去年8月、結核と診断され廃菌があり、入院しました。当時の病院では、菌が出なくなるとすぐ退院ということで、年なのでもう少し様子を着てほしいと頼みましたが12月に出て行けといわれました。悪いことに痴呆症も見つかり、家庭の事情で看病が出来ないので、何とか置いてくれる病院を探して、2月に転院。費用の面で、6月に現在の病院に転院しました。そのころは病状も安定していたので、安心していましたが、8月半ばに病院から、レントゲン検査の結果、胸の状態が、よくない、今のところ菌は出ていないが、咳き、痰の症状と、食事も半分に減り点滴をしている。専門の病院で診察をうけ、結果によってはそちらで、治療してほしいといわれ、驚いています。これは再発なのか、完治していなかったのか、最初の病院の見解も理解できません。徘徊もあり、完璧な治療をしないと再発が怖い危険な病気なのに、簡単に退院させる姿勢も納得できませんでした。これからも、中途半端な形で結核病院の入退院を繰り返すのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こういった患者さんは実際には多いと言うこととmaribanriさんのような考え方で医療不信感をもたれている方も今の日本の風潮では多数派であるとういこともよくわかっております。

僕の回答に異論のあるかたの方が多いでしょう。それでもあえて回答させていたきたく思います。ご不快に感じられた場合削除していただいて結構です。
このご質問の場合、結核の治療といったものと痴呆のある老人をだれが面倒みていくべきなのか?という社会的問題がごちゃ混ぜになっておられます。
結核の治療としては昔のようにずっと隔離されて患者さんに苦痛を強いるようなやりかたは人道的に許されないと思います。やはり排菌が無くなって他人に感染させる心配が無くなったら退院して外来通院で経過を追っていくというのが普通の医療従事者の考え方です。
とくにお父様のように高齢になって発病されておられる場合、若いときに感染しても発病しなかったものが加齢による免疫力の低下によって発病してくることが原因でしょうから「完璧な治療」とか「絶対に再燃(再発でなく再燃です。体の中に一匹も結核菌がいない状態にするまで治療し続けるなら無菌室で生活して薬の副作用で死亡するほど続けなければ無理だと思います。)しない」と言うことを求めるのなら20台に若返らせろと言うことになります。実際にはそんな治療はあり得ない訳ですから感染力が無くなれば外来で再燃しないように注意深く経過を追っていきましょうといったことになるわけです。
この時点で結核で入院する必要性が無くなっているわけですからそれ以上の痴呆の世話を誰がするかと言った問題は社会の問題です。現在の日本の社会ではその責務は家族が負うことになっているはずです。また、そういった介護や世話と言った面で肉親である家族以上のものを医療従事者に求めるのには疑問を感じます。お父様が82歳であるならmaribanriさんの年齢は50~60台と言ったところでしょうか?この問題は決して他人ごとではないはずです。今自分が親に対して行っている姿勢は必ず自分の子供から自分に跳ね返ってくるものです。ひとは自分が他人に対して与える以上のものは与えられないものだと思います。全ての不満を医療従事者にぶつけるのでなくご自分の親御さんに対する責任や行動なども含めて建設的にかんがえていかれればとおもいます。
年上の方に口幅ったいことを申し上げたことをお許しください。
maribanriさんのご多幸をお祈り申し上げます。

この回答への補足

ご回答有難うございました。おっしゃることいちいちごもっともです。

maribanriさんのような考え方で医療不信感をもたれている方も今の日本の風潮では多数派であるとういこともよくわかっております 今自分が親に対して行っている姿勢は必ず自分の子供から自分に跳ね返ってくるものです。ひとは自分が他人に対して与える以上のものは与えられないものだと思います。全ての不満を医療従事者にぶつけるのでなくご自分の親御さんに対する責任や行動なども含めて建設的にかんがえていかれればとおもいます.


このような書き込みは、躊躇したのですが・・、ここでくどくど我が家の込み入った家庭事情を書くわけに行かないので省略しましたが。
やはり一般的な上滑りな説明になってってしまったので、当然、現在にいたる状況から、又、家族の思いからかけ離れた、誤解を、皆さんに与えてしまったようですね。私のような考え方とお答えいただきましたが・・・私の考え方は、書いたつもりは有りませんでした。親にたいする思いと、取り巻く状況は、比例するものではありません。勿論、家庭看護を当然に、介護認定を受けるべく申請しましたが、気持ち悪い病気なので、認定にいけない、ヘルパーも事業所がいやがるので派遣しないなどと区役所で断られました。徘徊する父を、また、再燃したときに非常に恐ろしいことになるので完璧な看護をと担当医に言われたような、危険な状態の病人
を、素人の80になる母と小商いで、その日を暮らしている、50台の女性だけでは、完璧な看護が出来るわけなく、途方にくれて、病院に相談したところ、病院もとても、家庭看護は無理ということで、退院後の病院を、紹介してくれたのです。ただ、次の病院は、この状態で、退院は、早すぎるので、後半年、きちっと治療してほしい。といわれました。
当然私たちは素人です。病院によって、病気に対する見立てがが正反対で、なおかつ、患者サイドには、危険だ危険だと、いわれて。一年後に又、再燃したのなら、なぜもう少し、専門病院で、置いていただけなかったのか、それこそ、体力のない老人なのですから。私たちにはなすすべがなく、こういうものなのなのかと思ったので色々ご意見を伺いたかったのです。再燃なのか、新たに、かかったものなのか、結核というのはそういうものなのか。
 
要するに、専門家の皆さんは、専門的な立場で慣例に沿って、それぞれお仕事をつつがなく遂行する。でも、それで終わりでなく病人、それを取り巻く環境はちがいます。勿論、いちいち親身にやってられない、次々患者、相談者は来る。きりがない。それもよくわかります。
ただ、病院、行政、家族との、つながりを、上手くいえませんが、連携がきちっとできるシステムになっていれば、そしてもう少し上手に病状なり、予後に関して説明くだされば。病院、行政、それぞれ自分の仕事をつつがなくやれば、それでおしまいと感じなくてすんだのにと思います。

もうひとつ、医療に不満をぶつけていると有りましたが、今回のことを通じて、病院関係者、ケースワーカー、看護婦さん、やっと認定してくれた介護事業所、のかたがたの仕事のあり方を見て、本当に頭の下がる思いでいます。決して、家族以上のものを医療従事者に求めておりません。それで助かっている以上、やはり何らかのリスクはあって当然と思います。医療に不満は有りません。不信感が残っただけです。
そして、皆さんとてもよくしてくださいますが、やはり他人にゆだねなければならない、これでよいのかという心の葛藤を、なだめなだめ、お世話になっているという次第です。一応、これが今の私どもの状況では、母にとってベストという結論で無理やり自分を納得させているというところです。

貴方は’父、帰る’という小説読んだこと有りますか。
勿論、それは個人の事情で、医療も行政もしったことではありませんが、それぞれ家庭、個人の人生は十派一からげというわけには行かないので。 

貴方のおっしゃること、とてもよく理解できます。決して口幅ったいと思わないでくださいね。立場立場で、色々な考えがあって当然です。又貴方のように、病状を
このようにきっちり説明してくだされば、よかったのにと思います。再発ではなく再燃、これだけでも、うーんなるほどと。
有難うございました。
また、何か有りましたら登校します。ぜひご意見お聞かせください。

補足日時:2001/09/14 02:22
    • good
    • 0

結核は排菌していなければ入院治療は行なわないのが一般的なようです。



北海道の結核についてですが「正しく結核を理解するためのQ&A」
がわかりやすいかとおもいます。

お父様、お大事に・・・・。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~hokkaido/tbfaq.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考資料読ませていただきました。
父は、病気と、徘徊を伴う痴呆とでどうしてよいのか。
こういう老人が増えてくるのでしょうね。
回答有難うございました。

お礼日時:2001/09/14 02:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結核の耐性菌の検査方法は?

結核の菌が耐性菌かどうかはどうやって判別するのでしょうか?
血液検査でしょうか、それとも、塗沫で出た菌を培養するなどして検査するのでしょうか?
耐性菌に感染していた場合、感染してすぐに行った血液検査や塗沫検査で検出できるのでしょうか?
また、耐性菌に感染していても発見できずに通常の結核菌と間違われることはあるでしょうか?

Aベストアンサー

抗酸菌の分離培養を行い、出てきたものの感受性検査を行うので、
結果が出るのには数週間かかります。
耐性菌かどうかわかるのは感受性検査の結果が出たときです。

Q痰の青緑色が濃いほど結核菌は多いのでしょうか?

結核で入院中です。
痰の検査を毎週、受けています。
痰の青緑色が濃いほど、結核菌は多いのでしょうか?

9月30日に類似の質問をしましたが、回答が得られませんでしたので、質問を簡単にして、再度、質問いたします。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 結核菌に感染すると、痰が緑色になるのか否かは知りませんが、少なくとも緑膿菌等の結核菌とは関係ない菌に感染した場合でも、緑色の痰や鼻汁が出ますから、痰の色は結核菌の多少を判断する目安にはならないと思います。
 緑膿菌はどこにでもいる菌で、健常者に対する病原性は殆ど無い、弱毒性の菌ですが、病気等で体力が特に低下した人には、感染症が現れる事もあるそうです。
 ですから、緑膿菌に感染したからと言って、感染症になるとは限りませんし、感染症が現れた場合でも、鼻づまり程度にしかならない場合もあれば、極端な場合には死亡した例もあります。
 蓄膿症で青っ鼻を垂らしている人などは、緑膿菌に感染している場合が大半だと思います。


【参考URL】
 緑膿菌 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E8%86%BF%E8%8F%8C

 耳鼻科50音辞典 > 五十音別索引へ > 緑膿菌
  http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/ryokunoukin.htm

Q肺の影/内視鏡検査で異常なし、でも結核?

春に会社の健康診断で胸部レントゲンを受けたところ、小さな白い影があると診断され、翌月に総合病院で胸部CTを撮りました。(今までに肺炎にかかったことはありません。)

自分で感じる不調は全くなかったのですが、医師の診断では結核の可能性が最も高いということでその後、内視鏡検査をしましたが結核もその他の菌など何も見つかりませんでした。

その後、経過観察ということで3ヵ月後に胸部のCT検査をしたところ、僅かではあるが白い影が増えているようにも見えるとの事でした。
そこで、もう一度内視鏡検査。
または、結核菌を発見してはいなが可能性が高いので結核治療の開始を進められました。


ですが、結核菌が発見もされてもいないのに可能性だけで副作用のある治療は受けれません。
(6ヶ月間の薬服用)

内視鏡検査はとても辛く出来れば受けたくなく、その旨を担当の医師に伝え他に検査の方法はないのかを聞いたところ血液検査で結核かどうかが分かるとの事でした。
(そもそも初めから内視鏡ではなく血液検査でよかったのでは?とも思いますが・・・。)


35歳でタバコは吸いますが、ここ数年風邪もひいてもいません。
今まで大きな病気もしたことはなく、病気についての知識もありませんが、
上記のように担当医師の対応や説明不足などからどうも納得がいきません・・・。

始めの内視鏡検査で何も見つからなかったのに結核ということはあるのでしょうか?
同じような検査をされた方や、診断をされた方、ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします。


(10日後に血液検査の予約が入っています。)

春に会社の健康診断で胸部レントゲンを受けたところ、小さな白い影があると診断され、翌月に総合病院で胸部CTを撮りました。(今までに肺炎にかかったことはありません。)

自分で感じる不調は全くなかったのですが、医師の診断では結核の可能性が最も高いということでその後、内視鏡検査をしましたが結核もその他の菌など何も見つかりませんでした。

その後、経過観察ということで3ヵ月後に胸部のCT検査をしたところ、僅かではあるが白い影が増えているようにも見えるとの事でした。
そこで、もう一度内視鏡検...続きを読む

Aベストアンサー

>始めの内視鏡検査で何も見つからなかったのに結核ということはあるのでしょうか?

ありますよ。多々。骨関節結核とか、内視鏡では見ない場所も結核になりますしね。

結核は肺だけだと思っている人は、肺はなんともないのになんで結核治療?なんて、理不尽に感じるでしょうね。
皮膚結核、腎結核、リンパ結核、他にも色々あるんですよ。だから疑いが強い場合は早め早めの治療が必要です。

まだクォンティフェロン検査はしていないのでしょうか?この文章だとしていないようですね。
遊離インターフェロンyを調べるとか言われました?

おそらく痰の培養程度の検査をやって陰性だったけど、臨床や病理を総合的に見て結核の可能性が高い為に、感染源にならないように治療をしましょうという事ではないですかね。

検査も治療も納得できるまできちんと医師に聞いて、理解したうえでされたほうが良いです。お大事になさってください。早く良くなると良いですね。

Q田舎の井戸水飲んでます、一度ピロリ菌の削除したのですが再発はありますか?

一度ピロリ菌の削除したのですが再発はありますか?

Aベストアンサー

こんばんは。猫山と申します。
医師です。

ピロリ菌の再感染はありえます。
井戸水は関係ありません。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q結核の検査待ち中なのですが

以前、健診でひっかかり再検査となり相談させてもらったモノです。

その後総合病院で再検査(CT、喀痰、血液、検尿)をしたところ、医師がレントゲンとCT画像を見ながら「結核」の可能性が高いと言われました。
CTは私が見ても分かるほど、はっきり肺に空洞(4cmくらい?)があり、その周りに白い影が拡散しているように見えました。
医師が言われるには、白い影が周りに飛び散っている様子が結核でよく見られるCT画像とのことです。。

痰や血液検査についてはすぐ結果がでないため、来週にまた病院に来たときに報告するとだけ伝えられました。

他のサイトなどで調べたのですが、結核は排菌していたら隔離病棟へ隔離されるとありましたが、もし私が来週病院行くまでに痰や血液検査で排菌されていることが判明した場合、来週の病院を待たずに呼び出しなどあるのでしょうか?

私自信には、咳や痰、倦怠感、寝汗などよくかかれてある自覚症状はないのですが、CT画像からは異常があることは間違いなさそうです。
先生も、まだなんとも言えない、肺炎や肺がん、結核などいろいろ考えられるが、CT画像からは結核の可能性が高いとしか言えない、とおっしゃっていました。

次回病院へ行けば何らかの調査結果を伝えられるのですが、それまでがとても不安で仕方ありません。。
経験のある方や医療関係の仕事をされている方で、何か分かれば助言など頂きたく思います。
よろしくお願い致します。

以前、健診でひっかかり再検査となり相談させてもらったモノです。

その後総合病院で再検査(CT、喀痰、血液、検尿)をしたところ、医師がレントゲンとCT画像を見ながら「結核」の可能性が高いと言われました。
CTは私が見ても分かるほど、はっきり肺に空洞(4cmくらい?)があり、その周りに白い影が拡散しているように見えました。
医師が言われるには、白い影が周りに飛び散っている様子が結核でよく見られるCT画像とのことです。。

痰や血液検査についてはすぐ結果がでないため、来週にまた病院に来たときに...続きを読む

Aベストアンサー

その病院によって違うと思いますが、
親切なところは呼び出しをするかもしれません。
結核は空気感染で、今の日本人は予防接種をほぼ全員が受けているとは言え、
同じ部屋の中にいる人に感染させてしまうリスクはゼロとは言えません。
感染予防のマスクも特殊なマスクでなければ効果がなく、
薬局で売っている様なマスクは意味がありません。
あなたの周りの人を守るため、そしてすぐに治療ができるようにするため、
呼び出ししてくれるところは呼び出ししてくれるでしょう。

ですが結核菌の培養は確か一週間以上時間がかかったはずです。
次回の診察でも全ての検査結果が出ているとは限らない
と思っていた方がいいかもしれません。

現在は結核に対して使える薬もあり、
昔のように治療成績が悪い訳ではありません。
薬をちゃんと飲み、しっかり静養を取れば治る病気になっています。
症状が出ない早期に何かしらの病気がある事を発見出来たのですから、
今は不安かもしれませんが、運が良かったと思いますよ。
できるだけ人との接触を避け、検査結果を待つ事が一番だと思います。
お大事になさってください。

その病院によって違うと思いますが、
親切なところは呼び出しをするかもしれません。
結核は空気感染で、今の日本人は予防接種をほぼ全員が受けているとは言え、
同じ部屋の中にいる人に感染させてしまうリスクはゼロとは言えません。
感染予防のマスクも特殊なマスクでなければ効果がなく、
薬局で売っている様なマスクは意味がありません。
あなたの周りの人を守るため、そしてすぐに治療ができるようにするため、
呼び出ししてくれるところは呼び出ししてくれるでしょう。

ですが結核菌の培養は確か一週間以上...続きを読む

Q非結核性抗酸菌症について

肺の精密検査(気管支鏡検査、PET検査、喀痰検査)を行ったところ、表題の病状の診断を受けました。喀痰検査からは菌が発見されず、排菌はないようですが、肺内に着床しているとのことです。また非結核性抗酸菌症の中でも、完治が曖昧な肺MAC症という症状でした。
 今のところ、咳や痰、胸痛等の症状はなく、主治医からもゆっくり時間をかけて症状が進む可能性があると言われ、クラリス、リファンピシン、エサンプトールの3種類の薬を処方されています。薬の服用なしで経過観察でも問題ないレベルだが、菌の拡散や症状の進行を抑えるために早い目に投薬したほうがいいというのが主治医の見解でした。
 2週間後に再度進行を確認する予定ですが、完治が困難で将来どのように病状が進むか不明という状況下、セカンドオピニオン的なご意見を頂けたら幸甚です。(ちなみに、自覚症状らしいものは無いと上記に記載しましたが、病気の症状か薬の副作用かは不明ですが、一日のうち数時間頭痛が起こったりします。恐らく不安から来る精神的なものかもしれませんが・・・あと、肺右中葉あたりに約1.5cm程度の影がある状態です。)
よろしくお願いいたします。
※38歳 男性 県立医科大付属病院に通院

肺の精密検査(気管支鏡検査、PET検査、喀痰検査)を行ったところ、表題の病状の診断を受けました。喀痰検査からは菌が発見されず、排菌はないようですが、肺内に着床しているとのことです。また非結核性抗酸菌症の中でも、完治が曖昧な肺MAC症という症状でした。
 今のところ、咳や痰、胸痛等の症状はなく、主治医からもゆっくり時間をかけて症状が進む可能性があると言われ、クラリス、リファンピシン、エサンプトールの3種類の薬を処方されています。薬の服用なしで経過観察でも問題ないレベルだが、菌の拡散...続きを読む

Aベストアンサー

普通、中年男性の非結核性抗酸菌症(NTM)だと、MACよりM. kansasiiが多いので、その辺が問題になるかという事と、どの段階で抗菌薬を投与するかが問題です。経過をみれる症例も多いですから。
一度、NTMをたくさん診ている施設を受診されてもいいかと思います。ただ、投薬を始めてしまうと、止めずらいのも確かです。

Q痰の検査で結核菌が出てしまったのですが、これからどうなるのでしょうか?

すぐに回答を! 定期健診で肺に影が見つかり再検査でCT、痰の検査、血液検査などを行いました。痰の検査で1回目は異常なかったようなのですが、2回目の検査を3日前に行い、今日結核菌があったという電話がありました。
月曜に診断を受けることになったのですが、必ず入院しなければならないのでしょうか?
結核の症状(微熱が続く・咳が出るなど)はないのですが、もう発病しているということなのでしょうか?それともまだ感染しているだけなのでしょうか?
今すごく不安です。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

結核の入退院の基準を貼り付けておきます。
少し新しくなっているかも知れませんが。
要するに結核予防法により迫られる入院は、他者への感染の可能性により発生します。排菌量が多かったり、身近に配慮すべき老人・子供などいる場合。そう言った施設との関わり。うつらない様に隔離です。逆にその心配が無くなれば退院基準を満たします。今回は症状が無い○ 一回目はガフキーゼロ○2回目ガフキー陽性△あとは画像の広がりとか色々個別に検討が必要です。
ここまでが公衆衛生上のおきまり。

で、本人の治療上の入院は別です。
一般に多剤併用治療を行います。強い治療ですので化学治療と言えます。肝臓やアレルギーの可能性があり、期間中安静が必要です。導入目的とは治療開始1ヶ月程度はそう言った危険性が有るため、入院に準じたフォローアップが必要なのです。教育目的でも有ります。この場合特別な施設(陽圧換気を行う隔離部屋の必要なし)を要しませんので一般の病院でも可能です。
公費で出来るや出来ないの細かい話もありますが、本筋じゃないので省略いたします

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/02/s0209-10c.html

結核の入退院の基準を貼り付けておきます。
少し新しくなっているかも知れませんが。
要するに結核予防法により迫られる入院は、他者への感染の可能性により発生します。排菌量が多かったり、身近に配慮すべき老人・子供などいる場合。そう言った施設との関わり。うつらない様に隔離です。逆にその心配が無くなれば退院基準を満たします。今回は症状が無い○ 一回目はガフキーゼロ○2回目ガフキー陽性△あとは画像の広がりとか色々個別に検討が必要です。
ここまでが公衆衛生上のおきまり。

で、本人の治療上...続きを読む

Q父が10年以上非結核性抗酸菌症を患っています。

80歳という高齢で重度の病状のため、医者からは延命処置をするか否かをそろそろ考えておいてほしいと告げられました。また、「緑濃菌が検出されたし抗生物質の点滴で肺炎が軽くなるということから推察すると、現在は抗酸菌症というより肺自体が悪くなりすぎて肺が破壊されつつあるのかもしれない」とも言われました。そこで質問ですが、肺の破壊は食い止めることはできるのでしょうか?もし食い止めることができるのなら、試してみて良かった、効果があった方法などあれば教えてください。
ちなみに、これまで漢方薬と発酵飲料をやってみましたが、効果はありませんでした。それと、もうひとつ質問させてください。父親は重度の状態であるにもかかわらず、一度横になると寝たきりになる気がするのか、家では横にならず入浴したり食卓に足を運んだりなどぜいぜい呼吸しながら動きます。わたしとしては動くことで病状が悪化しないか心配です。やはり横になって安静にしていた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

慢性肺疾患の場合、ある程度筋力が無いと一気に悪くなります。
医者から安静にしていろといわれない限り、ある程度体を動かしたり座っていたりしたほうがいいです。
呼吸に必要な筋肉だけではなく、手足の筋肉も保っていたほうが予後がいいという論文もあります。
入浴は、肩までつかるのではなく、胸の下あたりでやめといたほうがいいかもしれません。

Q結核の検査について教えてください!

主人の事で質問です。
6,7年ほど前なのですが、当時アルバイトをしていた職場の上司が、結核で亡くなってしまった事がありました。
ちょうど主人がそのバイトを辞めてからすぐだったか、辞める頃かだったと思うのですが、知識もなかったためその後も特に結核の検査はしていませんでした。
その何カ月か前には私も数週間、そこでバイトをしてた時があります。

現在私も夫も27歳なのですが、今年子供も生まれ、先月BCGを受けました。(その時の反応は正常なものだったので、子供はかかってないと思います)
そこでふと思い出し、今になってすごく心配になってきました。。。

1ヶ月くらい前、主人はよく胸が痛いと言っていました。
でも病院に行くほどではなくて、そのうちなくなりました。
咳きこむとかはないです。

結核って発病していなくても、検査でわかるものなんでしょうか?
またとりあえずの診断でもいいので、未発病でも感染の可能性が低いか高いかは診察当日にわかるものなのでしょうか?
検査だけして結果を来年に持ち越すのは、不安でたまらなくなりそうです。

今日ふと、思い出したので主人にはまだ言ってません。
今月検査をするとなると、仕事が休めるかも微妙ですが、職場には正直に7年前の・・・と言ったほうがいいのでしょうか?

当時検査していればよかったと本当に後悔しています・・・。
的外れな質問でしたらすみません。
結核に詳しい方、どうかよろしくお願いいたします。

主人の事で質問です。
6,7年ほど前なのですが、当時アルバイトをしていた職場の上司が、結核で亡くなってしまった事がありました。
ちょうど主人がそのバイトを辞めてからすぐだったか、辞める頃かだったと思うのですが、知識もなかったためその後も特に結核の検査はしていませんでした。
その何カ月か前には私も数週間、そこでバイトをしてた時があります。

現在私も夫も27歳なのですが、今年子供も生まれ、先月BCGを受けました。(その時の反応は正常なものだったので、子供はかかってないと思います)
...続きを読む

Aベストアンサー

以前結核にかかっている患者さんと接触した経歴があり(同じ職場だったとか)、感染したか心配・・ということですね。
結核の場合、かならずその地域の保健所が調査に入っているはずです。
結核患者を診た医者には、保健所への申告義務があるので、かならず調査に入ります。
で、感染したか心配なときは、まずその保健所に問い合わせてみます。
とるべき方法を教えてくれるでしょう。

めんどくさければ、呼吸器内科に行ってレントゲンでもとってもらえばたいてい分かります。
普通の内科医だと、レントゲンに写っていても見逃される可能性が高いです。

私は呼吸器内科医ですが、一般内科を20年以上やっている同僚が、呼吸器内科医であれば2年目くらいの医者でもわかりそうな結核を、あっさり見逃していたことがあります。
結核は、呼吸器内科へ。

Q結核について咳と痰が数週間続くと結核かもと言うのは本当でしょうか?

結核について咳と痰が数週間続くと結核かもと言うのは本当でしょうか?
私は、4月の頭に知人の家に遊びに行きました。
その時に、知人の子供が風邪をひいていまして、奥さんも寝込んでいる状態でして、大変なところにお邪魔したと、お土産だけを渡して、帰宅したのですが、それから数日後、知人の家族と同じような症状(頭痛・鼻水・痰)が出てきまして、その後ひどい頭痛になり、幸い日曜日でしたので、一日養生したところ、頭痛もやや治まり、鼻水と痰は出るものの、市販の風邪薬で医者にかからず仕事をこなしていました。
それから約1週間で鼻水と痰も出ることは出るのですが、一時治まりつつありました。
しかし、その翌週から鼻水は治まったのですが、今度は咳と痰が頻繁に出るようになり、3週間位続き、やっと今週に入り、咳も落ち着き始め、痰も出ることは出るのですが以前よりも出なくなってきました。
もう、ほとんど気にならないくらいの感覚で、落ち着いてきたのですが、たまに、喉の奥が痒いような感覚で咳が出ることがあります。
最近読んだ新聞に、数週間以上咳が続いた場合、結核に感染している可能性が大であるから検査に行くようにとの記事があり、咳と痰がもうほとんど落ち着いていることもあり、診察に行かなくても良いのではとも思っているのですが、振り返れば3週間以上咳と痰は出ていたなと、行くべきか行かざるべきか悩んでいる次第です。
結核について咳と痰が数週間続くと結核かもと言うのは本当でしょうか?
噂で、隠れ糖尿病の方が3人に一人いるように、隠れ結核の方が、6人に一人いるというのは本当でしょうか?

結核について咳と痰が数週間続くと結核かもと言うのは本当でしょうか?
私は、4月の頭に知人の家に遊びに行きました。
その時に、知人の子供が風邪をひいていまして、奥さんも寝込んでいる状態でして、大変なところにお邪魔したと、お土産だけを渡して、帰宅したのですが、それから数日後、知人の家族と同じような症状(頭痛・鼻水・痰)が出てきまして、その後ひどい頭痛になり、幸い日曜日でしたので、一日養生したところ、頭痛もやや治まり、鼻水と痰は出るものの、市販の風邪薬で医者にかからず仕事をこなして...続きを読む

Aベストアンサー

> 数週間以上咳が続いた場合、結核に感染している可能性が大

普通の感冒では8週間以上咳が続くことはなく、咳喘息、アトピー性咳嗽、結核、肺がん、副鼻腔気管支症候群などの可能性が高くなるので受診が好ましいとの事であり、即、結核という事ではありません。ただ、周囲に迷惑をかけるのは結核なので、結核だけはきちんと否定すべきという事です。
逆に言えば、4週までは普通の感冒でも咳はでつづけるのでそんなに心配いりません。
基本的に、30~49歳における結核既感染率は95%、50~60歳で50%未満程度と推定されており、1/6という数字は高齢者を含めた既感染率かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報