なぜ、芸能人は犯罪を犯しても謹慎程度の処分で時間を置いてまた公の場に堂々と出てくるのでしょうか?

謝罪会見やFAXで終了で今後なかったことに!って感じじゃないですか。

最近の覚せい剤所持や暴行事件や盗作騒動を見てて、不思議でたまらないのです。
普通なら、刑務所に入ったり、解雇になって周りからは白い目で見られるはずです。

事務所は金づるを逃したくないからでしょうか?
「ファンを傷つけたくない」って言い訳でしょうか?
犯罪をしただけでも十分傷つけたような感じがします。

何か知ってる方教えてください。
また、そういった疑問は、どこに問い合わせるといいでしょうか?
やっぱりそのタレントの所属事務所とかでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#1の方も答えられていますが、その人達の職場が公の場だからです。


それでも、常習者であったり、重犯罪であったり、もしくは需要がなかったりすればもちろん復帰などはできません。
これは、一般社会でも同じですが、通常は逮捕や起訴などの報道はあっても、復帰に関する報道はされません。ですが、ほとんどの人が復帰を果たしているはずです。芸能人などは復帰まで報道されるので特別のように感じられるだけです。多少は甘い気がしますが・・・。
ちなみに、芸能人だけではなく、政治家や執筆家、スポーツ選手など、芸能人以外にも公共性の高い職業の人は全て復帰が公にされますよね。
    • good
    • 0

選挙違反や業務上横領の裁判の結果を見ますと


「既に社会的制裁を受けた」として情状酌量される例がままあります。
芸能人の場合、犯罪を犯すとTVや舞台への出演を暫く辞退しますから、関係先から膨大な違約金を請求されますし、顔を知られてますから表を歩くことも出来ません。
場合によっては、今まで築いたキャリアを失うことも。
法で罰する以前に制裁を受けてるので、その分を差し引くという考えもあります。
法の趣旨からは、再犯を防ぐことですから、世間の目も厳しいですし、事務所の社長などが身元を引き受けて改心させると嘆願したりもします。
検察も裁判所も、本人が制裁を受け、十分反省し、周囲の協力もあり更生できると判断すれば、敢えて税金を投入して牢屋に収監することもないかと判断するのではないでしょうか。
一応、起訴猶予とかけじめがつけば、仕事をさせないのは前科を償った人間への差別になりますから、出て欲しいというファンの声を勘案して復帰時期を決めるのでしょう。
    • good
    • 0

↓の方々もおっしゃる通り、「一応は償ってきたのだから、職場復帰のチャンスは与えてあげよう」ということなのでしょう。



でもファンにも問題ありますよね。「たった一度の過ち」ならいざ知らず「何度もやるアホな人」をちやほやして復帰を助けてしまうのだから・・・

それに芸能事務所だってヤー様たちと背中合わせの怪しい会社も多々ありますからね。
    • good
    • 0

芸能人は芸しか能がないので、芸能界以外に社会復帰の場がないからです。



ちゃんと手に職つけてたり真面目に学校に通ってた人なら、普通に一般企業に就職したりできるかもしれませんけどね。
芸能人全般の平均年齢がどんどん下がってる昨今、そういうまともな10~20代を送った人は皆無でしょう。
    • good
    • 0

「芸能人は犯罪を犯しても謹慎程度の処分」



謹慎程度の処分で済む軽犯罪だからでしょう?
大麻所持、覚せい剤所持などで捕まった人でも、執行猶予であれ罪を償えば公の場に出られるのは当然では?

日本は法治国家ですし、法に従って罪を償えば社会復帰するのは当然です。
芸能人といえど、執行猶予の付かない実刑判決を受けるような重い罪を犯した人で復帰してる人いますか?

芸能人、有名人だけが特別扱いされているわけでもないでしょう。余計に世間の目は厳しいはずです。社会的制裁は一般人の比ではありません。

また、どんな人でも社会に復帰します。連続強盗殺人など特異な犯罪はともかく、軽犯罪なら皆社会復帰していかないと食べていけないはずです。
芸能人は公の場が職場ですから、そこに復帰するだけです。

一般人だと職場を変えて働く道を選びますから、職場も変えず楽でいいね、と外側からは見えるかもしれませんが、実際そうでしょうか・・・。
有名人の方がほんの些細な事でさえ大きな犯罪のように報道されますし、大変だと思いますが。

まぁ覚せい剤所持で何度も捕まっている人もいますが、実刑判決を受ければそこでその人のタレント生命は終わりですよね。
    • good
    • 1

公に出ることが一番の改心だとは思いませんか?(私はそう思います)


犯罪者は影で生きろとでも?それは本当ですかね…
それが本当ならば『無期懲役』と『死刑』しかなくなります…
腐らせているのは『どうせまたアイツはまた何かやらかす』という世間の冷ややかな目じゃないですかね…
責任をとって辞任や更迭。これはケジメです。その人間が改心するしないとは別物じゃないかな。
生きていく、ゆえの足かせ…私はむしろ復帰するほうが罪滅ぼしと考えますが…
    • good
    • 1

>なぜ芸能人は犯罪とか起こしても公の場にでられるの?



公の場が職場だからです。

一般の人も同じです。
同じ会社にはいられませんが、別の会社で働くことができます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重大な事件を起こした加害者の家族はどうやって生きていくのでしょう?

特に、未成年の子供が殺人の様な大きな事件を起こした時、その両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

Aベストアンサー

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけでなく加害者側の情報規制が強かった時代です。
事件現場・校区を離れると、利害関係者以外に情報は流れません。
今でこそ、加害者の親が堂々とTVインタビューに答えていますが・・・。

犯人も、医療少年院を出所し、一般市民として暮らしています。
少年院・保護司以外には、何ら情報公開がありません。
確実なのは、誰かの隣で生活している現実だけですね。

>引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

その通りですが、住宅ローンが残っている場合は、自己破産するようです。
債権者(保証会社が)建物を取り壊し、土地を更地にします。
ローンが残っていない場合は、住居を売却して引っ越します。

>最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

余談ですが・・・。
未成年といっても、責任能力が有る!と裁判所で認定されると、両親には(原則)損害賠償責任はありません。
法的には、加害者自身に損害賠償責任があります。
身近な事件では、高校生が自転車で(女子高校生)を跳ねて相手に高度の障害を与えた横浜の事件。
裁判所は「加害者高校生に対して、2000万円の損害賠償を命じる判決」を出し判決が確定しています。
現実問題として、自転車事故では保険に未加入ですから、被害者は泣き寝入りが大半です。
加害者の親が「そんなの関係な~い」と主張すれば、被害者側は何も言えません。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者の両親が全ての責任を負いますが・・・。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者は「無罪」となり、非常に矛盾した状況になります。

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけで...続きを読む

Q元犯罪者はなぜ再犯するのか?そして再犯者に過剰に人権を与えることっておかしくねえか?

こんにちわ。私は今年、元犯罪者に2度も命を奪われかける事態になったので・・・・・・
元犯罪者なのですが普通、逮捕されて裁判にかけられて実刑かけられて罰を受けて更正するのがマスゴミがいう本来の「姿」なのでしょうがどうしたことか、今年になってこの「元犯罪者」に命を狙われる事態に陥りました。
ひとつは今年3月に某派遣の元犯罪者に強盗に合い、ナイフで刺されました。(動機は金を出さなかった私に腹を立てたこと)そして今日、元犯罪者の別の派遣会社の人間に高台から突き落とされ(2m以上の高さ)で動機は「むかつくから殺してやりたいと思った」ということでした。(ちなみに私は彼らに対して何もしていません。)
話を聞くといずれも過去に前科を犯して罰せられた人間でした。なぜ彼らはこのようにまた再犯をやってしまうのでしょうか?
そして犯罪者を更正する姿をヨイショするマスゴミをみるとすごく違和感があります。
本当に更正した人なら殺人や障害、詐欺などの犯罪をもうしないはずですが最近の元犯罪者を見る限りではほとんど反省の態度が見えないどころかむしろ犯罪が巧妙化しつつあり、大変不安を感じております。
それと、これは警察から聞いた話なのですが最近の若い子(少年院に入った10代から30代)の若者の再犯率は非常に高いらしく、更正するどころか悪化するケースがほとんどだと聞いておりました。
他人の「人権」をうばった元犯罪者に過剰な「人権」を与える司法と社会に対してみなさんはどう思いますか?意見をお願いいたします

こんにちわ。私は今年、元犯罪者に2度も命を奪われかける事態になったので・・・・・・
元犯罪者なのですが普通、逮捕されて裁判にかけられて実刑かけられて罰を受けて更正するのがマスゴミがいう本来の「姿」なのでしょうがどうしたことか、今年になってこの「元犯罪者」に命を狙われる事態に陥りました。
ひとつは今年3月に某派遣の元犯罪者に強盗に合い、ナイフで刺されました。(動機は金を出さなかった私に腹を立てたこと)そして今日、元犯罪者の別の派遣会社の人間に高台から突き落とされ(2m以上の高...続きを読む

Aベストアンサー

ご心中はお察しします。しかし、現在の日本の司法制度とくに刑罰については更生を目的とするのは現実的には絵に描いた餅です。刑罰が重視されていて、出所した人が更生できる支援施設やプログラムがほとんど存在しません。支援団体も実際には人がいい素人集団で、きちんと体系化されたプログラムに基づいて活動しているわけではありません。アメリカではあのオバマ新大統領が黒人支援施設で活動していたように、優秀な人材がそういうところで活動することもある(ただし、多分にキャリア作りに利用されている側面はありますが)のですが、日本ではそういったボランティア団体などに集まる人は、申し訳ないですがいわゆる仕事の出来ない人たちだったりします。いや、いい人たちではあるんですが、プロフェッショナルじゃないんです。気持ちの面でも。

更生が可能なプログラムではないですから、出所した元犯罪者たちは世間に放り出されるのでまた荒れた生活に戻って犯罪をくり返してしまうってことです。また、日本は「一度道を踏み外したらアウト」って社会でもあります。例えば、一度就職したがどうしても会社と合わずに退職したって人がもう一度ちゃんとした会社に就職しようとするとえらいハンデキャップを背負ってしまいます。ハタチそこそこで選んだ会社で失敗しただけでその後の人生に影響してしまいます。
就職に失敗しただけでこれですから、刑務所なんてところに入ってしまった日にゃあもうマトモな社会復帰への道そのものがほとんどないってことになります。だから、もう犯罪者としての一生を送るしかないって自暴自棄になってしまう側面もあると思います。
私だってもし犯罪者になって刑務所なんかに行ってしまったら、もうマトモな社会復帰は諦めてたぶん詐欺師か何かで生きていくしかないなと思うと思います。マトモな会社は相手にしてくれないし、かといって自分は生きていかなきゃならない(自殺する勇気がありゃいいですが、まだ私は煩悩が強いので死ねそうにありません)ので、お年寄りでも騙すしかないのかな。

つまり元犯罪者には人権が与えられているのではなく、実際は逆に与えられていないから犯罪をくり返しているのだと思います。もし本当に元犯罪者に過剰な人権が与えられているのなら、みんな犯罪を犯していると思います。しかし実際はみんな犯罪はしないですよね。もし捕まったりしたら人生ムチャクチャになるのを知っているからです。

それからずいぶんとワイルドな職場にいらっしゃるようですが、私もやんちゃな人たちと仕事をしたことがありますが、彼らとて四六時中罪を犯してやろうと思っているわけじゃありません。ご自身では気づかないうちに元犯罪者に対して厳しい態度で望む、つまり恨みをかっていたなんてことはないでしょうか。
しかしナイフ持った強盗に金を出さないなんてすごいですねー。わたしゃ命にゃ変えられないので金で済むならお金出しちゃいますよ。

ご心中はお察しします。しかし、現在の日本の司法制度とくに刑罰については更生を目的とするのは現実的には絵に描いた餅です。刑罰が重視されていて、出所した人が更生できる支援施設やプログラムがほとんど存在しません。支援団体も実際には人がいい素人集団で、きちんと体系化されたプログラムに基づいて活動しているわけではありません。アメリカではあのオバマ新大統領が黒人支援施設で活動していたように、優秀な人材がそういうところで活動することもある(ただし、多分にキャリア作りに利用されている側面...続きを読む

Q犯罪歴がある芸能人のTV復帰は許せる?許せない?

(ここでいう『犯罪』は不起訴処分も含めるため、『前科』という言葉は使いません)

去年、元 極楽とんぼの山本圭一 氏が地方局の番組に出演して物議を醸しましたが、
犯罪歴のある芸能人がTV等のメディアに復帰することは許せますか?
強姦に限らず、窃盗、傷害、詐欺、薬物乱用、殺人未遂等 も含めて考えてください。

1人の芸能人にイメージを固定されると困るので、過去に罪を犯して復帰した芸能人を例に出します。

・島田紳助 氏の傷害(現在は完全に復帰)
・稲垣吾郎 氏の公務執行妨害および傷害(現在は完全に復帰)
・美川憲一 氏の大麻取締法違反(現在は完全に復帰)

道徳的な視点からではなく、皆様の本心が聞きたいです。

Aベストアンサー

・TV復帰も芸能人なら社会復帰の一つだから容認されるべきでしょうが、
 個人的には、殺人(致死・未遂含む)・強姦・婦女暴行・盗撮・盗聴の罪状の者に関しては容認したくない
 他はかまわないと思っています

Q犯罪者は一生ネットで晒されろ?社会復帰も諦めろ?

まずお断りしておきます。
・私は全ての犯罪を憎みます。決して擁護するものではありません。
・犯罪被害者・関係者の方に心よりお見舞いと同情を申し上げます。

犯罪などを起こして、実名で報道されると、ネット掲示板などに、新聞社の該当記事のホームページアドレスなどの「情報源ソース」も含めて書き込まれることが多くあります。そして、掲示板において、中には、「こいつ、人生おしまいやww」「オワタオワタ」などと、面白おかしく話題にしたりする人もいらっしゃるようです。そういうことをされると、今のネットの状況では一生消えることはありません。

新聞社のホームページからはいつか消えても、掲示板などに書かれれば消えないようです。
いつまでも経っても、検索すれば出てくると聞いております。(間違いだったらご指摘ください)

「死刑」や「終身刑」ならともかく、それ以外であれば、いずれは社会復帰をしなくてはいけません。これは犯罪者のためというよりも、私たちのように犯罪者でない人間にとっても、犯罪者には社会復帰してもらう必要があると思うからです。

しかし、ネットに名前を晒されれば、社会復帰は大きく邪魔されるのではないでしょうか。
検索一つで、すべてが晒されるからです。

最初に書きましたように、私は全ての犯罪を憎み、犯罪者を擁護するつもりはありません。しかし、死刑と終身刑の犯罪者以外は、いずれ社会復帰をせざるを得ないのですから、その時には、きちんと立ち直ってほしいと思う気持ちもあります。

ネットの書き込みはそれを阻害すると思います。「そりゃ、犯罪者の自業自得」という意見もありましょう。しかし、犯罪者への罰は裁判所が決め、刑務所にて行われるものです。ネットの住民が正義を気取って社会罰を下すべきではないと私は考えます。

また、ネットでのそういった「晒し」は、社会罰を加えるというよりも、ただのイジメというか、憂さ晴らし目的であることがほとんどなのではないでしょうか? 正義感を持って「晒し」ている人がいったい何人いることか。「犯罪者なのだから、いじめてもいいや。憂さ晴らしのサンドバックにしてやろう」という程度の気持ちで、遊び半分で騒いでいるのが大半のような気がしてなりません。

「俺は正義感を持ってやっている」という方にはお詫び申し上げます。

しかし、遊び半分であれ、もたらす結果は上に書いたとおり甚大なもの。
社会復帰を大きく阻害します。そしてそれは、巡り巡って、私たちにとってもデメリットです。

「社会復帰できないなら、強盗でもしてやれ」と自棄を起こされても困るからです。

私は、ネットに犯罪者の名前がいつまでも晒されているのは、メリットよりもデメリットのほうが大きいように思えてなりません。

ネットが本格普及して10年ちょっと。昨年、ようやくウイルス作成罪が成立したというくらい、まだまだネットに関しての規制などは不十分です。私は、ネットがこれからますます大きな力を持つことを見越したうえで、今述べてきたようなことに関して、何らかの対応を取るべきと考えます。

犯罪を犯した人にはそれなりの罰が与えられてしかるべきですが、一方で社会復帰ということも考えねばなりません。賢明な皆様はどう思われますか?

御意見を聞かせてください。

まずお断りしておきます。
・私は全ての犯罪を憎みます。決して擁護するものではありません。
・犯罪被害者・関係者の方に心よりお見舞いと同情を申し上げます。

犯罪などを起こして、実名で報道されると、ネット掲示板などに、新聞社の該当記事のホームページアドレスなどの「情報源ソース」も含めて書き込まれることが多くあります。そして、掲示板において、中には、「こいつ、人生おしまいやww」「オワタオワタ」などと、面白おかしく話題にしたりする人もいらっしゃるようです。そういうことをされると、...続きを読む

Aベストアンサー

そうですよ。いずれは社会復帰して、もしかしたら自分の職場にその人が来るかもしれないのです。そういう人が社会の迫害が原因で自暴自棄になり、更生できずまた犯罪行為を行ってしまう。その被害者はもしかしたら自分自身かもしれません。



実際に、ネットに関わらずこういうケースは起こっています。良くあるのが不良青年の更生の問題ですね。せっかく本人がその気で社会に貢献しようと思っても、周囲は「きっとまた悪さをやらかす」と言う視線で接するので、更生しずらい状況が出来てしまいます。それは社会全体としてはデメリットが多いのです。



>正義感を持って「晒し」ている人がいったい何人いることか。

言ってしまえばその人も個人情報保護違反をしている、立派な犯罪者なのですが・・・。自覚ない人は困ります。

それよりもっと問題なのは、それを信じ込んでしまう愚かなユーザーです。
真実を語っている情報ならまだマシですが、犯罪者晒しの行為は事実無根も多々有り、それにより被害を被った事例と言うのはニュースで目にします。

たった数行のネットの書き込みを、すべて鵜呑みにしてしまう人は非常に怖い。


「そりゃ、犯罪者の自業自得」

これは、あまりにも愚かな平和ボケです。
本当に犯罪者だけが、晒されるとは限らないのを分かっていない。

まったく犯罪行為をしていないのに、犯罪者扱いされ、それを信じきった愚かなユーザーに中傷される日が来るかもしれない。

あり事件では、アフィリエイトの収入を稼ぐ目的だけに「犯罪者晒しサイト」を立ち上げ、無作為に犯罪者をでっち上げた例もあります。被害者はその人と一切面識はありませんでした。


誰からも慕われ、嫌われる事なく平穏に暮らしている皆さんも、被害に合うかもしれないという事を理解すべきです。

そうですよ。いずれは社会復帰して、もしかしたら自分の職場にその人が来るかもしれないのです。そういう人が社会の迫害が原因で自暴自棄になり、更生できずまた犯罪行為を行ってしまう。その被害者はもしかしたら自分自身かもしれません。



実際に、ネットに関わらずこういうケースは起こっています。良くあるのが不良青年の更生の問題ですね。せっかく本人がその気で社会に貢献しようと思っても、周囲は「きっとまた悪さをやらかす」と言う視線で接するので、更生しずらい状況が出来てしまいます。それは社会...続きを読む

Qアダルトビデオでモザイクは何故入れる必要があるのか

 アダルトビデオで陰部にモザイクを入れるのは、法として定められているんでしょうが、何故でしょうか?。

 その法律は世界的に定められているんでしょうか?。 
 日本だけなんでしょうか?。

 あるとすれば何という項目の何という法律なんでしょうか?。

 あと、女性の場合は胸は何故に出していいのでしょうか?。

Aベストアンサー

専門ではありませんので,ご参考に.

日本では,刑法第一七五条に「わいせつな図画(とが)の販売の禁止」が規定されています.
下記にその部分を転載します.(問題ありましたら,削除してください.->管理人様)

「わいせつ」「図画」「刑法」で検索するといろいろヒットすると思いますよ.

たぶん,疑問なのは,何をもって「わいせつ」と判断するのかということですね.
ご質問にもあるように,「女性の場合は胸は何故に出していいのでしょうか?」これは,「わいせつ」ではないのか?という疑問もでるでしょう.

このあたりは私もわかりませんが,司法の判断または,最高裁の「判例」で決まっていると思います.社会情勢もあるでしょうし.

一昔前は,赤ちゃんに「おっぱい(母乳)」をやるために,お母さんは,人前でも,公然と胸を出していました.そのためかどうかはわかりませんが,これを「わいせつ」という判断は日本には無いようです.
未婚の女性がやったら十分「挑発的」ではありますが.

世界的に見ると,日本のように,ここまで厳しいのは,少ないですね.
しかし,たとえば,イスラム社会では,自分の夫以外に肌を見せてはいけませんし,
先進的と思われる「アメリカ」でも,子供などの未成年者に対しては,かなり厳しい「規制(テレビや映画のR指定など)」が行われています.

アメリカのテレビ(一般人がしちょうできるもの)はつまらないですよ.「セックス」も「暴力」も禁止ですから. 大橋巨泉さんも言ってましたが,だから,アメリカでは「映画」がまだ主流なのです.テレビでやってはいけない「セックス」と「暴力」を表現できるからです.(対象は限定されますが.)


----------------------------------------------
わいせつ図画販売
 (わいせつ物頒布等)
第百七十五条 わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。
-----------------------------------------------

専門ではありませんので,ご参考に.

日本では,刑法第一七五条に「わいせつな図画(とが)の販売の禁止」が規定されています.
下記にその部分を転載します.(問題ありましたら,削除してください.->管理人様)

「わいせつ」「図画」「刑法」で検索するといろいろヒットすると思いますよ.

たぶん,疑問なのは,何をもって「わいせつ」と判断するのかということですね.
ご質問にもあるように,「女性の場合は胸は何故に出していいのでしょうか?」これは,「わいせつ」ではないのか?という疑問もでる...続きを読む

Q家族に前科のある人がいると

家族に前科がある人がいると、兄弟や兄弟の子供に仕事の面などでなにか影響とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

警察官になるためには、本人が禁固刑以上の刑に処されていなければ問題ありません。
地方公務員法第16条
次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除く外、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
(1) 成年被後見人又は被保佐人
(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4) 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第5章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
(5) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
本人に無関係な事情で警察官になれなくてはとんでもない話しで憲法違反になるでしょう。
また、前科等は企業などが市町村に対して照会することはできません。もし、噂などで銀行等が知りえたなら採用しないことは有り得るでしょうし、それは否定できません。他にも有能な人はいるわけですしね。理由付けなんていくらでもできます。
また、本人が破産したらなれない職業はでてきます。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/keisatu.htm

警察官になるためには、本人が禁固刑以上の刑に処されていなければ問題ありません。
地方公務員法第16条
次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除く外、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
(1) 成年被後見人又は被保佐人
(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4) 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあ...続きを読む

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。

Q保釈されたのに、実刑(執行猶予無し)の確率や判例は?

よく、保釈されれば、執行猶予が付くと聞きますし、
ネットや本で調べても
「保釈が通れば、執行猶予が付く確率が極めて高くなる」
といった事が書いてあるのが多いのですが、実際の判例では、どうなんでしょうか?

個人的には、刑法第25条(執行猶予)にあるように、
今まで禁固以上の罪に処されたことがない者が、
保釈中に社会復帰をしようと努力をし、
やっと職場などに復帰できたのに、裁判→判決→実刑○年
(執行猶予無し)になったら、保釈中に社会復帰できた職場に迷惑を
掛けると思いますし、保釈中の社会復帰の努力が全て無駄になって
しまいますよね。

だとしたら、執行猶予なしの実刑だったら、
始めから保釈を許可しないと思うのですが、
実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。何度も登場はちょと恥ずかしいですが、かなり深刻におなやみのようなので。
求刑が2年であれば執行猶予は確実とおもいます。
「裁判所」でウェブ検索すれば1番目にででくるところから最近の判例がみれます。もしかするとそっちをみたほうが安心できるかも。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q旦那兄が性犯罪をしました

かなり不快な内容なので、嫌なかたはスルー
お願いします。

初めて質問させていただきます。

タイトルの通り、旦那の兄が性犯罪をしました。
相手は小学生です。
私は2歳の娘がいます。
旦那兄は実家暮らしの31歳無職です。
私たち家族は実家からかなり離れたところに住んでいます。
もともと兄弟仲もよくないので私も会っても挨拶程度しか
したことのない人がそんな小さな子に犯罪をし、
まして私には娘がいます。
あまり面識がないとはいえ、私は加害者側の人間。
被害者のお子さん、ご家族に申し訳ない気持ちで
いっぱいです。
しかし、旦那の両親は裁判が終わったらもう済んだことかの
ような振る舞いです。
加害者一家は元の生活をしています。
なので私たち夫婦と電話があるたびに揉めます。
終わったことをほじくり返して嫌がらせしていると
思われています。
私からすれば、旦那と結婚したがためにできてしまった
縁。
なので、正直旦那家族にもう会いたくありません。
娘にも会わせられません。
そう思っているのに、裁判が終わり釈放されたその日(12/27)、
私の携帯に義母から電話があり、いきなり電話を本人に
代わられました。
相手は犯罪者・・と思うと、罵声をあびせてやりたい気持ち
なのに怖くて何も言えませんでした。

そして、それを聞いた旦那が義父に電話して、
罵るような言い合いになったそうです。

12/30日義母から私に電話がかかってきて、
「これ以上義父を責めるな」と言われ、そこで
我慢できず言い返してしまいました。
義母は発狂して一方的に電話を切られました。

年が明け3日義母から
メールで自殺予告のようなメールがきました。
相手にしても無駄だと思い、
義父に
「落ち着いたら連絡してください」といい
電話を切りました。

11日、
旦那兄から私の携帯に電話がありました。
義母が番号を勝手に教えかけてきたと言っていました。
また心臓が止まりそうなぐらい怖かったけど何も言えず
切りました。

15日
また旦那兄から電話がありましたが、もう番号を
分かっているのででませんでした。

私が加害者側の人間なのはわかっています。
再犯してこれ以上被害者が出ないようにするのが
加害者側の人間のすることだと思っています。
しかし、私の携帯に旦那兄から直接電話が
かかってくることが怖くて仕方ありません。
このことを義父に伝えたところ、
「じゃあそっちにかけなければ
いいんだな」とキレ口調で言われ、
限界で「もう関わりたくありません」と言って
しまいました。

旦那両親からすれば犯罪しようが
かわいい息子かもしれませんが、
私から見れば悪質な性犯罪者です。
ほんとに許せないし、出てこなければ
良かったのにと思っています。
そんな人に勝手に電話番号を教えられ、
嫌な気分になるっておかしなことでしょうか?
今までも、なにかあると旦那は言い返すので、
私をいいように利用したり仲を取り持たされたり
してきましたが、今回ばかりはそんなことは
できません。
被害者の女の子、ご家族のことを
考えればこんなことで悩んでる場合ではない
のですが、
友達にも話せず私もつらいです。

かなり不快な内容なので、嫌なかたはスルー
お願いします。

初めて質問させていただきます。

タイトルの通り、旦那の兄が性犯罪をしました。
相手は小学生です。
私は2歳の娘がいます。
旦那兄は実家暮らしの31歳無職です。
私たち家族は実家からかなり離れたところに住んでいます。
もともと兄弟仲もよくないので私も会っても挨拶程度しか
したことのない人がそんな小さな子に犯罪をし、
まして私には娘がいます。
あまり面識がないとはいえ、私は加害者側の人間。
被害者のお子さん、ご家族に申し訳ない気...続きを読む

Aベストアンサー

恐らく、義父母は「罪を犯しても息子は息子」と思っています。

同じように、質問者さまにとって「犯罪者に繋がる父親の娘だけど可愛い娘」です。

何があっても娘さんだけは守ってください。
ご主人にも自覚していただきたいです。

世の中には近親相姦モノのDVDなどがあふれています。
そういうものに興味を示しているかもしれませんよ?
(叔父と姪、とか)
ましてや30代の無職。
性欲はまだまだ盛んなのに暇ばかり膨大にありますね。
頭の中は妄想でいっぱいかもしれませんよ。

ご主人は苦しい立場にありますが、自分より幼い者を守ることを最優先すべきです。
娘さんの安全を考えれば、ご主人の実家とは絶縁も止むなしだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報