ご存知楡周平さんのCの福音シリーズの主人公です。
ずばり彼のように魅力あふれる悪の主人公が大活躍
する小説を探しています。

僕も勿論ですが、奥さんが朝倉恭介大ファンです。
現在子育て中で大変なので是非面白い小説を読ませ
てあげたいと思います。

ちなみに馳星周さんや大藪春彦さんはほとんど読んで
いますのでそれ以外で教えていただけると幸いです。

最後になりますが、「実は恭介は生きていた」と言
うシリーズを期待しているのは僕だけでしょうか?
うーん読みたいです(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

強盗 映画」に関するQ&A: 銀行強盗映画

復讐屋」に関するQ&A: 復讐屋

A 回答 (4件)

浅田次郎さんの『きんぴか』は伝説の鉄砲玉、元自衛官、元大蔵省エリートというどうやっても人生が重なりそうになかったはずの3人が繰り広げるピカレスク小説です。


読んでいてお腹を抱えて笑うことがしばしばでした。

また、同じ浅田さんの『天切松 闇がたり』は大正期の怪盗たちのダンディズム、粋を感じさせてくれる作品で、こちらもお勧めです。

海外ものならリチャード・スタークの『悪党パーカー』シリーズがお勧めです。

生い立ちも過去も一切明らかにされていない一匹狼の犯罪者パーカーが、冷酷非情な犯罪社会をクールに、タフに生き抜いていきます。

犯罪のためにチームを組んでも、仲間がピンチに陥れば平気で切り捨て、また自分も切り捨てられていく、そんな先の読めない展開がたまりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
浅田次郎さんのきんぴかは読みましたが、
『天切松 闇がたり』は未だです。是非読んでみます。

また悪党パーカーは聞いたことありましたが未読で
す。そういった展開が大好きなので是非読んでみま
す。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 21:50

思い出しました。


桑原譲太郎の本はどうでしょう。
ロマン、ハードボイルド、バイオレンス、ピカレスクと揃ってます。
「ボクの女に手を出すな」「復讐の帝王」は映画化されました。

まだ数冊しか読んでませんが、

「シュドラとの七日間」
殺し屋「シュドラ」と出合った新聞記者。
ひょんなことから行動をともにすることとなる。

他に銀行強盗に入ったら、いつもまにか革命起こしちゃった「アウトローは静かに騒ぐ」

あたりはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度も回答頂いてありがとうございます。
古いですが、「新宿純愛物語」の作者の方ですね。

ネットで調べてみたら好みっぽいです。早速読んで
見ます。色々と紹介いただきましてありがとうござ
いました。

お礼日時:2005/05/02 10:00

笑えるピカレスク・ロマンを一つだけ。

。。

 「禿鷹の夜」 逢坂剛 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今日これから図書館にいくので探してみます。

お礼日時:2005/04/24 10:07

落合信彦


「ただ栄光のためでなく」
元浮浪児の主人公。親切な警察官に拾われ、アメリカに渡り「ザ・ギャンブラー」と呼ばれるオイルマンになる。
やがて第7艦隊と石油をめぐる話に巻き込まれます。

「男達の伝説」
ヴェトナム帰還兵の主人公。ひょんなことから出合った石油会社副社長にチャンスをもらい、やがて世界的な武器商人になっていく。
後半でウランを扱うことになり、それがキッカケでイスラエルのイラク原子炉破壊計画に巻き込まれていきます。

落合氏の小説は、別に悪党が主人公というわけではありませんが、己の力でのし上がっていくというやつばかりです。
その中でも上記のが一番好きですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。落合信彦さんは大ファン
でその2つは大好きな小説です。

私が一番好きなのは「戦いいまだ終わらず」です。
こんな日本人がいたのかと素直に感動しました。
久々に読み返したくなりました。ありがとうござ
いました。

お礼日時:2005/04/21 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「それを言っちゃーお終めーよ」って「寅さんシリーズ」の英語版

お前さん、それを言っちゃーお終めーよ」って「寅さんシリーズ」の英語版が有るとすれば、どんな「字幕」「吹き替え」になるんだろうってな疑問がふと。

そこで、英語の達人の皆様方のお知恵拝借です。

(1) 英語版(もし有れば)ではこう言っていた!

(2) 自分なら、こんな風に訳すぞ。
(寅さんの雰囲気が出ている雰囲気の訳で)

条件として、「それを言っちゃーお終めーよ」は約四秒位の台詞です。当然乍ら、英文でダラダラとは書けません。出来るだけ短く、少しユーモアも欲しい! 生真面目なお答えも歓迎ですが、実際に字幕上・吹き替え上使えないので、きっと二〇ポイントは差し上げられません(笑)

Aベストアンサー

That's going too far.

QGOTHの主人公のような

乙一先生の「GOTH」に最近ハマリ、この主人公のような人間が、主人公の小説を探しています。
社会的には一般人のようだが、命に対しての尊厳を持っておらず、そしてそれを自覚しているような主人公です。
もし「これなんかどうだろう」と思う人がいましたら、ぜひ教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

乙一さんの『GOTH』に近いというと
中村文則さんの『銃』などはどうでしょう。
普通の学生生活を送っている主人公ではありますが、他人に関しては全く興味がない無機質な青年です。
乙一さんの描く主人公と似通った部分があるかもしれません。
そんな青年が銃を手に入れたお話です。


『GOTH』の無機質な感覚とは異質ですが、命に対して尊厳を持っていない主人公としては
井上剛さんの『死なないで』があります。
こちらは生まれつき人を指差すだけで殺せる超能力を持った女性。
ただ、こちらは無機質ではなく、憎しみや怒りに見ているのでダイブ違うかもしれません。

他には、社会的に一般人という点からは外れますが
伊坂幸太郎さんの『グラスホッパー』という作品にも命に対して尊厳を持っておらずそれを自覚している人間が出ています。
視点人物が三人いるのですが、そのうち一人は『GOTH』の主人公に近いかもしれません

Q大正時代の新聞記者

大正時代の新聞記者は、どのように取材を行っていたのでしょうか?
また、カメラは当時すでに普及していたのでしょうか?
詳しい方、教えてください。
また、大正時代の新聞、新聞記者について詳しく載っている本やサイトを教えてください。

Aベストアンサー

明治時代の新聞は絵ですが、大正時代の新聞は写真が入ってます。遠方からの輸送手段は伝書鳩ですが、これは大正12年より。戦後しばらくまで伝書鳩大活躍で、新聞社には鳩小屋がありました。あるいは電話通信。取材先の記者が電話を本社にかけ、その電話を受けて記事を書き起こすアンカー記者、という絵柄は戦後間もなくまでそうでした。
http://www.geocities.jp/showahistory/history1/02b.html
昭和初期の新聞は以上でどうぞ。昭和初期も大正年間もそう大きな違いはないと思います。

Q藤沢周平 お薦めを教えてください

時代小説初心者、女性です。
藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み、もっと藤沢作品にふれてみたくなりました。
沢山の作品があり、どれから手にすれば良いか判りません。
特にこれはお薦め!という皆様のご意見を参考にさせて頂きたいので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは中年以降も描かれているところが特徴。ただし色恋は抜きです。
 剣術と恋、という要素でゆくと、少々毛並みは違いますがこれを色濃く打出している作品のひとつに「闇の傀儡師」(文春文庫)というのがあります。おそらく全藤沢作品のなかで主人公がいちばんつよい小説ではないかと。
 「三屋清左衛門残日録」(文春文庫)は相当地味ですが、これはこれで淡々とした日常の描きかたがいい作品で、「蝉しぐれ」とはまったく逆の魅力があります。
 ドストエフスキーは若い女の人に「ディケンズは何と何をお読みになりましたか? 二作だけ? すばらしい。あなたにはまだそれだけ人生の楽しみが残っている」といったそうですが、ゆきつくところまでゆきつくと、藤沢周平は「たったこれだけしか小説書いてないのか……」と思える作家です。

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは...続きを読む

QSonyから出たWalkman E seriesのE050シリーズ、 

Sonyから出たWalkman E seriesのE050シリーズ、 NW-E053(4GB)、NW-E052(2BG)、のどちらを購入しようかまよってます。

店の人は
NW-E053(4GB)はCD100枚ぐらい入るとの事)
NW-E052(2GB)はCD50枚ぐらい入るとの事)

目的は音楽聴く用です。

お店の方は入れたいCDを沢山入れられるから4GBの方を勧めるのですが、通勤に音楽をきいて事が多く、100枚もCDを聴くことはないのですが、2BGですと、後から追加する場合50枚のCDが入っていたら消して入れるのが面倒だから4GBなら沢山いれるので消す面倒がなくていいいと言うのですが、
通常何枚ぐらいのCD分をいれてますか?

人により個人差はあると思いますが、参考に教えていただけたら助かります。

宜しくお願いします。

動画とかビデオ付きではないので、4GB必要でしょうか?

Aベストアンサー

価格COMで値段の比較したら1500円前後の差でしょ
大は小を兼ねると言う諺もあるし・・・
http://kakaku.com/pc/mp3-player/se_11/

店の人の言ってるのはビットレートの低い値を言っています
ビットレート低い=音質悪い
ビットレート高い=音質良い

(ビットレート別記録時間)
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-E050_series/spec.html

Qプールのお化けの話ご存知ありませんか?

小学生の男の子が主人公の、短編小説で、確か文庫本だったと思います。
ひ弱な男の子が、学校のプールでおぼれて、同い年くらいのお化けの男の子に会う話だったと思います。
数年前に読んで、また読みたいと思っているのですが題名も作者もすっかり忘れてしまいました。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。
その短編ですが、多分新潮文庫の
「新潮現代童話館2」に収録されている、
江國香織さんの「亮太」だと思います。

その短編は、その幽霊の子が水泳が得意で、
力を貸してもらっているうちに
二人がだんだん入れ替わっていってしまう、
という感じのものなのですが。
でも、このアンソロジーは1と2とあって、
びっくりするぐらいいい作品ばかり載っているのに
どうやら絶版みたいです。
このお話で合ってるといいんですが・・

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qこんな感じの本、ご存知でしたら教えてください

コバルト文庫、電撃文庫のようにイラストが可愛らしい本で
次のような雰囲気の本をご存知でしたらぜひ教えてください。
・「王宮ロマンス革命」のような時代や場所での恋愛物
・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
・和風、もしくは中華風恋愛物
・「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のような重い話
上記のような系統にひとつでも当てはまるものがあれば教えてください。
当てはまらなくてもこれはお勧めという本があればお願いします。
できれば文庫本がいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
>・和風、もしくは中華風恋愛物
 上記二つがあてはまる作品として、「夢の宮 月下友人」(上下)(今野緒雪・集英社コバルト文庫)をおすすめします。
 恋愛ものでありつつ、べったりな友情もあり、という美味しい作品です(笑)。
 舞台は、どことなく中華風な世界でのある国。後宮が「夢の宮」と呼ばれていて、この「夢の宮」を舞台とした、ほぼ続いていない話がこのシリーズになっています。他の巻は読まなくても話が通る作品がほとんどで、この作品もそうです。
 幼なじみで性格は反対だけど仲の良い女友達が、王宮に仕えることになってさみしくなった主人公が、王宮にある図書室で働こうとするところから話が始まります。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q唯川恵さんの本名、どなたかご存知ありませんか

今年直木賞を受賞された、唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

hakusan さん、こんばんは~☆♪

> 唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

宮武泰子(たいこ)ですね。
下記URLをご参考にして下さいませ。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml


人気Q&Aランキング

おすすめ情報