今回のアメリカに対するテロには唖然とさせられるものがあります。
当然の事ながら、首謀者は国際的に裁かれるべきであることは言を待ちませんが、追いつめられたパレスチナの人々のことを思えば、アメリカに全ての理があると言い切って良いのでしょうか?
この事態の種を蒔き続けたのは、他ならぬブッシュ大統領ではないのか?と言う意見があります。
将来テロを撲滅するために、力による報復を繰り返すことは愚かなことだと思います。
そこで質問ですが、大統領がブッシュでなかったなら、今回のテロは起こらなかったのでは無いのでしょうか?
諸説お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 個人的にはブッシュ大統領のみの責任とは思いません。

確かに政策方針はブッシュ大統領が決めた事だと思いますが、少なくとも国民の半数が彼に投票し政策を支持しました。クリントン前大統領はPLO:アラファト議長を表舞台に引きずり出してきて和平方向に一役買いました。ブッシュ大統領に替わり始めた頃(うろ覚えですが)に自爆テロが相次ぎはじまりイスラエルの報復攻撃が行われるようになりました。ブッシュ大統領がクリントン前大統領と違いあまり中東和平に力を入れていなかったような感じを個人的には感じました。そしてこの事件。とある過激派の幹部はこう言ったそうです。「すべてはイスラエルのせいだ」。

 結局第二次世界大戦後のイスラエル建国からの因縁が今回の事件に繋がったと思うのが大半の意見だと思います。もし仮にブッシュ大統領が和平に力を入れていてもイスラエルが報復攻撃を繰り返す限りはこのような結果になったと思います。
 確かに「目には目を、歯には歯を」という事は愚かな事ですが国の流れを変えるには並大抵な事では無理だと思います。事実、アメリカは報復攻撃に打って出ようとしてます。それを止めるには既に手遅れの状態です。

 結局のところブッシュ大統領だとしなくても今回の事件は起こったと思います。
今までの結果が引き起こした、ここ数十年の内で稀に見る悲惨な事件であり、そしてこれからの重要な課題となるでしょう。

 今回のことで首謀者、又は支援国が見つかった時点で力による報復攻撃(又は戦争)が始まるでしょう。ロシア:プーチン大統領は「人類に対する恥知らずな挑戦だ」と言っていました。もし戦争になっても先進国の中で異論を唱える国家がいそうに無いので回避は難しいでしょう。

 今さっきテレビに映っていたパレスチナ人の喜ぶ人たちの姿を見ていると、確かに報復したい気持ちがわかります。   以上個人的観点でした。

 最後に亡くなった方々にご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 0

No4の追記です。



以前よりアメリカ本国へのイスラム原理主義者らによる無差別テロの可能性はしばしば言われておりましたのは周知のことと存じます。

その具体的な方法や対策が米国防総省において幾万通りにもシュミレーションされていたであろうことは推測にたやすい事と思います。

今回の民間旅客機によるテロに関しても、詳細については存じませんが、かなり以前からその危険性が指摘されていた様です。

また、米国の諜報・盗聴・解読などの機関は明かに「ならず者国家」や中東・イスラム過激派の動向に重きを置いて活動していたはずでは?

さらに、かなり早期にハイジャックの事実を掴んでいたにもかかわらず、米空軍のスクランブル出動が間に合わなかった・・・とは、世界に冠たる軍事大国アメリカの威信をあまりにも貶めることなのでは?

100歩譲って、ファーストアタックは防げなかったとしましても、その18分後のセカンドアタックも防げなかったのでしょうか?

