今回、アメリカで大変な事件がありました。
もし日本が同様なテロ攻撃を受けた場合、自衛隊はどのような対応をするので
しょうか?
米軍同様に相手が判り次第報復攻撃をする、軍事的になにもしないで国際世論に
訴え、軍事のことは米軍に任せる(これはあまりにも情けない、こんな事を
すれば世界から物笑いの種になると思う)
いくら憲法で国際紛争を解決する手段に武力を用いないとある。
しかしそのため自衛隊の行動が束縛されているのでは・・・
憲法が出来た当時と今では攻撃方法が変わってきています。
個人的意見ですがもし北朝鮮からミサイル攻撃を受けた場合、北朝鮮の
軍事施設を攻撃すべきだと思う。
テロやミサイルがある以上、水際で防ぐなんて無理だと思います。
今回に事件で改めて世界が平和じゃないと認識しました。
自分の国は自分で守らなければいけません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>もし日本が同様なテロ攻撃を受けた場合、自衛隊はどのような対応を


>するのでしょうか?

自衛隊は自衛をする軍隊なので、国防が第一です。
テロや模倣犯が2度3度続けて起きないようにまず国内の安全を図るべきでしょう。

>憲法が出来た当時と今では攻撃方法が変わってきています。

その通りですが、今回の事件で憲法9条を撤廃したり法を改正したりして臨むというのは得策ではないと私は思います。今回のようなテロに対し米国が報復攻撃を実際に遂行した時も、相手国や組織は恐らくテロ的な活動で対応してくるでしょう。そうした場合、派兵による戦力低下よりはまず自国の国防増強の方が大切です。

国際情勢をしばらく各国の情報を得て静観してみることが日本には必要でしょう。今のところ、アメリカの報復攻撃に対して協調派兵していると名言しているのは英国と豪州だけです。NATOの中でもイタリア・フランス・ドイツは慎重論ですしロシアや中国は派兵しません。基本的に侵略戦争であった湾岸戦争の時ならまだしも、今回のアメリカによる報復戦争に対して自衛隊を海外派兵させることは日本の国益には得策では無いと思えます。日本は憲法9条等による足枷などを逆に(時間稼ぎとして)利用して、主要国がどのように動くのかをしばらく観察することもできます。それからでも国際協力は遅くないはずです。

アメリカの高圧的な態度や日本の偏った国際感覚やプライド(湾岸の時に人的貢献をしなかった:見下されている:日本の立場が薄くなる:遅参は恥じだ・・・)よりも、『完全に日本の国益(現在と将来)』に立って動くべきでしょう。
    • good
    • 0

憲法9条を破棄し、自衛隊を国軍と定め、防衛庁を国防省に改めるべきだと思うのですが、時間的余裕がないので、現行法の範囲で日本が何をできるのかを考えましょう。




さて、おなじみの日本国憲法。
第9条 戦争放棄、軍備及び交戦権否認
 (1)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇叉は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 (2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

第9条は「国際紛争でなければ武力行使してよい」と解釈できます。テロリストに対する「武力による威嚇叉は武力の行使」は、「国際紛争を解決するため」のものではありませんから、憲法で制限されていません。


もうひとつ気になるのが自衛隊法。
(自衛隊の任務)
第3条  自衛隊は、わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当るものとする。
 (2) 陸上自衛隊は主として陸において、海上自衛隊は主として海において、航空自衛隊は主として空においてそれぞれ行動することを任務とする。

事件発生から間もなく、小泉首相・田中外務大臣ともに「米国のみならず民主主義に対する攻撃である」といった主旨の談話を公表し、今回のテロ活動がわが国の平和をも脅かす行為であると判断しました。米国内の事件においてこの状況ですから、わが国の領土内においてテロ活動が行われた場合に自衛隊が動けない筈がないではありませんか。


左翼売国奴の流言飛語を間に受けて、国や自衛隊の活動を縛りすぎないことです。
    • good
    • 0

自衛隊じゃ無くって貴方に何が出来るかです。


今回の事を考えても、北朝鮮はミサイルでは攻撃して来ません、(戦略的に非効率)
有るとすれば「テロ工作」でしょう(破壊工作員が最も潜入し易いから)
しかし犯人が解りません(攻撃意図が無いから)。

強引にシナリオを作るなら、「食料をくれなければ破壊工作をするゾ」でも少しピント外れなのは日本はそんなに食料生産の豊富な国じゃありません。
「金を出さないとテロ工作スルゾ」ですか。
で北朝鮮を爆撃する・・・少し無理があります。
「テロ」の予防・・・自衛隊でも出来るじゃ有りませんか、それと我々自身で。
(出来ない時は、軍事大国米国でも出来ない)

それと「自衛隊・憲法9条」と言う人に・・・貴方が先ず自衛隊に入隊しなさい、又は思いの限り寄付しなさい、今すぐに出来ますから。
もし軍隊を持ち軍事力で解決する道を選ぶなら、米国と戦う覚悟も必要ですぞ!
武力と言うのは、1つ上か1つ下との勝負がファイナルファイトですから。
    • good
    • 0

とりあえず、先日成立した「新ガイドライン法」に従い、


アメリカの後方支援を行なうことになります。
戦争が始まった場合、輸送、掃海、護衛、パトロールといった任務を負うことになります。
こうなると100%日本も攻撃目標となるわけですが、
それなりの発言力をもつ似非平和主義者の圧力により「こちらから攻撃する」ことに躊躇してしまうでしょう。
で、ミサイルの2,3発も打ち込まれ、何万人も死んでから
世論が盛り上がり、法改正して、出動となるでしょうが、
そのころには戦争終わっているかも。

現在の社会は「勝ったものが正義」であり「力が支配する」世の中なのです。
アメリカがあちこちの国にちょっかいだせるのも、
軍事と食料という力をもっているからですね。

もちろん話し合いにより戦わずにすめば、それはそれでいいかもしれません。
しかし、いよいよとなれは力を行使する必要が有り、行使しなければなりません。
そして、今は「その時」です。
    • good
    • 0

いちおう建前では、「テロの標的にならないために戦争放棄の憲法と外交努力で平和を維持するから軍事力はいらない」ということになってます。

つまり、喧嘩を売られるタネを持っていなければ、相手もわざわざ喧嘩はしないだろうということです。

今回、日本もテロの対象になるんじゃないかと言われたのは、言うまでもなく米軍の非常に重要な軍事施設が日本にあり、なおかつ日本がアメリカの同盟国だからです。

いわゆる革新派の人たちは、前述の建前のためには日米同盟も在日米軍も自衛隊も不要という主張をしているわけです。

この建前がまったく無意味なのか、それとも意味あるものになるのかで、日本の自衛隊のありかたも変わってくるでしょうね。
    • good
    • 0

まったく同感です。


どの国であれ、政府には「国民の生命・財産を守る義務」があると思います。
これは、国際的な“不文法”みたいなものではないでしょうか?

その点でいえば、日本の現行憲法などは、この決まりに違反しています。
私は「憲法改正」うんぬんを議論するよりも、国民の生命・財産を守れず、人類の規範に合わない憲法9条など、即刻“破棄”すべきだと思っています。今回のテロ事件を通じて、さらにその意を強くしました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミサイル防衛 と ミサイル攻撃

どっちが技術的に簡単でしょうか? 

おそらく、攻撃のほうが簡単だと思いませんか?

日本はあえて難しい方に予算をつかうようですが、中国のように簡単なほうの攻撃用ミサイルを準備して牽制した方が効き目あるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

攻撃の方がはるかに技術的に簡単だし、効果が高いです。子供でも分かる理屈です。日本がそれが出来ないのは、単に憲法9条があるからです。それ以外に理由はありません。アメリカには届かない、射程1000~300キロぐらいの中距離弾道弾を千発ぐらい作って配備したら、中国も韓国も北朝鮮も黙ります。つべこべ言わなくなります。今の日本には至極簡単なことです。戦闘機やイージス艦やミサイル防衛装置のように、アメリカから高い金を出して買わなくても、自力開発できます。

Q拉致被害者の奪還を憲法違反だから自衛隊は出来ないという御意見に対して考える。 自衛隊ってなんですか?

拉致被害者の奪還を憲法違反だから自衛隊は出来ないという御意見に対して考える。
自衛隊ってなんですか?
何の為に存在しているのですか?
そもそも、存在自体が違憲で、得意の憲法解釈とかいう手品で存在しているのでしょう。
だったら憲法解釈で奪還作戦を考えればいい。だから憲法改正は必要なんだとおもいますが皆さんどうですか?勿論、作戦自体は不可能ですがね。

Aベストアンサー

拉致被害者がどこかのホテルなどに確実に住んでいると分かれば、自衛隊が作戦を立てる可能性もありますが、しかし誰がどこにいるのか何も分かっていません。何人なのかも分かっていません。ですから拉致被害者を救出するためには平壌を軍事制圧して、金将軍の一族を尋問するところから始まります。そのうちに拉致被害者は全員暗殺されて何にもならなかったと言うことになります。
 良かったら貴方が北朝鮮に潜り込んで、拉致被害者がどこにいるのか調べてくれませんか?北にも反政府の活動家はいるでしょうから彼らを助けて、民主革命運動を起こしませんか?
 ゲバラもスターリンもそうやって革命を起こしたのです。日本でも坂本龍馬などの志士たちはそうやって明治維新を起こしたのです。

Q憲法改正後の軍事産業の利益はどのくらいになりますか

自動車産業の利益の何倍ぐらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

憲法が改正されたとしても、過去10年以上横ばい、あるいは減少傾向にある日本の国防費が急増するとは考え難いので、大きな利益は得られないでしょう。倍率で言えば0.8倍以上、1.2倍未満といった所だと思います。このままではじり貧だと言われている日本の軍事産業の衰退速度が抑えられる程度でしょうか。そういう意味ではメリットもありますね。

利益を上げるのであれば、憲法改正よりも、政府が武器輸出を全面的に認め、海外に進出するほうが効率的だと思います。こちらの案であれば、市場規模の拡大に伴う量産効果により、2倍、3倍の利益拡大も見込めるのではないでしょうか。

Q北朝鮮のミサイルの着弾精度

以前より気になっているのですが
北朝鮮からミサイルが飛んできたら
どのくらいの精度で目標に当たるのでしょうか。
もし仮に目標が都庁だとしたら誤差の範囲は
どのくらいなのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

以前数百メートルという話を聞いたことがありますが、1kmは無かったと思います。もっとも実際のところは分かりません。軍事上の秘密もあるでしょうが、ある程度実射してみないと分からないでしょうから、北朝鮮も本当のところは分からないのかもしれません。
弾道ミサイルの精度は加速度計の質量誤差やジャイロのベアリングの精度、燃料の燃焼時間の正確性などいくつもの要素によって影響を受けますので、そう簡単に精度が向上するものではありません。ちなみに慣性誘導において影響を与えるのは飛翔距離ではなく、飛翔時間です。時間の積分を行うので時間に比例して誤差が大きくなります。
前の回答に核弾頭の場合は意味がないとの記述がありますが、これは地上に暴露した状態の人馬あるいは木造建築などに対する効果であって、地下の堅牢な目標にはやはり重要なファクターといえます。
ノドンやテポドンは液体燃料を使用している関係で、長期間の燃料充填は難しい(とはいっても液体水素や液体酸素よりはずっと長い)こともあり、先制攻撃用に用途を限られますから、本来精度は重要であるはずです。なぜならカウンターフォース、つまり相手の攻撃手段を先につぶす必要があるからです。
報復用なら都市を攻撃すればよいのですから精度はあまり必要ではありません。もっともこれは米ソに当てはまったことですので北朝鮮に当てはまるかという問題もありますけどね。

以前数百メートルという話を聞いたことがありますが、1kmは無かったと思います。もっとも実際のところは分かりません。軍事上の秘密もあるでしょうが、ある程度実射してみないと分からないでしょうから、北朝鮮も本当のところは分からないのかもしれません。
弾道ミサイルの精度は加速度計の質量誤差やジャイロのベアリングの精度、燃料の燃焼時間の正確性などいくつもの要素によって影響を受けますので、そう簡単に精度が向上するものではありません。ちなみに慣性誘導において影響を与えるのは飛翔距離では...続きを読む

Q今回のアメリカ同時テロについて教えて下さい。

こんにちは。
アメリカでの同時テロ、大変な事になりましたね。
とてもたくさんの方が亡くなられたようで、大変悲しく思います。

そこで教えて頂きたいのですが、今回の事件は何故おこったのでしょうか?
アフガニスタンのテロ組織の犯行だという事は知っていますが、では何故アフガニスタンのテロ組織は、アメリカを「敵」としているのでしょう?
大変恥ずかしいのですが、私は国際情勢にとてもうとく、今回の事件が起こるまで、アメリカと中東が問題を抱えている事すら、知りませんでした(その問題というのが何なのかもわかりませんが)
ずっとTVを見ていたのですが、いまいち事件の背景がよくわかりません。
新聞もとっていないし、身近に聞ける人もいないので、困っています。
もしわかる方がいらっしゃったら、簡単な説明で構いませんので、教えて下さい。
なるべく、易しい言葉で説明して下さると、とてもありがたいです。
それと、もし良ければ、この事件をどう思うか一言添えて下さるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今回の事件がアフガニスタン・・・というのは憶測の部分でまだ断定に至っていません。

中東と米国との関係についての言及という事ですのでこの部分のみについて

正確には
イスラム原理主義勢力 対 米国の 図式です

事の発端はイスラエルにあります。

イスラエルは御存知の通り,ユダヤ教の教えの中でユダヤ人に約束された地として
中東のイスラム支配化のパレスチナを排除して,ほぼ一方的に設立された国です。

御存知の通り,イスラエル対イスラム諸国は文字通り「血で血を洗う」闘いになっており
解決への糸口を見出せていません。

これは,根本的には聖地エルサレムが絡む事項なのですが
お互いの派生においての根幹が同じであるため,聖地が同じになってしまうのはしょうがないとして
お互いに自分の主張のみを押し通して相手との利害の一致を考えない事に起因しています。

さて,米国がこのどの部分に絡むか・・ということですが

イスラエルは米国の後押しによってその国の維持をしております。

・・というより,米国が経済的にも産業的にもユダヤ人の非常に大きな影響下にある為
(米国の経済の相当な部分をユダヤ人が握っています)
立場上,イスラエル側にたたざるを得ない状況なのです。
(世界の経済はユダヤ人と中国華僑が握っていると云ってさしつかえありません)


この構図の中で,イスラム側から見れば,イスラエルに同調する米国は
イスラム全体の敵になってしまうのです。

これに付け加え
特に原理主義勢力にとって,昨今の自由経済社会における情報の煩雑化は
イスラム圏内においても,その教えの中味を曲げざるを得ないほどの深刻な事態になっています。

これは,近代化という意味で,本来歓迎をされるべき内容に思えますが
原理主義者にとっては,イスラムの教えの根幹を破壊する悪しき風習,教えとして
断固容認できない物であります。

経済市場主義社会の象徴がアメリカであり,その象徴が国際貿易センタービルなのです。

イスラム原理主義はイスラムの教えを第1とするいわゆる旧体制派なのですが
実質,イスラム圏内ではものすごい強い力を持っています。


個人的な意見ですが
今回の件が本当に「テロ」なのか少し疑問に思っている部分があります。
「仕組まれたテロ」の可能性も捨てきれません。

米国経済社会はこのような事にはたいへん「えげつない」ですから・・・

表面に出ている事項の裏側を見る力も必要です・・・

今回の事件がアフガニスタン・・・というのは憶測の部分でまだ断定に至っていません。

中東と米国との関係についての言及という事ですのでこの部分のみについて

正確には
イスラム原理主義勢力 対 米国の 図式です

事の発端はイスラエルにあります。

イスラエルは御存知の通り,ユダヤ教の教えの中でユダヤ人に約束された地として
中東のイスラム支配化のパレスチナを排除して,ほぼ一方的に設立された国です。

御存知の通り,イスラエル対イスラム諸国は文字通り「血で血を洗う」闘いになってお...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報