PCRの伸長反応は,用いるDNAポリメラーゼによって僅かに異なりますが,大体70度前後だと理解しています.
ところが,sequence reactionのサイクルでは伸長反応は60度と習いました.
これは普通のPCRで用いるポリメラーゼとsequence reactionで用いるポリメラーゼが全然違うものだからなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

至適温度」に関するQ&A: 至適温度を超えると

A 回答 (1件)

アプライドバイオシステムのシークエンス反応のことだと思いますが、酵素はTaqです。


どうして60度で反応させるのか、、、、、
それは、いろいろためして最適化した条件がそうだからです。
PCRは、伸びればいい、増えればいいですから、酵素の至適温度でやるのがいいわけです。
シークエンス反応は、そういうことを目指しているのではなく、たとえば、ラベル化されたヌクレオチドをバランスよく取り込むとか、鎖長がちがうDNA分子が、偏りなく生成されるとかのほうが大事です。当然、至適化のポイントも違う訳で。

ちなみに、耐熱性ポリメラーゼといっても、室温付近からかなりの活性があります。低温条件でおこる非特異的な反応を防ぐために、ホットスタート法などがあるのもそのためです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!