労災の絡んだ休業補償の過失割合について教えてください。
労災の休業補償は特別支給も含めて80%保障してもらったんですが、残りの20%は相手保険会社から補償してもらえるんでしょうか。過失割合は相手80私が20%です(車対バイク)
この場合、残りの20%を8:2で割るのか、全体を8:2で割るのか、素人には分かりません。
残り部分についての回答が見つけ出せなくて、お分かりの方ぜひ教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 前回の回答で自賠責保険の限度額120円と回答していますが120万円の打ち間違えです、大変失礼致しました。

「回答に対するお礼」の内容を拝見致しますと、当然限度枠の120万円を超えていると思いますので総額から過失分の20%の減額となります。従って休業損害も20%減額されるとお考え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局 そうなりますか。 5ヶ月分の給料も含めての2割減は厳しいですね。 慰謝料の相場も決まっているようだし、骨折の痛さが身にしみます。

お礼日時:2005/04/21 21:58

#1.2さんの回答のとうりですね。


総額(治療費 休損 慰謝料など)120万超えていればすべて20%減額→任意保険にかかりますので厳格にあなたの過失20%を問います。 当然慰謝料
治療費も80%補償
したがって休業補償も80%労災補償のみです。
20%(あなたの過失分)不足分は補償請求出来ませんね。
自賠責120万限度枠超えてるんでしょ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更なる ご意見ありがとうございます。 事故はいつ起きるかわからないので、このコーナーにて、勉強していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 23:32

 こういう問題は相手の保険会社の担当者が詳しい説明をしないと、この枠で説明するのは難しいです。

簡単に説明しますと不足分は請求できます、但し傷害の総額(治療費・休業損害・交通費・慰謝料など)で自賠責保険の限度額120円を超えなければこのケースでは過失総裁は致しません。しかし120万円を超えて任意保険に成りますと根元から過失相殺をすることに成ります。しかし総額で自賠責保険の120万円以下には出来ませんので120円で打ち切ることに成ります。ちょっと解りにくいでしょうね、やはり全ての内容を承知して直に説明致しませんと無理が有るようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
当方、事故で右足骨折、入院1ヶ月、通院4ヶ月になります。通院のほうは継続中で。休業期間は5ヶ月です。
やはり治療が終わってから傷害の総額を決めるんでしょうね。質問項目以外の慰謝料などは他の方の質問・回答で把握できたんですが、どうしても休業補償の部分が把握できなくて

お礼日時:2005/04/21 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事故の過失割合が決まらず保険会社が弁護士を雇うことに関して

9月に人身事故に遭遇し3ヶ月経ちました。
信号のないT字型の交差点で左折待機中にトラックにぶつけられたのです。毎日、リハビリに通い会社も休職しています。
相手は全く過失を認めない事から保険会社とのやり取りが難航しています。当てられた上、怪我を負わされたにも関わらず過失割合は私が9割悪い事になっているのです。私は任意保険に入ってなかったので直接、私と相手の保険会社でやり取りしているのですが全く話が進展しません。
先週、保険会社から連絡があり今後は保険会社の弁護士を通して話を決めてくださいとの事でした。
なんかやりきれない気持ちです。相手はプロだし、こちらはど素人。どうすればいいのか困っています。
ちなみに来年の1月から仕事に復帰する予定ですが、休業賠償を含め治療費にかかった総額は現時点で約90万円となっています。

Aベストアンサー

>もし仮に過失割合が私に9割責任があったとしても治療費は
>120万まで請求できるのでしょうか?

http://www1.odn.ne.jp/~ceu55990/GENNGAKU.html

私は専門家ではありませんし、実際の事例を知らないので
自信はありませんが、原則は上のサイトの説明のようです。

後、
>優先道路を走っている車が路駐している車にぶつけた場合、
>どうなりますか?路駐している車に過失はないですよね?

この部分の補足ですが、これは知り合いの実際にあった話からです。

知り合いは、店の駐車場から車道へ出ようとして
歩道に頭を出した状態で停車。
左右確認をしようとしたらそこへ老人が自転車で突っ込んできて
怪我をした。

正確な過失割合を忘れてしまいましたが、知り合いは過失0には
ならなかったそうで、しかも人身事故扱いだったようです。
双方ともに車は止まっていたという主張でのことです。

止まっていれば必ず過失0と言うわけでは無いと言うことです。

任意無保険というのは、こういった事例でも自腹で賠償責任を
負わなければならないと言うことを忘れないでください。

>もし仮に過失割合が私に9割責任があったとしても治療費は
>120万まで請求できるのでしょうか?

http://www1.odn.ne.jp/~ceu55990/GENNGAKU.html

私は専門家ではありませんし、実際の事例を知らないので
自信はありませんが、原則は上のサイトの説明のようです。

後、
>優先道路を走っている車が路駐している車にぶつけた場合、
>どうなりますか?路駐している車に過失はないですよね?

この部分の補足ですが、これは知り合いの実際にあった話からです。

知り合いは、店の駐車場から車道へ...続きを読む

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる? 先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってま

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろの...続きを読む

Aベストアンサー

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど

その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。

Q出会いがしらの事故の過失割合と弁護士への相談

主人が出会いがしらの衝突事故を起こしました。
どちらも広い道ではないですが、信号などない交差点で
相手方の方が狭い道で一時停止の標識と止まれ表示がされている道で、
相手方がそれを無視して飛び出してきたため起きた事故です。双方怪我などはありません。

相手も一時停止を無視したのは認めていたのですが、
相手側の保険会社は、グーグルのストリートビュウで
現場を確認し一時停止の標識などない(明らかに現場と違う場所を指し
て)、といって、6(相手):4の過失割合を示してきました。
こちらの保険会社の担当者も対応が悪く、それでは現場の写真を撮って
送ってこいとの事で、車が事故のせいで乗れないので、わざわざ遠くの
現場まで電車とバスを乗り継いで行って写真を撮って送りました。
そこまでしたのに相手方は8:2の割合が限度と行ってきています。

他の事例などろいろ調べて、悪くても9:1ぐらいと思っていましたが、
双方の保険会社の対応の悪さと、事故から1ヶ月以上たってのその結果
に主人は大変怒り(新車だったのもあり)、10:0じゃなきゃ納得いかないといいだしています。
保険会社の担当者はそれでは法律相談費用補償の特約がついているから
といい、詳しい説明もなく弁護士委任状を一枚送ってきました。

このような状況にはじめてなったので教えていただきたいのですが、
弁護士に任せた場合どのような事になるのでしょうか。面倒な事に
なるのでしょうか。
それほど大きな事故でもなかったし、11月の初旬に起きた事故で、
年内には片付けたいのです。私としては面倒なことは避け
早く解決してほしいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

主人が出会いがしらの衝突事故を起こしました。
どちらも広い道ではないですが、信号などない交差点で
相手方の方が狭い道で一時停止の標識と止まれ表示がされている道で、
相手方がそれを無視して飛び出してきたため起きた事故です。双方怪我などはありません。

相手も一時停止を無視したのは認めていたのですが、
相手側の保険会社は、グーグルのストリートビュウで
現場を確認し一時停止の標識などない(明らかに現場と違う場所を指し
て)、といって、6(相手):4の過失割合を示してきました。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

普通は保険会社が事故現場の情報(写真)を得て過失見解の参考とするもので、少なくとも大手損保はよほどのことがないと契約者に現場写真を撮らせることはないと思います。見通しなどの撮り方も関係してくるからです。このことはちょっと驚きました。
通常の交差点は、双方に注意義務があります。自分の方に一停がないからと言って漫然と走行して事故に遭えば過失は発生しますので、20(あなた):80は適正な解決案だと思います。
0(あなた):100だと言っても無理難題ですし、相手があることですから1ヶ月以上たっても決着しないことなどざらにあります。相手側にしてみればご主人の意向のせいで示談にならないという言い方になるかも知れませんね。弁護士に委嘱しても裁判以外は話し合いですからもっと時間はかかるし、結局は20(あなた):80で落ち着く可能性が高いと思われます。ご主人が理解しなければ、いつまでたっても賠償してもらえないということです。
道交法は事故が発生しないように車を運転する人にはありとあらゆる事柄を強いています。要するに私たちはそれだけ危険なモノを動かしているということなのでしょう。

普通は保険会社が事故現場の情報(写真)を得て過失見解の参考とするもので、少なくとも大手損保はよほどのことがないと契約者に現場写真を撮らせることはないと思います。見通しなどの撮り方も関係してくるからです。このことはちょっと驚きました。
通常の交差点は、双方に注意義務があります。自分の方に一停がないからと言って漫然と走行して事故に遭えば過失は発生しますので、20(あなた):80は適正な解決案だと思います。
0(あなた):100だと言っても無理難題ですし、相手があることですから...続きを読む

Q交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を

交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を超えたので、任意保険から出すが、休業補償は出ないと、保険屋から言われました。これは正しいですか?

Aベストアンサー

ずっと以前は主婦=無職という考えで審査していましたので
無収入の主婦に休業損害なんてありませんでした。

でも、最高裁が主婦(正確には「家事従事者」)と言えども
それを職業と見なすという判決を出し、保険もそれに
従わざるを得なくなりました。

そこで、自賠責では最高裁の判例に従い、5700円/日を
実治療日数分出すようになったのです。

でも、任意保険では最高裁の判例では算出基準までは
出されていないので、通院日数=休業損とはみなしません。
それは丸1日病院に居て、主婦業ができないなんてありえない
という事で、2日で5700とか3日で5700円とかの計算に
しています。

また主婦業が本当にできないのかも問題にしますので
自賠責を超えたものは払わないというケースもあるのです。

Q実況見分調書で当方立会いがない場合の過失割合での交渉

これから示談交渉に入っていく状態で過失割合で相手保険会社ともめています。
相手の立会いのみで当方の意見とは全く違う内容で書かれた実況見分調書から保険会社が過失割合を決めているので、不利な状態で、こちらの異議は全然聞き入れてもらえない状態です。
事故当時入院しており足が不自由になり実況見分調書に立ち会えませんでした。入院時担当の警察が来て事故状況作成済みの調書のようなものを見せてきて修正してもらい、目撃者がいるとも言っておりました。しかし実況見分調書では相手の供述のみで作成されたものでした。当方の意見を認めてもらうべく弁護士の先生に依頼し異議申立書を作成していただいて提出しましたが、全く認めてくれません。
弁護士の先生も忙しいようで本件に関して過失割合がこちら側が大きく取られているので損害賠償金額も低くなり、少しあきらめムードの状態で「相手の保険会社が引き下がらないのでこれ以上の交渉は無理でしょう。」「裁判をしても時間がかかるのと過失割合が動く可能性は少ない。」と言われました。相手の言われるがままの状態です。
事故から3年近く立っていますがなにか私自身でできることがありますでしょうか?警察が言っていた目撃者はさがせるのでしょうか?少しでもいいので過失割合が動けばと思っています。
立ち会わなかった相手供述のみの実況見分でも過失を決めていくものなのでしょうか?大変困っています。なにかご意見ご教授お願いします。

これから示談交渉に入っていく状態で過失割合で相手保険会社ともめています。
相手の立会いのみで当方の意見とは全く違う内容で書かれた実況見分調書から保険会社が過失割合を決めているので、不利な状態で、こちらの異議は全然聞き入れてもらえない状態です。
事故当時入院しており足が不自由になり実況見分調書に立ち会えませんでした。入院時担当の警察が来て事故状況作成済みの調書のようなものを見せてきて修正してもらい、目撃者がいるとも言っておりました。しかし実況見分調書では相手の供述のみで作成...続きを読む

Aベストアンサー

>限界旋回速度が35km程度であり、車両の損傷が軽微であることからは、低速度での衝突と捉えられます。という前回の補足からずっと考えていました、(1)から(2)まで時速57Kmで走行中の車がノーブレーキで(3)まで12.8mの間に時速35kmまで減速するはずないですよね?もし(3)まで減速してブレーキをかけているなら空走距離というのが発生せず衝突しませんし。これを証明させる回答をしてもらわないといけないですね。

・各項目についての相手の見解を書面にて提示してもらう事ですね。
書面の回答が妥当性の無いものなら、
それを証拠として「紛セン」にて提示出来ます。

※あとは自分の主張との相違点を「判断」してくれるでしょう。
紛センの予約は状況によっては数ヶ月待ちになる事もあるので、その点も念頭において交渉にあたった方が良いです。



>前回の自賠責保険側の回答の判断内容も、
道路交通法第25条2の1項を出し、基本的に道路外から進入した私の過失が大きい。
しかし、相手が前方を十分注視していれば、道路外からの進入車両があることをその合図や速度の変化等により認識する事は可能であり、これに対して注意を払う義務があるものと解されます。
私の動静に十分な注意を払って、安全運転に万全を尽くしていたとまで評価する事ができません。よって、相手車は自動車の運行に関し注意を怠らなかったとは言えず私に対し損害賠償責任を負うものと判断しました。
ただし、私には不適切な道路進入方法により道路を走行する車両の進行を妨げ事故の主たる原因を作出した重大な過失が認められること。といった内容で判断してきています。
すごく変な内容ですよね?

・停止状態ではなく、進入時接触と解釈されているのですね。
※実況見分調書を根拠としているのでしょうか。

あとは弁護士の無料相談等で、相手の主張と併せて
「客観的に見て矛盾点の有無」を見てもらうと良いでしょう。

>限界旋回速度が35km程度であり、車両の損傷が軽微であることからは、低速度での衝突と捉えられます。という前回の補足からずっと考えていました、(1)から(2)まで時速57Kmで走行中の車がノーブレーキで(3)まで12.8mの間に時速35kmまで減速するはずないですよね?もし(3)まで減速してブレーキをかけているなら空走距離というのが発生せず衝突しませんし。これを証明させる回答をしてもらわないといけないですね。

・各項目についての相手の見解を書面にて提示してもらう事ですね。
書面...続きを読む

Q物損の過失割合と人身の過失割合について

先月、乗用車との接触事故にあい人身事故扱いになりました。
私は自賠責保険のみで相手は会社の任意保険で話しを進めています。
ここまではいいのですが、相手の保険会社の人身事故担当者から連絡が入り、過失割合は80(私):20(相手)といってきました。その後、物損担当者から連絡があり過失割合は90(私):10(相手)と主張しています。同じ保険会社なのに人身と物損で過失割合が変わるなんて事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

人身と物損で過失割合が変わることはありますが、同時進行しているのであれば、人身と物損の割合が違う理由を担当者に尋ねて下さい。

Q車事故。過失割合の交渉について教えて!

車事故。過失割合の交渉について教えて!

例えば過失割合が100対0や、900対10のとき、
過失の大きな相手がこう言ってきたらどうしますか?

「過失割合は50対50にしよう。もし嫌なら交渉しないぞ。」

「そうすればアンタは1円もお金をもらえないぞ」


相手にずっと電話をかけ続けても無視され続けたら困りますよね?
保険会社同士だとそんなことにはならないのはなぜですか?


過失割合が100に近い相手は、ほとんど自己負担ですよね。だからわざと交渉を長引かせて
俺のいうことを聞かないと、もう交渉しないよ。そうすればお前は1円も手に入らない
と言うことができるのではないか?ということです。

裁判以外で、解決する方法はありますか?

ぶつけられた被害者のほうが、、加害者に電話をかけて
何とか交渉してくださいと頼まなくちゃいけないのでしょうか??

Aベストアンサー

>保険会社同士だとそんなことにはならないのはなぜですか?

保険会社は、過去の判例に照らして契約者の過失割合、被害者の損害額を算定し、示談交渉を行います。
過去の判例から大きく逸脱し被害者から提訴された場合、判例等に基づき下された金額を賠償しなければならないだけでなく、被害者側の訴訟費用まで負担しなければならない可能性が高くなりますので、あまり極端な話にはなりません。(契約者が保険会社の説明を受け入れなかった場合は別ですが…)

>俺のいうことを聞かないと、もう交渉しないよ。そうすればお前は1円も手に入らないと言うことができるのではないか?

示談交渉とは、当事者間での話し合いによる解決です。「交渉事」ですから、どちらがイニシアティブをとるか。当然とった方が有利に交渉できます。
実は、保険会社もそうなんですよ。加害者側の保険会社は、「判例等に照らしてこの過失割合・損害額が妥当です」といいますが、お金を払う側ですから、「当方は正当な賠償額を提示しています。合意されないのなら、賠償金はお支払いできません」となります。

>裁判以外で、解決する方法はありますか?

人身事故であれば、相手方の自賠責保険に請求すれば自賠責保険の限度額までは支払われますし、相手が自賠責保険に加入していない場合でも、政府保障事業(損害保険料率算出機構)へ請求すれば自賠責保険と同水準の賠償は受けられます。

しかし、物の損害については、自賠責・政府保障事業共に対象外です。

調停や和解を申し立てても、相手にその気がなければ不調に終わります。最終的には裁判で決着をつけるしかありません。
ただ、裁判で判決が確定しても相手方が支払うとは限りません。
その場合は、支払督促・財産の差押えをという手続きを踏まなければなりませんし、最悪相手方に差押えるべき財産がない場合は、お手上げになります。

つまり、「自分のことは自分で守る」=「車両保険や人身傷害保険に加入する」ことでカバーするということになります。

理不尽なことかもしれませんが、法律は万能ではありません。
あなたは青信号で横断歩道を渡っていました。そこへ赤信号を無視した車が猛スピードで突っ込んできました。
衝突した場合、あなたは道交法に守られ、過失0となるでしょうが、命の保障はありませんね。「道交法」というコンクリート壁が車の前に立ちはだかってあなたを保護してくれるわけではないのです。命を守ろうと思えば、法律の遵守だけでは足りないこともあります。暴走車に対しても注意を払わなければならない、それが現実なのです。

ただし、民事上の賠償責任や道義上の責任を果たさない加害者が、自動車運転過失致傷罪・建造物損壊罪に問われた場合は、当然その処罰が加重されます。

よって、そのようなケースでは、被害者は軽症で通常物件事故として処理する事故であっても警察に人身事故の届出をして対抗すべきです。

>保険会社同士だとそんなことにはならないのはなぜですか?

保険会社は、過去の判例に照らして契約者の過失割合、被害者の損害額を算定し、示談交渉を行います。
過去の判例から大きく逸脱し被害者から提訴された場合、判例等に基づき下された金額を賠償しなければならないだけでなく、被害者側の訴訟費用まで負担しなければならない可能性が高くなりますので、あまり極端な話にはなりません。(契約者が保険会社の説明を受け入れなかった場合は別ですが…)

>俺のいうことを聞かないと、もう交渉しないよ。そ...続きを読む

Q過失割合として何割が妥当でしょうか?

先週、物損事故を起こし、前にもここで質問した者です。今は処理等を保険会社にお任せしているのですが、相手がかたくなに私の方に100%の過失があると譲らないらしく、保険会社さんも困っているようです。そんなこんなで、もしかしたら私の過失割合が高めに落ち着くかもしれません。ふつう、次のような事故を客観的に見たとき、どのくらいの過失割合が妥当なのでしょうか?
過失割合を出すのはいろいろな要素が絡み単純でないことは承知してますので、目安で結構です。
・ト字型の道路で、私が右方向から左車線へ右折合流する際に、左車線を直進してきた相手車両と接触した。右車線を走る車(対向車)が行き過ぎるのを待つのに気をとられすぎたため。
・カーブ直前だったため、直進中の相手車もスピードを落としていた。
・晴れて見通しは良好。
・相手車、自車とも、損傷はヘッドライトと前部側面のへこみ。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

右折時の右方確認は基本中の基本ですから、それを怠ったあなたの過失割合は大きいです。ただ、直進する車にも前方注意義務がありますから、相手の過失割合は0にはなりません。

この場合の過失割合は、よくて8(あなた):2(相手)、普通9(あなた):1(相手)でしょう。
合流道路が本線か(センターラインが交差点内に入っているか)でも少し変わってくると思いますが、直進優先は基本ですからこの場合でもあなたのほうが過失割合が高いということは変わらないでしょう。

相手者は左から車が来ることを感知して、最悪停車すればよかったわけですが、それをしなかった結果ぶつかったのです。「なぜ本線を走っている車が止まる必要があるのか!」などという人は免許を持つ資格がありません。ドライバーの義務は、いかなる状況でも事故を発生させないような運転を心がけることです。可能な範囲での対処をすべて行っても防ぎようがない事故でない限り、過失割合0というのはありえないのです。その能力を持つと判定された人に対して国は免許証を発行しているわけですので「優先道路だから止まる必要などない」と思っている人はすぐ免許証を返上すべきですね。

アドバイスとしては、右折時は「鼻を出しておけばいい」のです。運転マナーとしてはあまり褒められたものではないのですが、「急に出てきた右折車にぶつけてしまった」場合と「すでに道路に出てきて止まっている車にぶつけた」場合では、後者のほうが直進車にとって不利ですから・・・。
マナー悪くしたほうが有利というのもなんか理不尽ですが、これも事故を防ぐための措置です。先述したとおり「事故をしないことが第一」であります。

右折時の右方確認は基本中の基本ですから、それを怠ったあなたの過失割合は大きいです。ただ、直進する車にも前方注意義務がありますから、相手の過失割合は0にはなりません。

この場合の過失割合は、よくて8(あなた):2(相手)、普通9(あなた):1(相手)でしょう。
合流道路が本線か(センターラインが交差点内に入っているか)でも少し変わってくると思いますが、直進優先は基本ですからこの場合でもあなたのほうが過失割合が高いということは変わらないでしょう。

相手者は左から車が来るこ...続きを読む

Q弁護士同士の示談交渉には、どんなメリットがあるのか

現在まで、2事件について弁護士同士の示談交渉をしていましたが、互いに?依頼人にメリットのある主張で平行線を辿りました。相手がこれまで言ったこと、行ったことを否定したり、虚偽の主張をしていたからです。そこで、1件は提訴に踏み切りました。
さて、相手の弁護士に当方から文書を出すとこちらの依頼した弁護士を通すように返答されました。残りの事件で、私が相手方弁護士と交渉しようと思っているのですが、こちらが本人だと、一般的に相手方弁護士は返答をよこさないなど無視したり、軽くあしらったりするのでしょうか?
弁護士同士の示談交渉のメリットは、よく分からないのです。デメリットは、費用がかかる、こちらの言い分や証拠を詳細に伝えられない、相手方弁護士は依頼者の利益になるよう平気で(依頼人と打ち合わせて?)虚偽の証言をするなど、デメリットばかりが目に付くのですが。いっそ裁判の方が手っ取り早いと思うのですが、弁護士を通しての交渉にはどんなメリットがあるのでしょうか?
もちろん、当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、法に照らして交渉する自信はあるのですが。

Aベストアンサー

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてどのような判決になるかが分かっています。
お互いの弁護士は最終的に訴訟になった場合、どのような結果になるのかは織り込み済みで交渉しています。

守る側は、「依頼人の最大限の利益のため」ということで、一応ポーズとして「有ること無いこと、ウソ八百」並べ立てます。
時間がかかります。
で、それがイヤで適当なところで手を打つ、ということになれば、相手方にとっては利益になります。
こちらとしては時間がかからずに済みます。

また、訴訟ということにすれば、相手はどんな理屈を付けようが、控訴、上告までできます。
もちろん負けを承知の上です。
で、時間がかかるし、裁判費用もかさみます。

時間つぶしはイヤだ、余計なお金は使いたくない、というのであれば示談です。
その落とし所を捜すのが弁護士の仕事です。

仮にあなたと相手方弁護士が対峙したとします。
あなたは相手方弁護士の主張をことごとく論破しようとするでしょう。
膨大な時間がかかります。
あなたはそれに時間を割かなければなりません。
その間他のことはできなくなります。

もし弁護士を頼んでいれば、弁護士に資料を渡すだけで済みます。
もちろん弁護士費用はかかりますが、あなたは別のことをすることができます。

そこのところをどのように判断するかでしょう。

まあ、弁護士にとっては示談だろうが訴訟だろうが同じです。
時間的なことからすれば、早く示談にしてしまいたいと思うでしょう。
そこには「社会正義の実現」なんてことはありません。
効率の悪いことはしたくないんですよ。

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてど...続きを読む

Q事故過失割合について納得いきません1ヶ月程前、事故にあいました片側1車線の割とせまめの道、制限速

事故過失割合について納得いきません
1ヶ月程前、事故にあいました
片側1車線の割とせまめの道、制限速度40kmの道の反対車線が渋滞中で私が時速30km程で走行中、渋滞の切れ目から、反対車線側の駐車場からバックで出てきそうな車が見えました(発見時は駐車場内)

こちらに気付いている感じがなかったのでクラクションをならし減速し、相手の運転手がこちらを見て車が止まったのを確認し、ここで止まっても相手の車が入れない距離だったので
危ないなぁと思いながら左側に寄って20km程の速度で通過したところ相手が急にバックしてきて自分の車の右中から後方部に接触しました

相手は60代で、こちらを見て後方確認もしていた。そちらがぶつかってきた。どうしてくれるんですか?と、終始被害者のような感じで謝罪もありませんでした

先日、保険会社から過失割合を言われ、8:2との事でした(相手が8、私が2)
こちらは、生後3ヶ月の乳児を乗せていたので、終始走行速度も遅く、反対車線の間から飛び出しがあるといけない、と、危険予知をしながらの中で減速もして左側に寄って通過中にぶつけられた感じです

駐車場から車線をまたぎ、さらにバックで車線に入ってくるのは相当な危険運転だと思いますし、こちらを見ていたのならぶつけてきたともとれます

それで過失割合が8:2なのが納得いきません

このような場合でも8:2が妥当なのでしょうか?

修理代金はこちらが40万(ホイール交換、フェンダー板金)、相手が10万との事です

事故過失割合について納得いきません
1ヶ月程前、事故にあいました
片側1車線の割とせまめの道、制限速度40kmの道の反対車線が渋滞中で私が時速30km程で走行中、渋滞の切れ目から、反対車線側の駐車場からバックで出てきそうな車が見えました(発見時は駐車場内)

こちらに気付いている感じがなかったのでクラクションをならし減速し、相手の運転手がこちらを見て車が止まったのを確認し、ここで止まっても相手の車が入れない距離だったので
危ないなぁと思いながら左側に寄って20km程の速度で通過したところ...続きを読む

Aベストアンサー

妥当だね、相手はあなたが無理やり通り抜けたと証言していると思ってください。
両者の言い分を判断すれば保険屋はそんな割合を出すでしょう。
ドライブレコーダーがあれば多少あるほうが有利になる可能性はあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報