よくポジティブ(前向き思考)で物事をイメージすると
本当に 良い方行に事態が展開したり逆にネガティブ
(後ろ向き思考)で「どうせダメに決まってる。」と
物事を悪い方向にばかり決めつけて考えていると 本当に悪い結果に
陥るとか聞きますが,真偽はどうなのでしょうか?

具体的な願望等が、ある場合 ネガティブには決して
考えず「願いが叶った時」のことを脳内でイメージングすれば
良い。と言われていますが、本当でしょうか?
もし、そうなら
このことは人間関係や自分自身の日々の生活に応用したいと思うのですが、どうなのでしょうか?
変な質問ですみません。

A 回答 (1件)

難しいぃ~。


例えば、事故にあったとします。
ポジティブシンキングの人は「この程度で済んでよかった」、ネガティブシンキングの人は「あ~、事故にあってしまった、なんて不幸なんだ」と思うかも知れません。
つまり、同じ結果であったとしても、感じ方の違いで良くも悪くもなる。
もう一つ。
いい方へいい方へと考えるようにしていると、もともとの潜在能力が顕在の能力の方へ若干シフトして、今までできなかったことができたり、今までの100%を越える力が発揮できたり。
しかし、悪い方へ悪い方へ考えてばかりいると、本来の力自体出し切れず、今一歩で結実しない結果に終わってしまう、なんて考え方はどうでしょう?
スポーツ選手の場合は、体が作ってあって、自分の動きがイメージできれていば、その通りの動きができたりしますからね。
参考に…なるかなぁ。ピッとしてなくて、ごめんなさいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何となくイメージがつかめました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 02:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報