ちょっと考えにくいですね。米軍の防空システムは「世界最強」と言い続けてきたわけですし、実際そうでしょう。

それが、いとも簡単に「想定可能だった」はずのテロを防ぐ事ができなかった・・・。

本当にそうであったとしても、そのように考えられる状況である以上、多くの疑念に包まれた「ドラマ性」の高い事件であると言えるのではないでしょうか。

マスコミが、そのドラマ性に「第2のパールハーバー」とのインパクトを加えたのは、上記した疑念を内包した「皮肉」のような気がするし、テロを防げなかったのか?防がなかったのか?の問いのように感じて滑稽・・・ということです。

「押し入った暴漢が悪いか、カギをかけなかった者が悪いのか」

あるいは・・・暴漢が入るようにあえてカギをかけなかったのか・・・。

しかし、このシナリオはあまりにも凄惨で残酷すぎました。

あらためて、犠牲者の冥福を祈るともに、傷ついた方々、被害にあわれた方々へお見舞いを申し上げたいと思います。
    • good
    • 0

今回の事件は今までのテロの枠では収まらないものでしょう。


なんせ非戦闘員のみを目標とした無差別の大量虐殺ですし、目標とされたのはアメリカ人だけでなく
日本、ドイツ、イギリス、中国など世界各国の人間も含まれていたのが明白だからです。
例えテロリストにどんな理屈があろうとなんの理由にもなりません。
大義名分を持った戦争ではなく、ただの「殺し」です。
虐殺の責任は虐殺をした人間に100%あります。

>将来テロを撲滅するために、力による報復を繰り返すことは愚かなことだと思います。
その通りだと思います。
イデオロギーの違いから起こる対立を解消するには
非暴力以外に方法がないことをガンジーとキング牧師が既に証明しています。
しかし、おそらく数千の死者を出し万を越える負傷者を出すでだろうあの惨劇を
目の当たりにし、それでもなお非暴力を訴えることの出来る人間は少ないでしょう。

>大統領がブッシュでなかったなら、今回のテロは起こらなかったのでは無いのでしょうか?
事件は既に歴史となっていて、「たられば」はそれ程大きな意味を持たないような気がします。
素人考えですが、報道されているようにこの事件は咄嗟の思いつきではなく
数年の準備期間があったのではないかと思っています。
もしそうであれば当時の大統領はクリントンであり、
次の大統領がブッシュなのかゴアなのかヒラリーなのか誰にも分からないのですから、
当然事件を起こしたテロリストは誰がその時にアメリカ大統領であるかなど全く考慮していなかった、
と考えるのが妥当ではないでしょうか。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 次々と約束を反故にするブッシュのやり方は許せませんが、
今回の事件はブッシュじゃなくても結果は変わらなかったと思います。

 アメリカは他国に対して口を出し過ぎです。
ユーゴ紛争の時も空爆なんか行うべきではなかったと思います。
「テロには断固報復する」と言っていますが、
それでは報復合戦を繰り返している中東とやっている事が同じだと思います。

 直接、日本が攻撃されなかったからそう思うのかも知れませんが、
ほとんどのアメリカ人の方が「これは戦争行為だ」と、とらえておられるのが
大変、気掛かりです。
    • good
    • 0

No.4のchikapurioさんへの反論です。



>1.「第2のパールハーバー」としきりに騒がれている事

「アメリカが奇襲攻撃を受けた!」という観点で騒いでいるのでしょう。
日本人として、あまり気持ちのよい言葉ではありませんが。


>2.世界中のあらゆる電波・通信を盗聴・解読しているにもかかわらず、
>またテロを予期していたはずなのに・・・最悪な結果を招いた事

ちょっと曲解ではないでしょうか。
世界中の通信網を傍受する能力はあるかと思いますが、これだけ通信が
発達した社会で、全ての通信を盗聴・解読することには限界があります。
盗聴そのものは機械でできますが、通信内容を解読・分析するのはあく
まで人間の仕事です。

「テロ発生について事前に情報があった」という報道も聞いていますが、
場所の特定まではできなかったのではないかというのが、私の推測です。


>日本のパールハーバー奇襲攻撃は後年、米国がその計画を事前に察知
>していたにもかかわらず、米国の第2次大戦への参戦を正当化すべく
>あえて攻撃させたことが判明しています。

>さらに、奇襲攻撃の前に、米潜水艦が太平洋上をハワイ向けに進む
>日本軍を発見し、米国本土へその事実を報告していたにもかかわらず
>全くのリアクションが無かったことも上記を証明する事例としてわかって
>います。

上記の主張には大筋同意します。
けれども、「パールハーバー」をアメリカが毛嫌いするのは、奇襲攻撃
されたことではなく、宣戦布告前に攻撃を受けたこと、つまりフェアで
ない攻撃を受けたということを毛嫌いしているのです。

極端な話、戦闘開始の1時間前にでも宣戦布告を相手国政府に通知して
いれば、当時の国際法上フェアな行為になるのです。
そして宣戦布告が遅れたのは、全面的に日本の責任(それもアメリカ在住
日本大使館の怠慢)によるものです。


>そういう意味で今回の「パールハーバー」という表現にある種の滑稽
>さを感じてしまうのは私だけでないと思いますが・・・。

滑稽さは感じませんが、どちらかというと気分が悪くなるのは否定でき
ません。テロリストと日本を一緒にされるのはやめて欲しい。

あらためて、太平洋戦争当時の無能な政府と官僚に憤りを覚えます。
    • good
    • 0

ブッシュ大統領の責任論はともかく、今回のテロ事件にはいくつかの不審点があるように思います。



1.「第2のパールハーバー」としきりに騒がれている事
2.世界中のあらゆる電波・通信を盗聴・解読しているにもかかわらず、またテロを予期していたはずなのに・・・最悪な結果を招いた事
3.2に加え、幾万通りのテロ対策マニュアルがあるはずなのに首都上空が全くの無防備で在った事

などなど、専門家ではない者でもこれだけの疑問をもってしまいます。
特に「第2のパールハーバー」という表現に今回のドラマ性を勘ぐるに余りあります。

日本のパールハーバー奇襲攻撃は後年、米国がその計画を事前に察知していたにもかかわらず、米国の第2次大戦への参戦を正当化すべくあえて攻撃させたことが判明しています。

さらに、奇襲攻撃の前に、米潜水艦が太平洋上をハワイ向けに進む日本軍を発見し、米国本土へその事実を報告していたにもかかわらず全くのリアクションが無かったことも上記を証明する事例としてわかっています。

そういう意味で今回の「パールハーバー」という表現にある種の滑稽さを感じてしまうのは私だけでないと思いますが・・・。

ともあれ、このような無差別テロは許されざることであり、犠牲者へ哀悼の意を表し、事態収拾が早期に行われることを望みます。
    • good
    • 0

テロの責任は、全面的にテロリストにあります。



また誤解を招くといけないので指摘しておきますが、パレスチナゲリラが
犯行を実施したという確証はまだ出ていないはずです。

むしろ、現在はイスラム原理主義者オサマ・ビン・ラディン氏の関与を
疑う声が高いように思います。

それから、イスラエル・パレスチナ自治政府の対立についてですが、ブッシュ
大統領はイスラエルに圧力をかけれる立場にあるとは思いますが、あそこ
まで事態を悪化させた直接的な責任はイスラエル政府と、和平にあくまで
も反対するパレスチナの一部の勢力にあるかと思います。

アメリカがとばっちりを受けたと仮定しても、アレはやり過ぎではないで
しょうか。
    • good
    • 0

やっぱ本質は、もし犯人がイスラムだったら、、中東問題になるんでは?


 tanigawa9さんは、パレスチナを追い詰めたとおっしゃいましたが、そもそも、パレスチナを追い詰めたのはイスラエルでしょ?
 歴史的に考えたら、イギリスも悪いんですよね。第1次大戦の時のイギリスの2枚舌外交が招いたわけですから。
 またヨーロッパでは19世紀にシオニズム運動がドレフェス事件などを契機におきたけど、それは、ユダヤ人がヨロッパで迫害されていたという歴史からきます。だから、ブッシュが悪いとはいえないでしょう。
 ユダヤ人のディアスポラ(離散)に対する悲しみ、そして悲願のイスラエル建国、それに対するパレスティナのインティファーダ(闘争)はすごいものがあります。まあテロがテロを呼ぶ構造ですね。
 私の友人でイスラエルの人がいますが、あちらは徴兵制で、彼も軍隊経験ありました。それで、仲間が誘拐されて、パレスティナから、ヴィデオが送られてきたらしいんですよ。そしたら、そこで、仲間が苦しみながら殺される映像だったようです。かれのパレスティナへの憎しみはすごかった。あちらの戦いはエンドレスのような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで世界で重大なサイバーテロは起こってませんよね。大規模なサイバーテロは不可能?

10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
原発のシステムコンピュータに進入して原子炉を暴走させる,
米軍のシステロコンピュータに進入して核弾頭を強制発射させる,
航空管制等のシステムコンピュータに侵入して次々に航空機を強制墜落させる,
病院のシステムコンピュータに侵入して医療機器を誤作動させる
などなど
がいずれ起こるようになると噂されていた記憶がありますが

せいぜい政府機関のホームページにアダルト画像を表示させたり などのいたずら程度しか起こっていません。

9/11テロでも知ったようにアメリカを大変恨んでいるテロ組織も相変わらず多数存在するかと思います。
サイバーテロの方が手っ取り早く,重大な結果をもたらせるかと思いますが現在そのような重大なサイバーテロは全く発生していません。

結局,サイバーテロって意外と難しいのでしょうか?

せいぜいホームページのいたずら程度が精一杯??

Aベストアンサー

>10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
そもそも、この前提が間違っていまして、原子炉制御だの軍用だのはインターネットに直結などしていません。
ですから、貴兄が例に出した「テロ」は起こしようがないのです。

「テロ」に近い被害を出したことは結構あります。
通称「F5攻撃」と呼ばれるものが一般的で、サーバコンピュータを故障させてネット機能を低下させるというものです。
先日は北朝鮮(?)がアメリカにコレをやり、政府機関のWebなどに被害がでています。嫌がらせの域を越えていませんが。

スパムメールも、ある意味でサイバー攻撃と言われています。

Qブッシュ君や麻生君が言っていたように、テロを撲滅するにはどうすればいい

ブッシュ君や麻生君が言っていたように、テロを撲滅するにはどうすればいいでしょうか。

Aベストアンサー

参考までに、「テロリズム」という言葉が生まれた背景ですが。
色々と諸説ありますが、一番有力で有名なのは、フランス革命期のロベス・ピエール政権による恐怖政治の時代に生まれたモノだそうです。
彼は、フランス革命後の政府(以後、革命政府)の一翼・ジャコバン派の中でめきめきと頭角を現わし、自分に反対する人間を次々と処刑台に送りました。パリだけで約1,400人も処刑されたと言われています。
この事が、「Terreur(テロール)=恐怖」と呼ばれ、次第に体制側が反対する人を暴力でもって押さえつける事を意味していきました。
その後、逆転し反体制派が体制派に対して行なう暴力行為もテロに含まれるようになっていきました。
このテロの形態には下記のような区別があります


「個人的テロリズム」・・・個人が行なうテロ行為
「白テロリズム」・・・体制派(政府)が反体制派を押さえ込むために行なうテロ行為(秘密警察とかゲシュタボなど)
「赤テロリズム」・・・反体制派が体制派に対して行なうテロ行為
「黒テロリズム」・・・無政府主義者が行なうテロ行為

それを踏まえて、「テロリズム」を簡単に定義すると。

「テロリズムとは、個人もしくは国家、または国家以外の組織やグループがその政治目的実現のために、当事者はもとより当事者以外の周囲の人間に対してもその影響力を及ぼすべく非戦闘員またはこれに準ずる目標に対して計画的に行なった不法な暴力の行使をいう。」

テロリズムというのは、政治的な意図を持って行なわれる暴力行為の事です。
この暴力は、別にアルカイダのような暴力組織が行なうものだけではなく、国家(政府)も反体制派を撲滅するために行なう暴力行為(軍事行為)も、ある場面ではテロとなりうるということです。

