アメリカの同時多発テロ事件で空港での手荷物や航空便の荷物の検査が厳重になりました。羊水検査(細胞培養)のために送られてくる検体(羊水)がX線に照射された場合、培養した細胞に被爆等の影響はでるのでしょうか。また、通常の血清検体で何か異常値がでるような項目があるでしょうか。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シロウトで申しわけないのですが、


病院の検査でも、妊婦とか、その可能性のある人というのは、別格です。
「培養した」細胞は「培養前」の細胞ほど心配いらないと思います。

考えてみれば、テロの凶器は、ちょっと見ればわかるような金属などだから、体組織の微妙な違いを区別するX線検査とは使用量(時間)も違うでしょうね。

そもそも、そういう心配のある検体なら、X線検査をとおさず、目視検査に通す(通してもらうように申請する)のではないでしょうか。X線をつかうのは、いちいち荷物をあけるのが面倒で時間もかかり、プライバシーの問題もある、という理由だから、最初から、中を見せれば問題ない、と思います。

細胞など、検疫(というのかな)の問題もあるから、そのくらいのチェックはしていそうに思います。(テロ組織が、病原体をつかうことも考えられます。旧日本軍の731部隊が実際に計画していたことでもありますから)
オウムみたいに、ビニール袋のサリン、なんて、チェックするのは難しいでしょうね。
ちなみにX線は「被爆」でなくて「被曝」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。あわてて質問していて被曝を被爆と書いてしまったりどうかしてました。また、言葉が足らないところもありました(「培養した細胞」でなく「培養した後に」でした)。また、この業界では搬送が集配業者でなく搬送専門の業者のため、検体をいちいち目視検査にまわすことができません。結果的にはX線といってもさほど影響のない程度のものらしく、無事検査をすることができたそうです。また、先天的な異常と突発的な異常との区別もできるそうでう。

お礼日時:2001/09/17 11:15

その関係は、ド素人ですが、昔聞いた話の受け売りなんですが、空港やレントゲン検査のX線は、飛行機(国際線)で上空10万mあたりを飛ぶときに機内で浴びる宇宙線の被爆に比べると、屁でもないそうです。


確かに一瞬間、微量の線量を当てて、鋭敏なセンサで撮像するのと、何時間も被爆するのとでは比べ物になりませんね。

あと、空港でX線のきついのは、英ヒースローです。米国は環境屋さんが幅を利かせていて弱いらしい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。私も仕事柄RIを取り扱っていますが、真夏の海岸の日焼けに比べたら屁でもないとは思っています。十数年前の新婚旅行のときは確かカメラやフィルムは検査所は別に通った記憶があります。しかし、現在は大丈夫と言われて無理矢理検査に通されます。これってやはり昔と今では照射量が違ってきているのですかね。

お礼日時:2001/09/13 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPS(induced pluripotent stem)細胞誘導に用いた Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子はヒト由来ですか?

 iPS(induced pluripotent stem)細胞の誘導にOct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の転写因子の遺伝子を導入したとのことですが、この遺伝子はヒトの遺伝子なのでしょうか?
 今回のiPS細胞はヒトの皮膚の細胞に上記4種類の遺伝子を導入したとのことですが、元になるヒトの皮膚の細胞の核のゲノムにはこれらの遺伝子は存在しないのでしょうか?
 もし、ヒトの遺伝子でないとすると、何由来の遺伝子でしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したことはありません。ところが、遺伝子の発現制御というのはかなり複雑で、どうすれば特定の遺伝子の発現を自由にコントロールできるかはまだ未知の領域なのです。ですので、今回のiPS細胞では、実現可能性の検討というところで、手っ取り早く外部から遺伝子を導入して強制発現するという方法をとっているのです。
おそらくは、外部から遺伝子を導入することなくES細胞のような特性を持った細胞の作製法、あるいはゲノムに遺伝子を挿入することなく一過性の遺伝子発現だけでES細胞様の細胞を作出する方法の検討が激化するのではないかと思います。

遺伝的な特性に影響されて・・・の件もお考えの通りです。ただし、例え癌化しやすい遺伝的特性があったとしても、本当に癌化するかどうかはまた別の話ですので、「すでに」癌化した組織を培養組織と入れ替えることが無駄、というわけではないでしょう。

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したこと...続きを読む

QT細胞とB細胞はどこにいるか?

