当方39の男ですが、ふとした疑問があります。

『30代の女性です(以下略)』
『私は27歳の男性です(以下略)』
『私は20代の女性です(以下略)』
『僕は16才の男性です(以下略)』
どれもしっくりきません…
『代』はともかく、
自分の年齢を言う際に『才』『歳』を付けるべきでしょうか、
性別を言う際に『性』は必要でしょうか?

ちなみに当方の場合、一行目の通りか、あるいは『まもなく40になる30代』等と書きますが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自己紹介の場合は 敬語的な言葉は含まなくてもよいと思います。



 私は 30の 男 です。 すこし丁寧になれば
 私は 30歳の 男子です。

これで良いと思います。  男性(女性)は 相手を指す場合よいと思いますが
 自分に対しては 違和感があります。

 最近の言葉で  女子会 などの言葉がありますが  女性会 では丁寧過ぎて
 違和感を感じるのと 同じです。
    • good
    • 0

なんとなくわかります。


自分のことを言うのに、歳や性をくっつけてかしこまった感じになるのが気恥ずかしいのではないでしょうか。

しかし、39の男は朴訥で飾り気が無くいい感じだと思うのですが、女の場合はどうなんでしょう。
私は、オンナという響きにはなんとなく色っぽいニュアンスがあると感じるので
12の女や72の女にはちょっと違和感を感じます。
母などの身内に女といわれるのも変な感じです。

また、年齢を言う際にも、10の男や8の女では座りが悪いように感じます。
10人の男とか8人の女、というニュアンスにも取れそうです。

だから、私は「39歳男性」が一番無難なのかなあと思います。
表現が柔らかくなるので、ちょっとむずがゆい気はするんですが、
誰にでもわかりやすいく、誤解が少ないと思うからです。
    • good
    • 1

「続いてのお便りは今年40歳になる女性の方からです。

」というのよく聞きますよね?

たとえば、「今度の受付の○○さんは、29歳の女性です」という場合に「歳」や「性」をつけないと「今度の受付の○○さんは、29の女です」・・・どうですか?聞いた感じ、しょうがないから紹介するってかんじですよね?ですから人紹介するときは「歳」「性」はつけるべきと思いまうす。
一歩、自己紹介の時に「私は29歳の女性です」・・何か自分のことのように聞こえませんよね?「私は、29の女です」でいいと思います。
「歳」、「性」はある意味、敬語であると思います。
39の男です、それで意味は通じます。自己紹介でなく、他の人を紹介する場合には、年齢に「歳」をつけたり、性別に「性」をつけたりするのは必要と思いますが、自己紹介するときには必要ないと思います。
    • good
    • 0

三つの要素を分けて考えてみましょう。



(1)年齢をいうときに、「才」「歳」をつけるか数字だけか。
まず、「才」はあくまで俗な略字ですから、それなりの場では「歳」のほうがよいでしょう。「才」はインテリジェンシーを疑われることが無きにしも非ずです。(「年令」と「年齢」の使い分けも同様)
次に、「39」か「39歳」かの問題。その場の状況あるいは文脈により意味は通じると思いますが、「39です」だけでは、俗な印象は否めません。

(2)年齢を正確にいうか「~代」などと曖昧にいうか。
これは状況によりけり。同世代が集まった場で、全員が「30代後半です/前半です」だと無意味ですし、幅広い年代の集まりで正確な年齢など問われない状況なら、いちいちいう必要もない。
『まもなく40になる30代』は冗長な気がします。まもなく40歳になる20代はいないので、「もうすぐ40代」で充分でしょう。「四捨五入して二十歳(はたち)です」といった微妙な表現で逃げることもありますね。

(3)性別を、「男(女)」というか「男性(女性)」というか。
これは(1)と同様、それなりの場では「男性(女性)」のほうがよいと思います。「~の男(女)」は、俗な表現や悪い意味の語彙に付くことが多いですね。「犯人の男性」「被害者の女」などとは、あまり言いいません。

要は、その場の状況に応じて適切に使いわければよいということです。
フォーマルな場で俗な表現を乱発するとインテリジェンシーを疑われかねませんし、軽いノリの合コンや出会い系サイトなどで四角張った表現しかできないと浮いてしまうでしょう…。
    • good
    • 0

正しいとか間違いとかはありませんので、



状況、ニュアンスの違いによって使い分けてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語は日本語に比べ、性別を厳格に区分している理由

英語では、誰かを呼ぶときには男だと「Mr. SMITH」、女だと「Mrs. JACKSON」など、男女別に呼び方が違うのが普通です。でも、日本語だと、「佐藤さん」「高橋さん」など、男女関係なく同じ呼び方をします。

また、英語では男性を指して「He」とか、女性を指して「She」とこれまた性別によって使い分けます。確かに日本語でも「彼」「彼女」という言葉はありますが、「彼」だと彼氏を指すことの方が多いように思いますし、「彼女」に至ってはほとんどガールフレンドのことを指すため、あまりHeやSheの意味で使わないように思います。HeやSheを日本語に訳すとすれば、「彼は」「彼女は」でなく、「あの人は・・・」「山田さんは・・・」「課長は・・・」などにした方が無理がないかなと思います。こ
う考えてみると日本語では男女の区別をあまりしませんね。

また、英語では職業でも「Policeman」「Fireman」「Statesman」など、まるで男性しかなれないような表現(日本語に直訳すると「警察男」「消防男」「政治男」でしょうか)になっているものが多いですが、日本語だと「警察官」「消防士」「政治家」など、これについても性別に関しては中立な単語が多いです(昔は日本語でも「看護婦」「保母」という表現はありましたが、今はなくなっていますし、「婦」「母」は女性とイコールの言葉ではありません)。

アメリカでは女性の社会進出が進んでいることから、男女中立的な表現を英語でも採用していこうという動きはあるようですが、日本語では性別で表現を使い分けるという習慣はありませんし、元から中立的な表現を使っているため、こういう点では日本語の方が進んでいるのかな、と思っています。

英語においては性別を厳密に区別する表現が発達しているのに対し、日本語では性別をあまり区別せず、男女中立的な表現が多くなっているのには、どのような文化的背景の違いがあると考えられるでしょうか?

英語では、誰かを呼ぶときには男だと「Mr. SMITH」、女だと「Mrs. JACKSON」など、男女別に呼び方が違うのが普通です。でも、日本語だと、「佐藤さん」「高橋さん」など、男女関係なく同じ呼び方をします。

また、英語では男性を指して「He」とか、女性を指して「She」とこれまた性別によって使い分けます。確かに日本語でも「彼」「彼女」という言葉はありますが、「彼」だと彼氏を指すことの方が多いように思いますし、「彼女」に至ってはほとんどガールフレンドのことを指すため、あまりHeやSheの意味で使わ...続きを読む

Aベストアンサー

これを言うなら 英語よりもフランス語やドイツ語の方が 性別を厳格に区分していますけどね。

さて、私はむしろ逆の視点、つまり なぜ 日本語が英語に比べ 性別を厳格にしないか 仮説を立ててみます。

>英語では、誰かを呼ぶときには男だと「Mr. SMITH」、女だと「Mrs. JACKSON」など、男女別に呼び方が違うのが普通です。でも、日本語だと、「佐藤さん」「高橋さん」など、男女関係なく同じ呼び方をします。
英語ネーティブでは ファーストネームで呼ぶような状況でも 日本人が英語を話すと Mr.やMrsを多用するようで 英語ネーティブにとっては 堅苦しいそうです。特に アメリカ人は堅苦しいのが嫌いで
Mr.~と呼ぶと ファーストネームで呼んでくれ とよく言われるそうです。 ちなみに Mr.やMrsは 普通は姓にしか用いません。
ですから、日本語の特質として ファーストネームよりも姓で呼びあうことを好む傾向があり、また、呼び捨ては 特殊な場合を除いては 相手に失礼です。そこで 便利な言葉が「~さん」です。
もっとも、日本でも大昔は 男性と女性では呼び方が違っていました。

>また、英語では男性を指して「He」とか、女性を指して「She」とこれまた性別によって使い分けます。
もともと 日本語では「彼」とか「彼女」はあまり使いません。オランダ語や英語を訳す上で 半ば作られた訳語のようです。
私が中学で英語を習い始めた時、
英語の語順よりも 訳文において それまで日常会話であまり使わなかった「彼」や「彼女」が超頻繁に登場して戸惑いました。

>英語では職業でも「Policeman」「Fireman」「Statesman」など、まるで男性しかなれないような表現(日本語に直訳すると「警察男」「消防男」「政治男」でしょうか)になっているものが多いですが、
manを辞書で引いてみてください。「人」という訳語と「男」という訳語があります。
でも、やっぱり manでは中性的でないニュアンスがあるようです。
ちなみに ロシア語だと 「人」は человек、「男」は мужчина というように日本語に対応しています。
ただ、英語でも中性を表わすために、Firemanでなくて Fire fighter と呼ぶこともあるそうです。
しかし、これを言うのなら 日本語の「官」や「士」だって もともとは男性を指すんですけどね。

>英語においては性別を厳密に区別する表現が発達しているのに対し、日本語では性別をあまり区別せず、男女中立的な表現が多くなっているのには、どのような文化的背景の違いがあると考えられるでしょうか?
多分、日本語の方が柔軟な言語だからでしょうね。英語もフランス語やドイツ語に比べると 性別を厳格に区分しないとは言え 西洋の言語の名残を多分に残していますから。

これを言うなら 英語よりもフランス語やドイツ語の方が 性別を厳格に区分していますけどね。

さて、私はむしろ逆の視点、つまり なぜ 日本語が英語に比べ 性別を厳格にしないか 仮説を立ててみます。

>英語では、誰かを呼ぶときには男だと「Mr. SMITH」、女だと「Mrs. JACKSON」など、男女別に呼び方が違うのが普通です。でも、日本語だと、「佐藤さん」「高橋さん」など、男女関係なく同じ呼び方をします。
英語ネーティブでは ファーストネームで呼ぶような状況でも 日本人が英語を話すと Mr.やMrsを多用す...続きを読む

Q私は『は』を『ゎ』にしたり『じ』を『ぢ』にする人が嫌いです。 笑の事を『w』と書く人もいますがそれは

私は『は』を『ゎ』にしたり『じ』を『ぢ』にする人が嫌いです。

笑の事を『w』と書く人もいますがそれは気になりません。ですが『草』とか『ʬʬʬ』する人は気になります。

ぢ、w、草生えた、ʬʬʬ は全ておかしいですか?wだけ許してる自分は変ですか?

また、ぢとか小文字とか使う人をどう思いますか?

Aベストアンサー

自分のこと可愛いアピールしたいかの様な
「は→ゎ」
「を→ぉ」
「じ→ぢ」
「あいうえお→ぁぃぅぇぉ」
はアホだろって思います。
学生までなら許せますが社会人になったら痛々しい。

「w」
「草はえた」
は2ちゃんねらーだなと。
私も「w」はアホなテンションの時に使います。
しょこたんみたいな言葉もアホになりたい時に使います。

「お疲れ様→ご苦労様」
「分かりました→了解です」
「こちらが○○でございます→こちらが○○になります」
も日本語的に間違いだから嫌いですけど。

Q英語を特化している関東の私立中学を探しています。性別は女子。ご存知の方

英語を特化している関東の私立中学を探しています。性別は女子。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

千葉県の暁星国際中学校、千葉国際中学校ぐらいしか無いと思います。ちなみに寮もあるんで通いにくいはずなので、入寮させればいいと思います。

正直、無理に中学で特化しなくても、高校で英語科または国際科が併設されている私立中学(例:江戸女、順天、国府台女子学院、郁文館など)でもいいんじゃないでしょうかねぇ、そう焦らなくても…

考えてみてください。

Q『ニート』と『フリーター』と『ぷーたろー』と『無職』の言葉の定義は?

最近、定職を持たない人が増えているなんてニュースで目にしますが、、、
ニートとフリーターとぷーたろーと無職はどのように使い分けをされているのでしょうか?
ニートとフリーターの違いはわかります。
では、ぷーたろーや無職とはどの分類に入るのでしょうか?新聞などでは、25歳無職などとありますが、フリーターは無職になるのでしょうか?

Aベストアンサー

フリーター・・・定職に就かず、時間や曜日が一定しない仕事を選び、安定性より自由を選ぶ人。基本的に同じ職場で永続しない人。日本語に置き換えると、自由人と言ったとこでしょうか。

無職・・・文字通り働いていない人を指します。ただし、学生や浪人生、主婦など、他にはっきりとした目的を持って仕事に就かない人は無職とは言いません。

プータロー・・・最近では死語になりつつあるかも・・・。働く気がなくて働かない人です。比較的、若者に対して遣われていた言葉ですね。“プータロー”は正式な言葉ではなく、若者の間での流行言葉(俗語)です。

ニート・・・働かないばかりか、働こうともしない人です。ですから、職探しをしている人はニートとは言いません。単なる無職とは違い、何の目的も持たない無気力無心者を指します。労働意欲どころか、遊びたいという気持ちすらないようです。要するに、ただ時間が過ぎ去るのを待つ人でしょうか。プータローと同じような感じがしますが、プータローよりもさらに悪い状態だと思います。プータローには、ゲームセンターやカラオケボックスで遊ぶなど、それなりに時間を楽しんで過ごしていた傾向がありましたが、ニートにはそれすらない人が多いです。

上記を簡単にまとめると、プータローは一時的な若気の至りという感じがしますが、ニートは完全に人間らしさを失い、ただ呼吸をして生きているだけの人という感じですね。
私に言わせれば、それこそ植物人間です。
他人の人生だからどうでも良いとは言え、そのような人が増えれば、社会問題になるのは必至です。

フリーター・・・定職に就かず、時間や曜日が一定しない仕事を選び、安定性より自由を選ぶ人。基本的に同じ職場で永続しない人。日本語に置き換えると、自由人と言ったとこでしょうか。

無職・・・文字通り働いていない人を指します。ただし、学生や浪人生、主婦など、他にはっきりとした目的を持って仕事に就かない人は無職とは言いません。

プータロー・・・最近では死語になりつつあるかも・・・。働く気がなくて働かない人です。比較的、若者に対して遣われていた言葉ですね。“プータロー”は正式な言葉...続きを読む

Q性別の無い(不明の)登場人物を英語の三人称で呼ぶ場合はどうすればいいのでしょうか?

とある文章を翻訳していましたが、性別の無いキャラクターが出てきました。
最初は気にせず彼というように書いていましたが、少しこれに違和感を抱きました。
性別の無い(不明の)登場人物を英語の三人称で呼ぶ場合は特別な呼び方があるのでしょうか?
また、ない場合はどういう表現をしたらよろしいでしょうか?
分かる方がいれば、また、こうしたらいいのではないかという考えがある方がいれば解決してもらいたいです。
難しくて分かりにくい質問ですみません。お願いします。

Aベストアンサー

特別な呼び方はありませんが、物語の中でこの先性別がわかるイベントがあったり、性別不明であることを登場人物たちが気にしているのであれば最初にhe -or she?- などと書くこともできます。あるいは名前で呼ぶ、別の呼び方(職業名など)で呼ぶなどの方法もあります。例えばファンタジーで、剣士なのだが性別不明であれば、 swordsman と言いかけてno swordsperson と言い直したり、swordsfihgter とあえて耳慣れない言葉を使います。英語の読み物では the stranger, shop clerk, student, Asian などを使っているのも見かけます。 英語ユーザーは日本語ユーザーよりずっと性別が気になるようなので、それを踏まえた上で読み手が読みやすいように工夫しましょう。どういう意図の翻訳なのかがわかりませんが、私は文脈と読みやすさは言葉づかいの正確さに勝ると考えるようになってきました。原作者とコミュニケーションが可能なら、原作者や依頼者と相談しつつ進めるべき案件のように思われます。

Q『涙』『戻る』の『大』が『犬』になってしまう

『涙』『戻る』の『大』が『犬』になってしまう。

よい覚え方を教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/freefonts/AlternativeViews/tears/

犬であっても、実は間違いではないのです。しかし、試験なのでは不正解となるでしょうね。学校は杓子定規に常用漢字表にある通りにしか教えてくれませんし、それ以外の許容字体や異字体は認めませんから。


「大いに涙を流した」とかで覚えておくと、「犬」ではなく「大」と書くことができるかと思います。

Q性別を知らない方宛てに英語で電話かけるときは?

英語で電話を掛けたいのですが、相手の方の性別が分かりません。
分かるのは姓のみです。
こんな時、敬称はどうすればよいのでしょうか?

既出の質問かも知れませんが、上手く検索結果が得られなかったので、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

  相手の名前がどの様にお手元に来たのか判りませんが、状況を説明すれば男女の敬称がなくお電話する無礼も許されるかと思います。会社関係でしたら役職が名前の横に添えられているかと思います。Maneger, Cheef, President, etc そちらの敬称を用いて相手を呼び出しても良いかと思います。全く何の肩書きなしの名前でも失礼にならないだろうと当方なら下記の様に相手を呼び出したいと思います。

  This is ○○ speaking. I got this telephone number with ~~~. I would like to talk to a person "相手の苗字” Please.
本人が出て来た所で I only have your family name without any title. If I sounded rude, please figive me.

  まあ日本語訛りで話せば、大抵 相手はこちらが「外国人」だと判断し、多少の非礼も大目に見てくれると思います。

Q『ご覧いただき誠に有難うございます』の『いただき』は『頂き』と『戴き』

『ご覧いただき誠に有難うございます』の『いただき』は『頂き』と『戴き』どちらが正解??

Aベストアンサー

元もとは戴き、ですがこの漢字は常用外なんです。

それで代替として頂きが使われることが多いです。

Q英語の名前、性別。

英語の名前を見たときに性別が良くわかりません。辞書で引いても限界があります。どのようにすればよいのでしょうか。
たとえば、Henk Driessen, Delores Hayden,D.A.Leslie,Rosemary Riddなどは女性なのでしょうか?男性なのでしょうか?

何か決まりがあるのでしょうか?あるのでしょうが、彼らの名付け文化などがわからないので。。。

Aベストアンサー

ほとんどの First Name には男女の区別があります。
しかし英語圏で暮らしている人には、世界のあらゆる地域、民族の出身者がいるので、すべての名前について、その綴りから男女の別を判定するのは至難のわざです。

たとえば日本人の名前を例にとると、
Mitsuko や Mitsuyo は女性、Mitsuo や Mitsuhiko は男性であると、日本人ならすぐに判断できますが、日本のことをよく知らない外国人にはとても判断がつかないでしょう。

ですから、人名辞典にも載っていないような珍しい名前の性別を調べるには、まずその名前がどんな言語、どんな地域、どんな民族に由来するか調べる必要があります。

質問の例では、
1.Henk はオランダ系の名前です。英語のHenryがオランダ語では Hendrik になり、それが短縮されてHenkになったものなので男性名です。

2.Delores はスペイン語の女性名 Dolores が英語風に訛ったもので女性名です。

3.Leslie はスコットランド系の名前ですが、ここでは姓を表すので男女の区別は判定できません。

4.Rosemary は英国の名前で女性名です。

性別を調べる簡単な方法としてぜひおすすめしたいのは、
グーグルの「イメージ検索」を利用することです。
名前を入力してイメージ検索をかけてみると、調べたい人が有名人の場合は、当人の顔写真が見られることもありますし、そうでない場合も、男性の写真が出てくるか女性の写真が出てくるかによって、男名前か女名前かすぐに判断できます。

参考URL:http://images.google.co.jp/

ほとんどの First Name には男女の区別があります。
しかし英語圏で暮らしている人には、世界のあらゆる地域、民族の出身者がいるので、すべての名前について、その綴りから男女の別を判定するのは至難のわざです。

たとえば日本人の名前を例にとると、
Mitsuko や Mitsuyo は女性、Mitsuo や Mitsuhiko は男性であると、日本人ならすぐに判断できますが、日本のことをよく知らない外国人にはとても判断がつかないでしょう。

ですから、人名辞典にも載っていないような珍しい名前の性別を調べるには、まず...続きを読む

Q『協調性がない』と『自分らしさ』 『壁をつくっている』と『一線を引いている』

こんにちは

よく『協調性がない』のと『自分らしさ』は違うと聞きます

私自身はっきりとはわからないのですが違うと思います

みなさんはどう思いますか?
同じだと思いますか?
違うと思いますか?
意見をお聞かせください

また、『壁をつくっている』と『一線を引いている』は
同じですか?
違いますか?

こちらもあなたの意見をお聞かせください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

『協調性がない』のと『自分らしさ』は違いますね。

「協調性がある」というのは、みんなで決めたことはたとえ自分はイヤでも従うということです。
「協調性がない」というのは、みんなで決めたにもかかわらず、自分がイヤだからといって従わないことです。

「自分らしさ」というのは、自分の主張を持っていることです。
「協調性」とは何の関係もありません。

『壁をつくっている』と『一線を引いている』も違いますね。

「壁をつくっている」というのは、ブロックして踏み込ませないことです。

「一線を引いている」というのは、その線より先には踏み出さないことです。


人気Q&Aランキング