なんて短絡的な発想なんでしょうか。

核拡散防止条約により、
その条約に定義された核保有国5カ国は、
核を持たない国には核攻撃をすることができません。
この情報は事実でしょうか?だとしたらやはり核戦争は100%無いのでしょうか?

それに今回の事件はテロ事件なんだから、最悪でもテロを支持した国家VSアメリカ
であって、何故欧州やロシアが参戦するのでしょうか?

核戦争や世界大戦の可能性があるのであればそれを教えてください。またその可能性の割合はどれぐらいなのか…

正しい情報がほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今回のテロを引き金にした世界大戦の可能性はほとんど0%ですし、ましてや核戦争なんてありえません。



ただし、今回のテロの首謀者が明らかになり、その首謀者のいる国が身柄の引渡しに応じない場合は、湾岸戦争のように、米国を中心とした大規模な報復という形になるでしょう。この場合、欧州やロシアが参戦し、ドイツや日本も後方支援で参加する、という形態になると思います。

アメリカ以外の国も参戦する理由は、以下の理由によります。
1、従来の自爆テロと異なり、大勢の乗客の乗った旅客機をハイジャックし、旅客機そのものを爆弾代わりとした事。
2、ハイジャックされた後は、いわゆる「特攻」を阻止するのが困難なこと。
  (ハイジャックされた時点では、それが今回のような自爆テロに使われるかどうかがわからず、通常のハイジャック対応では明らかに手遅れになる。)
3、同様のテロが、米国と同盟・友好関係にあるすべての国で起こりうること。
  (今回の犯行で、今後のテロリストの手口は、「なんでもあり」に変化した、という印象を世界に与えた。)
4、また、米国との同盟関係がなくとも、別の目的によるテロで、同様の手口をとられる可能性があり、その場合、被害が大きすぎること。
5、従って、今回のようなテロが、全世界を敵に回すことになるという意思表示をすることで、今後、同様なテロを封じ込める必要があること。

以上です。
    • good
    • 1

アメリカ(ブッシュ大統領)が戦争をすると言ったら


日本人も戦争に出なければいけないかも知れないですね。
小泉さんがアメリカを応援するといってしまったので。
戦争に参加しなければいけなくなる可能性は十分高いのではないでしょうか。
恐いですね。
    • good
    • 0

テロ事件というのは特に珍しいことではありません。


対米国に限っても、98年の米大使館爆破テロや95年のオクラホマ連邦政府ビル爆破事件では数百人規模で死者が出ています。
米国まで「遠征」する組織・能力のない人々はパレスチナやアフガニスタンで、毎日のように普通に撃ち合ってます。

核テロリストの可能性は夙に指摘されており、いまさらその危険性が特に高まったわけではありません(リアリティは高まりましたが)。
また、現在、米国と「まともに」戦争できる意志と能力を持ちえる国家は(核流出を度外視すれば)中国とロシアくらいでしょうが、特に今回の事件に関わりあるとも思えません。
要するに、今回のテロ事件で格別に核戦争・世界戦争の危険性が高まったわけではないと思います。そもそも、テロを行わざるを得ないというのは弱小な組織であるということで、まともな相手なら堂々と宣戦布告するでしょう(奇襲くらいはするでしょうが)。
もちろん、だからといって核戦争・世界戦争の危険性が無い訳ではなく、今まで通り、世界は危険なのです。

ただ、問題点としては以下の二点があるでしょう。
第一に、今回のテロは世界貿易センタービル・国防総省といったアメリカの威信の象徴に対する攻撃であり、アメリカ政府が常より強硬な反撃に出る可能性が高いこと。
第二に、このような組織的・大規模なテロが行える強力な組織が現に存在するということ。

もっとも、日本についていえば、(可能性は低いでしょうが)隣の隣にある国が関わっていたら、最終的には勝利するとしても無傷ではいられないでしょう。

いずれにせよ、将来のことは100%では語れません。
    • good
    • 0

私は専門家でもなんでもないので、有効な回答ではないかもしれませんが・・・。



「核を使用する」と言う事態にはならないかもしれません。しかし、ハイジャックは起きる可能性があります。(飛行機が飛んでいる以上)その飛行機が、核施設に突っ込んだら・・・?その中で爆発したら?
それは飛行機が飛んでる数と、各施設の数だけ、確立が高くなると思いますが。どうでしょうか?今のとこ、アメリカの空港も閉鎖されているし、日本からの便もかなり制限されてはいるようですが。
    • good
    • 0