この問題で困っています。 助けてください。

Q,リンパ節の像(画像参照)を示す。 ここで起こっているのはどれか?

a 多能性幹細胞の分化
b 自己に反応するT細胞の排除
c B細胞のクラススイッチ
d 好中球による抗原提示
e 老廃した赤血球の除去


私の答えは、a 多能性幹細胞の分化 です。
なぜかというと、B細胞が活動しているところは色の黒いところです。
中は成熟T細胞がいるところだと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自分で勉強しなさい!

まあ、ヒントだけあげると、

a:造血幹細胞がどこにあるか、その分化はどこでおこなわれるか調べる:血液学か免疫学の教科書
b:T細胞、選択で検索
d:抗原提示細胞とはなにか調べる(少なくとも好中球ではない)
e:赤血球の寿命あたりを調べる

ちなみにあなたの「なぜかというと」以下は間違っている。
免疫学かなにかの教科書でリンパ節の構造をよく勉強してください。

Qガン抑制遺伝子と免疫細胞

以下の二つの点がわからないので教えて下さい。
(1)ガン抑制細胞を持っている細胞が免疫細胞なのか?
(2)ガン遺伝子を持っている細胞がガン細胞なのか?

Aベストアンサー

(1)に関してはよく意味がわからないので、(2)について回答します。

ほぼ全ての細胞は同じ遺伝情報を保有しています。その遺伝情報の中にガン遺伝子があるわけです。ですのでガン遺伝子はほぼ全ての細胞の中にあります。
癌遺伝子とは癌がもっている特徴(増殖、血管新生など)を発現させる遺伝子ととらえると良いかと思います(多少語弊があるかもしれませんが)。別に癌でなくてもガン遺伝子が働いている細胞もあります。

参考URL:http://www.tsuboi-hp.or.jp/main/HTML/PART/kensaHP/ganidensitte.htm

Q多細胞生物について説明しなさいという問題で、 2つ以上の細胞から出来ている生物って書いたんですけど、

多細胞生物について説明しなさいという問題で、
2つ以上の細胞から出来ている生物って書いたんですけど、これってまるですか??

Aベストアンサー

厳密には「○」ですが、実際問題2個の細胞でできてる生物はいてないのでねぇ・・・

生物学専攻やったおいらも知らなかったけど、多細胞生物で一番少ない細胞を持った生物は4個やそうです(v.v)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9

Qヒト細胞の遺伝子組み換え具体例

質問いたします。
遺伝子組み換え生物に関する議定書である、カルタヘナ法について勉強しています。

(1)遺伝子組み換えを行ったヒト細胞って、例えば何が挙がるでしょうか。
生殖細胞では遺伝子組み換えを行ってはいけないのでしたっけ・・・
なんだか考えれば考えるほど、混乱しています・・・。
勉強不足で申し訳ないのですが、「遺伝子組み換えを行っているウィルスはベクターとして用いているウィルスベクター」といったかたちで、ヒト細胞に関して教えていただければとても助かります。
また、
(2)「分化する能力を有する、または分化した細胞等で会って自然条件において個体に生育しないもの」とは具体的にどういったものがあるでしょうか。
(カルタヘナ法における生物以外のものの分類です)

カルタヘナ法のURLです http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html

よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

具体例と言われても、
「(遺伝子(いろんな遺伝子の名前が入る)組み換えをした)ヒト細胞」
としか言いようがないのですが。。。

もしかして、質問者様はヒトの心臓とか腎臓とかを想像していませんよね?ヒトの培養細胞ってご存知ですか?

いずれにしても、具体的に何を見ていらっしゃって何について疑問に思われているのか
あげてもらえるといいかと思います。

遺伝子組み換えを行ったヒト細胞について言及しているところがありますでしょうか?

断片でなく、カルタヘナ法のこの部分ってあればわかりやすいのですが。。。

QIPS細胞とSTAP細胞の違い

IPS細胞とSTAP細胞の違いをわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140130-00000158-fnn-soci

上記が比較的解りやすいかと思います。抜粋しますと

1.作り方
・IPS細胞→ヒトの皮膚などの細胞を遺伝子操作で作る
・STAP細胞→マウスのリンパ球などを弱い酸性の溶液に漬けて、外的な刺激を与えることで作る。

2.作り出すまでの期間
・IPS細胞→2~3週間
・STAP細胞→最短で2日程度

3.細胞がガン化する可能性
・IPS細胞→遺伝子操作をするので可能性残る
・STAP細胞→外的な刺激を与えるだけなので可能性が低い

4.胎盤について
・IPS細胞→作れない。IPS細胞から生殖細胞は作れるのですが、受精卵だけがもつ胎盤へ分化することができないといわれています。
・STAP細胞→作れる

QiPS細胞をつくるときに組み込まれる遺伝子とは?

昨日のニュースで話題になっていたiPS細胞ですが、分化済の細胞を初期化する過程で4つの遺伝子をレトロウィルスを利用して組み込ませるとありました。
この4つの遺伝子のうち1つはガン遺伝子(おそらく細胞増殖を目的としている?)だそうですが、残りの3つは何なのでしょう?調べてもよくわかりませんでした…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Oct3/4,Sox2,c-Myc,Klf4の4種類です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ES%E7%B4%B0%E8%83%9E

Qクームス血清について

RAの検査でクームス血清を使用したら陽性となりました。
その理由はどうしてなのか教えてください。

Aベストアンサー

回答がつきませんね。おそらく、専門家の方もこれだけの情報では回答できないのではないかと思います。RAの検査がどういう手法なのか、どういう状況でクームス血清を使用したのか、など補足説明が必要と思います。

私は専門家ではありませんが、これだけの情報から想像してみます。

RAの検査というのは、ラテックス凝集法でしょうか? RAに対する抗体は何が使われているのでしょうか?

クームス血清というのは、抗ヒトγグロブリン血清のことですよね?

もし、RAの検査が、ラテックス凝集法で、ラテックスの表面に、ヒトγグロブリンの抗体がコーティングされていたとしたら、クームス血清で凝集する、つまり、陽性となるのは当然のことだと思います。もし、その抗体が使われていなかったとしても、交差反応、あるいは、非特異反応で、陽性に出る可能性は十分あると思います。

的外れな回答かも知れませんが、もし学校の課題などだったら、検査の原理などから、じっくり考えてみられることをお勧めします。

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む

Q『羊水』の語源

私はどういうわけか羊が大好きです。なので『羊水』という言葉を聞くたび、赤ちゃんを守る羊水と、ひつじさんは、何か関係があるのかしら?と思ってしまいます。『羊水』はどうして『ひつじのみず』と書くのでしょうか?御存知の方、どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  大辞典を引いていないので確かにそうだとは言えませんが、次のようなことが言えます(大辞典は、個人的に仕舞ってある処から出して来るのに手間がかかるのです)。
 
  まず「羊水」というのは、英語で、amniotic fluid と言います。これは、amniote(有羊膜類[脊椎動物])の形容詞に、液体を意味する fluid でできたものです。ラテン語で、liquor amnii と言います。ラテン語の amnii は何かの語の属格だと思うのですが、amnus だと amni ですから、amnius か amnium だと思いますが、それはともかく、英語の amniote もラテン語の amnii も語源的には、ギリシア語から来ています。
 
  英語だと、amniote は、amnion と類縁語というか、同語根で、英語の amnion は、「羊膜」の意味です。そして、amnion は、古典ギリシア語の amnion から来たとされています。ここで、ギリシア語が語源であるということが出てくるのですが、No.1 の方の上げておられサイトの説明は、読みまして、どうもおかしいと思うのです。まず、どこからこういう説明をもって来たのか、出典が明記されていません。そして、次のような説明があります:
 
  >そのヒツジを袋につめるのだが、柔らかい皮の袋に入れた。
 
  まず、普通に考えて、生け贄に羊を捧げたというのは分かりますが、「羊を詰めるのに、軟らかい皮の袋」を使ったというのが、どう考えても奇妙です。羊というのはかなり大きいです。ねずみやリスぐらいの大きさなら皮の袋でもいけそうですし、葡萄酒を詰めるのに羊の皮の袋を使ったというのなら、これは聖書に出てくる、「新しい葡萄酒は新しい皮の袋に」という時の皮の袋が、羊の皮のはずで、別におかしくはないのですが、「羊を詰める皮の袋」とは何だろうかと思います。また、何故、羊を皮の袋に入れるのかも理由が書かれていません。
 
  前置きが長いですが、amnion というギリシア語の単語を Intermediate の辞書で引いてみると、「生け贄の血を貯めた・受けた bowl」と出ています。この bowl というのは円形の容器(深い鉢)のはずですが、「袋」という意味はないようです。これは出典表記を見ると、ホメーロスの「オデュッセイアー」に出てくるようで、いかにも出て来そうな言葉です。また、語源は、「不詳」と出ています。しかし、amnos,とか amnis という言葉があり、前者は「子羊」で、後者は「雌の子羊」です。「語源不詳」とはっきり書いていますから。アムノス・子羊やアムニス・雌の子羊が、単語として似ていても、違う語源であるか、または、同語根という確認がないのでしょう。
 
  ラテン語の羊膜は、おそらく amnium でしょうし、この語の語源がギリシア語の amnion だということは確実だとすると、上に述べた意味から、「羊膜」という意味が派生したか、上の意味と関連して、ギリシア語自体で、amnion に羊膜の意味があったことになります。
 
  これから先は、想定ですが、amnion と amnos, amnis は別の語らしいと辞典で表記されていても、通俗語源解釈では、両者は関連付けられたはずです。また、bowl(深い鉢)も、どこでこの言葉が出てくるか分かりませんから確認できませんが、供犠や生け贄の場面があって、そこで、血を受ける・貯める容器として、amnion が出てきたのだろうと想像できます。すると、amnion は、金属や木の容器ではなく、皮の容器であったことも可能です。bowl とは容器の形状の表示で、容器が何でできているのかまで示していません。
 
  そこからすると、amnion と amnos, amnis が関連付けられ、その関連付けの上で、「オデュッセイアー」の該当個所を読むと、生け贄が子羊であったか(これは、原文に何が生け贄だったか明示されている可能性があります。牛かも知れませんが、羊、特に子羊の可能性はかなりあります)、または受ける容器が、子羊の皮でできていたという解釈が出てきます。オデュッセイアーのなかで、すでにそういう示唆が別にあるのかも知れませんが、アムニオンとアムノス・アムニスがよく似ていますから、「犠牲の子羊の血を受ける容器」「犠牲の血を受ける子羊の皮の容器」というような解釈が行われた可能性が大きいです。
 
  胎児が出産された時、程度に差がありますが、血にまみれています。また、英語の辞書での amnion のギリシア語語源での意味表示は、amnion=CAUL とあります、caul というのは、「大網膜」のことで、「胎児が往々頭に被って出てくる羊膜の一部」とあります。この意味だと、ギリシア語で、元々「羊膜」の意味があったことになりますが、中辞典では、上の意味しか出てきませんし、以上述べて来たことからすると、amnion がいつの間にか「羊膜」という解釈をされたというか、「羊膜」のことを、amnion と呼ぶようになったのではないかという想定が出てきます。少なくとも、英語・ラテン語では、amnion が「羊膜」の語源らしいことは言えますから、(念のため、ドイツ語の辞書で引いてみると、「Amnion=羊膜」の語源は、「amnos=子羊」だとなっています)、amnion=「血を包む皮の容器」で、血が羊の血か、皮が羊の皮か分かりませんが、胎児が生まれてきた時、胎児と血を包んでいたらしい膜のことを、amnion と呼んで、これから、ラテン語の「羊膜」の amnium のような語ができたのだと想定できます。
 
  ギリシア語・ラテン語で、amnion, amnium ですから、これを日本語に訳すと、「羊膜」となるのでしょう。また、羊膜に包まれていた水のことが羊膜水→羊水というのでしょう。なお、漢語でもそう言ったのか、わたしの漢和辞典はあまり大きくないので用例が出ていません。
 

 
  大辞典を引いていないので確かにそうだとは言えませんが、次のようなことが言えます(大辞典は、個人的に仕舞ってある処から出して来るのに手間がかかるのです)。
 
  まず「羊水」というのは、英語で、amniotic fluid と言います。これは、amniote(有羊膜類[脊椎動物])の形容詞に、液体を意味する fluid でできたものです。ラテン語で、liquor amnii と言います。ラテン語の amnii は何かの語の属格だと思うのですが、amnus だと amni ですから、amnius か amnium だと思いますが、それはとも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報