トウショウボーイ・テンポイント・グリーングラス、いわばTTGリアル世代の方にアンケートです、好きな馬はズバリどの馬でしたか?別にホクトボーイとかクライムカイザーでも結構です、個人的に好きな世代ですので一度聞いてみたくて質問しました、ちなみに私は負け癖ついてたのに頑張ったテンポイントファンです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もリアルタイムではないのですが、TTG世代は大好きです。


惜しむらくは、その1つ上の世代の最強馬(カブラヤオー)、
1つ下の世代の最強馬(マルゼンスキー)との対戦が無かったことでしょうか。

1977年有馬記念はカブラヤオー、マルゼンスキーとも出る予定だったんですよね。
彼らが出ていたら、今に語り継がれる伝説とは
また違った伝説が生まれていたかもしれません。

…それもこれも想像でしかありませんけど、想像膨らませるのもまた楽し。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nep0707さんこんばんは、回答有り難うございます!

当時の強い馬は展開関係なく自分でグイグイ引っ張りました、カブラヤオーしかりマルゼンスキーしかりトウショウボーイしかり。テンポイントは先行好位つけて直線先頭といった今風(?)の戦法でしたが宝塚記念でトウショウボーイと競ってずーーーーっと3/4馬身のまま負けた苦い教訓から逃げに脚質転換しています、古馬の時の京都大賞典63kg背負って上がり3ハロン34.5秒で8馬身ちぎって逃げ切ったレースは彼のベストレースと思ってます。

>想像膨らませるのもまた楽し。
ホント、ホント。マルゼンスキーはトウショウボーイ同様、名馬を輩出してますね、さすが天才肌ニジンスキー産駒です、二冠馬カブラヤオーも出ていたらハナを切るのはどの馬だったのでしょう、ついでにエリモジョージも出ていたら5~6頭にげてたのかしら、快速馬スピリットスワプスも出てたし。

お礼日時:2005/04/25 22:16

まだ私は、二十歳そこそこの者なので実際には見ていませんが、VTRとかで見るとテンポイントですね。


あの、77(昭和52)年の有馬記念とかはものすごい感動ですよね。
残念なことに、日経新春杯で死亡してしまって産駒を残せなかったのが残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mclarennnさん、回答有り難うございます、
二十歳過ぎですか、良くご存知ですね。

S52年の有馬記念は盛山アナと杉本アナの2通りあります、杉本アナの「中山の直線を流星が走りました」も綺麗なんですが盛山アナの「テンポイント、力でトウショウボーイ、そしてグリーングラスをねじ伏せました!」の方がズキーンと来ました、関東びいきであるはずの関東のアナウンサーがそれを言うと「勝ったんだ!」という実感がひしひしと湧きました。

一度機会があれば聞き比べてください。

お礼日時:2005/04/25 22:02

>40男で子供が生意気になってきました・・・・。


・・・ひょっとして、昭和51年は未成年では?
野暮はいわないってことで、時代はあやしいですが、サクライワイ(1200mまでなら最速?)、ホワイトフォンテン(灰色の逃亡者)が好きでした。。。
馬券はまだ買えませんでしたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>・・・ひょっとして、昭和51年は未成年では?
ja5さん、回答有り難うございます、未成年でしたよ~馬券買えない分ミーハーだったのかな、競馬覚えたての頃の馬名は出ても最近の馬名よく忘れます、ボールドシンボリ、カシュウチカラ、プレストウコウ、テンメイ、ハードバージなど昭和51~52年の馬は覚えたてで鮮明に残ってます。

>サクライワイ(1200mまでなら最速?)、ホワイトフォンテン(灰色の逃亡者)が好きでした。。。
私のリアルタイムの前ですね、ホワイトフォンテン・白い逃亡者の命名は寺山修司なんですか?彼っぽいですが。同時期かな、トーヨーアサヒという逃げ馬が好きだったのが私の知り合いの爺さんにいました(脱線)サクライワイ、サクラ&フトシラインですね、あのころ大レース勝つのは関東馬ばっかりでした…

距離体系の確立していない時代ですから今に当てはめると「強かった!」という馬達はそれぞれ今で言うG1を3個くらいいわせてたでしょう、1200がベストの馬でもダートでも2000でもおかまいなし、最近頑張ってたのはカミノクレッセくらいかなぁ(それでも古い?)。

お礼日時:2005/04/23 23:20

私はTTG世代は現役ではなく、グリーングラスが引退レースの有馬記念から記憶にあります。


ですので、好きな馬はと言われると「ホウヨウボーイ」と答えます。

ただ、テンポイントが骨折し予後不良処分とせず手術をし再起を目指したドキュメトドラマを見たときは、涙がとまりませんでした。
そのテンポイントとトウショウボーイとライバルドラマも語りつくせないほどの逸話があるみたいですね。

今は、一千万円の配当がでただの、あの馬は○億円だった。など、競馬(馬)を語るより
お金を語るほうが多いですね。

競馬はロマンだ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hiropon36sukeさん、回答有り難うございます。

ホウヨウボーイを語るとき、私はプリティキャスト大逃げの天皇賞を思い出しますし、つぎの有馬記念で雪辱を果たして加藤騎手も嬉しかったでしょうし、二本柳調教手も主戦騎手で勝ててスッキリしたでしょう。私は関西に住んでいて関西馬や関西調教手・騎手の覚えはあるのですが関東調教手・騎手で好きな二人です、このコンビで勝ったシリウスシンボリのダービーもドラマですしね。

尚、テンポイントの「負け癖」というのは語弊ある言い方なんですが、ホンマにこの馬はクラシック、ええとこまで行って残念でした。古馬になってから活躍しても欲が出るというか何と言うか、クラシック一冠とらせたかった!トウショウボーイはテスコボーイ産駒(今で言うSSみたいなもの)で、寺山修司曰く「レスラー」テンポイントは「ボクサー」、今でも現役時代は強くて種牡馬になれば良い馬を出して、正直トウショウボーイが力ではテンポイントより強かったと認めます、だからこそテンポイントが勝った有馬は「嘘!」という半信半疑で見てました。でもそれによって一生の運を使ってしまったのかな…

お礼日時:2005/04/22 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突然アドレスを消してしまった友人 何があったのか

今月初めに会って、引っ越しの物件を探していると友人から聞かされました。
「落ち着くまでPCができないのでメールは遅れる。赦してね」と言われ、承諾しました。

メールのやり取りはお互い負担にならない程度で月一、二回ほど、PC上でのやり取りでした。

そして年に2回程会っては一日を過ごしました。到底人には言えない悩みも「あなただから言える」と、彼女は打ち明けてくれて、私は聞き手役として彼女に接してきました。お互い信頼関係はあったと思います。今も共通の好きなキャラの話しで盛り上がります。

そんな彼女が突然アドレスを削除。フリーメールだけが唯一の手段でした。
突然、友人が目の前から消えてしまったようで、辛いです。

引っ越し準備だけでアドレスを消去するだろうか…。もう関わりたくないのか…。
でも、何年もの温かい交流を思い起こすと心当たりが見つかりません…。

彼女の誠実さは分かっているので、いつか連絡くるのを待ちますが、考えると切なくなります。

人間関係を築くのが苦手で受け身のところがある方なので、余計不安です。

何ヶ月が経って連絡がなければ、私のブログにて、それとなく呼びかけてみようと考えています。(ブログは見て下さってるので)

アドレス消去の意味が分からなく悶々としています。

今月初めに会って、引っ越しの物件を探していると友人から聞かされました。
「落ち着くまでPCができないのでメールは遅れる。赦してね」と言われ、承諾しました。

メールのやり取りはお互い負担にならない程度で月一、二回ほど、PC上でのやり取りでした。

そして年に2回程会っては一日を過ごしました。到底人には言えない悩みも「あなただから言える」と、彼女は打ち明けてくれて、私は聞き手役として彼女に接してきました。お互い信頼関係はあったと思います。今も共通の好きなキャラの話しで盛り上がりま...続きを読む

Aベストアンサー

少し違うかもだけど・・・

私の経験を。
ネットの出会いからリアルに出会い
割とメールも電話もしあい、実際にも
遊びに何回も行ったり、呑みにも行ったりしてました
(10年以上続いてる仲です)

1年位連絡取らない時期はあったものの
相手の誕生日とかにはメールしたりしてました。

そんな中いきなりアドレス変わってて
電話してみたものの・・・電話もでなく・・・
次の日に
SNSで「着信あったけど何かありましたか?」
「用事が無いなら連絡しないでもらえます?」
と・・・・
相手に何があったかわかりません。
私も特に連絡取ってなかったけど 何かあったんだろうね。

例えば 結婚したとか・・・
恋人出来たとか・・・
まぁ どちらにせよ 一言欲しいもんですが。・・・
私の場合は来る者拒まず、去る者追わない主義なので
アドレスも住所も即効削除しましたけどねw


と言う事で 相手の気持ちの変化・・・・じゃないのかな?

こればかりは相手の気持ちだからね^^;

>何ヶ月が経って連絡がなければ、私のブログにて、
>それとなく呼びかけてみようと考えています。(ブログは見て下さってるので)
呼びかけよりは・・・・
ブログの日記?として悲しい事があった・・・などと書いた方が良いかもよ。

連絡来ると良いですね^^

少し違うかもだけど・・・

私の経験を。
ネットの出会いからリアルに出会い
割とメールも電話もしあい、実際にも
遊びに何回も行ったり、呑みにも行ったりしてました
(10年以上続いてる仲です)

1年位連絡取らない時期はあったものの
相手の誕生日とかにはメールしたりしてました。

そんな中いきなりアドレス変わってて
電話してみたものの・・・電話もでなく・・・
次の日に
SNSで「着信あったけど何かありましたか?」
「用事が無いなら連絡しないでもらえます?」
と・・・・
相手に何があったかわかり...続きを読む

Qテンポイント

競走馬を運ぶ車がありますよね。で 車に競走馬の名前が書いてありますよね。ここまでは正しいと思います。
この日曜日に中山競馬場に行きました。するとテンポイントと書かれた競走馬を運ぶ車を見ました。その時は何も思いませんでした。聞いたことのある馬だな!他の競走馬を運ぶのより大きな車だな。としか思いませんでした。
しかし今は存在しない競走馬。なんだったんでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

馬運車には全て過去の競走馬の名前がついています。
馬運車をナンバーで呼ぶよりも、遊び心があっていいのではないでしょうか。

ちなみにJRAが使っている馬運車は全てJRAの子会社のもので、その子会社は専らJRAの馬を運搬する仕事をしています。要するに、そんな会社わざわざ会社にする必要はないのですが(普通にJRA自身の仕事にしてしまえば経費が浮くので)、天下りするために子会社がいっぱい必要なようです。一つの子会社に1年所属したら退職金もらってやめて、また次の子会社に・・・の繰り返し。一部の幹部連中(農水省からの天下り族)が皆でくるくるいろんな子会社をまわってぼろ儲けしているようです。

そういう事を知っていると、馬運車の名前を見ても何か素直にいいなーとは思えないですよね・・・。

Q昭和51年頃の質問です。

昭和51年、高校1年生の夏休みに周遊券を使って、北海道を旅しました。その時乗った列車に、札幌から旭川までノンストップで走る急行があったような記憶があるのですが、誰か知りませんか。

Aベストアンサー

私の手もとに昭和49年1月1日発行の時刻表(交通公社製・第575号)があります。それによると、電車急行「さちかぜ」が札幌・旭川間をノンストップで1往復走っていました。上下とも小樽から/まで普通列車として直通していました。

小樽発1710
↓(普通875M・張碓以外の各駅に停車)
札幌着1757
札幌発1800
↓(急行1801M「さちかぜ」・ノンストップ)
旭川着1938

旭川発 800
↓(急行1802M「さちかぜ」・ノンストップ)
札幌着 939
札幌発 943
↓(普通852M・張碓以外の各駅に停車)
小樽着1031

札幌・旭川間の所要時間は上下とも1時間38分で、見渡した限りでは、この区間を走るどの特急列車よりも速かったことになります。

ご質問の年と若干違いますが、おそらくこの列車ではないかと。

Qトウショウボーイ牡駒のセリ市出品義務とは?

トウショウボーイ牡駒のセリ市出品義務とは?

かつて、テスコボーイとその仔トウショウボーイの
牡駒に、セリ市への出品義務が課せられてたと聞きます。

おかげで、ハギノカムイオーやサンゼウスのような現在の
JRHAセレクトセールのような落札額の馬が出たようです。

そもそもこの出品義務とは、何だったのかをご存知の方は
いらっしゃいませんでしょうか。

Aベストアンサー

サムソンはセリに出しても売れず
牧場に残っていたのを購入したものです。

出品義務はあくまでセリに出すまでの義務で
セリ以外で売ることを禁止しているわけではありません。
売れ残った馬は庭先取引をしても問題ありません。

Qプロ野球選手の2世

プロ野球選手で2世選手となるとなぜ活躍できないのでしょうか。

長島さんや野村さんなどプロ野球選手にはなれても、
親のように活躍とまではいかなかったですよね。

プロ野球は才能ではなく努力次第で技術を磨けば一流選手
になれるってことでしょうか。

Aベストアンサー

野球界は特殊な事情がありますね。

プロアマ協定などという愚かな決まり事の為に、親がプロだと子供にも表立っての指導はできないのです。つまり2世とはいえ金銭的な余裕を除けば普通の子供達と実力で競争しなければなりません。プロ野球選手は狭い門戸なので、2世とはいえ一般の子供との競争社会で親がプロだからプロになれるという確率は他の協議に比べても圧倒的に低いでしょう。また逆に親が偉大な選手だと、子供が同じ道に進んだ場合にプレッシャーになるでしょうね。しかも原則的にプロの親からは指導を受けることが出来ないのですから、それで遺伝してる才能も指導者しだいで潰されてしまうでしょう。

日本は世界一流の野球強国ですから問題視されませんが、プロがアマチュアを指導する事に規制を設けるのは日本、それも野球界だけでしょうね。プロであるというだけで親が子供を指導できないなんて馬鹿げた話です。指導できるのであればもっとアメリカのように2世や3世の選手が活躍するでしょう。

>プロ野球は才能ではなく努力次第で技術を磨けば一流選手になれるってことでしょうか。

これについてはどの世界でも同じだと思います。ただ野球界はせっかく親の遺伝子を受け継いでる可能性があっても、アマチュアの指導しか受けることが出来ないのはおかしな話です。2世がプロの下でエリート教育を受けられればメジャーリーグを真の意味で追い越せる人材が生まれるでしょうけど、頭が固いプロとアマのトップの年寄り連中が変なプライドをいつまでも保持しているのは残念なことです。これでは競技の発展に繋がらないという事をいい加減理解して欲しいですね。

野球界は特殊な事情がありますね。

プロアマ協定などという愚かな決まり事の為に、親がプロだと子供にも表立っての指導はできないのです。つまり2世とはいえ金銭的な余裕を除けば普通の子供達と実力で競争しなければなりません。プロ野球選手は狭い門戸なので、2世とはいえ一般の子供との競争社会で親がプロだからプロになれるという確率は他の協議に比べても圧倒的に低いでしょう。また逆に親が偉大な選手だと、子供が同じ道に進んだ場合にプレッシャーになるでしょうね。しかも原則的にプロの親からは指導を...続きを読む

Q天皇賞から見る、競走馬の強い世代、弱い世代

今年の天皇賞は破壊的な結果に終わりましたよね。10番人気のイングラン~は単勝70倍でしたが三連複は2100倍のすさまじさ。終わったことはしょうがないとして、4歳世代の強さにはちょっと疑問を持っています。私は、その世代がどのくらい強いのかを見るものさしとして、年末の有馬記念をあげます。その年の3歳馬がここでどれくらい活躍できるかである程度わかると思うんです。例えば、シンボリクリスエスが有馬に3歳で勝ったその翌年は、ポカもありましたが、有馬も連覇してしまうほど、圧倒的な強さを発揮していました。平成12年?はエアシャカールが準3冠馬になった年でしたが、有馬では惨敗、エアだけでなく他の3歳も何もできなかったことを覚えています。次の年以降、エアはG1をひとつも取れなかったですよね。そこで、現4歳世代ですが、4強とか言われてますが、強いと思いますか?去年の有馬でもシンボリに9馬身以上ちぎられた馬たち、しかも、いかにマイペースで逃げられたにせよ、イングランに完敗してしまったんです。本当に強い馬は、一昨年のシンボリのように、大逃げのタップダンスシチーをゴール前で捕らえるような芸当ができると思うのですが。どうでしょう?

今年の天皇賞は破壊的な結果に終わりましたよね。10番人気のイングラン~は単勝70倍でしたが三連複は2100倍のすさまじさ。終わったことはしょうがないとして、4歳世代の強さにはちょっと疑問を持っています。私は、その世代がどのくらい強いのかを見るものさしとして、年末の有馬記念をあげます。その年の3歳馬がここでどれくらい活躍できるかである程度わかると思うんです。例えば、シンボリクリスエスが有馬に3歳で勝ったその翌年は、ポカもありましたが、有馬も連覇してしまうほど、圧倒的な強さを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

確かに、その能力には懐疑的になります。
ただ、シンボリクリスエスだって去年のJCでは9馬身以上離されているので、単純な能力だけではないような気もします。
自分から動けるタイプではないということでしょうか?
(まあ、ザッツは違いますが、今回は明らかに不調でしたね。)
(さらに言えば、本当に強い馬は自分から動いていけるものです。クリスエスは微妙。)
あと、春の天皇賞(3200)は距離としては特殊なので、この1戦だけで判断は出来ないとも思います。
所詮は超長距離カテゴリーですから。
クリスエスやタップは出走すらしていませんし。
とりあえず、今年1年はまだ様子を見たいですね。

ところでエアシャカールの世代はクラシック出走組は確かにレベルが低いですが、アグネスデジタルやエイシンプレストン、タップダンスシチーなど、未出走組のレベルは結構高いと思います。
メジロブライトの97年クラシック世代もそうですね。

まあ、取りあえず宝塚記念を見てみましょう。

Q彼に何があったのでしょう?

推察してみてください

Aベストアンサー

ドラクエの復活の呪文を、部下に読ませながらノートへ記入したんですが、部下が『ぬ』と『め』さらに『ね』と『わ』を見間違えて、復活の呪文が違いますと表示され、無能な部下にあきれているんです(;´∇`)ノ

Q昭和の名馬・ハイセイコー

元祖アイドルホース、
ハイセイコー号の思い出を語って下さい。

私は、あの菊花賞は、ハイセイコーが勝ったと今でも思っています。
タケホープファンだった方も、どうぞご遠慮無く!

Aベストアンサー

鳴り物入りで中央に来たハイセイコーでしたが、最初に出走したレースを見て、この馬はスピードがないと思いました。ですから、世間で言われているほど、強い馬という気はしませんでした。
それでも、それなりの強さはありましたから、勝ち続けていまいたが、本番のダービーで3着に敗れました。私はこのレースをタケホープから買って馬券をとりました。(と言っても、200円券1枚ですが)レースの前のインタビューで嶋田功騎手がえらく強気の発言をしていたのを新聞で読んだからです。
そのあとも重馬場に強いという印象を持っています。
ただし、競馬ファンを大きく増やした功績は称えられるものだと思います。菊花賞のタケホープとの一騎打ちは杉本清アナウンサーの名放送とともに今も記憶に強く残っています。(ゆっくりとゆっくりと)

Q昭和51年築の在来木造住宅の基礎は鉄筋?

昭和51年築で在来軸組工法です。
公庫で建てたのですが、基礎は鉄筋コンクリートでしょうか?
それとも無筋でしょうか?
図面等(仕様書も含め)が残っていないので、分からないのです。
当時の公庫基準をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

公庫で基礎に鉄筋を入れる基準になったのは昭和55年頃からだったと思います。
そう言えば昭和54年公庫で建てた家をリフォームする時検査したら鉄筋が入ってました。

http://www.ads-network.co.jp/chuuko-reform/taishin-reform-06.htm
こちらでも公庫の共通仕様書にS54に掲載とあります。義務は54年のようですね。

それまでは鉄筋がない、あっても間隔が広いという物件があります。
調査しないとわかりません。

Q何故、テンポイントなのか?

有馬記念です。まだ少々早い気もしないではないのですが、CMが始まっています。一言で『何故、テンポイントなのか?』と言う事ですが、正直わかりません。テンポイントと言えば、ライバルの筆頭はあの『トウショウボーイ』ですが、あれほどの死闘、終始他馬などお構い無しの戦いは見た事もありませんし、意識し過ぎて伏兵にやられたレースも思い出せません。自身描いていたシナリオは、オルフェーヴルが勝って勇退でしたが、それではあまりにスンナリ行き過ぎか?とも裏読みしてしまいます。となるとオルフェは再度馬群に沈むか?また暴走し、今回は内ラチをジャンプして越えるとか?いや、真面目に考えて牝馬の戦いになるのでしょうか?こっちのほうが、競馬としては面白いのかも知れませんが?

Aベストアンサー

オルフェは海外遠征とJCでの死闘の影響で体が萎んだようです。
池江調教師の英断で出走辞退です。来年も現役続行で凱旋門を目指すようですね。
さて、何故、有馬記念のCMがテンポイントかと言うことですが、
私の勝手解釈の駄文です。
 まずテンポイントはご存知の通り、あの杉本清アナが
『見てくれこの脚、これが関西自慢のテンポイントだ』
と叫んで、一躍有名になり、以降の活躍はご存知の通り。
京都の日経新春杯、小雪の舞う中で63Kgを背負い骨折の悲劇も有名な話。
有馬記念では、トウショウボーイと2年に亘り名勝負。
テンポイントが勝った年は、トウショウボーイに武邦彦騎手。
言わずと知れた、武豊の父親。テンポイントの鹿戸明騎手が、
内から伸びてくるトウショウボーイに『邦ちゃん、今日は勘弁してくれ!』
と言ったとか言わなかったとか。今は亡きこのテンポイントがCMで見られる。
東京生まれでトウショウボーイのファンだった私もテンポイントも大好きで、
嬉しい限りです。
長々と講釈を述べましたが、
今年の有馬記念は、武邦彦の息子武豊の復活と見ました。
トレイルブレイザーです。米国遠征を経て、有馬に挑戦。
外国帰りの初戦は見送るのがセオリーですが、海外遠征慣れの
トレイルブレイザーなら、大丈夫かもです。
今週の一週前の動きに注目です。

オルフェは海外遠征とJCでの死闘の影響で体が萎んだようです。
池江調教師の英断で出走辞退です。来年も現役続行で凱旋門を目指すようですね。
さて、何故、有馬記念のCMがテンポイントかと言うことですが、
私の勝手解釈の駄文です。
 まずテンポイントはご存知の通り、あの杉本清アナが
『見てくれこの脚、これが関西自慢のテンポイントだ』
と叫んで、一躍有名になり、以降の活躍はご存知の通り。
京都の日経新春杯、小雪の舞う中で63Kgを背負い骨折の悲劇も有名な話。
有馬記念では、トウショウボー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報