初めての店舗開業を成功させよう>>

下の歯にはラバーダムをかけてくれましたが
上の歯には掛けてくれませんでした。
下の歯だけにするものなのですか?
面倒くさいのでしょうか?
また、ラバーダムは保険適用の場合でも希望すれば
かけてくれのでしょうか?
ラバーダム代を払いますからとお願いすればいいのでしょうか?
そんなに高くないですよね?
削られたときの補綴物とか飲み込んでしまったら
体に良くないような気もしてます。

A 回答 (2件)

必要があればどの歯にもかけます。

ただ装着するのにひと手間かかるので、患者さんの多いときなどは省略する人が多いでしょう。街中の開業医さんではしない人も多いのでは?ラバーダムは保険適用でも使えますので、希望すればよいと思います。お金はそんなにかかりません。
基本的に削られた補綴物は、体に害のほとんどないといわれているもの(貴金属がメイン)でできているので、飲み込んでもまず大丈夫ですが、気管に入ってしまうと出すのが大変です。
    • good
    • 0

ラバーダムは本来「防湿」法の一種です。

下の歯を治療するときは、唾液が治療中の歯に付きやすいので、ラバーダム防湿を行いますが、上の場合は綿花を丸めたものをつかう「簡易防湿」で済ませる事が多いです。
保険点数は一回10点(百円)ですので、面倒な割りに安く、敬遠する(省略する)先生も多いと思います。むろん、した方が良いのですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング