こんばんわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

本来は社会欄や政治関係の質問ではありますが、先日起きた最悪中の最悪のテロ事件の絡んだ質問です。倒壊した「世界貿易センタービル」はNorth&South共に110階で高さ400mのビルですが、激突した飛行機は共に60階~上だと言われています。

建物の土台である基礎部分を爆弾で吹き飛ばしたり、よくアメリカなどで爆弾でビルごと吹き飛ばす解体工事などならビルが完全に倒壊するのならわかりますがボーイング747級の飛行機が突っ込んだ衝撃であれほどのビルが完全に倒壊するものなのでしょうか?やはりアメリカのビルの建築構造上日本ほどしっかりしていない事やあるいは古くなってきていたためにあの衝撃に耐久構造が耐えられなかったから倒壊したのでしょうか?あの衝撃は震度7や8くらいの地震と同等の衝撃だとすればそれに耐えられないビルだったのでしょうか?

ビルの耐久構造に詳しいサイトやそういった関連に詳しい方ご教授お願いしますm(__)mペコ。素人質問で恐縮ですm(._.)m。

最後にこのテロ事件で被害に遭われた方へ謹んでお悔やみ申し上げますm(_ _)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんわ。


建築物の構造設計をしている者です。私にとって超高層ビルが一瞬にして崩壊する映像は非常にショッキングでした。
犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします。

以下は私の憶測です。図面を見てないので確信はありません
WTCビルの構造は、(下の回答で既出ですが)「チューブ架構」と「フィーレンディール架構」を組み合わせた構造らしいです。
「チューブ架構」というのはビルの中心部分のエレベーターコア壁と建物外周の籠状に組まれた柱梁をフラットスラブ(厚い床)でつなげる構造です。室内空間に柱や梁を少なくする事が出来、階数も稼げますし耐震性能にも優れていると言われています。最近日本でも高層のオフィスビルなどで用いられるようになってきたようです。
「フィーレンディール架構」はWTCビルの場合、外周の柱を細くするために途中階の何箇所かに巨大なトラス梁を設け外周柱の力をコア壁に流すようにしていると思われます。柱を細くする事の出来る構造だと思ってください。

さて崩壊のメカニズムですが、
110階建てのWTCビルの80階に航空機が衝突したとします。
恐らく、衝突により何本かの柱とコア壁の一部が損傷を受け、130トン余りの飛行機の残骸が床の上に残り、更に火災が発生するでしょう。
通常鉄骨には耐火被服(石綿を鉄骨の周りに吹き付けて温度が上昇しないようにする)が有りますが爆風で吹き飛ぶなどしてしまったと思います。鉄骨は熱には非常に弱く500℃の温度で強度が半分になるといわれています。柱の本数が少なくなっているのに加え強度が落ちるのですから、やがて80階部分はつぶれてしまいます。
80階部分がつぶれると、80階の床には上層の30階分の荷重が加わることになります。
つまり通常の30倍の力が加わるにですから簡単に梁の端部は破断し、床が抜けるでしょう。次の79階の床には31倍の力が加わり・・・と言った具合に崩壊していったのではないかと思ってます。
仮にWTCが日本の超高層などで使われるラーメン構造であったとしても結果は同じだと思います。
30倍の力が加わるのですから。

長くなってしまいましたが私の憶測でした。

それと、設計者のミノル・ヤマサキさんは日系のアメリカ人です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

解答&専門家としての見地を発言して頂きありがとうございますm(__)mペコ。

「チューブ架構」と「フィーレンディール架構」を組み合わせた構造なんですか・・・素人の私には全く未知の言葉ですがすごく勉強になります(゜o゜;)。専門家のJIMIさんから日本のビル構造で今回と同じことが起こっても結果が同じになると聞いてしまいとても寒気がしてきました・・・うぅぅ(+_+)。それと崩壊のメカニズムもすごくわかりやすく頭にダイレクトにイメージが伝わってくる説明で勉強になりますm(._.)m。30倍が31倍になる・・・単純な計算ではありますが実際の映像を思い起こすとあの中にいた人達にも下の階の人ほど衝撃も倍加して・・・原型をとどめない形に・・・うぅぅ・・。

蛇足として発言させてください。今回こんな悲惨な事件が起こったわけですが私は映画好きなので今まで色んな映画を見たと下記の方へのお礼で述べたのですが、まるで前もってこの事件を予想していたかのようなほぼ同じテロ事件を題材にした映画を昨年見ました。タイトルは「マーシャル・ロー(戒厳令)」主演:デンゼル・ワシントン、ブルース・ウィルス です。本当に今回の事件と内容がすごく近いんです。ただジャンボジェットでビルへ特攻する内容はありませんが・・・( ;^^)ヘ..。もし機会あれば見てみることをお薦めします。それとテロリストの目的に大統領専用機「エアフォース・ワン」もターゲットだったようなのですがこれも同じタイトルで1997年に映画化されてます。主演はハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン です。こちらも機会があれば見ることをお薦めします(^^ゞ。

どうもありがとうございました、とても参考になりましたm(_ _)m。

お礼日時:2001/09/14 14:01

こんばんは。


私はこの質問に答えられる専門化ではありませんが、ひとつだけ。
“アメリカ”だからということはないようです。
あのビルを設計したのは日本人だそうですよ。
まあ、どんなビルでも外部から飛行機が突っ込んできて柱を破壊するということは想定してないでしょうから・・・。
横からのあれだけの衝撃をうけたら上部の重みに耐えられなくなってしまうのは日本のビルでも同じじゃないですかねー。まったく根拠はありませんが。
回答になってませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

解答ありがとうございましたm(._.)m。

日本人があのビルの設計に携わっていたのはどうやら事実のようですね;^_^A。確かにどんなベテランの設計者や建築工学の専門家でも横からボーイング747級の飛行機が突っ込んでくるとは想像すらしないですよねw(゜o゜)w。逆にそれを設計の段階で考慮してビルを造ってる人がいたら何とも恐ろしいです。

日本のビルもこれから飛行機が突っ込んでくることに怯えながら仕事とかしなくてはいけなくなったしまいましたね。あの様なテロが日本では絶対に起きないとは誰も根拠を持って言える人はいないでしょう。もしハイジャックされた飛行機が霞ヶ関のビルや新宿都庁ビルへ特攻をかけることが判明したら途中で撃墜しなくてはいけないでしょうね・・・何とも想像だけで終わって欲しいですがY(°_°)Y。それを考えるとやはり飛行機に乗る前にチェックを厳重にしたほうがよっぽど被害を未然に防げるはず・・しかし搭乗前にチェックを厳しくしすぎると大混雑が起こってしまう・・・完全な悪循環です(^_^;。技術革新で搭乗前に相手をスキャニングできるような機械でもできない限りこの特攻テロを未然に防ぐ手立ては無いのが恐ろしすぎます( ;^^)ヘ..。

どうもありがとうございました(^^ゞ。

お礼日時:2001/09/14 13:39

はじめまして。


 とても痛ましい事件でした。僕自身もビルが倒壊したことはとにかく、『あんなにもきれいに壊れるものか』と不思議に思いましたので、倒壊した理由について自分なりに調べてみました。

 それによると世界貿易センタービルだけではなくて、アメリカのビルというのは、日本とは異なり建物の外側には、それほど強度な支柱を入れていないようです。ないよりまし程度の強度で、あまり地震が起こらないアメリカらしいといえるのかもしれません。
 では、どうやってビルを支えているかというと外側ではなくて、内側で支えているのですが、世界貿易センタービルというのはご存知のとおり、いろいろな企業が入っているので、フロア面積を出来るだけとりたいという意図があったのでしょうが、なるべく少なく、なるべく一箇所になるように支柱を立てようとした結果、支柱はビルのまんなかに集められることになりました。

 今回の事故(事件?)で飛行機が時速600キロともいわれるスピードで突っ込んできた結果、それほど強固でなかった外側の支柱を完全に破壊し、ほとんど吸い込まれる形でビル内部へと侵入した飛行機は、80階とも70数階ともいわれている部分の中央に集められていた支柱を完全に破壊しました。
 この中枢の支柱が破壊されたことで、端のほうにあるダメージを受けなかった支柱だけで上の階を支えるのは無理があったために、中央部分が下にどんどん落ち込んでいき、ついに残った部分だけでは支えきることが出来ずに、中央部分から残っていた端の部分を巻き込む形で上の階から順次崩れていったものと思われます。

 世界貿易センタービルは77年に出来た建物なので古くなっていたということは考えられないと思います。日本人からするともろい建物だということになるのかもしれませんが、アメリカという風土を考えればそれほど落ち度があったとは僕には思えません。
 ただ、非常階段が110階建てのビルとしては、お粗末だったといえるかもしれません。新宿のビル火災でもそうなのですが、何かあったときの備えいう認識が効率性の優先という事によってないがしろにされている気がします。
 
 僕自身も普通の大学生に過ぎないので答えられるのはここまでです。「こんなこと教えてもらわなくても知ってるは!」と思われたなら、ゴメンナサイ。
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございますm(._.)m。

う~む・・・やはり構造上あれほどの大惨事で耐えうるほどでは無かったようですね(+_+)。110階のビルディングとなると建てることも難しい上にそれ以上に構造をどうするかの難しさがあるようですね。日本も建築基準法の改正によりやたら高いマンションやビルが軒並み建ちだしていますがこのテロが起こった以上再度検討しなくてはいけない気がします。

理由としてやはり今回のテロを見て世界の危険人物が模倣する危険性が高いと思われるからです(゜_゜;)。1995年に東京で地下鉄サリン事件が起きた時もその事件の後至る所で異臭事件が起こりましたし、1997年のサカキバラ事件、1998年の和歌山毒物カレー事件、2001年の児童連続殺傷事件などなど必ずといっていいほど模倣犯が現れました。今回こんなボーイング747大型旅客機で特攻するテロを同じ部類の人間が学習した事に身の毛がよだちます(゜o゜)。

今まで私は色んな映画を見てきたのですがその中でテロ関係の映画はたくさんありました。しかしどの映画の中でも飛行機で大型ビルへ特攻をかけるテロ関連の映画は見たことがありません。

「こんなこと教えてもらわなくても知ってるは!」なんてとんでもないです`s(・'・;)。私の知らない知識をazariさんから教えていただいてとても勉強になるし感謝です;^_^A。

どうもありがとうございましたm(_ _)m。

お礼日時:2001/09/14 13:28

地震には強い構造だったようですけどね。

12日の夕刊で各社が分析を載せていました。いくつかご参考に。

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive …

参考URL:http://www2.asahi.com/national/ny/others/K200109 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございますm(._.)m。

な・・・なんと・・最近のビルの構造はチューブ状構造で横揺れには強いが上からの衝撃に弱いとは・・・お・・恐ろしすぎる(-。-;。最近のビルと言っても「世界貿易センタービル」は今から約30年前に建設されてるとなると今日本にあるほとんどのビルがやばい構造だとは・・・(゜_゜;)。

しかしこの最近のビルの弱点と言える構造を予め考慮してボーイング747級の旅客機でビルを崩壊させたとしたら・・・このテロを首謀した輩は相当入念に計画していたのではないでしょうか?もしこのような同様のテロが日本で起きたら防ぎ様が無いですよね・・・(+_+)。最近日本もピッキングなどの事件が中国人のグループで起こされてますし、国際化が進んで色々な民族が日本でも経済活動を行ってますし何とも憂慮すべき問題かもしれませんね(゜o゜)。

詳しいHPの紹介ありがとうございました。参考HPの新聞を取っていなかったので気づきませんでした。どうもありがとうございますm(._.)m。

お礼日時:2001/09/13 02:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんにちは。東京駅から、JR浜松町駅近くの世界貿易センタービルに行く予

こんにちは。東京駅から、JR浜松町駅近くの世界貿易センタービルに行く予定があります。
東京駅からは、山手線で、浜松町駅に向かいますが、浜松町駅で下車した後、どのように、世界貿易センタービルに行けば、一番近いか、わかられる方がおられましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浜松町駅構内図

http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1248.html

外に出るなら北口を出てすぐ左に曲がって幅の狭い道路を1本渡る
外に出ないなら南口を出てすぐ右に曲がり階段を下りる、
ほぼ正面に見える書店があるのが貿易センタービル

Q9・11テロにおける高層ビル崩落の原因

航空機が高層ビルの中腹階に激突することで,何故,全階崩落が起きたのか以前から疑問に
思っています。

先日の報道では,「南棟の方は燃料が多量に飛散したため大火災となり,鉄筋強度が低下したため,
北棟より崩落が早まった」という解説がありましたが,それだけで全階崩落にまで至るとは考えられ
ないのです。
単純に考えれば,突入した階だけ,あるいはそれより上層階だけの破損に留まるなら納得できる
のですが,何故全階崩落に至るのかがわかりません。

全階崩落のメカニズムについて,納得のできるご説明をいただけませんでしょうか?
専門家あるいは,それに近い知識でご説明をお願いしたいと考えております。

余談ですが,組織がそこまで予測していたかどうかも疑問に思っています。
全階崩落という事態に至らなければ,イラク戦争も起きなかったのではないかという気もします。

Aベストアンサー

図解してありわかりやすいと思います。

当時、特集などで観て説明されていたのは設計者は
外からの攻撃など考えられず 設計当時1番綺麗で強い
建造物として作られた様です。
まさか、外からあんな高層に飛行機がぶつかってくる
ことを予想してビルを設計するなんてこと普通では
考えられませんものね。

参考URL:http://www.craft-w.com/worldtrade.html

Qニューヨーク世界貿易センタービル

世界貿易センタービルはいつ建てられたのですか??

Aベストアンサー

第1ビル(北棟:屋上に鉄塔のあった方)が1972年竣工、第2ビル(南棟)が1973年竣工です。

Q地震 倒壊

東南海地震で私が住んでいる地域は震度6強の揺れが来ると予想されています。
その事で心配事があるのですが、実は家のそばにトラックが通っただけで震度1ぐらいの揺れがおきる軟弱な家なので震度6強の揺れがきたら倒壊しそうなんです。
以前親に耐震工事のことを相談してみたのですが、どうしてもするつもりはないようです。
しょうがないのでいざ地震が来て外に逃げられない状況なら、結構頑丈な机が部屋にあるのでそこに身を隠すつもりなのですが、その机が瓦や屋根の重量に耐えれるのか疑問です。そこでお手数をかけますが下記ページを見てもらって判断して頂きたいです。
http://****

1枚目の画像は家の外観なのですが、これで瓦や屋根がどんなものか知って頂きたいです。
2枚目の画像は身を隠す机です。

あと、最近非難する机の位置を隅っこに変えたのですがこれは逆に危険なのでしょうか?

上記の質問2点、教えて頂けると本当に有難いです。
回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ご回答が出揃っているようですが、家屋が倒壊するような地震が襲ってきた際には、すべて一概に言えないものばかりとはいえ、家屋というものはとかく南側に倒れやすいといわれています。その理由は南側には大きな開口部があるのが通例で、その分だけ強度が低いからです。ただ、お宅の写真を拝見しただけではそのあたりの感じがつかめません。

 これと関係することですが、よくトイレなど家屋の北側には柱が沢山あり、柱と柱の間のスパンも短いことから、その分強度も高いとよく言われます。たしかに、ある面ではそれも正解かもしれません。しかし、家屋が横倒しのように横にズレながら倒壊した際には、この沢山の柱が逆に人をはさんでしまったり、避難の妨げになることも考えておかなくてはなりません。
 
 また、地震の際の揺れの具合やひどさには、ただ家屋の強度や地盤の状況といったことだけでなく、家屋の中心と重心がどれだけ離れているか、あるいは近いかといった要素もかなり影響します。このあたりは専門家の調査が必要ですが、ご当地では公的な調査をやっていませんか。当地では市が無料診断をしてくれますが。

 なお、パソコンラックぐらいでは倒壊する家屋からあなたを守るほどの強度もありませんし、テーブルのように四隅に足が踏ん張った家具ほどにはバランスも良くないと思いますが、それに加えて、パイプ材は意外なほど簡単に曲がりやすいものです。あるいはそのために、逆に身体を強く挟まれてしまうかもしれません。

