初めての店舗開業を成功させよう>>

 今年、医学研究科修士課程を受験しようと思っているのですが、2chの掲示板などを見ると入学者の悲惨な運命ばかりが書いてあります。
 私は医学研究者になりたいのですが、実際に医学部修士課程を取っている方はどのくらい研究職についているんでしょうか?
 ご存知の方や、実際に進学した方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答に対するお礼での質問に答えておきます。



>医学部に行ったtakkochanさんの生徒は進学した事にどのような感想を持っていらっしゃいますか?

私の大学の学生は、あまりコミュニケーションが上手ではなく、何も言ってきませんので、進学先の先生からのまた聞ぎです。

感想は聞いていないのですが、3年前の学生は、1人は博士課程に進み、他は就職したようです。就職した学生は、研究職ではなく営業的な仕事についているようです。

2年前に卒業した学生は、まだ修士課程の学生ですが、学部時代とは比べ物にならないくらい頑張っているそうですが、就職、進学についてはまだ聞いていません。

今年進学した学生についてはまだ何も聞いていません。

>上位の学校(東京、京都、大坂、慶応等)の医学研究科修士課程に行ったとしても、中位の学校(岡山、千葉、神戸等)?

このような序列をつけるのは私は賛成ではない(大学受験の難易度と大学のランクは全く別物と考えます)ですが、その線で書くと、私の大学から言っている学生はこれら以外の下位の学校(地方国立大医学部)です。私が所属した経験を持つのも地方の国立大医学部ですので、お書きになっている大学の内情は知りません。

しかし、地方の医学部も、その地域にある旧帝大医学部の影響を強く受けておりますので、状況は似たようなものではないかと思います。医学部の教員が他学部に対し優越感を持っているのは、かなりの確率で確かだと思います。

なお、No,1で「すでに研究職についている人は、ほとんどいないでしょうし」と書いたのは、多くの大学院医科学研究科が出きて3年目ですので、1期生が昨年就職したばかりで、まだ、研究者となっているのは少ないでしょうという意味です。但し、今後とも、修士卒で就職する場合、就職指導の経験の少ない医学部からの就職は、他学部に比べると難しいのではないかと想像します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の回答本当にありがとうございます。
 大変参考になりました。

お礼日時:2005/04/24 23:26

約20年前に医学研究科修士課程を修了した者です。

(kusuriyasannさんがお書きの「上位の学校」の一つです。)
私は修士で製薬会社研究所に就職しましたが、同級生の殆どはそのまま博士課程に進み、その多くが現在国立大学医学部の教授などになっています。

当時は医学研究科修士課程が乱立していませんでしたし、学生も旧帝大などの他学部出身が殆どでしたので、現在とは事情は異なるかも知れませんが、基礎の研究室で医学部外の出身が下に見られるということは別になかったかと思います。実際、元同級生の中にはその分野のトップ研究者になっている人も何人かいます。結局、基礎分野では医学部出身かどうかよりも、その人の能力、つまり良い研究ができるかどうかで評価されると思います。その分、当然競争も激しいですが。

ただ、臨床の研究室に医者以外の人が入っていくのは、やはり今でも難しいのではないかとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
 ohirunekoさんのお陰で少し希望が見えてきました。

お礼日時:2005/04/24 23:27

医科学研究科に工学部卒業生を輩出している大学教員です。



2chの内容は見ていないので知りません。

医科学研究科修士課程は、まだできて3年目です。従って博士号取得者は、基本的にまだ、いません。従って修士修了者の就職ということになりますが、研究者(企業または公的機関)の就職状況は、あまりよくないかもしれません。

医学部にも所属したことがありますが、正直言って、医学部の先生は、かなりの比率で他学部を見下しています。他学部の修士は、大学入学後6年であるが、医学部も6年で、かつ医学部の方が格が上だから、他学部修士よりは、医学部卒の方が格が上という認識です。従って、他学部卒の人が、医学部の修士課程には言ってきても、学部の5年生より下という感覚になるのは想像できます。

 また、これまで、医学部は、多くの人が医者、または医学研究者として、大学、病院に就職していますが、会社や、病院以外の研究機関への就職は、極めてまれです。従って、医学部の先生が就職のノウハウを持っているとは思えません。

 私は、当初から、医科学研究科への進学は、学生に勧めていません。しかし入学するのが容易(私の大学はFランクですがですが、医科学研究科の新設以来3年連続で進学者を出している)であるため、学生は行きたがります。

 結論としては、すでに研究職についている人は、ほとんどいないでしょうし、今後も厳しいでしょう。基本的には博士課程まで行き、医学部の教員になるのがよいと思いますが、ここでも医学部出身と他学部卒は区別されます。助教授以上への昇任は、医学部出身者が、圧倒的に有利だからです。

 医学研究者になるなら、圧倒的に医学部出身が有利です。医科学研究科への進学は正直言って進めません。しかし医学の研究者になるのなら医学博士を取った方が有利なのですが、長い目で見たら、医学部への学士入学の方が良いと思います。

経験者とは、医科学研究科への卒業生を輩出したという意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧な回答本当にありがとうございます。
大変参考になりました。
 ところで、takkochanさんに伺いたい事があります。
 医学部に行ったtakkochanさんの生徒は進学した事にどのような感想を持っていらっしゃいますか?
 また、もし上位の学校(東京、京都、大坂、慶応等)の医学研究科修士課程に行ったとしても、中位の学校(岡山、千葉、神戸等)に行っても同じように研究職に就くのは難しいのでしょうか?
 もしご存知なら回答頂けると幸いです。

お礼日時:2005/04/23 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学系大学院について。

こんにちは。
私は去年3月に某大学の理学部(化学系)を卒業したものです。
医学部学士編入学の試験を4年次と去年の夏、合計2回受けたのですが不合格。

色々考えた結果、医学に関する大学院(医学研究科)への進学を考えました。

医療の道とは外れますが、医療に携わる医師の方々へ貢献できるので
このような進路を決めました。

そこで質問なのですが。
大学院の入試対策を1人でするのは無謀と考え、希望する研究室へ
“研究生”という形で来年の4月から所属し
そして大学院の試験を受けようと思うのです。

この進路の決定は無謀でしょうか。そして邪道でしょうか。
もっと賢い選択があるのでしょうか。

情報として。私は現在23歳。今までの学問分野とは離れるので
非常に勉強しなければならないのは重々承知の上です。
今年で24歳になりますが、大学院修士課程卒業で26歳。博士卒業で29歳。

将来の事や仕事の事を考える上で、非常に悩みます…。
大学に残るのか、就職するのかで身の振り方も変わってくるでしょうが
何かアドバイスをいただけると非常に嬉しく思います。

どうかよろしくお願い申し上げます。

こんにちは。
私は去年3月に某大学の理学部(化学系)を卒業したものです。
医学部学士編入学の試験を4年次と去年の夏、合計2回受けたのですが不合格。

色々考えた結果、医学に関する大学院(医学研究科)への進学を考えました。

医療の道とは外れますが、医療に携わる医師の方々へ貢献できるので
このような進路を決めました。

そこで質問なのですが。
大学院の入試対策を1人でするのは無謀と考え、希望する研究室へ
“研究生”という形で来年の4月から所属し
そして大学院の試験を受けようと思うの...続きを読む

