神経ペプチド(ニューロペプチド)とカテコラミンの生合成経路は
具体的にはどうのように違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00さんも言っておられますが、少し質問が曖昧なので、答えになっているかどうか分かりませんが、一応補足として(専門書はお持ちでしょうし、ご存じだったら済みません)。



ニューロペプチドについては、ニューロペプチドY(NPY)に代表されるpancreatic polypeptides super familyのことについて主にお知りになりたいのでしょうか?
最初に膵ランゲルハンス氏島から単離されたpancreatic polypeptide (PP)は、36アミノ酸残基からなるポリペプチドでC末端のチロシンのアミド化という特徴を持っており、これは膵ラ氏島のF細胞やD細胞で合成されていますが、このPPに対する抗体で免疫組織染色をした際に、交換神経組織が陽性に染色され、NPYの存在が明らかになりました。このNPYは大脳皮質や視床下部、中枢下位脳幹のノルアドレナリン細胞(A1~A6)やアドレナリン細胞(C1~C3)、末梢神経系の交感神経系節後ニューロンでノルアドレナリンと共存するで、形で存在し、神経細胞体内で合成されます。もちろんポリペプチドですので、rei00さんのおっしゃる通り、遺伝情報に基づいてアミノ酸から合成されます。それはもちろんPPについても同じで、これは膵ラ氏島の上述の細胞で同様に合成されます。ただ、分泌する先が、血中であるのか、シナプスにおける受容体に向けてであるのかの違いです。

また、カテコラミンについては、副腎髄質(外胚葉由来、交感神経節細胞として発生)で合成されるものは血中に分泌されます。そしてノルアドレナリン神経系細胞に存在するものはその細胞体内で合成され、神経伝達物質として末端から放出されます。
カテコルアミンの生合成過程は、フェニルアラニン→チロシン(ここまではヒドロキシラーゼ)→ドーパ(カルボキシラーゼ)→ドーパミン(オキシダーゼ)→ノルアドレナリン(トランスフェラーゼ)→アドレナリンです。
(化学構造を含めた詳細については、その局在も含め、生理学の典型的な教科書が一番分かりやすいかも知れません)

「生合成経路」ということでしたので、その局在と生合成過程両方をお聞きになりたいのか、はたまたそのどちらかなのか分からず、どうにも回答の仕方が分からなかったのですが、神経生理学あるいは生理学、生化学の教科書でご自分の目で一通りご覧になるのが一番いいと思います。
    • good
    • 0

 MiJun さんと同じく,私も御質問の意図がわからないんですが。

何か具体的な化合物が念頭にありますか。

 一般論で言いますと, 「神経ペプチド(ニューロペプチド)」はペプタイドですので,遺伝子情報に基づいてアミノ酸から合成されます。詳細は「生化学」,「細胞生物学」,「分子生物学」等の教科書をご覧下さい。

 「カテコラミン」はアミノ酸が脱炭酸されて生合成されます。詳細は,「生化学」,「生理学」,「薬理学」等の教科書をご覧下さい。
    • good
    • 0

以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


================================
脳のホルモン/伊藤真次/朝倉書店/1993.10 
神経ペプチド/1991/祖父江逸郎∥〔ほか〕…/メディカルレビュー社…/1991.10 
新生理科学大系/第14巻/星猛,伊藤正男/医学書院/1988.8 
神経ペプチドの基礎と臨床/加藤進昌,兜真徳/金剛出版/1987.1 
精神神経内分泌/永津俊治∥〔ほか〕編…/中山書店/1982.10 
神経ペプチド/伊藤真次/理工学社/1980.11 
神経分泌/石居進,浦野明央/東京大学出版会/1980.11 
==================================
romantists2001さんは有機化学が専門のようですが、具体的にどのような意図での質問でしょうか?

一般的なものであれば、生化学・薬理学・生理学の基礎の成書を見れば十分であると思いますが・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

曖昧な質問ですいません。
これは友人の試験問題(過去問)そのままの転載でした。
僕にはうまく答えれなかったのでみなさんの意見を聞きたかったのです。
もう少し教科書を読んでみることにします。

補足日時:2001/09/13 14:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペプチド医薬品の生体内(血液サンプル)での 精製、定量分析方法を教えて

ペプチド医薬品の生体内(血液サンプル)での 精製、定量分析方法を教えてください。 メーカーの特殊カラム、セミナーなどに頼らず、原理的な方法(特に前処理)を求めています。 最終的にはLC/MS LC/MS/MSに持っていけるような、 簡単な前処理方法があったらよろしくお

Aベストアンサー

まず血液から血清をとるのは簡単でしょう。
血清中の蛋白質を硫安沈殿で除きましょう。

あとはペプチド医薬品の物性にもよります。

とりあえず精製の条件検討をするに当たって、
放射性同位体や蛍光色素で標識されたペプチド医薬品が
必要かと思います。

Qアブサイジン酸の生合成経路

アブサイジン酸(ABA)は、カロテノイドの分解によって生じますが、他にメジャーな生合成経路は存在するのでしょうか?そのような代謝経路か、参考資料などご存じの方、おられましたらお願いします。
(ないと、カロテノイドを作らない植物は、ABAを合成できないことになってしまいますよね??)