 それではもっとしっかりした堅牢第一といったテーブルなどならいいかといえば、それも、そうとも言えません。

 倒壊が心配なような家屋でしたら、おそらく倒壊によってテーブルに加わった重みが、そのまま小さな面積でしかないテーブルの足の部分に集中することで床が抜け落ち、中にもぐり込んでいた人の運命は.....といったことにもなってしまう可能性がありますから。
 こうした対策としては厚み20mmぐらいのベニア一枚でも足の下に敷いてあればまだかなり違うとは思いますけれど。

 地盤が軟弱、家屋の強度が足りない、家屋のバランスが悪い、といった場合は、あなたがご心配になるように、これはもう家屋の耐震補強か、頭上に気をつけながらの避難しかありません。
 ただ、本当に震度6強までで済めば、そう沢山の家屋があちこちでペチャンコに倒壊してしまうほどの揺れではありません。
 

 ご回答が出揃っているようですが、家屋が倒壊するような地震が襲ってきた際には、すべて一概に言えないものばかりとはいえ、家屋というものはとかく南側に倒れやすいといわれています。その理由は南側には大きな開口部があるのが通例で、その分だけ強度が低いからです。ただ、お宅の写真を拝見しただけではそのあたりの感じがつかめません。

 これと関係することですが、よくトイレなど家屋の北側には柱が沢山あり、柱と柱の間のスパンも短いことから、その分強度も高いとよく言われます。たしかに、ある面...続きを読む

QN.Y.の世界貿易センタービルの周りのビルは擁壁内部であったが為だそうですが擁壁とは?

こんにちわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

9月11日(火)に世界貿易センターが全壊したのは周知の事実ですが、昨晩のNHKで周辺の4つ(?)のビルも全壊、半壊したそうですがそれは世界貿易センタービルを中心とする「擁壁」内にあったが為軒並み地面に落ちていく感じで倒壊したようなのですが、その「擁壁」をgoogleなどで検索をしましたが今一よくわかりません。一個住宅の「擁壁」に関してはたくさんあるのですがビルに関する「擁壁」のサイトが見つかりません。素人なのでどなたか詳しい方専門家の方、ビルの「擁壁」は日本はどうなってるのでしょう?詳しいサイトもあれば教えて下さい。

日本は大型ビルはかなり地中まで基礎を打ち込みますがアメリカと日本では建築工法そのものが全く違うのでしょうか?もし日本の例えば新宿の東京都庁が世界貿易センタービルと同じ状況になったら地下7階位のクレーターができ尚且つ周辺ビルも全壊、半壊しますか?それと日本の各ビルの建築工法、基礎や擁壁がどうなってるかそのビルの管轄の行政に行って見るのでしょうか?宜しくお願いしますm(._.)m。

こんにちわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

9月11日(火)に世界貿易センターが全壊したのは周知の事実ですが、昨晩のNHKで周辺の4つ(?)のビルも全壊、半壊したそうですがそれは世界貿易センタービルを中心とする「擁壁」内にあったが為軒並み地面に落ちていく感じで倒壊したようなのですが、その「擁壁」をgoogleなどで検索をしましたが今一よくわかりません。一個住宅の「擁壁」に関してはたくさんあるのですがビルに関する「擁壁」のサイトが見つかりません。素人なのでどなたか詳しい方専門家の方、ビ...続きを読む

Aベストアンサー

 世界貿易センタービルを中心に大きな地下街がありました。
 ちょうど弁当箱のうえにビルが並んでいる様子を考えてください。
 で、ほぼ中心の世界貿易センタービルが倒壊したため、弁当箱のふた(ビルから見れば地面・地下街から見れば天井)の部分がもろくなり、結果として周囲のビルも次々と倒壊することになりました。
 日本では耐震基準などから、基礎工事を地中まで行うためにこのような倒壊の仕方はしないでしょう。(素人ですので、この辺は専門家の方の回答をお願いします)

 地下7階のクレーターというのは、つまりそれだけ地下街が大きかったという事でしょう。

Q地震で自宅が倒壊したら賃貸アパートに住めばよいのか

巨大地震で街全体が壊滅的な被害を受けたときについてお尋ねします。

テレビを見てると地震直後は最寄の避難所へ避難して、その後仮設住宅へ引っ越してる映像がよく
放映されます。

仮にお金に余裕がある人の場合、地震直後はとりあえず最寄の避難所に避難して、その後、
自宅の倒壊を機会にその土地に住むことは諦めて、その土地を売却して
別の街の手頃な価格の家やマンションを借りる、又は買って引っ越す人も多いと思いますか。

避難生活が長期間続くとストレスがたまって体調を崩されたり、高齢の人ですと不自由な生活が原因でお亡くなりになるケースも多いようですね。気の毒です。


ここからは話が変わってすみません。
もう一つお尋ねします。

マンションに住んでいる人が「我が家のマンションは新しいので巨大地震にも強いはずですよ。
マンション付近の木造の戸建住宅が倒壊しても我が家はあまり不自由なく暮らせると思います。」と
仰ってる人がいました。

しかし、マンションが倒壊せずにそこに暮らせたとしても付近の戸建住宅が倒壊するほど大きな地震
があった場合、店へ行っても食べ物や生活必需品はほとんど売り切れになります。

ネット通販で注文しても宅急便業者もパニック状態になっていて、欲しいものはなかなか届かないで
しょう。

マンションに住んでいる人は巨大地震があっても、それほど不自由せずに暮らせると思いますか。

巨大地震で街全体が壊滅的な被害を受けたときについてお尋ねします。

テレビを見てると地震直後は最寄の避難所へ避難して、その後仮設住宅へ引っ越してる映像がよく
放映されます。

仮にお金に余裕がある人の場合、地震直後はとりあえず最寄の避難所に避難して、その後、
自宅の倒壊を機会にその土地に住むことは諦めて、その土地を売却して
別の街の手頃な価格の家やマンションを借りる、又は買って引っ越す人も多いと思いますか。

避難生活が長期間続くとストレスがたまって体調を崩されたり、高齢の人ですと...続きを読む

Aベストアンサー

個人的な考えを含む事を先に伝えておきます。

マンションなどの高層住宅に住む人は災害時の不便さに対して、無対策な方が多いと感じています。

確かに地震対策としては最近のマンションは耐震設計で安心感はあるでしょうが、ライフラインは別なんですよ。一番困るのは「水」なんです。
どのマンションでも一度給水タンク(屋上に設置)にポンプでくみ上げることが必要ですが、電気が止まればポンプも止まってしまうのですぐに枯渇してしまいます。
地震の規模が大きいほど復旧には時間がかかってしまうので、その辺の対策をしっかりしていても住めなくなってしまいますよ。

自宅の崩壊はまぬがれても、住めなくなれば同じではないですか?その意味ではマンションほど不自由な住居は無いのではないですか?

Q世界貿易センタービルの住所は?

ニューヨークの世界貿易センタービルがあった場所の詳しい住所をご存知の方いらっしゃったら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、こちらでよろしいでしょうか。
ここの過去質問から検索したのですが。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=142965

Q隣の家が倒壊しそうだが、住民がお金がないから何も出来ないという

こちらで初めて質問をさせていただきます。

私の隣の家に古い木造2階建ての民家がありましてその家の壁が崩壊中の壁材や柱が見えてしまっている状態になっています。昨日の夜も一部が崩壊して私の家のほうへ徐々に傾きやひび割れがひどくなってきています。

すでにご近所はもちろんのこと市からも地震等が来るとほぼ確実に倒壊しそうだがどうするつもりか?という問い合わせがきているそうです。

隣に住んでいる住民の方もそういった状態(状況)は理解しているようですが、『解体資金がなんともならない』『解体した後の生活資金が……』という回答で何度言っても特に対策(養生など)もせずそのままになっています。年金暮らしの老夫婦で資金に不安があるのはわかるのですが、放置しておくと私の家のほうへ倒壊する恐れがあるため放置も出来ません。

もし風雨や地震などで大きく崩壊(倒壊)して家やガレージ(そこにとめている車)等に被害が出た場合相手に支払い能力が無いような状態でも請求(被害の補填)ができるのでしょうか?

<倒壊しそうな家と周辺の状態>
・坪数は15~20坪ほど
・私の家との距離は40~50cmあるかないか
・家の前は道路(公園)でT字路交差点の角にあり道幅は4mほどあり(車2台分+少し)
・家は木造2階建て(築年数は40年ほど)
・家の崩壊状態

屋根の一部および私の家側の2階部分の壁の半分が崩壊し中の柱などの構造物が見えてしまっている状態
家の傾きもあり私の家のほうへ傾斜は5度~8度(目算)あり
残りの壁も亀裂が大きく入っており、家の自重で沈み込みや崩壊が徐々に進んでいる模様
岐阜市からの行政指導(どのレベルかはわかりません)があった模様→『倒壊する恐れがあるがどうするつもりか?と聞かれたらしいです』

回答に必要な情報が足りないようでしたら追記させていただきますのですみませんが上記についてご相談に乗っていただけないでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

こちらで初めて質問をさせていただきます。

私の隣の家に古い木造2階建ての民家がありましてその家の壁が崩壊中の壁材や柱が見えてしまっている状態になっています。昨日の夜も一部が崩壊して私の家のほうへ徐々に傾きやひび割れがひどくなってきています。

すでにご近所はもちろんのこと市からも地震等が来るとほぼ確実に倒壊しそうだがどうするつもりか?という問い合わせがきているそうです。

隣に住んでいる住民の方もそういった状態(状況)は理解しているようですが、『解体資金がなんともならない』...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく、どこの自治体でも、今は、
「老朽危険家屋等除却補助金」の制度があると思います。
お隣さんに、そういうのがありますよ、と教えてあげてもいいのですが、
おそらく、今まで無事だから、この先も大丈夫と(思い込もうとして)、
動かないでしょう。
質問者様ご自身が、市役所に出向いて、
非常に危険な状態なので、市の方から、再度、
本人に、そういう制度を勧めてもらえないか、お願いしてみてはどうでしょうか。

Q9.11の世界貿易センタービルの崩壊の仕方は、自然ですか?

9.11の世界貿易センタービルの崩壊の仕方は、自然ですか?
ビルの上の方に飛行機が衝突して、ほぼ自由落下くらいのスピードで真下にビルが崩れ落ちていくというのはあり得ますか。
いくら火災の熱で鉄骨がもろくなったと言ったって、一遍に真下に崩れるということはないんじゃないですか。
ビルの解体工事のときのように、ビルの全体に均一にダイナマイトでも配置して、時間を制御して爆発させたとかでなければ無理なんじゃないかって思うのですが。
しかし全く騒がれていないようですし、世の中には物理学者のような専門家の方々がたくさんおられるわけですから、あり得ることということでしょうか。

Aベストアンサー

かつて質問者様と同じ疑問を呈した建築関係の人がいました。
回答者の多くは又陰謀論かとうんざり気味ですが、アメリカと
言う国は民主主義を標榜している割に国民が求める疑惑解明に
政府は積極的でありません。
ケネディ暗殺の真相も然りです。
満足のいく回答は得られないと思います。

Q地震 倒壊

自分の家(平屋)がもうすぐ来る東南海地震に耐えれるとは思いません。
いざ地震がきたら丈夫な机があるのでそこに身を隠すつもりなのですが、落ちてきた屋根に机が耐えられるか不安です。ちなみに、家は平屋で自分の部屋の位置もすみっこにあることもあって、落ちてくる屋根の重量が少ないのでなんとか耐えてくれると思うのですが、実際問題どうなんでしょうか?

是非教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

家の隅っこだから、屋根の重量が少ないというのは、
間違いでしょう。

屋根の単位面積あたりの重量は同じです。

梁などのことも含めて、隅っこの方がとおっしゃっているかもしれませんが、
梁が壊れるときは、柱梁接合部が一番壊れやすいのです。
隅っこで梁が壊れて、落ちてきたら、
屋根のほとんどの重量をそこで支えることになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報