恐らく誰も正しい情報など持っていないのではないでしょう



今回の事件で真っ先に私が感じたことは、「全く思考回路が異なった存在が世界には存在する」といったことでした(その存在がいいとか悪いとか言うことではなく)
東洋とか西洋とかのワクではくくりきれない・・・

>核拡散防止条約・・うんぬんとありますが
5大国が決めた条約であるからこそ、その5大国が条約を黙認の元一部破れば、核攻撃は可能となることでしょう
今や世界唯一の大国であるアメリカこそがもっとも発言力がありほかの4国は追随せざるを得ないでしょう

これまでのアメリカ(軍)のスタイルは「撃ってから誰何する」というものです
ですから今回の場合、最悪の選択肢を採った場合は、恐らく数キロトンの『戦術核』を敵の拠点に使用することと思われます。
国際的非難は浴びるものの一切無視に近いかたちを採るでしょう

そして最も危惧されるのは、テロリスト側が極秘に入手するかもしれない(ロシアの流出した核など)核兵器で再びテロが発生することなのです

その後の世界は・・・想像したくないですね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第三次世界大戦

最近 このサイトで
マスゴミの影響なのか、
「米国&韓国VS北朝鮮」て
現在 戦争状態なのに 
時々<第三次世界大戦になる>ような
質問があるのですが、何をもって
 第三次世界大戦なのでしょうか?

「米国&韓国VS北朝鮮」より
ISIS団との戦争の方が、参加国だけなら
世界大戦なんじゃないの?

Aベストアンサー

何をもって第三次世界大戦なのでしょうか?
  ↑
米国、EU,日本、韓国など VS ロシア、中国、北朝鮮

ぐらいの規模になれば第三次世界大戦になると
思います。



「米国&韓国VS北朝鮮」より
ISIS団との戦争の方が、参加国だけなら
世界大戦なんじゃないの?
  ↑
その通りですが、北と米国、韓国の戦争が
隣国である中国やロシアを巻き込む可能性が
ある、と
言いたいだけでしょう。

Q素朴な疑問です❗️核武装反対、原爆の悲惨さを国内で訴えている著名人達は、何故核保有国に出向いて訴え

素朴な疑問です❗️
核武装反対、原爆の悲惨さを国内で訴えている著名人達は、何故核保有国に出向いて訴えないんでしょうか?
戦争好きな米国やロシア、覇権主義の中国、アジアの問題児北朝鮮、それとインド、パキスタン、イスラエル、イギリス、フランスと核武装している国々があります。
現に核武装している国々は、いつ何どき核使用するかも知れません❗️
それを食い止めるのは、その国の国民意識です。
核の悲惨さを体験した日本だからこそ、核の悲惨さを伝える説得力ある言葉を使う事が出来るのです。
国内で原爆の詩の朗読をするのでしたら、核保有国に出向いて朗読をするべきだと思います。
いま核武装してない日本より、いま核武装している国々の国民に核の悲惨さを伝える事の方が、優先順位的にも先ですよね❗️
本気で世界から核を廃絶させる気持ちがあるならばの事です。
日本だけ平和はあり得ません。

Aベストアンサー

何故核保有国に出向いて訴えないんでしょうか?
   ↑
憲法に忠実なだけです。
前文を読んでください。この部分です。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した」

これと9条を併せ読めば判るでしょう。

つまり、核武装国であっても、彼らの公正と信義
を信頼して、日本は軍隊を持たないことにしたのです。
まして核武装などもってのほかです。

米ロ中国などの諸外国は総て信頼すべき国なのですから、
わざわざ出向いて訴える必要はありません。



核の悲惨さを体験した日本だからこそ、核の悲惨さを伝える説得力
ある言葉を使う事が出来るのです。
   ↑
説得力ある言葉は使うことができますね。
言葉だけは。

残念ながら、核武装しない日本が何を言っても説得力は
持ちません。
核大国の米ロ中辺りが訴えれば説得力があります。

実に皮肉です。



国内で反核・非核を唱えていても、世界から核は無くなりません❗️
      ↑
本気なら、まず日本が核大国になることです。
それから廃絶運動を展開します。
そうすれば、世界も聞く耳を持つようになります。

まことに皮肉な現象ですが事実です。

何故核保有国に出向いて訴えないんでしょうか?
   ↑
憲法に忠実なだけです。
前文を読んでください。この部分です。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した」

これと9条を併せ読めば判るでしょう。

つまり、核武装国であっても、彼らの公正と信義
を信頼して、日本は軍隊を持たないことにしたのです。
まして核武装などもってのほかです。

米ロ中国などの諸外国は総て信頼すべき国なのですから、
わざわざ出向いて訴える必要はありません。



核の...続きを読む

Q第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時

第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう

とアインシュタインは言ってますが、それはつまり第三次世界大戦は核戦争になるという事ですよね?

Aベストアンサー

第三次世界大戦が万一起こるとすれば、当然核兵器が使われるでしょう。 でも、第四次世界大戦については楽観的過ぎる。 第四次世界大戦を起こす人類なんて存在していないから。

Qテロと戦争の違い

テロと戦争の違いはどういったことなのでしょうか?
簡単でいいですので是非教えていただきたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦争(大きく分けて2定義)
・国家(あるいは国家群)の問題解決のために、軍事力・武力を単独あるいは集団的に行使して、自国の意志を成し遂げようとする行為(行為説)。
・軍事力の行使を含む国家間の対立状態、または対立する国家間で軍事力を行使している状態(状態説)。

戦役
・戦争状態にある両軍が行なう、相互に関連する一連の軍事行動。戦争の一局面であり、機動や戦闘などの行動の総和。

内戦
・同じ民族や国籍を持つ者同士の武力闘争

紛争
・戦争、内戦を含み対立する者同士が(武力闘争に限らず)さまざまに争う状態。ただし武力衝突を主体とした武力紛争を指す事が多い。また、ゲリラや武装組織、反政府組織との武力闘争も含む。

テロリズム
・決まった定義は存在しない。国により、またその国の組織によっても定義が異なる。ただし、現在広く認識されるのは下記のようなもの
「政治目的のために暴力行為を行なうこと」
「方法として敵対者に直接恐怖を与えるか、民衆に恐怖を与える」

 主として政治目的のために意図して民間人を攻撃対象としているもの。

【参考】日本国の場合
・公安調査庁の定義
「テロリズムとは、国家の秘密工作員または国家以外の結社、グループがその政治目的の遂行上、当事者はもとより当事者以外の周囲の人間に対してもその影響力を及ぼすべく、非戦闘員またはこれに準ずる目標に対して計画的に行なった、不法な暴力の行使をいう」(公安調査庁『国際テロリズム要覧』)

・警視庁の定義(警察庁組織令第39条)
 国際テロリズ厶対策課においては,次の事務をつかさどる。
一  外国人又はその活動の本拠が外国に在る日本人によるテロリズ厶(広く恐怖又は不安を抱かせることによりその目的を達成することを意図して行われる政治上その他の主義主張に基づく暴力主義的破壊活動をいう。)に関する警備情報の収集、整理その他これらの活動に関する警備情報に関すること。


参照
『軍事板常見問題』から
http://mltr.e-city.tv/index02.html
「総記FAQ」より
http://mltr.e-city.tv/faq12.html#00942b02
「◆用語定義」関連
http://mltr.e-city.tv/faq12.html#00942b02
および
「テロリズムFAQ」より
http://mltr.e-city.tv/faq10.html
「◆総記」関連
http://mltr.e-city.tv/faq10.html#total

参考URL:http://mltr.e-city.tv/index02.html

戦争(大きく分けて2定義)
・国家(あるいは国家群)の問題解決のために、軍事力・武力を単独あるいは集団的に行使して、自国の意志を成し遂げようとする行為(行為説)。
・軍事力の行使を含む国家間の対立状態、または対立する国家間で軍事力を行使している状態(状態説)。

戦役
・戦争状態にある両軍が行なう、相互に関連する一連の軍事行動。戦争の一局面であり、機動や戦闘などの行動の総和。

内戦
・同じ民族や国籍を持つ者同士の武力闘争

紛争
・戦争、内戦を含み対立する者同士が(武力...続きを読む

Q第三次世界大戦が勃発する可能性はありますか?

第三次世界大戦が勃発する可能性はありますか?

Aベストアンサー

基本的には、「無い」です。

「第三次世界大戦≒核戦争」とすれば、核保有国間の自滅戦争であり、戦争当時国には全くメリットが無いので、まず有り得ません。

逆に、現在の核バランスが崩壊したら、崩壊した状態での最強国が世界を支配することになります。

例えばアメリカが、他国の核抑止力の無効化に成功した様な状態です。
しかしそうなると、アメリカに逆らえる国も存在しませんので、アメリカ主導(支配)のもと、むしろ平和裏に世界が統一されていくでしょう。

レジスタンス的な抵抗や紛争はあると思いますが、それは第三次世界大戦と言える様なモノでは無いです。

あるいは、世界的な核廃絶に成功した先であれば、通常兵器のみで戦争と言う可能性も無いとは言えませんが・・・核廃絶の方が、第三次世界大戦より可能性が低いでしょう。

地球上に核兵器が蔓延してしまっている中、最終的にドコかの誰かが核兵器を隠し持っていれば、その人物が地球の覇者・世界の王様となる様な話しですから。
誰もが最後の保有者になりたがるのは、自明の理です。

Q今回のテロは 宗教戦争なのか? その解決策は。。。。

国と国の戦争から宗教戦争へ変化している気がするのですが。

その解決策を教えてください。

Aベストアンサー

国と国の戦争というより、元々宗教戦争でしょう。
解決策はほとんどないと言っていいでしょう。
宗教が絡めば、最後の一人が死ぬまで続けると思います。
でなければ、あれほど(不謹慎な言い方をすれば)見事に
ビルへ体当たりできないのでは?

Q第三次世界大戦が始まれば。 結局 勝ち負けでなくて ミサイル発射で 世界終了ですよね?? 北朝鮮だけ

第三次世界大戦が始まれば。
結局 勝ち負けでなくて ミサイル発射で 世界終了ですよね??
北朝鮮だけで 終わらない場合。

それは ミサイル発射と同時に自分も終了を覚悟した時。

第二次世界大戦みたいな アナログ的な 戦いで長々とはやらない。

Aベストアンサー

過去の戦争は、何故起きたかと言うと、人間が戦争の勝敗はやってみるまで分からないと考えたからです。

しかし、そんな時代は終わりました。コンピュータが将棋や囲碁で人間に勝つようになって、戦う前に勝敗が分かるようになったのです。つまり、実際に戦争して確かめる必要が無くなったのです。

ですから、第三次世界大戦が始まれば、ミサイルが発射される前に、コンピュータが勝敗の判定を出し、負けた方は降伏文書に署名する時代になったのです。

つまり、第三次大戦の大惨事は避けられるという事です。

Q秋葉原の事件は、テロ?

仕事中に聞いていたので詳細はわかりませんが、
ラジオで「秋葉原の事件は、通り魔とか殺人事件とかいうくくりでは
なく、テロとして観た方がいい」というニュアンスの発言をした評論家
がいました。

社会の競争から脱落
生涯賃金が低レベルでほぼ固定
女性と縁がない、または彼女ができない、恋愛できない
そうした男性が、20~40才代で逆切れし社会の混乱・転覆・復讐を
実行する点で「テロ」というくくりに入るとのことでした。

これが、正しいのなら
今は、まだナイフですが、そのうち硫化水素や爆発物による実行犯
が出てくるのは時間の問題なのではないでしょうか?
秋葉原の事件を「犯人の家庭環境」に原因を求めるのは、見当違い
なのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 テロと言い切るには短兵急過ぎる気がしていますが、この事件の内包する問題に鑑み、限りなくテロに近い想いが有ります。

 今、1929年に発表した小林多喜二作の「蟹工船」と東野圭吾作の「さまよう刃」に注目が集まっている事はご存知の事でしょう。売れ行きも驚異的だとか・・・・・!
 少し前には、亀山郁夫訳の(ドストエフスキー)中でも「カラマーゾフの兄弟」が爆発的に売れました。
 この図書の中で、今回の事件との距離で近く感じるのは「蟹工船」である事は誰もがわかる事です。何故売れるかも、マスコミに随分取り上げられて来ていますから、今更、私等が申し上げる事も有りません。
 今回の事件と直接の関係は無くとも、現在の日本の抱える根底にある不安と他で現れた数々の事件に「さまよう刃」は響いています。
 そして人間を支えるのに不可欠であった共通していた価値観の乱れ、崩壊に向かう加速度!と自分への問い返しが「カラマーゾフの兄弟」に向かわせるのではないでしょうか?
 以上の事は、影響の大小に関わらず、この国に住む者を被っています。
 この度の犠牲者の方々が、上記の事に対して如何な思いをお持ちであったかは解りませんが、例え、自分とは無関係な世界の事として過ごして来られた方も、この歪の真っ只中に引きずり込まれ亡くなられた訳で、何方もが被害者予備軍なのです。又、何方とまでは言わずとも、若者の30万人以上が、物扱いにされて一時の切れ目も無い連続する不安と僅かな希望も見出せない状況と言われている事に鑑み、この度の事件は単なる個人的な無差別殺人事件と決め込む事は危険だと思います。極端な言い方ですが、若し現状の30万人だけが、不幸な境遇であり増えないのなら、解決方は少しは見え易いかも知れません。が、彼らは、毎年年を重ねるに連れ、益々希望の道は減って行き、一方では、毎年、新たにこの境遇になる者が供給されているのです。
 私は共産主義者でも社会主義者でもありませんが、世界の資本主義の環境から発生している地球的歪も、国内の富の再配分の歪も、限界に近いと危惧しています。

 このまま進めば、日本の未来の精神的後退は戦国時代の様な粗野な低文化国になり、ご都合主義だけが生き残る野蛮な国になるのでは?と・・・!

 テロかテロではないかを、論理や条件から判断する思考では有りませんので、お答えに値しているのか心配では有りますが・・・
 最後に、一つだけURLを載せて置きます。
http://blogsearch.google.co.jp/blogsearch?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP266JP266&q=nhk%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB&um=1&sa=X&oi=blogsearch_group&resnum=11&ct=title
 参考になりますか如何か解りませんが・・・・・

 テロと言い切るには短兵急過ぎる気がしていますが、この事件の内包する問題に鑑み、限りなくテロに近い想いが有ります。

 今、1929年に発表した小林多喜二作の「蟹工船」と東野圭吾作の「さまよう刃」に注目が集まっている事はご存知の事でしょう。売れ行きも驚異的だとか・・・・・!
 少し前には、亀山郁夫訳の(ドストエフスキー)中でも「カラマーゾフの兄弟」が爆発的に売れました。
 この図書の中で、今回の事件との距離で近く感じるのは「蟹工船」である事は誰もがわかる事です。何故売れるかも...続きを読む

Q第三次世界大戦はどのような戦いになると思いますか

第三次世界大戦はどのような戦いになると思いますか

Aベストアンサー

第3次世界大戦は極東に於いて勃発します。
即ちバブルが弾け、経済的に行き詰まった中国が独自の繁栄を続ける台湾の併合を目論み、初めて所持した自前の空母を駆使して同地に侵攻、直ちにアメリカがこれに参戦して第7艦隊を派遣、こうして第3次世界大戦の幕は切って落とされます。

同時に失政だらけで国民の支持を失った民主党政権に代わり、国政を付託されていた自民党政権石破首相(田母神防衛大臣)が、改正された憲法9条下初の集団的自衛権を行使して中国に宣戦布告を行い、日本もこれに参戦。

尚この間隙を突いて朝鮮半島に於いては、食うや食わずでやけくそになった北朝鮮軍が中国の食糧・燃料支援の下38度線を越え韓国に侵攻してソウルを制圧。

又カシミール領有問題で恨み骨髄のインドは、パキスタンと中国に照準をあわせて配備していた中距離弾道ミサイルに核弾頭を搭載して発射、当該国も交戦状態に入る。

一方他アジア地域に於いては、中国と南沙諸島の領有問題を抱えるベトナム(嘗て中越紛争で軽く中国の大軍を一蹴した同国は雲南省から進入)・フィリピン・ブルネイ・マレーシアも直ちに中国に宣戦布告。
中国国内ではチベット・新疆ウイグル両自治区に大規模な反乱が勃発して、中国中央政府の支配を離れる。

(空想する事に飽きましたので)以上

第3次世界大戦は極東に於いて勃発します。
即ちバブルが弾け、経済的に行き詰まった中国が独自の繁栄を続ける台湾の併合を目論み、初めて所持した自前の空母を駆使して同地に侵攻、直ちにアメリカがこれに参戦して第7艦隊を派遣、こうして第3次世界大戦の幕は切って落とされます。

同時に失政だらけで国民の支持を失った民主党政権に代わり、国政を付託されていた自民党政権石破首相(田母神防衛大臣)が、改正された憲法9条下初の集団的自衛権を行使して中国に宣戦布告を行い、日本もこれに参戦。

尚この間...続きを読む

Qイラクとアメリカのテロ事件につながりはあるか?

今日こんな質問をされたのですが、皆さんはどう思いますか?
アンケート結果を見ると多くの人が関係がある、と答えていました。
証拠がないから関係はない、という人もいました。

それからもうひとつ質問です。これも今日私が質問されたことなのですが。
アメリカはサダムフセインをつかまえるべきだと思いますか?
理由も教えてください。

わかりにくい質問かもしれませんが、お願いします。

Aベストアンサー

「関係」という言葉をどう捉えるかが問題ですね。

サダム・フセインとビンラーディンに組織的なつながりが
あるかといえば、否だと思います。

裏でイラクの情報部員とアルカイーダの接触くらいはある
かもしれませんが、現状ではアルカイーダをイラクが支援
あるいは援助しているという、客観的な証拠はありません。

しかし、まったく関係ないかと言えばそうではありません。
「風が吹けば桶屋がもうかる」式の関係かもしれませんが
私の見解を述べます。

まず時代を湾岸戦争までさかのぼります。
クウェートに侵攻したイラクは、アメリカ軍を主力とした
多国籍軍に叩きのめされ、国内に押し戻されます。
この時、イギリスのサッチャー首相(当時)は、アメリカの
ブッシュ大統領(父親、当時)に対して
「フセインの首を取るまで、戦争を止めてはいけない」
と強く迫りますが、ブッシュ大統領は国内の世論を見て
日和ってしまい、イラク領内への逆侵攻を見送りました。
そしてイラクの再侵攻に備え、クウェートの隣国のサウジ
アラビアにアメリカ軍を駐留させます。

ところで、サウジアラビアは国内にイスラム教の聖地メッカ
があります。
その時、ビンラーディンはサウジアラビアに居たのですが
サウジアラビアにアメリカ軍が駐留することに対して、
「異教徒(アメリカのこと)がイスラムの聖地を汚そうとしている」
と憤り、アメリカへの聖戦を決意します。(私の想像も混じっていますが)
そして、テロ組織であるアルカイーダを通じて、世界各地
で対アメリカのテロ活動を開始します。
その最大のテロ攻撃が、昨年9月の同時多発テロであった
わけです。


ところで
「アメリカはサダムフセインをつかまえるべきだと思いますか? 」
についてですが、私の見解としては
「アメリカはサダム・フセインを政治的に抹殺したい」
という政治的意図を持ち、その目的に向かって前進して
いるということです。

正しいか否かではありません。正しいか否かに関わらず、
アメリカのブッシュ(息子)政権がそれを望んでいるのです。

ではなぜブッシュ大統領(息子)はイラクのサダム・フセイン
を潰そうとしているかについてですが、それを理解するに
はサダム・フセインがどういう野望を抱いているかについて
理解しておく必要があります。

イラクのサダム・フセインの野望は、イラクがアラブ世界の
盟主になることです。現在のアラブ世界の盟主的な立場に
あるサウジ・アラビアにとって代わろうということです。

しかし、ここでアメリカが障害になります。
アメリカはサウジアラビアに、多くの利権を持っています。
主に石油関係です。そして、現在のサウジ王室とも深い
つながりがあり、サウジを通じて影響力を行使すること
ができます。
そういうサウジに代わってイラクがアラブ世界の盟主に
なることは、アメリカの国益に反することです。
それでアメリカ、特に共和党政権は、隙あらばイラクの
フセイン政権を潰そうとしているわけです。

「関係」という言葉をどう捉えるかが問題ですね。

サダム・フセインとビンラーディンに組織的なつながりが
あるかといえば、否だと思います。

裏でイラクの情報部員とアルカイーダの接触くらいはある
かもしれませんが、現状ではアルカイーダをイラクが支援
あるいは援助しているという、客観的な証拠はありません。

しかし、まったく関係ないかと言えばそうではありません。
「風が吹けば桶屋がもうかる」式の関係かもしれませんが
私の見解を述べます。

まず時代を湾岸戦争までさかのぼります...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報