培養液に80%の硫酸アンモニウムを加え、
一昼夜放置してから回収するのですが、
遠心分離をかけてもすぐに崩れてしまいます。

時間を長くすればもう少し固まりますか?

A 回答 (2件)

私の時は12,000G位で10分間やっていました。


それで十分なペレットになりました。
ただ、タンパクはどうかわかりませんが
微生物のペレットを作るときは
菌種によっては相当長くしないと強いペレットができないこともありました。
タンパクでもそういうことがあるのかも??

ところで塩析は一晩も必要なのでしょうか?
私のときは1時間で十分でした(試験した限りでは10分でも大丈夫でしたがマニュアルには1時間とあったのでそうしました)。
また♯1さんのおっしゃるとおり
硫安はきちんと溶けていますか?
私は加えた後何回か転倒させ、氷冷、10分おいてまた何回か転倒させ合計1時間氷冷し、遠心(もちろん冷却機能付き)
以上ご参考まで。
    • good
    • 0

飽和硫安での蛋白の析出であれば1500Gで30分も遠心分離すればペレットはくずれることはないと思います。

ただ、脂溶性の高い溶液ですとなかなかうまくいかないことがあります。
そういうときはフリーゲンで脱脂してから硫安を加えるとうまくいきます。
また、ペレットが小さいときは硫安の量が少ないと思われます。それと当然ながら硫安を加えたあと十分に混和するのを忘れないように。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング