皆さんが読んで元気が出たり前向きになれた本を教えてください。(できれば詩のような感じの本で)
私のおススメは「ありがとうの本」です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私が読んで元気が出た本は、高橋歩さんの、「LOVE&FREE」という本です。


実際私がとても悩んでいたときに出会いました。世界一周旅行をしながら、書きつづった短い文と、すてきな写真の本ですので、よかったら読んでみてください。

参考URL:http://www.sanctuarybooks.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の人の視点から物を考えてみるのもいいですね!回答有難うございました!

お礼日時:2005/04/30 17:33

伊藤 守さんの「ご機嫌の法則100」です。


どうしようもなく凹んだ時、この本が力になってくれました。

風邪やはしかがうつるように、ご機嫌だってうつります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう感じの本は見た目も可愛いし、中身も癒されるので気になります!回答有難うございました!

お礼日時:2005/04/30 17:34

私のおすすめは、


ディスカヴァー21伊藤守さんの『天使がおしえてくれたこと』です。
感想は、なんか自分を見つめ直せる感じで、落ち込んだときなどに読むと、明日も頑張れるかな!て思えます。
あと、『ちびぎゃら』という本です。
すごくかわいい絵がとっても癒されます。

参考URL:http://www.bonsha.com/index.html   http://www.itoh.com/prof/work.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、これは可愛いですねw表紙からして惹かれます。回答有難うございました!

お礼日時:2005/04/30 17:31

私のお薦めの本はグースです!



これは本を読むきっかけにもなりました。

人生には不可欠なモノである『勇気』について書かれています。

自分の宝ものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グースは知っています!勇気ってなかなか出ないんでちょっと読みたいです。回答有難うございました!

お礼日時:2005/04/30 17:28

ありきたいですが・・・



カーネギー名言集
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと調べてみたんですけど「おぉ」っていうのが多いですね!すごい。回答有難うございました♪

お礼日時:2005/04/30 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名言とか集めてブログや電子書籍にアップしても

金言、名言、格言等を集めて編集して電子書籍で売ることは、著作権法違反になりますか?

よく書店で売っている本にも、格言集、金言集、名言集ってありますし、もし著作権法に違反しないようでしたら、編集の切り口変えて、超格安で売りたいと思います。

今、生きている人のは多分まずいですよね。もう亡くなっている方の言葉だったら、掲載しても大丈夫でしょうかね?

もちろん、著作権法違反とかで訴えられたらいやなので、そういうことがない場合ですけど。

Aベストアンサー

>今、生きている人のは多分まずいですよね。もう亡くなっている方の言葉だったら、掲載しても大丈夫でしょうかね?
著作権は著者の死後50年有効です。
権利的に大丈夫なのかわからない言葉を載せるから、知らない人から訴えられて揉める訳で、
ご自身が権利関係をわからないなら、やめたほうがいいです。

あなたの行為は、他人のカネになる言葉を、超格安で転売して、他人の褌で相撲を取るのですから。
著作権だけでなく、商標権登録している言葉もたくさんあります。高くつきますよ。

Q〓元気をくれる言葉達〓 元気をくれる言葉や、前向きになれる言葉ならなんでも良いです。もし良ければ皆さ

〓元気をくれる言葉達〓


元気をくれる言葉や、前向きになれる言葉ならなんでも良いです。もし良ければ皆さんからも募集します。


☆チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスに出来なかっただけである。

☆力強さとは、使命感を持つ事から生まれる。

☆昨日までの幾つもの悲しみは、今日への道標である。

☆苦しみは、確かに、厳しい試練だ。しかし、私達の人格を養いもする。

☆最大の名誉とは、決して倒れない事ではない。何度も倒れては、起き上がる事である。

☆辛いとか悲しいとか沢山あるけれど、それはきっと、喜びと背中合わせだ。

☆悲しみとは、時に私達人間を謙虚にさせるのに必要なものである。

☆チャンスは誰にでもやって来る。ただそれを、掴めるかどうかである。

☆金を失う事は小さく、名誉を失う事は大きい。勇気を失う事は、全てを失う事。

☆神は、試練を乗り越えられない者に、試練は与えない。

☆成功とは、失敗から失敗へと、情熱を失わずに進む事である。

☆敗北、即ち失敗は、私達人間にとって、大きく成長する為の源である。

☆我々にとって、重要なものは、覚悟である。覚悟は偉大な決断であり、覚悟をした人間は、不安を持つ事は無くなるのだ。

☆昨日の夢は、今日の希望であり、明日の現実である。

☆寒さに震えている者ほど、太陽の温かさを感じる。

☆人生の悩みをくぐった者ほど、生命の尊さを知る。

〓元気をくれる言葉達〓


元気をくれる言葉や、前向きになれる言葉ならなんでも良いです。もし良ければ皆さんからも募集します。


☆チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスに出来なかっただけである。

☆力強さとは、使命感を持つ事から生まれる。

☆昨日までの幾つもの悲しみは、今日への道標である。

☆苦しみは、確かに、厳しい試練だ。しかし、私達の人格を養いもする。

☆最大の名誉とは、決して倒れない事ではない。何度も倒れては、起き上がる事である。

☆辛いとか悲しいとか沢山ある...続きを読む

Aベストアンサー

「苦しいことから逃げると余計に苦しみが増す」

「金を失う事は小さく、名誉を失う事は大きい。勇気を失う事は、全てを失う事。」
↑これって、私はある小説で登場人物の言葉として読んだんですけど、
もしかしてもともと有名な言葉だったのでしょうか?

Q毛筆で書かれた名言集はどんなものが在りますか?

やさしい気持ちになるような、名言集を書写したいです。笑えたりもありです。そんな書籍やサイトがあれば教えてください。趣味にしたいです。

Aベストアンサー

こんばんは

本でしたら
こちらとか
http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html
ショッピングのなかに、本もあります

Q読んでおもしろかった英語の本はなんですか?おすすめの著者は?

最近Roald Dahlのショートストーリー(The Wonderful story of henry Sugar and six more)を読んで、英語の本にはまりました。Dahlの作品はこれから制覇していきたいと思っています。また、いまは夏なのでホラーなども読んでいます。

なにかおすすめの英語の本がありましたら、ぜひ教えてください。読んでおもしろかった、思わず読み続けた本などです。 また、いま読んでいるホラーは子ども向けなので「ぞっとするような怖い本」も教えてほしいです。

あと、読むととまらないような話を書く作者(もしくは情景が浮かんでくるうまい文章を書く作者)も知っていたら教えてください。たくさん本を読もうと思うのでどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学の時、夏休みの宿題がエドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」を和訳する事でした。

夜、辞書片手に読み進めていきましたが、途中であまりの怖さに一人で読むことを断念しました。友達に電話すると、友人も同じで怖くて一人で読めないと言うので、一緒に宿題したという、今思うとほほえましい経験があります。

参考になれば幸いです。

Qヘンリー・フォードの名言

フォードの名言に、

もし私が顧客に何が欲しいのかという事を尋ねていたら、彼らは「もっと速い馬が欲しい」と答えていたことだろう。
ヘンリー・フォード


とありますが、この文が載っている書籍をご存知の方はいますか?
論文に引用したいのですが、名言集などを探しても見つかりませんでした。

またこの言葉は、顧客が求めるものは、今よりも早い移動手段であり、
馬ではなかったことを示していると思いますが、
これは、フォードがいなかったら車がうまれなかったということを言っているのですか?

Aベストアンサー

Wikipediaの姉妹サイトWikiquoteの執筆者たちによれば、この言葉をフォードが実際に話したという証拠は何も見つかっていないし、西暦2000年以前にはこの言葉を含む記事等は発見できないという話です。

参考(英語です):
http://en.wikiquote.org/wiki/Talk:Henry_Ford

この言葉の意味合いは、No.2さんが書いておられるように、「お客なんてものは革命的な製品を想像することなんかできないんだから、客の要望を丸呑みして製品開発なんかしては成功しないのだ」ということでしょう。

Q本や漫画を読んで、泣いたことがありますか?

テレビでのドラマや映画、アニメでは思わず涙が出てしまうことがあるのですが、本や漫画ではそういう題材にめぐり合わないし、読んだとしても泣かないかも知れません。

皆さんはどうですか?
本や漫画を読んで、涙を流したり、泣いたことがありますか?

Aベストアンサー

以前読んだSF小説「冷たい方程式」は泣いたし考えさせられた。

Q沢木耕太郎の名言

はじめまして。以前沢木耕太郎さんの書籍より気になった名言があり、メモを残していたのですが、肝心な本のタイトルを忘れてしまいました。

どなたか、次の言葉が記載されている書籍のタイトルを知っている方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

『旅はなぞってはいけない。なぞろうとすると復讐される。』

私の記憶では『天涯1』というタイトルだったのですが、今見返してもまったく見当たりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろ調べてみました。どうやら『天涯3』のようですね。
ある人のHPに以下の記述を見つけました。

”その参考にと幾たびか書架から取り出したのが、著者の手になるカラー写真が多数収められた本書『天蓋3』です。本書はある意味、読む旅でもあります。「旅はなぞれない。なぞろうとすると復讐される。」という記述がありますが、これも旅の本質を突いた著者独特の表現です。”

*1頁にこの2つの文章し書かれていないとの記述も他のサイトにありましたが、未確認です。『天涯3』をお持ちでしたらご確認下さい。
参考になれば幸いです。

Q何回も見てようやく分かった映画、何回も読んでようやく分かった本

1回見ただけでは分からなかったけど、何回も見てようやく分かった映画。
1回読んだだけでは分からなかったけど、何回も読んでようやく分かった本。
そういう経験って、ありましたか?どんな作品でしたか?

逆に、何回見ても、何回読んでも分からなかった映画、本でも結構です。
そういう作品を教えてください。
私の知り合いは、村上春樹は何回読んでも分からないと言っていました。

Aベストアンサー

Saw

Qスヌーピー「配られたカードで勝負するしかないのさ」 掲載書籍を探しています!

スヌーピーの名言である、

スヌーピー「配られたカードで勝負するしかないのさ」
"YOU PLAY WITH THE CARDS YOU'RE DEALT..WHATEVER THAT MEANS"

のエピソードが掲載されている単行本を探しています!

以前あった同様の質問↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2026228.html
の回答にある書籍には、残念ながら載っていませんでした><

1991年10月4日の作品だというのも判明しているのですが…
ご協力よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

今手元にないので,確定ではありませんが...

1991年10月4日の作品なら
A PEANUTS BOOK featuring SNOOPY シリーズの10巻だと思います.
http://www.amazon.co.jp/dp/4047043966

ここのサイトにはそう書かれていました.
http://harriet2000.cool.ne.jp/peanuts/forum/books/jbooklist.htm#featuring

関係ないですが,このシリーズは全26巻の作品ですが,
1986.9.1~の作品なので,全て集めても全部のスヌーピーは読めません.
スヌーピーの全集発売してほしいものです.

Q元気で、とりあえず元気で、みんな元気で 

私自身ずっと好きなCMで、今まで見てきた中で一番好きなCMです。

" 色んな命が生きてるんだな ! 元気で、とりあえず元気で、みんな元気で "

きっとご存知の方も多いかなと思うCMです。

皆さんが今まで見たCMで、今でも良く覚えているフレーズはありますか ?

当時のCMです
https://www.youtube.com/watch?v=58W9_0NL1d8
琥珀色の日々
https://www.youtube.com/watch?v=C8MCaRsbrMI

次に好きなCMがこれです。キリンさんが好きです、ってあれです。
https://www.youtube.com/watch?v=Qk7gYV66xxI

Aベストアンサー

トリス君のCMですね。
この犬はその後、CM制作のスタッフが引き取って育てたらしいですね。

私はやはり同じサントリーのCM「雁風呂」です。
http://www.youtube.com/watch?v=1-B7YWakI38

どんなことを言っていたかというと、
“月の夜、雁は、木の枝を口にくわえて北の国から渡ってくる。
渡りの途中、飛び疲れると、波間に木の枝を浮かべ、その上に止まって羽を休めるという。
そうやって津軽の浜までたどりつくと、いらなくなった枝を浜辺に落として、さらに南の空へと飛んでいく。
日本で冬を過ごした雁は、早春の頃、再び津軽に戻ってきて、自分の枝をひろって北国へ去っていく。
あとには、生きて帰れなかった雁の数だけ枝が残る。
浜の人たちはその枝を集めて風呂をたき、不運な雁たちの供養をしたのだという。
あわれな話だなあ~、日本人って不思議だなあ~”という言葉で終わるものでした。

最後しか覚えていませんでしたが、改めて聞き直すと民話のような感じですね。

もうひとつは、JR九州の「九州新幹線開業」CMです。
http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU
これは、開業日の前日に大震災が起こったため、しばらくお蔵入りしていたCMですね。
最後に、“あの日手を振ってくれてありがとう、笑ってくれてありがとう、ひとつになってくれてありがとう”というフレーズがありますが、後になってこれが大震災の被災者を応援するメッセージにも聞こえて、大いに話題になりました。

トリス君のCMですね。
この犬はその後、CM制作のスタッフが引き取って育てたらしいですね。

私はやはり同じサントリーのCM「雁風呂」です。
http://www.youtube.com/watch?v=1-B7YWakI38

どんなことを言っていたかというと、
“月の夜、雁は、木の枝を口にくわえて北の国から渡ってくる。
渡りの途中、飛び疲れると、波間に木の枝を浮かべ、その上に止まって羽を休めるという。
そうやって津軽の浜までたどりつくと、いらなくなった枝を浜辺に落として、さらに南の空へと飛んでいく。
日本で冬を過ごした雁...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報