裁判で偽証することはどういうことですか?
イコール「嘘つき」と断定してもいいことでしょうか?


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/20 …
「韓国人は日本人の671倍嘘つき」という話があり、 これは、「韓国の裁判において偽証により起訴されたのが1198人に対して日本は5人」という統計があり、その結果が出てるのですが、ここから「韓国人は日本人の671倍嘘つき」などと言っておかしくはないですか?(文化や法制度がちがうということも考慮して)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>裁判で偽証することはどういうことですか?



日本の刑法169条偽証罪における「虚偽の陳述」は
「自分の記憶に反する内容を述べる」ことを意味します。

>イコール「嘘つき」と断定してもいいことでしょうか?

「嘘つき(あるいは嘘をつく)」ってどういう意味です?

実は上記偽証罪の「虚偽の陳述」の意味も
通説判例としては上記でほぼ決まりだけど、
「客観的な事実と異なる内容を述べる」意味とする説もあります。

「自分の記憶に反する内容を述べる」
「客観的な事実と異なる内容を述べる」
…嘘をつくとか嘘つきって、どちらの意味とも取れるものじゃないですか?

さらにいえば「客観的な事実と異なる内容を述べる」のは
わざとやった場合もあれば、見間違えた場合もあるし、
そもそも時間が経って記憶があやふやになった場合もあるし…

で、韓国との比較ですが、
・韓国の偽証罪の要件が日本と同じかどうか
・そもそも偽証罪になるようなことを偽証罪として起訴した割合が同じ程度といえるのか
 …いえなければこんな比較自体無意味でしょ?

そして、日本では上記のとおり「自分の記憶に反する内容を述べる」ことが偽証罪の要件なんで
これを立証しようと思ったら「その人の本当の記憶はどうだったか」を立証しなきゃならないけど
…すごく難しいのは想像つくと思うし、
そうするとこういう起訴した割合を算出するのだって難しい…

そうすると、こういう数字の比較自体意味のあることとは思えないし、
比較したとして、そこから何がわかるかといえば…何もわからないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。日本の基準じゃあ、とても大変そうです。わたしの挙げた例では思い出せないといった人も対象になるみたいですし。「親しい人に不利益を与えたくないという理由で、証人としての出頭を極力避け、出頭したとしても『思い出せない』と答えるケースが多い」こんなことで有罪になったらまず、やめなきゃいけない議員がたくさん出てしまいますね。

お礼日時:2005/04/22 00:16

一口に嘘といっても、いろいろありますよ。


例えばお世辞も一種の嘘ですし、
「再検討させて頂きます。」と言ってやんわり断るのも嘘ですよね。
そういうところをとらえて「日本人は嘘つきだ。」という外国人もいるようです。

まぁ、我々日本人は自己を保全するための嘘には厳しく、自慢するための嘘はやや寛容といったところですか。

その基準は各国、各民族様々だと思います。日本と比べて基準の緩い国の人々は嘘つきに見えますし、基準の厳しい国の人からは逆に日本人が嘘つきに見えるでしょうね。

しかし偽証罪の起訴という一つの事象をとらえて全体を評価するのは少し乱暴かも…。
韓国から見れば、「日本人は犯罪者に甘い、倫理観の薄い国だ。」と評価されてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。嘘にもいいうそと悪いうそがあるし、普通嘘つきっていうのは常習的にうそをつく人のことだし。
どっちにしても一つの事象をとらえて全体を評価するのはあまりいいこととは思えませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 00:18

671倍というのは少し言いすぎではないかと思います。


「文化や法制度がちがうということも考慮して」という場合は、直接比較するのに適当なものではないものと考えられます。

この場合は

「韓国人は、日本人よりも裁判における証言を軽視する傾向がある」

というぐらいが正しい表現ではないかと思います。

まあ韓国には「嘘も100回つけば本当になる」という言葉があるぐらいですので、嘘と本当に対する考え方がまったく違うのではないでしょうか。
だからといって、裁判の証言を軽視していいということにはなりませんから、偽証で起訴される件数が多いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。あの記事から読み取るとしたらせいぜいそれくらいだと私もおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 00:20

 日本の場合、実際に偽証罪に問われるケースは少ないのだそうです。



 証人として裁判で尋問された場合でも、証人は自分の記憶どおりに
証言することを求められます。
 しかし、人間には記憶違いや、思い違い、勘違いがありますから、
記憶どおり話すことが、そのままイコール客観的な真実とは
ならない場合もあるんですね。
 したがって、偽証であるのか、単なる記憶違いなのか、この両者の
線引きが難しく、ちょっと事実と異なるからといって、日本では即
偽証罪の適用をすることはないようです。

 韓国の事情はわかりませんが、法制度・裁判制度における偽証の認識が
日本と異なるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカは偽証罪がきびしいとかきいたことあります。

お礼日時:2005/04/22 00:08

裁判で偽証をするという事は、偽証罪という罪を犯す事になります。

いわゆる犯罪者になるんですね。証拠もバッチリです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽証罪について

一年前の偽証は罪に問えるのでしょうか?
親告罪は犯人を知ってから半年、偽証罪は5年が公訴期間だと聞きました。
偽証罪は親告罪に当たるのでしょうか?
また、一年前の偽証は罪(民事刑事両方)に問えるのか、教えてください。

Aベストアンサー

親告罪ではないということは#1の方が書いておられるとおりです。

1年前の偽証ですから、
刑事上、偽証罪に問うことも、
民事上、不法行為に基づく損害賠償請求をすることもできます。
・刑事上の公訴時効は、法改正のため、平成17年1月1日以降、公訴時効は7年のようです(刑事訴訟法250条4号)。
・民事上の時効(消滅時効)は、被害者(または法定代理人)が、損害の存在と加害者の両方を知った時から3年間です。
不法行為の時から20年経過した時も、責任追及はできなくなります(除斥期間)。

念のために付け加えますと、
刑事上、偽証罪に問われるのは、#1の方もお書きのように、
「法律により宣誓した証人」のみです。
あなたが、もし、宣誓をしていても民事裁判の原告や被告であったり、
あるいは、刑事裁判の被告人として虚偽の事実を言ったのであれば、
証人ではなく当事者ですから、偽証罪にはなりません
(民事裁判の原告や被告であった場合は、
民事上、不法行為に基づく損害賠償請求をされるおそれはあります)。

Q略式手続/即決裁判/簡易手続裁判

刑事裁判の略式裁判の三種り区別がよくわからないので
だれか区別つく方教えてください

Aベストアンサー

・しかし、残り二つは、懲役1年、アライメントの陳述、証拠は伝聞ok、予断排除なしという主だったものがすべて共通しているのでわかりにくいです。
もしかして、検察官が申し立てるものが即決で、裁判所が決定するのが簡易裁判手続きということですか。それだけの違いですか

かなり違うよ\(^^;)...マァマァ

簡易公判手続は、略式手続即決裁判手続とは異なり、起訴時は通常裁判と同じ方法でなされます。

また
簡易公判手続きでも、量刑についての争いのための証人追加などで
一審判決まで一年以上ということも、ありえます。

略式手続即決裁判は、元来、交通事故等の処理のために立案されたのものですが、
簡易公判手続は、英米法のアレインメント制をもとに、自ら有罪と認めたときは陪審員をつけず、
検事弁護士裁判官のプロ法曹二より、効率的処理をしようということです。

Q偽証罪

刑事裁判で証人が虚偽の発言をすると偽証罪に問われることがありますが、よっぽど重要なことでないと偽証罪に問うことができないのでしょうか?

例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。

このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

Aベストアンサー

偽証罪が保護するのは国家の審判作用の公正なので、たとえ明白な虚偽であっても、裁判の争点との関連性がなければ、審判作用の公正に与える危険性はなく、そもそも偽証罪にいう「虚偽の陳述」(刑法169条)にあたらないとされます。

また、裁判の争点との関連性があり、偽証罪が成立する場合でも、裁判の結論を左右しない程度のものであれば、処罰の必要性が薄いとして、不起訴(起訴猶予)処分で決着することになるのが通常です。

> 例えば被告人家族の証人が、家族が有罪になりそうなうなので、でたらめな作り話の証言をする。
> このような場合は偽証罪が成立するのでしょうか?

被告人の家族の証言は、一般にあまり信用性が高いとは評価されず、裁判の結論に影響を与える危険は少ないこと、偽証したとしても無理からぬ面もあることなどから、原則として偽証罪は成立するが不起訴(起訴猶予)になると思われます。

#ちなみに犯人隠避・蔵匿罪や証拠隠滅罪については、親族が犯人の利益のために犯した場合に刑を免除する規定があります(刑法105条)。

Q【偽証罪の成立】国会参考人招致の場での虚偽発言に関する偽証罪について

例の「マンション偽装疑惑」を見ながら疑問に思ったので質問させていただきます。本来の国会参考人招致の趣旨から外れることが明らかな質問に対して、虚偽の発言をした場合に偽証罪に問われる可能性はあるのでしょうか?仮に国会議員が興奮して「あなたはズラじゃないの?頭髪も偽装してるんじゃないんですか?」という質問に対して、「いえ、違います」と答えた場合(現にズラであることが事実の場合は)偽証罪に問われる可能性はあるのでしょうか?「本件とは関係有りませんので、答える義務は有りません」という答え方を参考人がすれば問題無いとは思いますが。判例等ないのでしょうか?よろしく御教示ください。

Aベストアンサー

参考人招致の場での発言に対し、モラルは別としても虚偽の発言自体に法は不介入です。(衆参規則)
仮に、証人喚問の場でご質問にあるような「ヅラ」に関する質問があった場合に嘘をついた場合、そもそも不必要な質問であり、情状酌量の余地があるものですから罰せられることはないかと思います。
また、今回の偽装マンション事件における証人喚問での発言も「自己の刑事訴追あるいは有罪判決の恐れがある場合」は証言を拒否できるとあるので、黙秘が可能であったと考えます。(出頭は拒否できません)

Q偽証罪は立証困難でも詐欺罪は立証されている っていう状況

純粋に法律を適用すれば、
詐欺罪だって、相手に事実と異なる表示をしただけで
は成立しません。
相手を騙す意思がないと成立しません。
この点に関しては、偽証罪と同じです。
ところが、偽証罪の方だけは、非常に判断を厳しくしているのでしょうか?
滅多に認定されないようです。
これは、単に偽証罪の立証困難性だけの問題でしょうか?
だとしたら、詐欺罪も同様に立証困難でしかるべきなのでは?
あるいは、偽証罪を外形的に判断するようになると、
別のところで、困る事情があるからでしょうか?

Aベストアンサー

詐欺罪と偽証罪は保護法益が異なるのですから、認定基準が異なるのは当然です。

詐欺罪の保護法益は、人の財産という個人的法益であって、実際に財産を騙し取られた被害者がいれば、処罰とすべきです。

他方、偽証罪の保護法益は、適正な裁判の実行という点にあります。判決に重大な影響を及ぼすような偽証で無い限り、保護法益に対する実質的な侵害があったとはいえませんから、事実と異なる証言があったからといって、直ちに、これを処罰する必要はありません。

少しでも事実と異なった発言をして,偽証罪に問われるとすると、証人が萎縮して、逆に適正な裁判が行えなくなるという可能性もあります。

Q民事裁判での偽証

特に私が困っている問題ではありませんが、よくドラマで裁判で偽証するという状況があります。
たいていは殺人なんかですが、民事裁判だとどうなんだろう?とふと思いました。

刑事と民事では偽証の扱いも違うのでしょうか?

Aベストアンサー

民事では当事者と証人で異なります。

当事者が偽証しても偽証罪にはなりません(民訴209)。
宣誓した当事者が虚偽の陳述をした場合は決定で10万円以下の
過料に処せられます。

宣誓した証人が偽証した場合は偽証罪になります(刑法169)
この場合虚偽の陳述をした時は3ヶ月以上10年以下の懲役に処せられます。

Q法廷でのでたらめな言い訳は偽証罪にはならないのでしょうか?

光市母子殺害事件のニュースを見ていて特に思ったことです。
法廷では嘘を言うと偽証罪になると聞いたことがありますが、
刑を軽くするため、精神状態を偽ったり、襲えば生き返ると思ったなど
でたらめな言い訳をしたりするのは、偽証罪には当たらないのでしょうか?
また、嘘で弁護しようとした弁護士にはペナルティはないのでしょうか?

Aベストアンサー

 偽証罪は客観的な判断によって真実かではなく、主観的な判断によって、真実か否かと言う点で決まるのが判例・通説です。ですから、自己(被告)の記憶に反した陳述(故意に嘘を言った)でなければ偽証罪には当たりません。故意に嘘を言ったということを立証するのは非常に難しいため、偽証罪が適用された判例は極端に少ないです。
 法を悪用していて非常に問題あると思いますが、現実としてそのようになっています。偽証罪の要件を客観的にしたとしても、それは本当に記憶違いがあった場合に、問題は残ります。

Qhttp://okwave.jp/qa/q5832716.html の

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5832716.html の質問にもあるように、払いすぎた電車の運賃は返してもらえません。ということは、目的地よりも1ランク安い切符を買えば、もしもの時の自衛につながるのでしょうか。例えばA~B~Cと並んでいる駅があり、1駅区間は100円、2駅区間なら250円の運賃とします。

◎メリット
もし途中で引き返すことになった場合に200円で済む。

◎デメリット
降車駅で必ず精算が必要となる。

違法な行為ではないと思うのですが、この考えに落とし穴があったら教えてください。

Aベストアンサー

発駅から降車駅までが101キロ以上ある場合は、打ち切り計算と言って差額ではなく持っている切符の降車駅から実際に降車した駅までの金額を払わないといけないです。

なので、もしA~C区間が101キロ以上ある場合、通常はA~B運賃+B~C運賃よりA~C運賃の方が安く設定されるため、A~B区間の切符を買ってC駅で降りたら無駄に多く支払うことになります。

Q偽証罪について

検察官調べの供述調書に嘘がある場合、偽証罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

検察官調べの供述調書に嘘がある場合 この場合は偽証罪にはあたりません。

Q質問サイトで嘘つきサイト呼ばわりされたら

ある質問サイトの質問で「嘘八百だらけのサイトを教えて」という質問の
回答で、まじめなサイトなのに嘘つき呼ばわりされたサイトがあり、
質問サイトのスタッフに質問や回答の削除依頼しても無視でしたが、
嘘つき呼ばわりされたサイトの管理者には、その事を教えたのですが
1、嘘つき呼ばわりされたサイトの管理者は侮辱罪等で訴える事は可能?
2、その質問サイトや質問者や回答者に慰謝料の請求は可能ですか?
3、もし、慰謝料の請求が可能なら金額の相場は?いくら位ですか?
尚、私は、その質問者でも回答者でもなく質問サイトの利用者です。

Aベストアンサー

1.できます。警察本部のサイバー犯罪課に告訴してください。
  ただちに動いてくれるでしょう。
2.請求可能です。慰謝料払えば告訴取り下げてやるといえば涙流して
  示談して欲しいと懇願するでしょう。
3.少なく見積もっても1億。悪質な場合は10億かも知れません。

どうか私をうそつき呼ばわりしないでください。
もしどこかで嘘つき呼ばわりしたら、今度は私があなたを「侮辱罪等」で告訴しなければならなくなります。


人気Q&Aランキング