Aベストアンサー

某私立大学医科学修士です。
だいたい生物屋さんと化学屋さんが入ってくることが多いです。
しかしながら医科学修士というのは学部がないため、試験の競争率は低いです。どこの大学にせよわざわざ研究生をする必要があるのでしょうか?まだ入試があるのでしたらまず受けてみるべきではないでしょうか?
また、医学部の研究室は学生の手がないので、労働力として重視されがちですのでその辺も考慮に入れてください。もしかしたら、とりあえずこき使うとか思っている可能性もなきにしもあらずです。
「医科学修士=医療に貢献できる」というのがかならずしも直結しない可能性があること、本当に自分はそれでいいのかどうか考えることが大切かと思います。
私の大学院同期で修士で就職した人でこの業界に残っている人はほとんどいません。みんなSEになったり、全く違う業種になったり。
厳しいことを言うようですけど、そんな現状です。もし、どうしてもやりたい研究があるなら、進んだらいいと思います。入試がまだあるんでしたら研究生やってるのは時間の無駄ですのでどんどん受けましょう。
医師になれないから医療に関わる仕事っていう意味で、こういったところを選ぶのはもうすこし考えた方がいいのではと思います。

某私立大学医科学修士です。
だいたい生物屋さんと化学屋さんが入ってくることが多いです。
しかしながら医科学修士というのは学部がないため、試験の競争率は低いです。どこの大学にせよわざわざ研究生をする必要があるのでしょうか?まだ入試があるのでしたらまず受けてみるべきではないでしょうか?
また、医学部の研究室は学生の手がないので、労働力として重視されがちですのでその辺も考慮に入れてください。もしかしたら、とりあえずこき使うとか思っている可能性もなきにしもあらずです。
「医科学修...続きを読む

Q他学部→医科学修士、医学博士の価値について

現在私立大薬学部4年に在学しております。大学院に進んで研究したいのですが、現在の大学を出て他大学に行こうと考えています。経済的な面から他県にはいけません。同じ県内に薬学部はないのですが、県内の他大学医学部に自分の研究したい分野がありました。他学部出身ですので医科学修士に進学することになります。今のところは博士課程まで進学を考えています。将来は大学助手(医学部以外)になりたいです。

インターネットやこの教えてGOOでも医科学修士の変な話をよく耳にします。やはり他学部→医科学修士は印象が悪いのでしょうか?

将来はやはり原点である薬学に戻りたいと思います。その際、医科学修士→医学博士課程と医科学修士→薬学博士課程のどちらが良いでしょうか?MDの資格のない医学博士は価値がないのでしょうか?

補足:この医学部は旧帝大です。
   

Aベストアンサー

理工学部、大学院は理学研究科出身で、医学部勤務経験のある工学部教員です。

>教えてGOOでも医科学修士の変な話をよく耳にします。やはり他学部→医科学修士は印象が悪いのでしょうか?

変な話や印象が悪いというのは、私の書いたことを含むかもしれませんので補足します。
医学部の先生の中に他学部より医学部がえらいと考えている先生が多くいる大学があるのは事実です。基礎の研究室では関係ないという意見もありますが、私がいた大学では、基礎の研究室でも、他学部出身者は助手どまり、講師以上は医師免許を持った医学博士という研究室が多かったのは事実です。仮に教授が理博でも、退官された後、他大学から医師免許を持った医学博士が赴任して、それ以降は、医師免許を持った医学博士が教授ということが多かったです(もちろん大学によっては関係ないというところもあるでしょう)。

上記の件は、医学部で勤務することに関する問題を書いていますので、他学部で教員をする場合は関係ありません。但し、医学博士は乱造されている(あまり研究をしていない臨床医の学位取得)ため、逆に他学部では、医学博士はレベルが低いという考えも一部にはあります。

勤務する上で上記のような偏見がよくありますので、よく考えた方が良いですが、経済的なりで他県の薬学研究科修士課程にいけないのであれば、薬学博士課程という選択肢もなくなるのではないですか?その選択肢があるのなら薬学修士課程という選択肢もありうると思います。

将来、薬学に戻りたいのなら薬学部の大学院に行くのがベストと思いますが、医学博士が駄目なわけではありません。質問者様次第です。

なお、MDとは医学博士と同義で、質問文の意味からすると医師免許の無い医学博士は意味が無いのでしょうか?と成ると思います。これに関しては、十分意味があるけれども偏見を持った人もあり、不利な扱いを受けることもあると答えておきます。

この文中での偏見ですが、私自身が偏見を持っているわけではありませんので念のため申し添えます(個人的には医学博士も他の博士も同格)。

理工学部、大学院は理学研究科出身で、医学部勤務経験のある工学部教員です。

>教えてGOOでも医科学修士の変な話をよく耳にします。やはり他学部→医科学修士は印象が悪いのでしょうか?

変な話や印象が悪いというのは、私の書いたことを含むかもしれませんので補足します。
医学部の先生の中に他学部より医学部がえらいと考えている先生が多くいる大学があるのは事実です。基礎の研究室では関係ないという意見もありますが、私がいた大学では、基礎の研究室でも、他学部出身者は助手どまり、講師以上は...続きを読む

Q大学院(東大医学系研究科)の受験勉強したいのですが。

東京大学大学院の医科学専攻(医学部以外の大学卒業者対象)を受験することを決めました。ただし5ヵ年計画くらいを考えています。というのも、私は大学は文系でしたので理系の知識はせいぜい高校の生物・化学止まりです。そこで、今から5年間の受験勉強計画(参考書など)の指導いただければと思います。ちなみに、今のところ受験科目は「英語」と「生命科学」とありました。(特に後者が心配です)

Aベストアンサー

No.2です。
 臨床系というのは、基本的に大学病院の臨床も診る教室です。例えば、内科、外科、その他、病院にあるような科です。臨床系では、通常、例えば、第一内科と内科学第一講座の教授、助教授はそれぞれ兼務といった形で、同じ先生が、大学病院の科と大学の講座(研究室)を持っています。基本的に教員は医師です。従って臨床系は、基本的には医師免許が必要ですので、医学部を卒業することが必要です(大学院で医師免許が取れないのはご存知ですよね)。

 基礎系は、生化学、病理学、薬理学、生理学といった基礎医学研究、教育を行ないます。必ずしも医師免許を持つ必要はありませんが、教員は医師免許を持つ人が多いです。従って、そこで教員になろうと思ったら、医師免許も持っていたほうが有利ということになります。

 なお、臨床の先生が研究のために基礎の研究室に行かれることもあります。例えば、私の知っているある内科の先生は、生化学の研究室で研究されてます。

 すでに、やりたい研究まで決めておられるようですので、No.2のアドバイスは、無視していただいて結構です。ただ、補足を見て感じられたのは、失語症の研究をなされるのなら、医学部を出られて、医師免許を取られてから、博士課程に進まれた方が、研究の幅が広がるのではないかと感じました。

No.2です。
 臨床系というのは、基本的に大学病院の臨床も診る教室です。例えば、内科、外科、その他、病院にあるような科です。臨床系では、通常、例えば、第一内科と内科学第一講座の教授、助教授はそれぞれ兼務といった形で、同じ先生が、大学病院の科と大学の講座(研究室)を持っています。基本的に教員は医師です。従って臨床系は、基本的には医師免許が必要ですので、医学部を卒業することが必要です(大学院で医師免許が取れないのはご存知ですよね)。

 基礎系は、生化学、病理学、薬理学、生理学と...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q大学院の研究室訪問について

現在大学4年生で、大学院への進学を考えています。

研究室訪問なのですが、これは必須なのでしょうか?もちろん、そうして研究室のこと、研究の事を知ることは、大学院を選ぶ上で重要だと思います。ですが、訪問を認めてもらえるのでしょか?

どのように教授とコンタクトをとるか(メール化手紙か等)、いつ頃始めるべきか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

大学院は、教員と1:1になって研究を行う場です。必須であるとかないではなく、これからの師匠を選ぶわけですから、質問者さんにとっても先生を選ぶ上で、是非やるべきです。

>訪問を認めてもらえるのでしょか?
基本的にはOKですが、必ずメール、電話、または手紙(いずれでも可)で了承を得ておきましょう。

私も学部生の時は、何も知らず、いくつかの大学院を受験しました。参考までに書いておきます。

国立KY大学大学院:非常勤で自分の大学に来られる先生がおられ、その先生を訪問し、院生の受験時代のノートまで借りて勉強して受験。ほぼここ1校に絞っていたにもかかわらず不合格。

国立O大学大学院:ノンアポで研究室訪問。はっきり他大学は取らないと言われて受験せず。

国立H大学大学院:ノンアポかつ訪問せず受験。筆記で不合格で面接受験できず。

公立O大学大学院:ノンアポかつ訪問せず受験。筆記は通り面接を受けたものの、面接で、筆記の点数が足りませんと言われ、不合格。

国立KU大学:ノンアポかつ訪問せず受験。試験の後、先生の方から話し掛けられ、合格。この大学院の私が入学した研究室は、例年人気があるのだが、なぜか、この年に限り、内部進学者が0であった。この大学は、当時博士課程が無く、1年修士課程があくことに対する不安があったと後に教授に聞かされた。ラッキーなことに、大変よい研究室であった。

このように、ノンアポ、訪問なしでも合格する場合もあります。しかし、基本的には訪問すべきで、また、その印象の良い研究室を選ぶべきです。ちなみに、1年後輩は、内部の人気が高く、内部からも不合格者が出ました。

大学院は、教員と1:1になって研究を行う場です。必須であるとかないではなく、これからの師匠を選ぶわけですから、質問者さんにとっても先生を選ぶ上で、是非やるべきです。

>訪問を認めてもらえるのでしょか?
基本的にはOKですが、必ずメール、電話、または手紙(いずれでも可)で了承を得ておきましょう。

私も学部生の時は、何も知らず、いくつかの大学院を受験しました。参考までに書いておきます。

国立KY大学大学院:非常勤で自分の大学に来られる先生がおられ、その先生を訪問し、院生の受験時...続きを読む

Q研究職を諦められない自分にアドバイスをください

去年に早稲田大学院理工学研究科修士課程を修了して社会人1年目の者です。
日本の主要企業30社に入るくらいの大企業の研究職で採用されたまでは幸せでしたが、入社直後に技術営業に異動になりました。
大学院を出てまで営業職です。これほどの屈辱は今まで無かったです。
改めて考えると、うちの会社は東大どころかMITでPh.Dを取得した方もいます。研究職には鬼才がゴロゴロいます。
しかし私は研究職という夢を諦められません!私がしたいのは営業ではないのです。
私が研究職に就くにはやはり博士課程に戻るしかないのでしょうか?アドバイスをください。

Aベストアンサー

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」に感じる必要はないんじゃないでしょうか。「会社ではよくある話」ではないかと・・・・。正直な話、研究以外したくないなら、何故一般企業を目指したんでしょうか。国研・独法研の研究員を目指せばいいのに。

博士過程に戻ったら、修了後TOP30企業にもう一度入れる保証はなくなってしまいます。今いる企業は絶対に無理でしょう。そのリスクが負えるのなら、博士課程に戻るのもよいと思います。ただ、博士課程の就職は、学部・修士の就職とは、状況も仕組みも異なっていますからそれは、事前に調べた方が良いかと思います。

当然ですが、博士課程は修士までと違って、単位をとれば学位が貰えるという場所ではありません。貴方ご自身に研究のセンスがあるのかが、一番重要です。

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」...続きを読む

Q医学研究者になるには医学部か生物系か。

私は今、国公立の生物系学部を志望している高校2年です。
将来は医学研究者になりたいのですが、
やはり生物系の学部より医学部の方がいいのでしょうか?

生物系は就職が厳しいと聞きました。
医学部ならば卒業と同時に医師免許の受験資格が得られますよね。
それにやはり医師免許を持っていたほうが研究者としても有利だと聞きました。
そういう意味では医学部のほうがいいかなと考えてしまいます。

ただ、医学部へ進学するとなると学費が高く、
これ以上親に負担はかけられません。
薬学部や生物系の学部卒業後に医科学修士課程か医学博士課程に進学する手もあると聞きました。
そちらの方がやはり学費は安いのでしょうか?

どちらに進学すべきか迷っています。
詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくい願いします。

Aベストアンサー

基礎研究もしている内科医です。

質問者様の望む「医学研究」によって回答は変わってきます。
最近報道されているような、iPS細胞だとか基礎的な研究であれば必ずしも医学部を卒業する必要はありません。研究歴を考えれば理学部や生物系の方が有利です。ただ就職先やポストが無いのも事実です。実際に国内で就職先が無く海外にポストをもとめて多くの日本人博士が流出してます。
医師免許はあっても肩書きだけですので研究者としてはあまり必要ではありません。人のサンプルを使うにしても免許だけでは意味がありません。例えば私は呼吸器内科医として10数年のキャリアもあるので気管支内視鏡で組織や細胞を自分で取ってくることができます。これは医師免許だけでは無理です。しかし私は臨床医としても仕事をしているため研究に割ける時間は少なくなり、どっちつかずになっている面もあります。日本国内の臨床の研究者はこの様な感じだと思います。
もし、質問者様が最先端の医学研究をしたいのであれば必ずしも医学部に入る必要はないと思います。もちろん、医学部を卒業して研修をせずに基礎教室にはいるという道もあります。学力的にゆとりがあるのでしたら国公立の医学部なら授業料はどの学部でも同じです。
また医学系の修士課程は医学部出身以外の方のためのものです。医学部を卒業した場合は博士課程です。学費は国立であれば約60万円/年だと思います。
参考になれば幸いです。

類似の過去の質問です。こちらの私の回答も参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3920460.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3906249.html

基礎研究もしている内科医です。

質問者様の望む「医学研究」によって回答は変わってきます。
最近報道されているような、iPS細胞だとか基礎的な研究であれば必ずしも医学部を卒業する必要はありません。研究歴を考えれば理学部や生物系の方が有利です。ただ就職先やポストが無いのも事実です。実際に国内で就職先が無く海外にポストをもとめて多くの日本人博士が流出してます。
医師免許はあっても肩書きだけですので研究者としてはあまり必要ではありません。人のサンプルを使うにしても免許だけでは意味が...続きを読む

Q他大学大学院の受験校は何校くらいが一般的?

質問はタイトル通りです。現在、大学3年で理系学部に所属しています。
研究テーマや経済的な理由で他大学大学院を受ける予定です。
人それぞれだとは思いますが、経験された方が実際に何校受験されたのか教えて頂きたいと思います。春休み中に見学に行って、受験に関する話や研究テーマに関する話を聞く予定で参考にしたいと思うので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、今他大学の大学院に進学しています。
私は2校受けました。あまり多いとその勉強で結構時間がとられる気がします。同じ分野の学科を受けたとしても結構出題分野はばらばらです。
また、研究テーマが何より大事ですが、研究室の雰囲気も大事だと思います。教授はディスカッションをまめにしてくれるか等も。
きっと、もうしてると思うんですが、ホームページは意外と役に立ちます。
きちんとした研究室だと研究テーマを丁寧に説明していたりします。

無理かなーと思っても、理系の大学院は今から準備すれば、以外とレベルの高い問題のところでも受かったりします。
私の友達でも、C ばっかとってたやつが飛んでもないところに受かったりしてます。
研究室の定員もあるのでそういうことも聞いてきたほうがいいです。

また、余計なお世話かもしれないんですが、英語は点取れないとやばいので
少しづつでも文献を読むなどして、慣れておくといいと思います。

Q化粧品会社の研究職につきたいんですが・・><

現在某大学3年の工学部応用化学科で化学の勉強を
している者です。
将来は化粧品会社で基礎化粧水などの化粧品を作る
仕事に就きたいなと思っているんですが、このまま
エスカレータ式に院に進んでいいのか迷っています。
化粧品って肌への影響など、そういう事も考えなければ
いけないのに化学だけで十分なのかなと疑問に思って
しまいます。
最近、JAIST(北陸先端科学技術大学院)というところ
を見つけて、そこの材料科学研究科ではナノテクやバイオ
など学べるらしく、とても魅力あるところだと思って
いるのですが、ここでわざわざ他の学校を受験する
必要があるのか悩んでいます。
化粧品関係の仕事に就いている方など、就職する上で
どんな勉強が必要だったかを教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

No.3です。
化粧品会社であれなんであれ、中小という定義がわかりません。
大手化学メーカーの社員数と化粧品会社の社員数はかなり違いますよ。
化粧品会社の方が社員数が格段にすくない。

また、化粧品や香料会社などは、採用数が格段に少ないですよ。
私の受けた化学メーカーは40人も技術だけで採用するとこもありました。
私が内々定いただいたのは30人程度採用したみたいです。

某化粧品会社は全国で技術系の採用数が片手という会社もありました。
また人気ですが、正直数字としては提示できません。
ただ、リクナビのブックマーク数を私は目安にしていましたが、大手化学メーカーと同じか、そこそこの化学メーカーよりは格段に多いですよ。
でも、研究、生産、『営業』を一緒にしているので、実際のとこはわかりません。人気があることは間違いありませんが。

私も就職活動当初医薬化粧品と受けましたが、2月ころに断念したので、あまり詳しくなくてすみません。
参考になれば幸いです。

Q企業内の研究所と公的な研究所の違い

研究所はよく民間と公的機関とで大別されますが、公的な研究所と企業内の研究所では具体的に何が違うのでしょうか。基礎なのか応用なのかという程度の認識しかありませんでしたが、それが必ずしもあてはまるわけではなさそうなので、いまひとつわかりません。特に、民間の基礎研究所との違い説明していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

民間の研究所勤務です。
公的機関の研究所のことを詳しく知らないので比較できなくて申し訳ないのですが、民間の現状を書きますね。
あ、製薬会社ではありません。

民間の場合、あくまでも企業活動の一つとして研究開発活動がありますので、基礎部門であっても、なんらかの形で製品に繋がる研究になります。
利益を生み出さない研究ということはあり得ないですね。
そのため、大学等の研究室で行っているような純粋な基礎研究は殆どないか、あっても非常に稀です。
開発部門が応用できるような研究を行い、金の成る木を探します。
当然、時間にもシビアな制限がかかることが多いです。
余裕のある企業では数年かけて一つのテーマを研究させてくれたりしますが、そうではない場合の方がほとんど。
テーマは同じであっても、比較的短期間に結果を出し、それを製品に応用…もしくは既存の製品へ付加価値をつける報告をしなければなりません。
あまりにものんびりやっているとごくつぶし扱いになります。

メーカー内での研究所の立場…特に基礎研究の立場はなかなか厳しいところがあります。
もちろん違うところもあるのでしょうが、うちはそうです(涙)。
製品を直接作っていない(=金を稼いでいない)部門ですから。
予算も人も、真っ先に削られます。
何か面白そうなシーズを見つけてきても、会社の方針に沿えなければ手をつけることもできません。
研究のための研究は非常に難しく、研究の果てに必ず利益が絡むものだと思ってください。

民間の研究所勤務です。
公的機関の研究所のことを詳しく知らないので比較できなくて申し訳ないのですが、民間の現状を書きますね。
あ、製薬会社ではありません。

民間の場合、あくまでも企業活動の一つとして研究開発活動がありますので、基礎部門であっても、なんらかの形で製品に繋がる研究になります。
利益を生み出さない研究ということはあり得ないですね。
そのため、大学等の研究室で行っているような純粋な基礎研究は殆どないか、あっても非常に稀です。
開発部門が応用できるような研究を行い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報