自分は高校3年なんですが、英語がすごく苦手です。まったくといっていいほど解らないので勉強のしようがありません。大学受験には英語は必要不可欠なので勉強しなければなりませんので、大学受験のための英語の勉強方法をおしえていただきたいです。できれば参考書や問題集も教えてほしいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

    • good
    • 0

学校で使っている教科書があれば、そこで習った単語を全て、書いたり読んだりして覚えてください。

(^^)
苦手段階で辞書を引くのは時間の無駄なので、まず覚えまくってください。
半分は単語量で決まります。
そして習った文を文の切れ目を意識しながら、毎日音読することです。
毎日です。

英語は効果が目に見えて表れにくいので、放置しがちですが、毎日触れることが大切です。
お勧め参考書は、西きょうじのポレポレです。
文法はマニアにならない程度にやるべきですが、センターで使うなど、必要性があるならば強めにやるといいですよ(*^_^*)
毎日やること、そして切れ目を意識して前から読むことが大切です!
    • good
    • 0

講談社のモーニングに連載されている「ドラゴン桜」はお読みになったことがありますか?落ちこぼれが1年で東大を目指すため、短期間で効率的な勉強をするという話です。


まんがですが、書店では参考書コーナーに置いてあるのをみたことがあります。私のまわりにも、これを読んで本当に東大に受かったという人もいます(まあ、これ以外の努力や才能も多分にあったのでしょうが)。
英語は4巻が中心です。受験英語を本当に基礎からやるのであれば、参考になる部分もあると思います。勉強の合間にでもお読みになってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私も英語はものすごく苦手でしたが、他教科が比較的できた(偏差値70以上 そして英語は40台 ^^;)のと、志望大が芸術系だったおかげ?で、それでも何とか合格しました。
私も当時、なんとか英語を克服したいと思いましたが、受験後、無駄あがきした時間を別の教科を更にのばす時間にしたほうがはるかに有効だったと後悔したのを覚えています(笑)。結局英語が伸びなかったからですが。
でも、doraemon122さんはぜひがんばってくださいね!それでも万一行き詰ったら、実技のある大学・学部などを狙うのも手ですよね。
    • good
    • 0

いま、どの位なのでしょう? 文章からは判断がつかないですが・・・基本線としては文法を徹底的に理解する、覚えるというところから始めるのがいいように思います。



仮定法、完璧ですか?

文法の参考書、問題集は何をお使いですか?
    • good
    • 0

高校の英語科の教員です。

高3生で英語が苦手、だけど大学受験があって勉強しなければならない、という人はたくさんいますね。

実は、No.1280270「英語の問題集のオススメを教えてください」、No.1281961「英語の勉強の仕方」での私の回答がここでもあてはまりそうなので、一部引用してお答えしたいと思います。長くなりますが、参考にしていただけたら幸いです。

ところで、苦手意識を感じる方は、どこから手をつけるべきか、それ自体悩んでしまう人が多いですね。

文章を読む力も必要ですから、まずは教科書の内容を読みとる力をつけたいところです。学校での授業を大事にして下さいね。これはとても大切なことですよ。

さて、最初に申し上げておきますが、従来よく行われてきた「ノートの左側に英文を書いて、単語調べをして、和訳をつけ、授業ではそれを添削する」という学習方法(?)は、実はあまり意味がありません。日本語に直すことばかりが英語学習と思うのは、とんだ間違いです。ここに私がお勧めする方法を記しましょう。

まず、授業の「予習」ですが、先ほども書きましたが、ノートに教科書の英文を写してもあまり意味がない。多くの人は書いている間、その英文の意味を考えたりはしていませんね。もしかすると、単なる手の運動にしかなっていないかも。教科書をコピーするなりなんなりしてノートに貼ってしまいましょう。教科書に書き込んではダメ。日本語訳などを教科書に書き込む人がいますが、試験前にはそれを見ての勉強になってしまい、本来の英語学習とは程遠くなりますよ。教科書は何も書き込みのない形で、何度も読めるようにきれいなままにしておいてください。

正しい「予習」の仕方。それは英文を読んで、わからないところに片っ端から印をつける(アンダーラインでよい)。文構造がわからないのか、代名詞が指す具体的な内容がわからないのか、ある語のその文の中での意味が掴めないのか、ある前置詞の用法がわからないのか、とにかく何がわからないのか、書き込んでおくのがよいと思います。新出語の意味などは辞書で調べておけばそれでよいのですが、多義語の場合には、本文でどのような意味で用いられているかわからないこともありますよね。それもチェックします。

「授業」の受け方。あなたが、「予習」でわからなかったといって印を付けた箇所を中心に、先生の説明に集中してください。せっかくわからない箇所をたくさん見つけて「授業」を迎えたわけですから、説明を聴いて理解できたら、ノートにメモしておきましょう。わからなくて印をつけたところに、今度は○印か何か入れて、理解したことがわかるようにしておきます。わからなかった部分が「授業」ですべて解決できるとは限りませんから、それは「授業」後に先生に質問して理解しましょう。わかったらそれについてもノートに書き込んでおきます。

さて、いよいよ「復習」です。「予習」、「授業」としっかり取り組んできたあとが残っているノートです。「復習」は、その日の「授業」後、できるだけ早めにしてください。「復習」といったって、難しいことじゃありません。1つは、ノートを開き、「予習」でわからなくてつけた印の部分が、その時点でも理解できるかの確認。これでとりあえず、よしです。そして、最終段階として、ひととおり理解できた英文を繰り返し繰り返し読むことです。このとき気をつけてほしいのは、「書き込みなしの英文」を読んでほしいということ。メモや訳を書き込んであるものを何度読んでも意味がない。このときに教科書を使いましょう。理解できたはずの英文なので、すらすら読めるはずです。これを繰り返してください。できれば5回、10回と・・・。「暗記しよう」なんて大それたことを考えなくてもよいですよ。苦手意識があるうちは、暗記なんて大変だという思いの方が強いですからね。でも、
何度も書き込みなしの英文を読んでいるうちに、きっと憶えてしまっていることに気づきます。

「復習」はその日のところだけやるのではなく、できるだけ前にさかのぼってなさることを勧めます。そうすると、最初の方はだんだん定着度が高くなります。定着してくれば、そのあたりの「復習」は軽めでよくなりますよね。

試験準備の仕方? 実に楽ですよ。ノートを開けて、印の付いているところを重点的に確認し、あとは何度も書き込みなしの英文を読み込んでおくことです。

いろいろやり方はあるでしょう。でも、「奇跡の英語学習」なんてものは存在しないと私は思っています。やはり、こつこつと地道にやるしかないのだと思います。

こういう学習を積み重ねていくことで、教科書レベルの英文が読めるようになっていく。それを積み重ねていくことで、初めて接する英文でも楽に読める力が徐々についていきます。

さて、読解だけではどうしようもないので、ぜひ文法や構文の問題集を1冊仕上げて欲しいと思います。英語が大変苦手ということですので、桐原書店の『即戦ゼミ8 大学入試 基礎英語頻出問題総演習[最新三訂版]』に取り組まれてはいかがでしょうか。

これは、文法項目別に収められており、しかも、左が問題、右が解説になっています。問題が解けず、しかも解説をご覧になってもわからないような場合には、参考書をおひきになって、必要な内容をその右側のページに書き込まれるとよいと思います。この時期、参考書を片っ端から勉強し、それから問題集を開くという発想では大学入試にはどうにも間に合いそうにありません。

左のページには一切書き込みをせず、何度も繰り返しできるよう、また、取り組んだ回数がわかるよう、印をつけていってください。問題番号のところに□があり、チェックマークを入れることができるようになっていますが、一度ここにチェックを入れてしまうと、そのあと書き入れにくいですね。そこで、□に/、次に\、次に-、次に|、次にその□内の線と線の間の部分を順に塗りつぶしていく。すると、1問あたり12回印を入れることができます。そんな工夫をしながら、問題を何度も何度も解いていってください。ページ順にやる必要はないですよ。

模試を受けたときには、解答・解説をじっくり読みながら、その問題が、あるいは関連事項が、その問題集のどこに載っているのかを確認しましょう。問題集の右ページに載っていなくても、模試の解説に記されているような内容は、ぜひしっかり書き込んでおきましょう。そうやって、問題集を自分用の特別な参考書にしていくのです。

この問題集が終われば、ある程度の私大やセンターの英文法は、ある程度できあがると思います。レベル的に物足りなくなったら、その上のレベルの問題集に行けばよい。最初から欲張らず、じっくり取り組んで下さいね。

あと、桐原書店の『Next Stage 英文法・語法問題[New Edition]』も同様にお薦めできるものです。
ご参考までに。 (もちろん桐原書店のもの以外でもよいものはたくさんあります。)

とにかくコツコツとやるしかありません。焦らずに取り組んで下さい。はじめは実力のアップをなかなか実感できないのですが、そのうち急激に伸びるときが必ず来ます。自分を信じ、努力を積み重ねていってください。
    • good
    • 0

私は中学生の時からずっと英語が苦手でした。


高校入学時、英語など何も分かっておらず偏差値は50くらいでした。
2年生の中盤くらいまで普通に勉強してましたが、偏差値は55くらいで、中間テストや期末テストも赤点ばかりでした。
そこで、とにかく全部憶えました。
まずは教科書に載っている英文を日本語に訳します。
次にその日本語を英語で書けるように憶えます。
この勉強はめちゃ疲れます。なんたって全部書けるようにするんですから。
あとはターゲットという単語帳を毎朝電車の中で眺めました。
問題集は長文問題集を買ってやりました。
すると3年生の中盤くらいには最低でも偏差値67くらいは確保できるようになりました。
英作は得意になったし、長文もほとんど落とさなくなったからだと思います。
理解が先か、暗記が先か?
理解できなきゃとりあえず暗記してしまうのも手です。
理解は暗記の後から付いてくることだってあります。
それと、3年からでも全然間に合います。
私は上記勉強法を始めて3ヶ月で急に伸びましたから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。暗記が大事だという事ですね。参考になりました。

お礼日時:2005/04/22 21:48

まったくわからないのであれば、通常参考書を中1からの参考書を順にもう一度読むのが一番いいのでしょうが、例えばですが、こんなのはどうでしょう?


勉強から離れて、絵で書かれた「ビッグファットキャットの世界一簡単な英語の本」幻冬社1300円これは1巻から何冊かでてるはずです。本屋で立ち読みしてみて下さい(ただし、1巻から)。
あと、それを読んだあと「田中ちわわの100クイズで中学英語復習できる本」幻冬社とかもおもしろいかもしれません。他はインターネットの掲示板アメリカのサイトで自分が興味あるサイトを毎日みるようにします。そうして英語に生活もなれるという工夫が必要だと思います。
なれて来たら、参考書をかたっぱしから読む。なにがわからないのか?を理解して自分が読みやすいものが一番です。なぜ英会話学校がたくさんあるかというと大人に
なってもみんな一からやれるんじゃないかな?と言う事からスタートします。ですので大人より若い現役高校生
ならなおさら、一からやりなおせます。世は仕組みがわかれば後は単語を覚えれば広がっていくのでまずは興味
をもって自分にあったわかりやすそうな本をみつけて
好きになる事が大事だと思います。大学受験も大事ですが大学受験のためだけに勉強だけすると飽きてしまう
場合もあるので参考書ではないですが、他の英語の本に目を向けるのも良いんじゃないかとも思ってます
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、ありが

英語に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、ありがとうございます☺︎

英作文の時など、前置詞+前置詞の組み合わせはいけますか?

Aベストアンサー

文法事項だけで正確にと言われるとおそらく大学受験としてあまり有効なものにはならないと思いますが、
前置詞はその目的語として(まれに補語として)名詞の他に、形容詞、副詞、前置詞句、(確か動詞も)を取ります。
といっても多分この記述だけでは役に立たないでしょう。

使われている事例などを見るのがいいかと思いますたとえば前置詞が続く場合、
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-658.html

群動詞の受け身では前置詞が動詞のあとに残るので続いているように思えることもあります。
He laughed at me in the class。受け身にしてI was laughed at in the class (by him)

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q大学受験英語の勉強方法

今1浪中のgum-jamです。
最近やった模試の英語の点数が悪くてどうやったら効率良く英語の点数が取れるのか、みなさんがどのように勉強をしているのか聞きたいと思い書き込みさせて頂きました。
私は今、データベースの単語帳で単語を覚えたり、あとは英検2級を受けるための問題集などをしています。
英検による勉強→英語力UPと甘い考えをいだいているんですが。
実際私は英語は本当に出来が悪いんです。
ここに表するのが恥ずかしいくらい出来ません。
友達に質問したところ「英語で書かれた日本の昔ばなしとか話の内容がわかっているのを暗記するくらいに読みまくるのがオススメ」といわれました。あとは英語を好きになることだそうです。
みなさんはどのように勉強を進めているのでしょうか?
よろしければ返事をお願いします。

Aベストアンサー

sherry16です!出身高校の依頼に応えたword文書の原稿ほぼそのまんまコピーですが…すんませんf^-^;

           “合格力”の高め方

 まず,当面やること。“授業”メイン!辛くても最低限授業は頑張る。7月~夏休みはエンジンをかける時期。“人によっては”得意科目から始めた方がいいかもしれない。いきなり苦手潰しに挑戦して出鼻をくじかれるよりは1科目でも極めた方がいい。
 さて,本題。合格力の高め方について。最初にみんなに聞きたい,「1番勉強してる人が1番伸びているか?」と。答えは“No”でしょう。勉強量=合格力とはならない。

『合格力=(1)勉強量×(2)効率×(3)戦略』

これが実際に存在する公式です。(1)~(3)を“全体的に”高めることで初めて合格力が得られる。初めて努力も報われる。(1)だけを強調した努力一徹型では限界がある。そう断言できる。では,(2)と(3)の高め方を説明します。
 
(2)効率…主な要素は『学習環境』と『学習方法』です。『学習環境』は「勉強しやすい場所や体調」のキープ。例えば受験セオリーに「4当5落」がありますが,俺は完全に無視しました。充分な睡眠を確保して授業に最大限集中することを選んだ。これは自分なりの(3)戦略でもあります。考えてみてください,授業が1日の学習時間の何%を占めるか。授業を軽く見た人は後々痛い目を見ます,必ず。『学習方法』はズバリ「他人のマネをしろ」がポイント。周りを見回せば異常なスピードで成績を伸ばしている人がいるはずです。その人のやり方を盗む。各教科1人ずつそういう人を見つけるといい。“初めから出来る人”ではなく,“今伸びている人”のマネです。当然相性もあるでしょうが,一緒に伸びさせてもらう。汚いと思う人もいるかもしれない。でも,受験には卑怯も不公平もない。何かに気づいた人が勝って,気づかなかった人は負ける。ただそれだけのスタートラインは恐ろしく公平な世界です。
結論,『限りなく“質の良い努力”を目指す』
 
(3)戦略…これを1番強調したい。(1)が完全に不合格レベルだった俺が受かったのはこの力のおかげです。中でも最大の勝因は「数IIBが不要だった」ことです。前期・中期・後期・センター利用,1校たりとも「数IIBが不要だった」んです。まぐれじゃない。“自分に1番有利な受験”を探しに探し続けた結果得られたものです。大きいですよ,7科目のうち1科目が1秒も勉強しなくて済むなんて。それも1番苦手で,1番時間がかかりそうだった科目が消え去った。調べるのに使ったサイトを紹介します。
☆ハートシステム…受験科目からサークル,教授の研究内容まで情報満載。志望校決定にはもってこい!
☆kei-net 50音検索…大学のレベルや配点。
☆OKweb…上の2つで調べきれない細かい情報がほしい場合。
結論,『質の良い努力を限りなく“正しい方向”へ導く』

1つ注意。「センター得点率」や「2次ランク偏差値」は必ずしも大学の正しいレベルを反映しない。受験科目次第で上下するから。特に「センター得点率」。都留文科大学がそのいい例です。偏差値50台の大学にしてその得点率,学科によっては東大以上!…こういった落とし穴を見抜けないと大変な損をする。たくさんの合格力を無駄にする。受験では『(公式)発見力』も試されているんです。勉強が出来る出来ない以前の能力が試されます。数学を解くように,与えられた公式を指示どおりに使う姿勢では必ず限界が来る。

最後に,上に書いてきたことはあくまで俺一人が見つけた公式の中のほんの一握りに過ぎない。公式を発見して合格力を高めることの大切さを説明するための例に過ぎない。受験に近道はないですが,遠回りはあります。この体験記が無駄の少ない効率的な受験生活のキッカケになれば本望です。大学生活は想像以上に楽しいですよ!夢に向かって突っ走ってください!!

<各科目の学習法と参考書>
◎英語…受験全体と同じく,問われるのは『公式発見力』です。学校で教えることが全てではない。いかに多くオリジナルの公式を発見するかがポイント。
☆かんべやすひろ著「超・英文解釈マニュアルー学校では絶対教えてくれない」

◎日本史…いかに歴史を身近なものにするかがポイント。例えば,明治以降の首相には1人1人ニックネームをつけたら覚えやすかったです
☆竹内睦泰著「超速!日本史の流れ」 ☆同「超速!日本近現代史の流れ」

◎国語…やってみると案外簡単な古文。そこでいかに得点するかがポイント。
☆吉野敬介著「吉野の古典文法スーパー暗記帖」→☆三羽邦美著「センター古文解法マニュアル」→村上まり・丸谷美衣著「ぶっつけセンター古文単語・慣用語288」 この順番にやるといいです。現代文は出口のシステム現代文シリーズがお勧め。

ホントにほぼそのまんまコピーです…多少の過不足はお許しをm(--)m

sherry16です!出身高校の依頼に応えたword文書の原稿ほぼそのまんまコピーですが…すんませんf^-^;

           “合格力”の高め方

 まず,当面やること。“授業”メイン!辛くても最低限授業は頑張る。7月~夏休みはエンジンをかける時期。“人によっては”得意科目から始めた方がいいかもしれない。いきなり苦手潰しに挑戦して出鼻をくじかれるよりは1科目でも極めた方がいい。
 さて,本題。合格力の高め方について。最初にみんなに聞きたい,「1番勉強してる人が1番伸びているか?」と。答えは...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q大学受験英語の勉強法について

こんにちは。
大学受験をひかえているのですが、英文法がどうしても苦手です。
効果的な勉強法として、重要例文を覚えるというのがあると思うのですが、やはりこれが一番有効なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。大阪外国語大学の学生です。
自分が友達に勧めていた方法と、実際にしていた方法を紹介したいと思います。

まず、受験生の時に友達に勧めていた方法です。
やはり例文暗記は効果的だと思います。
新しい単語・熟語を覚えられるという点でも有効かと思います。ただし、まず問題集を解いてしまいましょう。
それでわからない単語・熟語・文法が登場した問題の文章だけを覚えるのがいいと思います。そうすると受験勉強が進むにつれ、覚えるべき例文が減っていくはずです。

次は、自分が実際にしていた方法です。
僕自身、どちらかと言うと、英語を読むことより書く方が好きなので、とにかく書きまくって書きまくって知らぬ間によく使うフレーズは覚えていましたし、文法もある程度身につけました。
考えてもみれば、マーク式の問題は読み書きに必要な知識を問うために作られたものですから、書く練習から文法・語法問題対策をしていたわけです。
これは少しテクニカルだと思し、一つ目に紹介した方法である程度知識量が増えた時にやってみるのがいいかと思います。また、質問者の方が受験に英作文を必要とされないのなら、二つ目に紹介した方法は受験を控えた質問者のあなたにとって時間のロスになると思います。
ただ、英語はマーク式の問題ではないということを覚えておいてください。あんなものできなくても、話して・書けて・聞けたらそれでいいのです。

それでは。

こんにちは。大阪外国語大学の学生です。
自分が友達に勧めていた方法と、実際にしていた方法を紹介したいと思います。

まず、受験生の時に友達に勧めていた方法です。
やはり例文暗記は効果的だと思います。
新しい単語・熟語を覚えられるという点でも有効かと思います。ただし、まず問題集を解いてしまいましょう。
それでわからない単語・熟語・文法が登場した問題の文章だけを覚えるのがいいと思います。そうすると受験勉強が進むにつれ、覚えるべき例文が減っていくはずです。

次は、自分が実際に...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q大学受験 英語の勉強

中学の頃からずっと英語がきらいで受験生にもうすぐなりますが、今まで放置してきました。
テストのための勉強しかしたことありません。
長文はパニック状態です。

とりあえず単語はターゲット1900を徹底的にやってます。
そのほかが何をしたらいいのかさっぱりです。
多分自分は今までさぼっていたから、文法がほとんど頭に入っていないと思います。

今持っている問題集は学校で購入したネクステだけです。わからない、忘れてしまっているところはデュアルスコープを見ながら解いていますが、
ほとんど基礎ができていないので、ネクステを解いても全然頭に入っている気がしないのです…

なんとか、夏休みまでに基礎を鍛え、
9月頃には長文の勉強に入れるようにしたいです。
前置きが長くなって申し訳ないです。
オススメの英語の問題集を教えてください。

参考になるか分かりませんが、進研模試で英語偏差値56、国立大理系志望です。

Aベストアンサー

添付したサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご参考までに。

http://xn--8pr038b9h2am7a.com/8845-2/%E6%95%99%E7%A7%91%E5%88%A5%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q大学受験にむけての英語の勉強方法

大学受験まで残り一年もないのですがどの教科も非常にヤバい状態です。
特に英語は基礎から全くできてないのですがこれから基礎をバッチリにしてから単語、文法、熟語や長文問題に取り組んだほうが良いのでしょうか?それとも逆の順番からのほうが良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

塾で高校二年生を教えていますが、
その子は昨年の秋に講習を受け始めたときの英語のテストの点数は10点台でした。
今では定期テストで50点くらい(その学校の平均点前後)はとれています。
半年、週一回でそのくらいは点数アップするので、
あきらめないほうがいいですよ。
今の能力が低い分、のぼり幅は大きいはずです。

その子はまず、単語を知らなくて解けない問題が多かったので、
毎週単語をおぼえてきてもらいました。
長文でも、文法問題でも、
単語がわかるのとわからないのでは大きな違いがありますよ。
(単語がわかれば、勘も働きますからね)

まずは語彙力から、それと並行して文法も。
長文は読めば読むほど解けるようになると思いますが、
まずはその前に文法や単語などをさらってみることをおすすめします。
(単語や文法ができなくては、長文は解けないので)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報