65歳の父が医療保険、何に入ればよいか
探しているのですが、なかなか見つからないようです
というのは、父の希望は¥5000くらいの
掛け捨ての医療保険に入りたいみたいなのですが
そのくらいの額のはあまりないようです。
日本のある保険会社でやっとそれくらいの
ものをセールスレディーの方に教えて頂き
入ろうとしているのですが、もっと安いものが
あれば、探して欲しいといわれ、私も
ネットでいろいろ見ているのですが、
なかなかないなぁーという感じです。
¥5000円以下のものってありますかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

うーん、某社で5,300円弱とか、そのあたりでしょうか。



ちょいとヤマ勘になりますが、5,000円ちょっとの保険料の商品はあると思いますが、5,000円を切る商品はないのでは?(自信なし)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療保険の比較検討について

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金無し)では月額2319円。
アフラック生命の医療保険新エヴァー(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金2.5-20万円、放射線治療給付金5万円、先進医療一時金5万円、)では月額2255円。
でした。素人目に見てもアフラックの方が保険料は安くて、内容も充実しているように思います。

何か抜けている視点はあるでしょうか?この2商品に関してはアフラックの方が良いじゃないかという、小生の考えはいかがでしょうか?

よろしくお願いします。

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日...続きを読む

Aベストアンサー

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考えになったほうがよろしいと思います。

・1回の入院で何日まで保障してもらうか→ nn日
・入院1日あたりいくら保障してもらうか→ 5000円
・保障してもらう期間をいつまでにするか→ 終身(一生涯)
・支払う期間をいつまでにするか→ 終身

他にいろいろな「有料のオマケ」を付けている商品がありますが、まず以上の4項目について何を選択するか考えてみたらいかがでしょう。

保険会社は、単純な比較をさせづらくするため、余分な保険料を払わせるために、「有料のオマケ」を勝手に付けています。私たちは、「有料のオマケ」を見せられてしまうと、こんなオマケも良い、あんなオマケも欲しいなどと考えてしまいがちです。

しかし、そもそも、どんなことを重視して保険を契約するのかを考えてみたらいかがでしょう。
後田亨さんという方は、『「保険に求めるもの」を「足し算」』で考えるのではなく、「引き算」で考えることを勧めています。
(asahi.com「損をしたくないなら「引き算」を」)
http://www.asahi.com/health/seiho/TKY200809100176.html

また、入院した時には、民間医療保険が主な対処方法ではありません。公的保障である「高額療養費制度」により、入院しても実際の1ヶ月あたりの自己負担額は10万円程度です。
民間医療保険がしてくれることは、入院したときに「給付金」という「お金」を払ってくれることだけです。極論すれば10万円の貯蓄があれば、保険料を負担して民間医療保険を契約しなくても1ヶ月の入院に対処できるということです。
「教えて!goo」で、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5430092.html の回答No.5の私ucosmosの回答もご参考にしていただけると幸いです。

どんな保障内容を重視するかをお考えになった上で、実際の商品比較をしてみてください。
週刊ダイヤモンド2010/3/20号で、「1入院限度日数」が60日、120日、180日ごとに終身医療保険商品の比較をしています。図書館などで探してみてください。
また、60日保障の終身医療保険商品が中心ですが、かづな先生の終身医療保険比較 http://www.fp-kazuna.com/medical-case/shushin.html で商品比較があります。

最後になりますが、ライフネット生命が「保険にかかるコストを公開した」ということについて、保険営業員は好意的ではありません。
なぜならば、保険営業員を使って保険加入させる商品は、平均すれば高コストであることがわかってしまう、ネットを通じて保険加入されてしまうことで、自分たちの仕事が奪われてしまう、こんな理由からだと推定しています。

ではなぜ、shibaryutaさんが比較した2商品では、アフラックのほうが安かったのか。
以下は私の推定です。
保険各社は、コストに一定率の経費を上乗せして保険料を決めているだけではなく、戦略的に保険料を決定してもいる。
特定の商品だけは戦略的に割安にする。経費を多めに積みやすい他の商品で取り返す。
20歳代、30歳代を中心に割安にする。他の年代は割安感は薄くする。

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考え...続きを読む

Q医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は

医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は『成人病特約』とかで、指定された成人病の場合は入院1日当たり2万円が支払われます。ただし他の病気の場合は1万円です。この場合、例えば…糖尿病(指定の成人病です)と他の成人病意外の病気を併発しての入院では支払われる金額は幾らになるのでしょう?

Aベストアンサー

基本は約款に書いてありますが、
複数の傷病で同時に入院していた場合は最も高い入院給付金となる1件分だけ支払います。
本件では一般の給付金日額1万円と成人病給付金の日額2万円を比較し、2万円だけ出ます。
免責日数は一般と成人病でしょうか。
免責日数が違う場合、「日々の入院において」最も高いものを支払うため、一般が免責無し、成人病は免責5日の場合には最初の5日に一般で支払います。(これが重複入院の効果)

Q「私にうれしい医療保険」の特徴は?

アメリカンホームの「私にうれしい医療保険」について、他の医療保険と比較した調書と短所を教えて下さい。

Aベストアンサー

長所
自分が心配と思える保障だけ選べるので保険料が安く済む。

短所
http://www.americanhome.co.jp/frameworkservlet/faq.html

こちらにある医療の保険Q001を見てください。
これが短所です。
「10年更新タイプで最長80歳まで継続可能」
今新しく医療保険に加入を検討されてる方が望んでるのは、入った時と保険料が変らず、一生涯保険が(81歳でも90でも100でも自分が生きてる限り)続けられる終身医療保険です。

Q医療保険 掛け捨てタイプかor解約返戻金の高いタイプか

こんにちは、はじめまして。

27才・男・会社員・既婚者・妻25歳・第1子がもうすぐ誕生。

終身の医療保険でずっと検討しています。
こちらの掲示板での例を参考にさせて頂いてますが、

「一日7000円給付される保険に入っていても、丸半年間
入院してようやく130万円貰えるだけですよ。
掛け捨てになってしまう保険料の方が多いのじゃない
でしょうかね?」

「それでも、万が一に備えるのだったら、
解約返戻金が高い保険に入って、最後には解約できて元が取れるものが良い。
(GEエジソン等)」

というような文章を拝見し、すっごく悩んでいます。
医療保証っていらないんじゃないのか?

…という事だったんですが、
60歳を越えて、さすがにいつ入院してもおかしくない年齢And
収入がない時に、ほんとに医療保険を解約する気がその時起きるのだろうか?
という疑問が。
これについて私の背中を一押ししてくださる意見があれば
どうぞよろしくお願い致します。

現状では結局結論が出ませんが、
医療保険に入るのだったら現状で支払い金額が安い掛け捨てのタイプで

・終身型で60歳で払済
・最低120型
・1日あたり5000円
・ガン特約(ガンの時だけ倍額など)があればいい
・夫婦別々に加入
・とりあえず、会社の未来がどうなるかは考えない

以上の条件を満たす保証で、トータル支払い額が最も少ないものを探したの
ですが、オリックス生命の通販での商品「オリックス終身医療」が
インターネット割引で
3,035円
というものではないかと思っております。

とりあえず、特約がついていない保険に入り
50歳60歳になっていよいよとなったら
都民共済等の保険に加入しようかと考えています。

私の希望を満たして、上記の保険より良い保険がありましたら、
是非ともお教えください。
どうぞよろしくお願い致します。

こんにちは、はじめまして。

27才・男・会社員・既婚者・妻25歳・第1子がもうすぐ誕生。

終身の医療保険でずっと検討しています。
こちらの掲示板での例を参考にさせて頂いてますが、

「一日7000円給付される保険に入っていても、丸半年間
入院してようやく130万円貰えるだけですよ。
掛け捨てになってしまう保険料の方が多いのじゃない
でしょうかね?」

「それでも、万が一に備えるのだったら、
解約返戻金が高い保険に入って、最後には解約できて元が取れるものが良い。
(GEエジ...続きを読む

Aベストアンサー

終身型にされるのはお決まりのようですね。

私も終身型をお勧めします。
ただし、掛け金等で悩まれるのならば、60歳~65歳までの定期でもいいと思いますよ。

終身で契約したら、間違いなく老後その保険を解約しようとは思わないでしょう。

なぜって?
だって、今現在60歳過ぎた人が一番頭を悩ませてる問題ですよ!!!医療費って。


今現在、健康だからこそ、保険に損得求めるんですよ。
保険は損得ではなく保障ですから、もし病気一つしなくって保険にお世話にならなくったって、「健康で過ごせてよかった」って思えるだけで幸せだと思うんですけどね・・・・
 『保険は財産だ!!』
なんてこと。お金持ちが言うことです。そうゆう形(財産としての価値のある)の保険なら損得考えるんでしょうけど、、、、、、、(例えば相続税対策など)
一般的な家庭だったら、家族が笑って過ごせる保障なんだ!!!って割り切ると、案外スムーズに保険が決められると思いますよ。

 掛け金がどうこうとか、戻りとか、考えてると、結局保険なんていらない!!って結論に達するんです。

>とりあえず、特約がついていない保険に入り
50歳60歳になっていよいよとなったら
都民共済等の保険に加入しようかと考えています。

健康だったらいいですね。それでも。ただし、病気or怪我などのリスクをかんがえましょう。健康じゃなきゃ入れないんですよ。保険って。
ここでもよく、病気になったから保険に入りたいって質問ありますが、そう都合いい保険ないですからね。健康なうちに保険備えてる人が馬鹿見ちゃいますよ!!!

ちなみに、GEも販売してましたが、保障って事で売ったのは定期型(90歳まで更新可能)のみですね。終身は年金としてしか、売ってません。どうしても、って方には売りましたが、掛け金が高いですからね。他社の方が、いい終身医療売ってます。

終身医療なら、ソニーですね。色々見てきましたが、一番無難で問題ない会社だと思ってます。保険料もそんなに高くないし、戻りだって80%ぐらいありますし・・・ここが特徴的ってこともありませんが、ここが、ネックってとこも無いですし・・・

こんな意見で背中押せましたでしょうかね?

いい保険にめぐり合えるといいですね!!!

終身型にされるのはお決まりのようですね。

私も終身型をお勧めします。
ただし、掛け金等で悩まれるのならば、60歳~65歳までの定期でもいいと思いますよ。

終身で契約したら、間違いなく老後その保険を解約しようとは思わないでしょう。

なぜって?
だって、今現在60歳過ぎた人が一番頭を悩ませてる問題ですよ!!!医療費って。


今現在、健康だからこそ、保険に損得求めるんですよ。
保険は損得ではなく保障ですから、もし病気一つしなくって保険にお世話にならなくったって、「健康で過ごせ...続きを読む

Q医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてく

医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

現在先進医療付医療保険を検討しています。
医療保険は最小限で、先進医療特約は高め(1,000万を想定)の保険を探しています。

私の調べた限りでお手ごろなのは

オリックス:1,750円
アフラック:1,750円
損保ジャパンひまわり:1,730円

なのですが、他にもっと安く先進医療の保証を付与している保険などありましたらご教授頂けると幸いです。

また3保険の単純比較すると微小ながらひまわり生命が価格的に良いと判断しますが、
先進医療以外の保証内容を考慮した全体で考えると、オリックス、アフラック、あるいはその他の保険商品のほうが
良いのでは?と言った内容のご意見がありましたら是非お聞きしたく、こちらも教えて頂けると幸いです。

乱筆で恐れ入りますがどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、10万人当たりたった2200人と
思わないで下さい。
2200人×365日÷50日(70歳以上の平均入院日数)=16,060
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf
つまり、この世代の人は、10万人当たり16,000人が入院を
経験することになります。
5年間では、8万人
つまり、70歳~74歳の人は、10人中8人が入院を経験して、
その平均入院日数は50日……

つまり、入院するのが普通となれば、次に怖いのは、入退院を
繰り返すということです。
残念ながら、入退院を繰り返すことの統計はありませんが、
十分にあり得る話です。

高額療養費制度の上限は、
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
ですが、これはある月の1日~末日までです。
平均50日ということは、半数以上の人はこれを超えるということです。
今日、6月4日に入院した人の50日目は、7月23日。
例えば、60日入院すれば、8月2日となります。
つまり、医療費の上限は、
6月、7月、8月の3ヶ月分となり、それぞれ8万円でも、
合計24万円になります。
入院食事代や雑費を考えれば、30万円は軽く超えるでしょう。
もし、看病をしてくれるはずの配偶者が、要介護状態だったら
どうしますか?
介護保険には、上限がありません。
月に10万円ぐらいは、あっという間です。
(ちなみに、私の母は要介護度5で、月に15万円の自己負担です)

決して、想像できないほど悲惨な状況ではなく、
簡単に起きそうな状況だと思います。

これが、1回で終われば、「よかったね」で終わります。
でも、入院で体力が落ちるので、次から次へという状況になる場合も
あるのです。

医療保険とは、1回の入院に備える保険ではなく、
長期入院となり、しかも、それを繰り返す状態になる……
これが、死亡保険の万一に相当する、医療保険で言う万一です。

年金生活になり、預貯金頼りになったとき、病気がちで
医療費に貯蓄が減っていくのを厳しいと、私は、思っています。
面白いデータがあります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0491.pdf
10ページをご覧下さい
日本では、年齢が高くなると、貯蓄額が増えるのです。
先進国で、こんな国は、日本だけです。
年金制度が充実しているから?
いえいえ、実態は、「高齢者は怖くてお金が使えない」
と言われているのです。

つまり……
介護保険には上限がないので、充実した介護を受けようとすれば、
月に10万円単位のお金が必要。
それが、いつまで続くかわからない。
医療費も上限があるけれど、月に5万円が毎月かかれば年間60万円。
それが、10年続けば600万円。
つまり、高齢になれば、そんなことが現実に思えるから、
お金を手放せないのです。

医療保険は、安心を買うことでもあるのです。

最後に……
先進医療は、受けられる確率は低いですが、その分、
保険料も安いので、検討する価値はあると思います。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、1...続きを読む

Q安く済ませたいので、掛け捨てで良いので保険に入りたいのですがどこの保険

安く済ませたいので、掛け捨てで良いので保険に入りたいのですがどこの保険会社が良いですか?個人的には県民共済か、こくみん共済を考えていますが。

Aベストアンサー

ak9084さん

とりあえず保険に加入しておきたいということでしたら、おっしゃる保険で問題ないと思います。

都民共済の例ですと、
総合保障2型(http://tomin.jp/product/02_02.html#list02)
保障期間65歳まで、
死亡保障 60歳まで400万円、60歳~65歳230万円
医療保障 入院1日4500円
このような保障内容で、月額保険料が一律2000円です。
他の府県民共済でもおおよそ同じ保障内容ではないかと思います。

安い保険料で一定の保障を得ておくという観点から、悪くない保険だと思います。
保険営業員にわけの分からない不安を煽られ、どんな保障があるかも分からない保険に加入し、わけがわからないまま高額な保険料を払っていくより、
あるいは、
貯蓄も兼ねた保険に加入しましょうと言われ、高額な保険料を払っていくより、
負担の少ない保険料で、どんな保障がいつまで続くかが分かりやすい都道府県民共済は、加入する価値のある保険だと考えます。
(大事なお金ですから、大事に使わないと・・・ 。無駄に保険会社に寄付する必要はありません。)

またもし、ak9084さんが既婚者で、家族の状況や今後を考えて、もう少し保障内容を考えてみたい、ということでしたら、

・どんな目的で保険に加入する? 
・男性or女性?
・年齢は?
・配偶者は働いているor専業主婦(夫)?
・配偶者は何歳?
・お子さんは何人でそれぞれ何歳?
・サラリーマンor自営業?
・持ち家or借家?
・現在の手取り月収は?
・現在の貯蓄額は?
・現在の借入額は?

このようなことが分かれば、もう少し詳しくお話できるかもしれません。
もちろん、どこかの保険営業員のように、高額な保険料を払わせる目的で(多額の販売手数料を得る目的で)、不安を煽ってわけの分からない保障内容の保険をお勧めしたり、保険で貯蓄しましょう、などとお話しすることはありません。

ak9084さん

とりあえず保険に加入しておきたいということでしたら、おっしゃる保険で問題ないと思います。

都民共済の例ですと、
総合保障2型(http://tomin.jp/product/02_02.html#list02)
保障期間65歳まで、
死亡保障 60歳まで400万円、60歳~65歳230万円
医療保障 入院1日4500円
このような保障内容で、月額保険料が一律2000円です。
他の府県民共済でもおおよそ同じ保障内容ではないかと思います。

安い保険料で一定の保障を得ておくという観点から、悪くない保険だと思います。
保険営...続きを読む

Qアメリカの医療保険制度

アメリカの医療保険制度ってどうなっているのですか?
アメリカの医療保険制度の中身と、日本との比較で教えていただきたいのですが。
しかし、レポートなどではないので、論文のようにならなくてもいいです。
今度アメリカに行きたいのですが、その部分について不安がありまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通して保険に加入し、職場の方でいくらか負担してくれたので、
毎月200ドルに満たない額が天引きされていました。

医師は保険会社と提携している医師にしかかかれません。
保険に加入すると、提携している医師のリストが送られてきます。
その中から、自分の条件に合った医師をホームドクターに選びます。
病気で医師にかかる際には、必ずホームドクターにかかります。
専門医の診断が必要な時は、ホームドクターから紹介状を書いてもらってから受診します。

私の友人は、急病で病院に駆けつけた時、
「この保険では、ウチの医療は受けられません」と断られた時があります。


保険の事は、全て旦那に任せていたので、
詳しくはわかりませんが、私の場合は、こんな状態です。
ライフ(海外生活)カテに質問した方が、回答が付くと思いますよ。

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通...続きを読む

Q掛け捨てで、旦那の生命保険をかけようと思っているのですが、なかなか決め

掛け捨てで、旦那の生命保険をかけようと思っているのですが、なかなか決められず、困っているのですがどなたか、いい保険を知ってる方いましたら、教えてください。

Aベストアンサー

「いい保険」とは、どんな保険ですか?

例えば、夫様が亡くなったとき、3000万円の保険金がなければ、
遺族の方が暮らしていけないとします。
保険料が5千円で、保険金1000万円の保険と
保険料が2万円で、保険金3000万円の保険と、
どちらが良い保険ですか?
保険料が安いのは、前者ですが、もしも万一があったとき、
2000万円足りません。
この2000万円は、どうやって工面するのですか?
車を手放して、地上デジタル対応のテレビを買うお金もないので、
テレビも諦めますか?

つまり、どんなに良い保険であっても、保障額が不足している保険は、
結局は役に立たない保険であり、
どんなに評判が悪い保険でも、いざというとき、十分な保障が確保
されていれば、それは役に立つ保険なのです。

つまり、本当に良い保険とは、必要な保障がある保険なのです。
となれば、まずは、必要な保障額はいくらか、ということが重要なのです。
これには、いくつか計算方法がありますが、基本的な方法は、
キャッシュフロー表という表を作成して、シミュレーションをすることです。

キャッシュフロー表とは……
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20070823/132999/
という表です。
シミュレーションとは、夫様に万一があったときのことを考えて……
夫様の収入を遺族年金にする。
死亡退職金、葬儀代を計算に入れる。
住宅ローンがあればゼロにする。
生活費から夫様の分を引く。
などの操作をすることです。
このシミュレーションをして、出てきたマイナスが必要な保障金額です。
それを保障する方法の一つが、生命保険(死亡保険)です。

ご自分でこのような表を作成して、シミュレーションをするのが面倒ならば、
保険の担当者にさせれば良いです。
ですが、保険の担当者の中にも、キャッシュフロー表を作成する能力のない
担当者も多くいます。
そのような担当者は、無視すれば良い。
作成できて、きちんと説明できる担当者と話を進めるのが良いでしょう。

「保険選びとは、担当者選び」と言われるのは、このためです。

「いい保険」とは、どんな保険ですか?

例えば、夫様が亡くなったとき、3000万円の保険金がなければ、
遺族の方が暮らしていけないとします。
保険料が5千円で、保険金1000万円の保険と
保険料が2万円で、保険金3000万円の保険と、
どちらが良い保険ですか?
保険料が安いのは、前者ですが、もしも万一があったとき、
2000万円足りません。
この2000万円は、どうやって工面するのですか?
車を手放して、地上デジタル対応のテレビを買うお金もないので、
テレビも諦めますか?

つまり、ど...続きを読む

Q医療保険と女性用医療保険

お世話になります。
現在、嫁(30代半ば)の医療保険について検討していますが、
医療保険にするか女性医療保険にするか迷っています。

後者は女性特有の病気など手厚くカバーされることは承知していますが、保険金額の大小は考えないものとして、保障適用範囲はどちらも同じなのでしょうか?

具体的にいいますと、楽天保険の中にある、三井ダイレクト損保の「e入院保険スーパープラス」と
三井住友海上きらめき生命の「メディカルレディース」との比較です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えば……
「メディカルレディース」は、死亡保険に医療特約を付加した保険であり、死亡保障がある点が「e入院保険スーパープラス」とは異なります。
入院・手術の保障範囲については、基本的に同じです。

ご質問のあった2つの保険は、いわゆる通販の保険であり、契約申し込みに際しては、保障内容や約款などがわかっているということが前提になります。
「え? そんなこと知らなかった」ということがあり得ないということになります。
本当に、この2つの保険の内容をご理解しているのでしょうか?
理解しているのならば、どうしてこのような質問が出てくるのか、
そのこと自体が疑問なのですが……

Q生命保険や医療保険に入っていないため

生命保険や医療保険に入っていないため
色々話を聞きたいのですが、直接自宅に生保レディーの方に
来てもらうにはどこに話をすればいいものでしょうか?
直接保険会社に電話すると電話だけの対応や
資料が送られてくるだけのような気がします。
直接会って話しがしてみたいのです。

Aベストアンサー

乗り合い代理店の窓口がベストですよ。

せめて10社以上取り扱っていて欲しいですね。


人気Q&Aランキング