正規分布,二項分布,ポアソン分布の分布の型を示す関数を調査し,それらの平均値と分散を調べよ・・。というのがありまして・・・。
で,いろいろ本を調べてみて,正規分布,二項分布,ポアソン分布の定義のようなものは理解したんですが,
この場合の関数って何をさすんでしょうか。
こういう事象は○○分布だよ・・とか言われてもイマイチ分からないし。
どう考えても,関数ってのは各1種類ずつ(確率函数???)しか無いような気がするんですが,根本的に何か考え方が違うような感じがするので,どういったことを調べて答えたらいいか,ヒントだけでもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えっと、


正規分布、二項分布、ポアソン分布共に、

f(x)=うんちゃらかんちゃら
というもので示されます。

例として出すと、正規分布ではおもしろくないので、二項分布だと、
f(x)=nCxp^xq^(n-x)    と表されます。
ただし、x=0,1...n かつ p,q>0 かつ p+q=1を満たす
p,q,nは定数。
これって、xの値で”変化”しますよね。これが関数なのです。
ちなみに、平均はnp,分散はnpqです。平均や分散はxによらないので、一定です。

たとえば、不良品が1/100,正常品が99/100で、無作為に
10個とったときに不良品がx個含まれる確率はいくらか。
→これはAorB、かつA+Bが母集団だから、二項分布にあてはまります。
じゃぁ、上記f(1)は、不良品が1個含まれる確率ですよね。
nは10、p=1/100,q=99/100。さぁ、平均・分散はいくらだ、と。

ですから、各一種類という理解は間違っていないと思いますから、
平均分布、二項分布、ポアソン分布それぞれの
関数とe(x)とv(x)を出せばよいかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/01 02:23

概ね#1の方の答と同様ですが、このような場合の関数とは確率密度関数 f(x)、あるいは累積分布関数 F(x) を指しています。

両者の関係は
F(x) = ∫f(u)du ただし積分範囲は(-∞,x]
となっています。
それぞれの関数形は、例えば統計学入門(著:森棟、新世社)などの適当な参考書を参照してください。

因みに平均 E、分散 V は、正規分布などの連続型であれば
E = ∫x f(x)dx
V = ∫(x-E)^2 f(x)dx
二項分布やポアソン分布などの離散型であれば
E = Σx f(x)dx
V = Σ(x -E)^2 f(x)dx
と定義されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/01 02:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング