病院、医院、クリニック、診療所の違いがわかりません。
多分ベット数とかによって分けられてると思うのですが、イマイチわかりません。
わかる範囲で良いので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医療法1条の5で「病院」とは「医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するもの」、「診療所」とは「医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するもの」と定義されています。

また、同法3条で「病院又は診療所でないものは、これに病院、病院分院、産院、療養所、診療所、診察所、医院その他病院又は診療所に紛らわしい名称を附けてはならない」「診療所は、これに病院、病院分院、産院その他病院に紛らわしい名称を附けてはならない」となっています。したがって、「診療所」が不適当と思う開設者は「病院」以外の「医院」とか「クリニック」の名称をつけることができます。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S23/205.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく書いてもらい、有難う御座いました。

お礼日時:2001/09/13 21:05

とりあえず簡単なところで、クリニックと診療所は入院施設はありません。


また、施設も無いのに「病院」と名乗ってはいけない決まりになっているはずです。
「医院」と「病院」とはベッド数の違いで使用できる名称が制限されていたように記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/13 21:07

1)医院=クリニック=診療所


2)病院



1)患者収容施設(入院病室)の無いものor19人以下の収容施設をもつもの
2)患者収容施設20人以上を有するもの
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく、簡潔に書いていただきありがとうございました!

お礼日時:2001/09/13 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同一日診療を科目によって二日に分ける処理について

診療所で、毎月の降圧剤の処方箋を出してもらうと同時に、虫刺されによる腫れに対処するための薬を院内処方で受け取りました。そこの医師は一人です。
領収書が二枚出て、それぞれの「診療日」は実際の診療当日とその前日のものになっており、それぞれで「再診料」123点と「医学管理料」235点、225点が計上されていました。

聞くと、(1)「院内処方と院外処方は本当は同日に行えない。翌日また来院してもらうのは悪いので、日付を変えて処理している」から再診料は二回取り、(2)「医学管理料は高血圧のものだが、月に二度まで取れるので取っている」との説明でした。

この説明の(1)の「同日に行えない」というのは事実なのでしょうか。また(2)のような行為は正当なのでしょうか。

Aベストアンサー

参考サイトにあるように 緊急やむをえない事態のとき同日算定できます。
慢性疾患で院外処方、緊急に投薬に必要を認めて院内処方・・ということなら レセプトにコメントをつけることで十分対応できるはずです。

できないからという理由で行っても無い 診療を行ったとして別の日の領収書を発行するということは明らかに 違法行為、診療報酬不正請求ですね。 
しかも確信犯

行った医療についてのみ患者さんに料金をいただきます・・・という医療機関なら コメント対応で 同日算定するはずです。

同日算定の場合は 投薬にかかる料金としては 
処方箋料70点 特定疾患薬剤管理料15点 のみの算定で、 
調剤基本料8点、処方料42点、内服薬調剤料9点は算定不可です。

2日に分けて算定しているのなら
再診料71点、外来管理加算52点、特定疾患療養管理料225点、調剤基本料8点、処方料42点など投薬に関する料金を 全て不正に請求されていることになりますね。

行ってもいないけど 患者にも分からないし取れそうだから取る・・・・という医療機関・・・・法令も守れないような医療機関・・・ であるなら こういうところに私は通院しませんね。

こんなところが一杯あるのでしょうね。  
開業医は怖いです。

参考URL:http://hoken.dscyoffice.net/?cid=6067

参考サイトにあるように 緊急やむをえない事態のとき同日算定できます。
慢性疾患で院外処方、緊急に投薬に必要を認めて院内処方・・ということなら レセプトにコメントをつけることで十分対応できるはずです。

できないからという理由で行っても無い 診療を行ったとして別の日の領収書を発行するということは明らかに 違法行為、診療報酬不正請求ですね。 
しかも確信犯

行った医療についてのみ患者さんに料金をいただきます・・・という医療機関なら コメント対応で 同日算定するはずです。

...続きを読む

Q同じ月に同じ診療科の別の病院で保健診療で診てもらうことはできるのかどうか

先週に以前に一度だけ行ったことがある耳鼻咽喉科で健康保険を使って診察をして頂いたんですが症状が全く変わらないので別の耳鼻咽喉科の病院に行こうかと考えているんですが、この場合、健康保険を使って診てもらうことは出来るのでしょうか?

同月なら自費診療になりますか?
1ヶ月経たないと保健を使って診てもらうことは出来ませんか?

ちなみに診てもらおうと考えている耳鼻咽喉科の別の病院は2年ぐらい前に一度だけ行ったことがあります。

Aベストアンサー

多分大丈夫。
私も、同一診療科を、ハシゴした事ありますが、チャンと保険対応してくれました。
もちろん、後日請求もされませんでした。

Q【高須クリニック】高須クリニックの高須克弥院長は「私はレーシック手術だけは信用していないので手術はし

【高須クリニック】高須クリニックの高須克弥院長は「私はレーシック手術だけは信用していないので手術はしない」と名言しました。

氏はもう70歳を超えていますが、未だに腹部に脂肪移植等をやっているのにも関わらず、レーシック手術はまだ行っていません。

いつやるのでしょう?

高須クリニック医院長はレーシック手術の何に警戒しているのでしょうか?

レーシック手術の何が信用出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

まだ、数十年先の症例報告がほとんど無いからではないのでしょうか。

Q順天堂医院ってどんな病院?

政界・財界の要人(お金持ち)はみんな順天堂医院
に入院したりするようですがここの病院はそういう
VIPに特別な対応をしてくれるのでしょうか?
それとも飛び切りに腕のいい医者がいるのでしょうか?

我々庶民が行っても見てくれるのでしょうか?
保険は利くのでしょうか?

誰かご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。

私は以前、そこで働いていました。
少し昔の話(10年位前ですが・・・)になります。

順天堂は別に保険が利かない病院だとか、VIPしか診察しない所じゃぁないですよ(^^)
確かに政財界の有名な方等は多いですが
それはある程度の大きな病院ならば(大学病院などと言った所)、誰かしら、有名・著名な方はいらっしゃるものと思います。

ただ、VIP対応のそれなりの病棟があるので、金銭的に余裕のある方や、有名な方はそちらに入られるのだと思います。
でも、まぁ、これも大きい病院ならば、今はどこでもあるものでしょうね。

それから、有名な先生もそこそこいますよ♪
でも、腕が良いのと、評判が良いのと、自分に合うかどうかはまた別の問題ですから、よく見極めて受診なさっては如何でしょうか?

Q産婦人科医院の採算性と誘致

全国的に不足している産婦人科医ですが、なんとか自分の町に誘致したいと考えています。私の住む町は人口16000人。周辺町村を入れても年間200人くらいしか出産がありません。いくらなんでも採算性のない町での開業は不可能と考えますが、大まかにいって何人くらいの出産数で採算ベースに乗るものでしょうか。

Aベストアンサー

採算もありますが、労働条件が大きいと思います。
ひとりで365日24時間は戦えませんもの・・・
(5000万円で招集したけど1年で退職された尾鷲市立病院の例もありますし)

あと、助産師さんの確保も鍵ですね。
出産数が少なく採算が・・と気にされてますが、出産費用を上げれば
どうにかなります。


それよりも
産科と小児科がなくなると地域が滅びますからねぇ・・・・


参考にどうぞ
北海道医師求人コンサルタント A企画さまの
http://members3.jcom.home.ne.jp/3729975002/Menu.html
「産婦人科医を招聘する方法とその条件」が参考になるかと思います。

ある産婦人科医のひとりごと さま
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/
 大変ためになります。

新小児科医のつぶやき - 分娩医療都市
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070227

勤務医 開業つれづれ日記 さま
http://ameblo.jp/med/
 【産科・小児科 休止一覧 2 】 日本全国 今後の崩壊予定が現状を知る上で使えます。
→ http://ameblo.jp/med/entry-10026652049.html

産科医療のこれから Doctors Blog さま
http://blog.m3.com/OB_Gyne/

医療法人オーク会 さまの分娩取り扱い終了のご案内 
http://www.oakclinic-group.com/info.html
 ・・を踏まえて地域のかたへの啓蒙活動されると、
   医師が燃え尽きないようにすることも肝要かと。

産科医不足!お産はこれからこう変わる - [出産医療・産院選び]All About
http://allabout.co.jp/children/birth/closeup/CU20060526A/index.htm

採算もありますが、労働条件が大きいと思います。
ひとりで365日24時間は戦えませんもの・・・
(5000万円で招集したけど1年で退職された尾鷲市立病院の例もありますし)

あと、助産師さんの確保も鍵ですね。
出産数が少なく採算が・・と気にされてますが、出産費用を上げれば
どうにかなります。


それよりも
産科と小児科がなくなると地域が滅びますからねぇ・・・・


参考にどうぞ
北海道医師求人コンサルタント A企画さまの
http://members3.jcom.home.ne.jp/3729975002/Menu.html
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報