.ne.jp/sub_greenlife/kurema/kure_m.html
http://allabout.co.jp/entertainment/gardening/closeup/CU20040804A/index3.htm

>株分けしたら、暫く、実を着けなくなるでしょうか。
大型果樹でないので、次の年には戻ると思います。

参考URL:http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kaju/suguri.html

落葉果樹は芽が動き始める前に移植や株分けを行うという原則があります。
芽が伸びてる時は元気そうに見えますが、根が頑張っている時ですので、掘り上げて根が切られる事は大きなダメージとなります。
特に今の時期ですと、新しい芽はまだ硬くなっておらず新芽が一旦枯れるおそれもあります。
具体的には2月-3月初め頃かと思います。

いわゆるベリー類ですと取り木や挿し木も可能と思いますので、5-6月頃から挑戦してみるのも一つの方法です。
取り木については図の良い物がないので、他の植物で代...続きを読む


人気Q&Aランキング