こうして考えてみると、「(赤or黒)テロリズム」を実力行使で弾圧する「(白)テロリズム」でもって押さえ込もうというのがブッシュ君や小泉君達が言ってたことですね。
その一端として、米国が飛行場で取り締まりを強化したり、イスラム教徒と見れば片っ端から逮捕・監禁したり、アフガン等で空爆したりetc,,,とテロリズムでもって挑んでいますし。
つまり、「テロ」を封じるには「テロ」しかないというわけです。
しかし、そうなると自由を標榜する「民主主義」なんかと対立することになります。

個人的な意見としては、「テロの撲滅」というのは、国家が「白テロリズム」を行なう為の口実でしかない。
よって、「テロの撲滅=赤or黒テロリズム」なんてそもそもできないし、出来るとすれば思想・言論・政治的行為等を縛る「白テロリズム」しかない。
しかし、それを徹底すると帰結するのはナチスドイツ・ファシズム・旧ソ連・北朝鮮など、独裁体制に行き着くしかありません。

ではでは、参考になれば幸いです。

参考までに、「テロリズム」という言葉が生まれた背景ですが。
色々と諸説ありますが、一番有力で有名なのは、フランス革命期のロベス・ピエール政権による恐怖政治の時代に生まれたモノだそうです。
彼は、フランス革命後の政府(以後、革命政府)の一翼・ジャコバン派の中でめきめきと頭角を現わし、自分に反対する人間を次々と処刑台に送りました。パリだけで約1,400人も処刑されたと言われています。
この事が、「Terreur(テロール)=恐怖」と呼ばれ、次第に体制側が反対する人を暴力でもって押さえつける事...続きを読む

Q夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

飯テロという俗語がありますが、夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

画像はぱくたそから借りたフリー素材です。
https://www.pakutaso.com/201511223214-1.html

Aベストアンサー

美味しそう〜
食べたくなる〜

Qブッシュ大統領は史上最悪の大統領?

タイトルどおりなのですが、現ブッシュ大統領は、少なくともここ数十年のスパンで考えた時、「史上最悪の大統領」 と言う人がいるのですが、やはりそうでしょうか?

9.11によるアフガン攻撃までは認めるとしても、まず、軍事産業とCIAの甘言に騙されて(?)、イラクを攻撃して、世界中にテロをばら撒いた張本人。 世界中の空港のテロ対策で使われるコストや航空会社での経済的負担は計り知れないほど大きい。 しかも未だにオサマビンラーディンは生存しているという可能性も大。

極端な金融崇拝主義で、ついにサブプライムローン問題に端を発して、世界中に金融不安をばら撒いた張本人。 張本人でなくても、少なくともブッシュ政権の経済政策に原因があるのだから、最も重い責任がある。

同じく、ヘッジファンドの動きに全くの放置政策を取ったため、原油市場に膨大な資金が流れ込み、ついには1バレルで150ドルという法外な価格をつけさせ、世界中に原油高の悪影響をばら撒いた張本人。

それに付随してバイオ燃料の開発を極端に推し進めたため、ついに小麦の生産量が急減し、世界中の穀物相場を混乱させた張本人。

あとは日本の問題なのですが、「拉致問題は忘れない」 と言いながら、結果として日本政府の希望を踏みにじるような北朝鮮政策を採った。 日本国民の期待を裏切った張本人。

とまあ、こう考えると、ブッシュが大統領に就いてから、世界ではロクな事が無かったように見えるのですが、この考え方は間違っていますか?

それとも、ブッシュは稀有の名大統領と評価すべきでしょうか?

タイトルどおりなのですが、現ブッシュ大統領は、少なくともここ数十年のスパンで考えた時、「史上最悪の大統領」 と言う人がいるのですが、やはりそうでしょうか?

9.11によるアフガン攻撃までは認めるとしても、まず、軍事産業とCIAの甘言に騙されて(?)、イラクを攻撃して、世界中にテロをばら撒いた張本人。 世界中の空港のテロ対策で使われるコストや航空会社での経済的負担は計り知れないほど大きい。 しかも未だにオサマビンラーディンは生存しているという可能性も大。

極端な金融崇拝主...続きを読む

Aベストアンサー

 参考までに

 9.11テロは、ブッシュの軍事強固イスラエル支持路線が引き金になったと見ています。

 アメリカ大統領選挙の総得票数ではブッシュを上回ったのに、ブッシュの弟が州知事をやっているフロリダの選挙で、今までにない疑惑の投票用紙が使われたことで、数百票差?でフロリダ州の代議員を総取りにされて落選したゴア元副大統領は、世界各国と協調・話し合い路線でしたし、イスラエルにもアラブとの話し合いをするように圧力をかけていましたから、彼の政権下であれば9.11テロが起こらなかった可能性もあります。

 また、スペインやイギリスではアメリカを支持したことで大規模テロが起きましたし、アメリカの軍事費増大で莫大な財政赤字垂れ流しが発生して経済が過熱し、世界バブルの原因の一つを作り、税収と赤字国債消化のために「サブプライムローン問題」が言われ始めてから一年も放置しました。果ては、バブルが膨らむだけ膨らんで自然破裂するまで何も手を打たなかったのですから、最悪の大統領の一人という評価は間違いではないように思います。

 特に付け加えると、過去においてアメリカで評判の悪かった大統領といえども、アメリカの国益を守れなかったという評価ですが(=アメリカの損は他国の得)、ブッシュ現大統領の場合は、アメリカのとばっちりを受けて、世界各国が大迷惑しています。(バブルに乗っかった責任は、それぞれの国にもあるとは思いますが、世界最大の経済大国アメリカが金融のグローバル化と自由化を強力に推し進めた揚句、金融バブルの発生源となったのでは、どの国も悪影響から免れられません。)

 世界的な利益・他国からみた総合評価では、彼が最悪というのも当然といえるかもしれません。 

 参考までに

 9.11テロは、ブッシュの軍事強固イスラエル支持路線が引き金になったと見ています。

 アメリカ大統領選挙の総得票数ではブッシュを上回ったのに、ブッシュの弟が州知事をやっているフロリダの選挙で、今までにない疑惑の投票用紙が使われたことで、数百票差?でフロリダ州の代議員を総取りにされて落選したゴア元副大統領は、世界各国と協調・話し合い路線でしたし、イスラエルにもアラブとの話し合いをするように圧力をかけていましたから、彼の政権下であれば9.11テロが起こらな...続きを読む

Q何故テロは起こるのか。

テロが世界各地で起こっていますが、
テロを起こす方(原理主義の人?)はどうしてテロを起こすのでしょう。
何を期待してテロをおこすのでしょうか。
テロが起こって、何が変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪いのは、彼らにとって自爆テロは、絶対正義なのです。
彼らからしたらなんだかんだと内政干渉してくるアメリカは悪で彼らを倒す(打撃を与える)ことは、
ジハード(聖戦)。そのジハードで死ぬことは名誉であり、天国へ行けると確約されているので、
現実の将来に絶望して、政府や外敵を憎むことを教えられて育った若者は、
上の指示系統からの指示で(要は利用されている)喜んで自爆テロしちゃうんですよ。

もともとイスラム原理主義は排他的で戒律がきびしく柔軟性が皆無なので、残虐で最悪な結末になってしまいがち。

アメリカや欧米各国がこぞって手を引いてもイスラム同志でも主義主張が異なるので、イスラム社会が落ち着くのに少なくともあと100年はかかるのではないでしょうか。いや永遠にあの世界は紛争が絶えないかも・・。

あとテロの本質は、現実を変えるためにはもう破壊しかない、一切を破壊したあとに新しいものを打ち立てないとダメだという結論になったときにおこります。
特に若いころは誰でもそうなりがち。そしてそういう若者を生み出す輩と扇動する悪い輩がいるからなくならないんです。

テロを起こす連中はテロでは何も変わらないとはもちろん微塵も思っていないので(逆にテロしかないと思っている)、自分がテロを起こすことで何か世界が変わるきっかけになればと思ってしかけるわけです。
まともじゃないわけです。テロで満足するのは仕掛けた連中だけ。よくぞやった!で終わり。
9.11ではテロを仕掛けた連中は当然アメリカにしてやったと大喜びしたわけで、正義って人によって正反対になるんですよね。悲しい現実です。

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪...続きを読む

Qブッシュ大統領とケリー上院議員どちらがアメリカ大統領選挙且勝つと思いますか?

 
 今年のアテネオリンピック、日本勢の活躍で、毎日興奮しておりますが、今年は、アメリカ大統領選挙の年でもあります。アメリカの大統領が、共和党になるか、民主党になるかで日本の政治や社会への影響には、はかりしれない影響があると思います。ある意味では、わが国の選挙よりアメリカ大統領選挙の方が、わが国にとって影響があるかもしれません。
 
 私の記憶では、4年前では、9月下旬には10%以上、ゴアがリードしてました。それまでは、9月に優勢だった候補が当選したそうです。
 
 この時は、日本のマスコミは殆どゴアが勝つと予測しておりました。11月の直前のアメリカのマスコミの予想では、ブッシュが総得票では、僅差で優勢で、ゴアが州単位の選挙人では上回ると書いていたのが記憶に残っております。(まさに、反対の結果が出ましたが!)
 
 今回は、NHKの日高元解説員は、かなり早い段階でブッシュが勝つと予測し、今日の世論調査でもブッシュが再び優勢という結果が伝えられております。でも、デッドヒートですからね。抜きつ抜かれるですから今回も前回も!

 皆さんは、どちらに勝利の女神が微笑むと思いますか? 座興ですので、肩がこらない皆様の予想を聞かせていただければ幸いです。

 
 今年のアテネオリンピック、日本勢の活躍で、毎日興奮しておりますが、今年は、アメリカ大統領選挙の年でもあります。アメリカの大統領が、共和党になるか、民主党になるかで日本の政治や社会への影響には、はかりしれない影響があると思います。ある意味では、わが国の選挙よりアメリカ大統領選挙の方が、わが国にとって影響があるかもしれません。
 
 私の記憶では、4年前では、9月下旬には10%以上、ゴアがリードしてました。それまでは、9月に優勢だった候補が当選したそうです。
 
 この時は、...続きを読む

Aベストアンサー

難しいご質問ですね (笑)。

私のシロウトとしての勝手な予想では、ブッシュ勝利に賭けたいと思います。

まず、アメリカ経済に陰りがまだ見えない事。 経済評論家ではありませんので、理詰めで言えませんが、平均株価は未だ1万ドルを超え、引き続き高い水準にあるように思います。

イラク戦争も、先日、暫定政権に主権の委譲が行なわれ、ようやく新しい展開が見えてきたような印象があります。  一時の反戦デモも少なくなってきたのではないでしょうか?  少なくとも米国内で激しい反戦運動が行なわれているような報道は最近見ておりません。

一方、ケリー候補の安全保障や経済政策など国家としての基本理念には、ブッシュ候補と大きく違うような面が見受けられず、新鮮味に欠けているように感じます。

これらを考えるとブッシュかな、と思っています。

唯一、不安材料は史上空前の値上がりをした原油の問題です。 一時、1バレル約50ドルという驚異的な価格をつけ、今や40ドル台で推移していますが、引き続き高値安定の状態です。

中国の輸入量の急激な増大や、ロシアの石油企業であるユコスの原油供給量が減少しているのにくわえ、値上がりを見越したヘッジ・ファンドの大量買いが、値上がりに拍車をかけたという説が有力ですが、この原油の問題がアメリカ産業界に及ぼす悪影響は計り知れないものがあると思いますので、今後の展開には不透明な面もあります。  

一般国民にもガソリン代が値上がるなどの影響があると思いますので、この処理に失敗すると、選挙は現役政権が有利、という定説も覆るかも知れませんね。

難しいご質問ですね (笑)。

私のシロウトとしての勝手な予想では、ブッシュ勝利に賭けたいと思います。

まず、アメリカ経済に陰りがまだ見えない事。 経済評論家ではありませんので、理詰めで言えませんが、平均株価は未だ1万ドルを超え、引き続き高い水準にあるように思います。

イラク戦争も、先日、暫定政権に主権の委譲が行なわれ、ようやく新しい展開が見えてきたような印象があります。  一時の反戦デモも少なくなってきたのではないでしょうか?  少なくとも米国内で激しい反戦運動が行...続きを読む

Q仏教はなぜテロがないのでしょうか?

最近、イスラム過激派のテロのニュースを毎日のようにテレビで観ますが、仏教徒がテロを行ったということを聞いたことがありません。

イスラム教徒のなかでもテロをするのは、ごく少数だと思うのですが、イスラム教ではテロがあり仏教ではテロがないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強いる経済体制・・・とキリスト教国、イスラム教国と仏教国の考えは異なります。(中国は現実的な道教の教えの国です。)

 どちらがよいとは言いにくいですが、一神教的な国には昔から哲学があり、仏教国は哲学には弱いように思えます。ですから言い合いになると、仏教国は負けてしまいます。また交渉事にも弱いです。

 しかし仏教国は一つの考えに集約していないので、その考えに沿ったテロなどは起きにくいでしょう。どうしても世の中は、強いものに惹かれてしまいがちですが、声を張り上げているのが正論とは限りません。自分の考えが正しいと、押し通すのがよいのか、悪いのか、何とも言えないと言えます。

 

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強...続きを読む

Q今回の安倍首相とプーチン大統領の対談について。 今回の対談についてネットでは、失敗だ。無能。安倍は国

今回の安倍首相とプーチン大統領の対談について。
今回の対談についてネットでは、失敗だ。無能。安倍は国を売った。などの意見もあれば、安倍首相はよく頑張った等の意見もありますが実際、今回の対談はどうだったのでしょうか?
右側、左側ではなくあくまでも冷静な中立的な意見でどなたか詳しく解説して頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

報道されていることが全てではないと言うこと。
領土問題に関して少しでも前進があったとしても、それは表には出せない。
表に出せばロシアの国民が反発しますからね。
どういうことがあったかは、報道では知り得ない。

Qテロ 原因 パキスタン内部でのテロ!

パキスタン-アフガン国境でテロが増えています。
今回のテロの原因はパキスタン国軍が、国境付近のイスラム過激派の多くいるとされる地域を攻撃したことに対し、過激派側が報復したと聞きました。

このような国内でのテロは、なぜ起こるのでしょうか。私はこれまで、イスラム過激派がテロを起こす大きな原因として、アメリカを中心とした現在の体制への反発によると考えてましたし、そのような理由で外国の大使館がテロの標的にされる理屈はわかります。でも、パキスタン国内での国軍側とイスラム過激派の対立がなんでテロに結びつくのかわかりません。また、このようなパキスタン国内のテロについて、国際社会が介入する必要性あるいは効果(?)についてどう思われますか?

Aベストアンサー

イスラム過激派の根底にあるのは「自らの行為は神のため」という強い信仰心ですので治安維持のため自分達を鎮圧しようとする政府軍やら何やらも信仰を妨げる敵になってしまうんでしょう(この点についてはNO1の方が仰る連合赤軍も同様ですが。一言で言えば狂信)
パキスタンは911以降、イスラム国家のうちでは比較的親米な態度を取っていますので、そこらの事情も含んでいるとは思いますけど。

国際社会の介入についてはまずパキスタン政府が拒否するでしょう。内政干渉にもなってしまいますので、積極的にやりたがる国も多くはないでしょう。イラク、アフガンの例を見ても多数の国家による介入が事態の正常化に役立つよりはより泥沼に発展する可能性のほうが高いでしょうね。

Qブッシュ大統領を風刺した替え歌ムービー

大統領就任式にからめてここ数日TVでも紹介されているブッシュ政権を風刺した替え歌のムービーがネットで公開されていると聞きました。
この話題のサイトをご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。

ここ数日、TVでよく放送されているウエスタン調のムービーのことでしたらこちらかと…

参考URL:http://www.jibjab.com/lowband/default.htm


人気Q&Aランキング