MacOSX10.3.9でiTunes4.7を使っています。

そろそろ音楽データが4GBを超えたので、DVDへデータをバックアップしようと思います。AppleのHPのiTunesのサポートページに、バックアップ方法として、一つのプレイリストにすべての曲を登録し、それをDVDにデータディスクとして焼けばよいと書いてありました。

バックアップはその方法しかないのでしょうか?

というのも、曲をいくつかのプレイリストで分けているんですが、Appleの方法だとそのプレイリストの情報は保存できません。できればプレイリスト情報をそのままに全ての曲をバックアップしたいのです。
ライブラリのiTunesフォルダをそのままDVDに焼きこんだのでは、後で読み出すにも、iTunesでは読み込めないので、自分でライブラリを操作しないといけません。それは使い勝手が悪すぎます。できれば、そのDVDを読み込んだ際に、iTunesでバックアップしたプレイリストが表示できるようにしたいのです。

何か良い方法はありませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プレイリストは『iTunes 4 Music Library』、『iTunes 4 Music Library.xml』として用意されています。


ですから、これを含め丸ごとバックアップすればOKですが、
DVDのサイズを越した場合はプレイリストを変更する必要が
有ります。
iTunesのプレイリストを利用した場合はDVDのサイズに合わせ分割
して書き込まれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、誠にありがとうございます。

やはり、プレイリストを維持したまま、データをバックアップ(移動)するのはできないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/22 23:00

「バックアップ」を言葉の定義どおりに使用するのなら、ミュージックフォルダの「iTunes」フォルダをまるごとDVD-Rに焼くことでバックアップを行えます。



> ライブラリのiTunesフォルダをそのままDVDに焼きこんだのでは、後で読み出すにも、iTunesでは読み込めないので、自分でライブラリを操作しないといけません。それは使い勝手が悪すぎます。できれば、そのDVDを読み込んだ際に、iTunesでバックアップしたプレイリストが表示できるようにしたいのです。

これはバックアップという言葉からはずれた使い方です。バックアップは、もとの場所(内蔵ハードディスク上>ユーザフォルダ>ミュージックフォルダに書き戻すことによって使えるようになるわけで、使い勝手が悪いといっても、ややお門違い的な印象を受けます。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。

確かに「データをバックアップする」という観点から言えば、おっしゃる通りだと思います。「移動する」と言えばよかったですね。
ディスクを圧迫してきたので、DVDへ「データを移動して」、また戻したくなった際に、その後につくったプレイリストは維持したまま、プレイリストを追加するイメージで戻せないものかと思ったので、
質問させて頂きました。

補足日時:2005/04/22 22:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング