ジャマイカは、1494年5月4日にコロンブスによって発見され、コロンブスはスペインの国王と女王の名の下にジャマイカを本国に併合したそうですが、スペインによる統合が始まったのは1569年のエスキヴィルの征服からだそうで、それまでの55年間は手付かずのままだったのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コロンブスの新大陸発見に伴うスペインの対応は、植民地経営のノウハウがないこと、関連法規がないこと、新大陸との連絡(往復)に時間がかかることなどから、現代の我々が一年でやることは5年ー10年かかっていたと思われます。

そういう意味でコロンブスがジャマイカを
発見してから植民地経営の途中でイギリスに譲渡するまで島の開発は継続されていたと考えるべきでしょう。
年表による主要な出来事は次の通りです。

1494 コロンブスがジャマイカを発見。
1509 ジュアン・デ・エスキベルが、初代スペイン長官となる。
1510 セビーヤ・ラ・ヌエヴァ建設。
1534 スパニッシュ・タウン建設。セビーヤ・ラ・ヌエバを捨てる。
1655 ペン提督のイギリス遠征部隊上陸。スペインが条件付で降伏する。
1660 スペイン人が最終的にジャマイカから追放される。
1670 ジャマイカがイギリスに譲渡される。この年から英領ジャマイカの歴史が始まる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
わざわざ調べてくださったのですか?
助かりました。

お礼日時:2005/04/23 01:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモヒートにあるラム酒をさがしています。自宅の庭のミントも順調に成長して

モヒートにあるラム酒をさがしています。自宅の庭のミントも順調に成長しているので、今年はモヒートを庭で楽しむつもりです。ハバナがお勧めとの声もありますが、ほかにお勧めのラム酒はありますか?それとホワイトラムが基本でしょうか。 ゴールドでは?

Aベストアンサー

 キューバ人が良く来るお店で飲んでいました。
モヒートにするにはハバナクラブの3年もの(ホワイトラム)
これが一番です。
 ラム酒特有の芳香があり、上質なラム酒を感じながら飲めます。
キューバでは外貨獲得輸出用ですが、まじめに丁寧に
作っている酒だと感心してます。
 ハバナクラブを飲んで、第三世界では特筆すべき
医療制度に貢献したと思えば、さらに楽しめます。
 ハバナクラブは5年物と7年ものなども有りますが、
ゴールドでモヒートしたら、もったいないと怒られました。
是非ハバナクラブを楽しんでください。
 7年物はロックで、あまり飲み過ぎないように。

Qコロンブスが新大陸を発見しましたが、スペインにどのような変化を与えたの

コロンブスが新大陸を発見しましたが、スペインにどのような変化を与えたのか。

また、現在のスペインにどのような影響を与えたのかを知りたいです。

Aベストアンサー

コロンブスエクスチェンジ(交換)という言葉があります。
この言葉で検索してみてください。

コロンブスによってユーラシア大陸とアメリカ大陸で交換されたものがたくさんあります。
アメリカ大陸から持ち帰った有名なものは
・ジャガイモ
・トマト
・唐辛子
・カボチャ
・煙草
などです。

イタリア料理がトマト料理のようなイメージがありますが、イタリア料理にトマトが取り入れられたのは200年前です。

中国や韓国料理で唐辛子をたくさん使いますが、これもコロンブスのおかげで比較的新しい文化と言えます。

肝心のスペインですが、影響としてはいち早くアフリカ経由でインド航路を開拓したポルトガルに対抗できる新たな富を得る航路を手にして国が発展したということでしょう。
文化についてはよく知りません。

Qラム肉に添えるミントソースの美味しいレシピを教えてください

 ラム肉が大好きですので、先日ミントソースを作ってみました。ところが超マズ! レシピの配分は以下の通りです。
 ミント 2P
 蜂蜜  大2
 赤ワインビネガー 大1
 オリーブオイル 大2
 
 蜂蜜の甘さが勝ってしまったためビネガーを追加したのですが、味が今ひとつボケた感じです。結局柚子胡椒をつけていただきました。(これは美味しかった。(^^)

 ミントの種類や量が問題では、と個人的には考えているのですが、どなたか美味しいレシピをご存じないでしょうか? それとも、もともとが料理が不味いので有名な(ごめんなさい)イギリスの料理らしいので、こういった味なのでしょうか?

 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

材料は、

ミント(スペアミントが望ましいですが、ペパーミントでも大丈夫です)
砂糖
白ワインビネガー

熱湯
場合によっては、レモン汁

です。

量の目安としては、

ミントのみじん切り    1カップ
砂糖           大さじ3
ワインビネガー      1/2カップ
塩            大さじ1
熱湯           1/2カップ

といったところです。

ボウルにミントのみじん切りを入れ、そこにに砂糖をまぶして、すりつぶすようにして混ぜます。
さらに、塩、ワインビネガーを入れて良く混ぜ合わせたら、広口ビンなどに移します。
そこに熱湯を加えて、ふたをし良くシェイクします。
2時間ほど置き、味をなじませたら完成です。

ワインビネガーの量を少し減らして、レモン汁を入れるとよりさっぱりとした感じになります。また、塩、砂糖の分量は熱湯を入れる前の段階で味見をして調整してください。

Q英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノ

英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノルマンディなどに領土を持っていたことが原因といわれています。しかし1453年に百年戦争が終ったあと、英仏の国境が確定したと歴史の本で読んだことがあり、イギリスはフランスにある領土を失ったと思うのですが、その後イギリスはフランスのかつての領土奪還をあきらめたのでしょうか

Aベストアンサー

ノルマンジー周辺に領地を持っていたノルマンジー公が、イギリスに渡ってイングランドを造り、その後スコットランド・ウエールズ・アイルランドを併合して行きました。
ノルマンジー公はフランス王権についても継承順位を持っており、王権争いが英仏戦争の理由にもなりましたが、結果的にフランスでは反逆者となってしまったので、領地を没収された形になりました。

その後領地奪還を諦めた理由としては、海峡を挟んで進出したとしても陸からの攻勢に守り難い地形であり、そのリスクを負って軍事力を行使する程豊穣な土地では無く、それ以外に進出する地域が沢山あったと言う事でしょう。
欧州においても、フランスから奪取したジブラルタルについては、その地域的戦略性の高さから未だに権利を譲りませんし、マルタ島についても同様にフランスから取り上げかなり最近まで領有していました。

Qラムレーズンに使うラム酒は?

干しぶどうをラム酒に漬けて、ラムレーズンを漬けようと思っているのですが、ラム酒を何にするかで悩んでいます。
マイヤーズ・ラムが手に入りやすく、本を読んでも「香りもよく最高級品だ」と書いてあるのですが、ある料理研究家の本には「私はオールドジャマイカ・ラムを使っている」と書かれていて、これも使ってみたいと思っています。でも、オールドジャマイカは手に入れにくいのです。
ラムレーズンにはどちらが向いているのでしょうか。最後は好みの問題になるとは思いますが、それぞれどのような特徴があるのか、利点は何かなど教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは。
結論から言うとどちらもラムレーズンに適したというか合うと思います。
どちらも実家の母が漬けたことがあるようで聞いてみましたがマイヤーズの方がぶどうの香りが生きてる気がする、とのことです。
仰せの通り好みになると思いますが

マイヤーズ(MYERS'S)-----------------------------
華やかな風味と、カラメルを連想させる芳香をもつダーク・ラムで製菓にもよく使われる。プレミアム・ホワイトもダーク・ラムと同じ製法でつくるが、熟成ののちにチャコール・フィルターで丹念に濾過しているため、無色で口当たりがよりスムーズに仕上がっている。

オールド・ジャマイカ(OLD JAMAICA)---------------
社製品は、樫樽での熟成期間の長いことにかけて、定評がある。ゴールドは、樽材から溶出した成分による自然の色を持ち、着色料は使わない。いずれも製菓用に適していて、輸入の大半は製菓業者が買っている。

とありました。
とりあえず手に入りにくいのであれば前者で漬けてみてもっと香りが・・・とか思ったら後者を手に入れて漬けてみてはいかがでしょうか?
答えになっていなければすみません。

下記にラム酒について詳しく書かれていますので参考になさってください。o:*.。○

参考URL:http://www.siregenuine.com/rumbrand.htm

こんばんは。
結論から言うとどちらもラムレーズンに適したというか合うと思います。
どちらも実家の母が漬けたことがあるようで聞いてみましたがマイヤーズの方がぶどうの香りが生きてる気がする、とのことです。
仰せの通り好みになると思いますが

マイヤーズ(MYERS'S)-----------------------------
華やかな風味と、カラメルを連想させる芳香をもつダーク・ラムで製菓にもよく使われる。プレミアム・ホワイトもダーク・ラムと同じ製法でつくるが、熟成ののちにチャコール・フィルターで丹念に濾過して...続きを読む

Qオーストリア併合下のユダヤ人と日韓併合下の朝鮮人

ナチスドイツがオーストリアを合法的に併合した際、すむ場所や土地を失ったユダヤ人は日本やアメリカに亡命しました。
ドイツに亡命したユダヤ人はいなかったと思います。
日本が朝鮮を合法的に併合した際、住む場所や土地を失った朝鮮人は日本に移住しました。
この違いは何故でしょうか?
ナチスはユダヤ人を差別弾圧しましたし、日本は朝鮮人を差別弾圧しましたが、何故朝鮮人が日本にきたのか理由がわかりません。朝鮮人はユダヤ人よりも判断力が低いバカなのでしょうか?

Aベストアンサー

>この違いは何故でしょうか?

この違いは、ひとえに「弾圧」と「差別」の違いです。

ある国が別の国を併合する(占領するでもいいですが)場合、その後の統治にはいくつかの種類があります。
Aひとつはその国の政府を認め、統治を任せる代わりに本国に一定の金額(または資源など)を治めさせる
Bその国の政府を解体し本国から統治者を送るが、行政や法律などは統治機能は原則的にそのままにする
Cその国の政府も統治機構も完全に解体し、本国の完全統治を行う。その場合は、市民権の剥奪や財産権の剥奪などもある
Dその国の国民はすべて奴隷扱い(二級市民)扱いにし、本国からやってきた入植者にすべての権利を与える
などです。

日本の朝鮮併合はBからCに順次移行し、その代り朝鮮市民の財産権などは可能な限り保護しています。
ナチスはユダヤ人に対してはほぼDの状態を導入し、その後虐殺していくわけです。

具体的には、1931年のニュルンベルク法によって、ユダヤ人の公民権停止、企業活動の停止、公職追放などが規定され、ドイツ国内でのユダヤ人は南北戦争以前のアメリカの奴隷と同等の価値になっていたのです。
そして1938年にオーストリアがナチスに併合されるわけですから、オーストリアに住むユダヤ人にとってはドイツに逃げることは、奴隷になりに行くのと同じだったわけで、それはありえない選択だったのです。

日本の場合は、ドイツとオーストリアの併合そのもの(ユダヤ人を除く)と同じで、朝鮮人であっても権利は守られましたし、教育も受けることが出来ました。オリンピックには(日本人としてですが)普通に出ることもできたのです。
併合された側から見て、これが「善」だったといえるのかは分かりませんが(少なくとも日本人が善意だったというのは傲慢すぎると思う)朝鮮人にも市民権があり、国民として守られたことは事実です(同時に義務として徴兵などもされました)

ですので、ドイツと日本の併合は言葉は同じでもとりわけユダヤ人にとっては意味がまったく違います。もちろん日本人も朝鮮人を差別したのですが、ユダヤ人差別のように公民権を取上げ企業活動を出来なくしたりはしていません。そのようなことをしたら、生きていくことができなくなるわけですから、ユダヤ人がドイツに逃げることはありえなかったのです。

>この違いは何故でしょうか?

この違いは、ひとえに「弾圧」と「差別」の違いです。

ある国が別の国を併合する(占領するでもいいですが)場合、その後の統治にはいくつかの種類があります。
Aひとつはその国の政府を認め、統治を任せる代わりに本国に一定の金額(または資源など)を治めさせる
Bその国の政府を解体し本国から統治者を送るが、行政や法律などは統治機能は原則的にそのままにする
Cその国の政府も統治機構も完全に解体し、本国の完全統治を行う。その場合は、市民権の剥奪や財産権の剥奪など...続きを読む

Qジャマイカの雨季シーズンの旅行(8月下旬)

8月下旬から9月上旬にかけてジャマイカ旅行を計画しています。しかし、ジャマイカでは雨季シーズンにあたるので今迷っているところです。このシーズンのジャマイカは日本の雨季のような状態なのでしょうか?ジャマイカの太陽が十分に楽しめないくらいですか?不愉快になるほどの雨でしょうか?降水量からではなかなか現地の想像がつきません。どなたかこのシーズンのジャマイカの様子を知っている方がいらっしゃいましたら回答していただきたいです。

Aベストアンサー

ジャマイカへは雨季を避けて行ったので経験はありませんが、カリブ海沿岸諸国(メキシコ、ガテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、ニカラグア、パナマ)やドミニカ共和国での経験はあります。

結論から言えば計画を変更できないなら行くべきです。
この地域の雨はスコールの一種で午後2~4時ごろにかけて車のワイパーが効かないくらい激しく降ることがあります。しかし、ちょっと雨宿りをしていれば1時間ぐらいで通り過ぎます。暑いときの雨は瞬間的に行動を
制限されるだけのものです。このような雨も含めて
ジャマイカだと思えば済むことです。日本の雨季とは全然違います。もっと男性的というかカラっとした雨です。

不愉快かどうかは個人の問題ですからね。私は雨は大好きで気にしたことはありません。

Q1910年から1945年の間、日本は韓国を併合していたことを学びました

1910年から1945年の間、日本は韓国を併合していたことを学びました。日本は韓国に対してどんなことをしてあげたのですか?またどうしてその時の事を恨んでいる方がいるのですか?教えてください。お願いします。お恥ずかしいことですが私は子供ニュースを見ている程度です。その程度の回答でお願いいたします。

Aベストアンサー

 少し長くなりますし、こどもニュースよりは難しいかもしれません。
 わからない点については、再質問してください。
 文字数の関係で、日韓併合の全体像と、現在の韓国の国民感情を別の回答とします。

1、日韓併合前後の実態

 日韓併合は、1910年
 第一次世界大戦は、1914年から1918年
 関東大震災は、1923年
 世界恐慌発生は、1929年

<日韓併合までの朝鮮半島>
 朝鮮半島は「両班」と呼ばれる大地主が貴族として農地を所有し、中央政権を運営していて、国民の大多数は、この大地主のもとで、一生を農地と共に終える農民社会でした。

<日韓併合後>
 この朝鮮半島の貴族社会が、1910年日韓併合によって崩壊し、朝鮮社会に大変革が始まりました。

 広大な植民地や国土を持つ欧米列強に対して、狭く資源の少ない限られた国土しかない日本が、激烈な生存競争をして行くためには、限られた国土を徹底して開発し、土地を効率的に利用し、国民の力を結集しなければなりません。
 そこで、「両班」を消滅させ、土地に縛られた農民を日本国民として、直接政府の元に置き、社会資本を投下して、全土の経済開発を行いました。

 社会の効率化の過程で、潜在的な過剰人口を養ってきた両班を核とする農村共同体が崩壊し、食えなくなった農民が、第一次世界大戦の軍需特需とヨーロッパの工場の破壊によって生まれた、日本本土の爆発的好景気と労働力不足を背景に、朝鮮半島から日本本土へと移動し始め、またたく間に急増しました。


2、朝鮮半島併合の時代背景

 日本は、当時一等国と呼ばれたイギリス・アメリカ・フランスに比べて支配地域が遥かに小さいため、イギリスなどのように植民地を未開発のまま薄く搾取する政策を取るのでは、これらの国に対抗できませんでした。
 そのため、支配民族のレベル向上による独立運動激化のリスクを知りつつも、支配地を徹底的に開発することで、日本の国力向上を目指しました。(独立運動激化:有名な例としては、ナポレオンが、ドイツを勢力圏としてフランスの革命思想をドイツに広めた結果、ドイツ人のナポレオン=フランス排除の機運が盛り上がりました。)

 ですから、イギリスがインドで藩王などの旧支配者を温存し、間接支配の形を取って、イギリス支配によるインド社会の変化を出来るだけ小さくして、波風の立たない体制を作ったのに対して、日本は、朝鮮の支配階級で大地主でもあった「両班」(ヤンパン)を崩壊させ、朝鮮人一人一人を日本人として直接日本政府の中央集権体制のもとに置き、教育制度も完備しました。
(尚、この政策は、民族としての過去・歴史を持たない台湾では、相当な成功を既に収めていました。しかし、1000年以上もの間、民族としての歴史を経験してきた朝鮮社会に対して適用できるのか、かなりの冒険でした。)

 その結果、韓国は封建的な隷属社会から脱皮して、個人が社会全体を把握して行動する近代社会に移行しましたが、日本に対する朝鮮ナショナリズム(=反日運動)も育ちました。


3、朝鮮半島併合の評価
 =評価は、個人の価値観の影響が大きい。以下は私個人の評価と見てください。(私は出来るだけ客観的に見ようと意識していますが、それが出来ているかどうかの判断自体も、読む人、個々人の価値観によると言えます。)

A.朝鮮半島全体でみれば、日本の資本により開発が進んだが、社会システムが大きく変わったので、個人レベルでは、大損したり生活苦に直面した人も多数出た。

B.もともと指導者・知識人階級でもある「両班」階層が日韓併合で没落したため、朝鮮半島の伝統・独立性を守る反日運動の中核となった。(=元の支配者層なので、没落したとはいえ、教育程度は高くリーダーシップも持っていて、社会に対する影響力は大きかった。)

C.農村では食えなくなった人々が多数日本に流入し、今日の在日問題の原因の一つとなった。

D.相当根深い反日運動にもかかわらず、日本人化政策はかなり進んだ。
 朝鮮志願兵部隊がアメリカ相手に、「天皇陛下万歳」と叫んで突撃した例もあるように、日本人化が進んでいて、あと二十五年(一世代分)日本との併合状態が続けば、「朝鮮独立」はなかったのではないかという評価もあるようです。
 → 韓国からは大反発を食らい、日本の国益にもならないということで、日韓双方の学者は、あまり大きくそのことを指摘することはないですが。(著書のどこかに、二~三行書き加えてある程度。)

 少し長くなりますし、こどもニュースよりは難しいかもしれません。
 わからない点については、再質問してください。
 文字数の関係で、日韓併合の全体像と、現在の韓国の国民感情を別の回答とします。

1、日韓併合前後の実態

 日韓併合は、1910年
 第一次世界大戦は、1914年から1918年
 関東大震災は、1923年
 世界恐慌発生は、1929年

<日韓併合までの朝鮮半島>
 朝鮮半島は「両班」と呼ばれる大地主が貴族として農地を所有し、中央政権を運営していて、国民の大多数は、この...続きを読む

Qジャマイカの歴史 本

私は、過去に『ジャマイカ楽園の真実 life and debt』というDVDを見た事がありますがとても印象に残るDVDでした。

ジャマイカという国は海が綺麗で自然がいっぱい音楽にあふれた自由な国。と皆さん憧れをもつと思いますが真実は色々な苦労がある国だと思います。
私はもっとジャマイカの歴史について、
わかりやすくまた、もっと真実を知りたいのですが
どのジャマイカ の本やDVDを探しても ReggaeMiusicの本やDVDしか
見当たりません。
どなたか、ジャマイカの歴史について書かれている本もしくはDVDをご存知でしたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

ジャマイカ日本人会へ
メールを送る事をお勧めします。
検索かければヒットします。

Q日本の韓国併合、中国のチベット併合(自治区化)

昔、日本が韓国を併合したことがあります。
1950年に、中国がチベットを軍事制圧、その後併合して自治区とし、現在に至っています。

A.日本が韓国、朝鮮にしたこと
B.中国がチベットにしたこと、していること

日本と中国、どちらが悪いことをしていますか。あるいは、いいことをしていますか。教えてください。

Aベストアンサー

A日本が韓国、朝鮮にしたこと
・創氏改名を強制。
創氏(名字を夫婦などで同じにすること)は強制で あったが改名(日本人の名前にする)は強制ではありませんでした。しかし、改名しないと周りから差別されたりしてやむをえず改名したというケースが多いそうです。韓国は日本以上に家族や家というものを重視する文化があります。よって創氏改名は韓国に人々に屈辱を与えました。
・戦時中に徴用
戦時中に、朝鮮半島に人々を日本に連行し樺太や北海道や九州などの炭鉱のような場所で酷使しました。過労死もたくさん出ました。
・神社参拝を強制
神社への参拝すなわち神道の崇拝を強制し、このことが韓国の人々に屈辱をあたえます。
・インフラなどの整備、
日本の統治時代に、朝鮮半島のインフラを整備したりしました。
また、朝鮮の人たちに読み書きを教えたりしました。
しかし、それらのことは日本にとって統治しやすくするためにしたことです。インフラを整備したりなどいいこともしたのだから感謝しろみたいなことを言う人はいますが、朝鮮の人々に不快な思いや屈辱を与えたことを忘れてはなりません。

B中国がチベットにしたこと、していること
・虐殺
1949年にチベットに侵略し何十万ものチベット人が虐殺されます。
人民解放軍が展開したことにより食料が不足し大量の餓死者がでます。
1959年にチベット人は中国に対して決起しますが
87,000人ものチベット人が虐殺されます。
虐殺されたチベット人は120万人とも言われています。
・寺院や遺産の破壊
文化大革命の際に多くの寺院や遺産が破壊された。
6000ヶ所以上ともいわれています。

チベット人への残虐行為は今なおも続いています。
国際社会はもっとこれを大きく取り上げるべきだと思います。
そして世界史の教科書にも載せるべきだと思います。


>日本と中国、どちらが悪いことをしていますか
度合的には断然中国だと思います。しかし、地元の人々に屈辱を与えたという点では同じ(韓国併合とチベット侵略が同じという意味でありません)だと思います。それについては、反省すべきだと思います。

A日本が韓国、朝鮮にしたこと
・創氏改名を強制。
創氏(名字を夫婦などで同じにすること)は強制で あったが改名(日本人の名前にする)は強制ではありませんでした。しかし、改名しないと周りから差別されたりしてやむをえず改名したというケースが多いそうです。韓国は日本以上に家族や家というものを重視する文化があります。よって創氏改名は韓国に人々に屈辱を与えました。
・戦時中に徴用
戦時中に、朝鮮半島に人々を日本に連行し樺太や北海道や九州などの炭鉱のような場所で酷使しました。過労死も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報