10年勤めて来た会社でしたが、最近嫌がらせや暴言を言われ我慢ができず、口論のすえ、会社をとびだしてしまいました。終業時間1時間位前の事です。次の日退職届を出すと、「おまえは業務放棄をしたんだから昨日づけで解雇だ」と言われ、退職届を受け取ってもらえませんでした。確かに飛び出した私も悪いのですが、この事は、解雇と言われても仕方がないことでしょうか。また、30日前に解雇を言い渡さなかった場合、その分の給料を請求できると聞きますが、この場合可能でしょうか。退職金などはもらえるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

10年も勤められた会社をこんな辞め方をなさるのはさぞ無念でしょう。
 さて、さっそく本題ですが、確かに就労時間中に会社を飛び出してしまったasiveさんの行為は業務放棄と言われても仕方ありません。しかし、その経緯が問題になると思います。というのも、これは会社側の嫌がらせや暴言といった原因があってのことですから、単なるasiveさんの怠業による業務放棄とは訳が違います。
 まず、会社側はリストラ対象として、社員がわざと問題を起こすように企んだということはありませんか?会社側の近時の運営状況などから、もしも他の社員にもそのような事実があるか、或いはそのような事実を証言する社員などがいれば、明らかな不当解雇として会社側に法的責任を追求することができると思います。それが難しければ、最寄の労働基準監督署でご相談することをお勧めします。労働基準監督署では監督官が事情を聞いて不当解雇と認められる可能性のある場合は30日間の賃金請求や退職金の満額請求、それに応じない場合は会社側に対する行政処分などといった様々な手段で労働者を保護することができます。労働者は会社に比べて法律で厚く保護されています。怠業や職務上の重大な過失がない限り、そう簡単に解雇はできません。今回のasiveさんの受けた解雇処分が不当だと思うのであれば、このような会社側の非情な行為に屈することなく、然るべき所で毅然とした姿勢を以って闘うべきです。是非頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。自分にも非のあることなので、今一つ会社に対して強気になれず、このまま泣き寝入りするしかないかとあきらめていました。仰るとおり、労基署に相談に行ってみようとおもいます。

お礼日時:2001/09/12 22:49

もと人事担当者です。


1.可能です。
2.退職金もらえます。
理由:解雇は、会社側にそれなりの理由が必要となります。たとえ職場放棄でも、それがはじめてであれば、会社側に理由ありとはされません。それ以前に、注意したことを文書で残していることが必要です。
労働基準監督署へ苦情を伝えてください。時間はかかりますが、1ヵ月と退職金(会社の規定によります、会社都合退職。退職金規定がない会社は、退職金の支払い義務はありません)がもらえます。
職安へ出す「離職票」に今は、会社と退職者の理由が一致しないといけなくなりました。
内容証明郵便で、1ヵ月分の給与と退職金の要求は、だしましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同業他社に就職することを理由にバイト先で解雇を言い渡されました。解雇予告手当は請求できますか?

こんにちは。来年、新卒で某IT系企業に入社予定のものです。

質問は表題の通りですが、詳しい事情を説明させてください。
わたしは学生時代、ほかの同業種企業でアルバイトをしていたことをきっかけに、IT業界を志すようになり、ある会社から内定を得ました。アルバイトをしている会社をA社、内定をもらった会社をB社とします。A社とB社は事業内容的にも通じる部分が多く、いわゆる「ライバル企業」と呼ばれる関係にあります。

今日、バイトに入った際、A社の上司から呼び出され、B社に就職することでいつ自分の会社の情報が漏えいするかわからないから、明後日付で会社をやめてほしい、と言われました。
もしどうしても働き続けたいなら自宅勤務という形でも良いが、目や耳から入ってくる情報もあるので、少なくとも会社に来るのはやめて欲しいと。
1ヶ月ほど前にも同じ上司から、そのような可能性を示唆されたことはありましたが(=会社役員が自分の存在を問題にしているという話をされ、選考過程でB社から何を聞かれた)、正式な形で「やめてほしい」という希望を言い渡されたのは今日が初めてです。
私の方からは、圧倒的な立場の弱さから言って自分が辞めざるを得ないのはしょうがない(退職の方向性には逆らえない)が、気持ち的な面で言っても納得はできないと伝えてあります。ゆえに、まだ「合意」が得られた状況ではありません。

30日以上前に労働者に対して解雇通知をしていないという点で、労働基準法違反にあたるのは明らかですが、これを指摘したところ「これは法律の問題じゃない。他社に行くんだったら、普通自分から切り出してやめる。あなたのモラルの問題だ」と言われ、法律に訴えるんだったらお好きなように、とも吐かれました。

さて、このような場合解雇予告手当を請求することはできるのでしょうか?
難しいのは、今回私が制度的にはどのような形で辞めることになるのか、会社側の説明をまだ一切受けていないことです。「自宅勤務でもいい」と言っていることを考えると、もしかすると解雇ではなく、別の形で問題化を避けようとしているのかもしれません。解雇予告手当を請求するためには解雇通告書をもらっておくと良いと他のサイトで書かれているのを見ましたが、通告書がもらえるのかすらもわかりません。

労働監督署にも相談に行こうかと思ってるのですが、どなたかお詳しい方がいましたら、最後の勤務時(書類記入の際など)に気をつけておくことはあるかなど、お教えいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。来年、新卒で某IT系企業に入社予定のものです。

質問は表題の通りですが、詳しい事情を説明させてください。
わたしは学生時代、ほかの同業種企業でアルバイトをしていたことをきっかけに、IT業界を志すようになり、ある会社から内定を得ました。アルバイトをしている会社をA社、内定をもらった会社をB社とします。A社とB社は事業内容的にも通じる部分が多く、いわゆる「ライバル企業」と呼ばれる関係にあります。

今日、バイトに入った際、A社の上司から呼び出され、B社に就職することでいつ...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、「明後日付で会社をやめてほしい、と言われました。」が解雇なのか、退職勧奨なのかを確認する必要があります。これは、解雇と思い込み、出社しなかった場合、使用者側が、「解雇とは言っていない、退職を促しただけ」ということがあるからです。

 解雇であると仮定すると、労働基準法第20条では、「30日以上前の予告」又は「30日分以上の平均賃金(いわゆる解雇予告手当)の支払」のいずれかが必要です。
 次に、行政解釈(昭和27.5.17基収1906)によると、「解雇予告手当は、解雇の意思表示に際して支払わなければ解雇の効力を生じないものと解される」となっていることから、予告も無く、解雇予告手当の支払いもないのは、「解雇の効力が生じない」、つまり解雇ではないのです。
 解雇予告手当は、使用者が支払わないと、労働者に請求権が生じるのではなく、「解雇の効力が生じない」ことになります。

 また、労働基準法の解雇予告を満たしても、労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)第16条の「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」に基づき、正当な解雇理由がない場合には、解雇無効となります。

 まず、「明後日付で会社をやめてほしい、と言われました。」が解雇なのか、退職勧奨なのかを確認する必要があります。これは、解雇と思い込み、出社しなかった場合、使用者側が、「解雇とは言っていない、退職を促しただけ」ということがあるからです。

 解雇であると仮定すると、労働基準法第20条では、「30日以上前の予告」又は「30日分以上の平均賃金(いわゆる解雇予告手当)の支払」のいずれかが必要です。
 次に、行政解釈(昭和27.5.17基収1906)によると、「解雇予告手当は、解...続きを読む

Q「退職届を書け」と言われました。退職届の書き方

先月分の給料明細をずっと貰えず、請求して請求してようやく10月21日にメールでExcelにて貰いましたが、会社名が、私が勤めている会社と違うのを突っ込むと、「その言い方はなんだ」と経営者の女性に問い詰められ、こちらの言い分を全く聞いてくれません。"言い方・問い方について気が悪い"というのを理由に、今月いっぱいで辞めて下さいと、言われました。

私自身は、辞めたいとは思っていましたが、まだ辞意は見せず勤務し、こう言われた事に対して承諾をしました。

この状態の退職届ですが…出来れば「一身上の都合」とは書きたくないのが本音なのです…。サイトを検索しましたが、どこを見ても「そう書くのが一般的」との事で文句は直接言うように、とあります。

退職届って…本音(私の場合は経営・運営に対する不信)を書いてはいけないものなのでしょうか…。

Aベストアンサー

あなたの考え方で違ってきます。

1.辞めたくない場合。
合理的な理由のない解雇ですから、不当解雇となります。
不当解雇の撤回を求めて訴訟を起こすことが出来ます。
この場合は、退職届を提出すると、本人の意思で退職したことになりますから、絶対に提出しないで、会社から解雇通知を貰います。

2.退職してもよい場合。
会社からの解雇であれば、30日前に解雇の予告をするか、30日未満の通告であれば、30日との差の日数分の解雇予告手当が貰えます。
この場合も、退職届を提出すると、本人の意思で退職したことになり、解雇予告手当が貰えなくなりますから、絶対に提出しないで、会社から解雇通知を貰います。

3.解雇予告も貰わずに退職する場合。
退職届に、実際の理由を書いても何の問題も有りません。

なお、本人の意思で退職した場合、失業給付を受けるときに、申請をしてから3ケ月間の待機期間が有りますが、会社の都合で退職した場合は、3ヶ月間の待機期間がありません。

不当解雇で争う場合や、海見予告手当を請求する場合は、労働相談センター(参考urlをご覧ください)や労働基準監督署に相談しましょう。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~toburoso/

あなたの考え方で違ってきます。

1.辞めたくない場合。
合理的な理由のない解雇ですから、不当解雇となります。
不当解雇の撤回を求めて訴訟を起こすことが出来ます。
この場合は、退職届を提出すると、本人の意思で退職したことになりますから、絶対に提出しないで、会社から解雇通知を貰います。

2.退職してもよい場合。
会社からの解雇であれば、30日前に解雇の予告をするか、30日未満の通告であれば、30日との差の日数分の解雇予告手当が貰えます。
この場合も、退職届を提出すると、本人の意...続きを読む

Q整理解雇と退職届

 この大不況に対応するため、色々なことをしてきましたが、最終手段として社員の整理解雇をすることになりました。社員の方には、口頭で解雇予告をして、それなりの対応(退職金割増し、有給残がある場合は買取りなど)をさせてもらうと言うことで、渋々ながら納得してもらいました。

 しかし、その後に至り会社に対して色々なことを言ってきますのではっきりさせるために、退職届を書いてもらうように依頼しました。会社としては、後々に問題になったときにはっきりさせるために提出して欲しいだけであり、会社都合を自己都合にするとかいったことをするために提出してもらう意図は全くなく、その後に揉め事が無ければ特に何に使うということはないです。

 そこで質問です。
  (1) その後のために、退職届("会社都合"という文言は入れる)を提出させる必要はあるのか?
  (2) 他にもっと適切な書類や文言などがあったら、教えていただけませんか?

 労務的なことは前任者からほとんど引継いでおらず、経験もないため非常に困っています。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

口頭の解雇予告でなく、文書を手交するようにお勧めします。
後々、問題が・・・不安材料は無いとは言えませんが、会社都合による、解雇予告を出して、その予告書を手交する際に、受け取りサインを貰いましょう。
離職票は会社都合と記入します。

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kijunhou/conttop.htm
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/index4files/koyou.htm
http://www2.odn.ne.jp/~hag66260/index.html

有給休暇の買取は、法令違反です。同じようなことになりますが、取得させてから退社の処置をお取りください。

退職届は、一律一身上の都合でと、書いてもらうだけです。
参考に、URLをいくつか貼り付けましたので、従業員から返却を受けるもの、会社が従業員に返却するもの、など、間違いの無いようにしましょう。

Q退職に関して (上司が退職届を書くなと言ってきた場合)

皆様に質問したいと思います。

会社側から退職届けを書かせないというのは違法ではないでしょうか?

私と同じ会社で勤務していた人から相談があり 退職届を書いてない
のに退職というのは何か違法はありますか?

ちなみに解雇とは言われていませんが、上司から書くなと言われたようで悩んでいます。
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

そもそも退職届を出さなければ退職できないということはありません。
退職は「労使合意すれば」成立しますし、合意していなくとも、

民法
第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

という規程があります。(会社からの一方的解約は解雇にあたり、労働基準法第20条の手続きが必要になる)
書くなと言われても退職したいのであれば、○月○日付けを持って退職すると会社の労務担当の責任者に通告すればいいですし、それでは証拠が残らないから不安だ、ということであれば、内容証明郵便を送れば済みます。

大切なのは慰留されても頑として断ることです。また、仮に就業規則等で退職届けを出さなければ退職を認めない、というような規程があったとしても、このように退職届を受け取らない取扱をしている状況ではその規則に限り、無効となるでしょう。

自信を持って(民法上の手続きに則って)退職すればよいかと思います。

そもそも退職届を出さなければ退職できないということはありません。
退職は「労使合意すれば」成立しますし、合意していなくとも、

民法
第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

とい...続きを読む

Q解雇を言い渡された場合の対処方法

現在働いている会社の社長が超ワンマン経営者
なのですが、私が関わった仕事に関するミスの
ことで激しく叱責され、反論すると遠まわしに
退職勧奨的発言をされました。

元来、離職率の高い会社で社長の気分次第ですぐに
従業員を解雇するようなところなのですが、もし
解雇を言い渡された場合、どのように対応すれば
良いかアドバイスをいただけますでしょうか?

1ヵ月分の給料をもらって解雇されたとしても
その後3ヶ月以内に次の職が見つけられなければ
無収入の身となる訳で非常に不安です。

私としては病気で通院しながら、働いていますので
「即刻解雇」を言い渡されたら、解雇を無効にさせた
うえで、期限が許す限り休職して(医者には
できれば療養のため休職した方が良いと前から
言われています)、休職期間満了後に解雇という
形にもっていきたいのですが。
意味がわかりにくいようでしたら補足いたします。

アドバイスの程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>休職することになった場合は傷病手当金の申請をすることになると思います。
既に一年以上の勤務日数があるのであれば、健康保険にも1年以上継続して加入していることになるので、休職ではなく退職しても傷病手当金を受給できます。また、一年未満の場合でも健康保険を任意継続すれば任意継続期間中は傷病手当金を受給できます。

つまり休職しなければならない大きな意味がないので疑問に感じた次第です。

ちなみに「業務上の傷病」の場合には解雇通知を受け取る前に病気療養の為に休職した場合には、会社はその期間は原則解雇できなくなります。ただ御質問者の場合は多分私傷病ですよね。

もちろん正当な解雇自由がない解雇は不当解雇ですからそれを争うことは可能であると思いますけど、法的な争いとなった場合には時間とお金がかかりますので、差し迫った資金的問題の解決にはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報