Aベストアンサー

 sabakanさん、こんにちは。

 代謝経路を知りたい場合は「Pathway」を用いるのが良いです。

 一応、最近の研究者が最短で調べる方法は

[ GenomeNetで
search→Compound(生理活性物質のデータベースです。)
For→abscisic acid
として「GO」を行います。CPD Numberが表示されますからCPD# C06082を選ぶとabscisic acidの構造と「Pathway」へのリンクが表示されます。]
(直リンは嫌いなのでURLは貼っておきませんがすぐわかりますよね。)

 sabakanさんは研究者のようなので当然と思いますが、一応データベースの結果を鵜呑みにせず成書・文献等でもご確認下さい。

 何か疑問点がありましたら補足欄に書き込んでください。時間があればレスします。

Q【化学】美容成分ペプチドのペプチドって何ですか? ヒトオリゴペプチドどういうペプチドですか? ペ

【化学】美容成分ペプチドのペプチドって何ですか?

ヒトオリゴペプチドどういうペプチドですか?

ペプチドってそんなに種類があるんですか?

ヒトオリゴペプチドのオリゴはオリゴ糖のこと?

Aベストアンサー

ペプチド:簡単にいうとアミノ酸が2個以上つながった構造のものの総称です。
2個以上であれば10個でも20個でもつながっているものをペプチドと呼びます。

オリゴペプチドとは、 2~10個程度という比較的少数のアミノ酸からなるペプチドのことです。
ヒトオリゴペプチドとは、ヒト+オリゴペプチドで化学的にEGF(epidermal growth factor=上皮成長因子:上皮組織に作用してその成長を促進するもの)のことです。これは人間が本来持っている因子で、皮膚の表面にある受容体と結びつき新しい細胞の生産を促進する体内で形成されるタンパク質の一種です。

>ヒトオリゴペプチドのオリゴはオリゴ糖のこと?
オリゴペプチド=oligopeptide
オリゴ糖=oligosaccharide
とどちらもoligoという単語は同じですが、成分が違います。
oligoはギリシャ語の「少ない」という意味の接頭語です。ですから、ヒトオリゴペプチドはオリゴ糖ではありません。

Qポリフェノール類の生合成経路、植物にとっての役割

ポリフェノール類(クロロゲン酸、ルチン、ケルセチンなど)の生合成経路、植物にとっての役割をレポートでまとめないといけないのですが、なかなかこれといった成書に出会えません。
どなたかご存知の方、教えていただけませんでしょうか。
またこの本は詳しいよ!、ここの研究室はやってるよ!など、なんでもかまいませんのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 お書きのものであれば,天然物化学の教科書には出ていると思います。御覧になりましたか? とりあえず,手元にある生合成を中心とした天然物化学の成書をあげておきます。

「天然物化学」
 廣川書店,1979年
 J.M. Tedder, A. Nechvatal, A.W. Murray, J. Carnduff 著
 井上博之・上田伸一・井上謙一郎・武田美雄 訳

「植物の代謝経路」
 廣川書店,1986年
 磯井廣一郎 著

「天然物化学 -生合成反応の機構-」
 講談社サイエンティフィク,1984年
 K.G.B. トーセル 著
 野副重男・三川 潮 訳

 教科書レベル以上の内容が必要なら,もう少し具体的な補足を下さい。

 「天然物化学研究者」ですが,生合成は直接研究してませんので「一般人」としておきます。

Q神経ペプチドと大豆ペプチドを教えてくたさい。

神経ペプチドと大豆ペプチドの「ペプチド」のちがいを教えてください。
脳内には、神経ペプチドがあります。大豆ペプチドを摂取すれば、神経ペプチドにどのような影響があるのでしょうか。
脳神経や精神医学に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先に回答したものです。

とりあえずお詫びから。
GABAはアミノ酸、ドーパミンはモノアミンでした。
申し訳ありません。
下のサイトでポリペプチドのところをみていただければ神経ペプチドの例はわかるかと思います。
Wikipedia ”神経伝達物質”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E4%BC%9D%E9%81%94%E7%89%A9%E8%B3%AA

GABAを摂取すればGABAの分泌量が増えるかということですが、
体は常にちょうどいい量を調節して放出しているので、原料がたくさんあっても過剰に作ると言うことは普通しません。
作れるだけ作っていては体内のバランスが崩れてしまいますから。
それまで不足しているようであれば原料を追加すれば分泌量は正常値まで増えますがそこから極端に増えることはありませんよ。
このあたりは内分泌学的な話になるので以下を参照していただくと参考になるかもしれません。
Wikipedia ”ホルモン” ※神経伝達物質も一種のホルモンです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

GABAは経口摂取での効果が認められているようですが、それは摂取したもの自体の効果であり、分泌を促進したというわけではないと思います。

栄養学系の専門家ではありませんので(どちらかというと内分泌系)サプリメントなどについては詳しくないのでお答えいたしかねます。
申し訳ありません。

先に回答したものです。

とりあえずお詫びから。
GABAはアミノ酸、ドーパミンはモノアミンでした。
申し訳ありません。
下のサイトでポリペプチドのところをみていただければ神経ペプチドの例はわかるかと思います。
Wikipedia ”神経伝達物質”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E4%BC%9D%E9%81%94%E7%89%A9%E8%B3%AA

GABAを摂取すればGABAの分泌量が増えるかということですが、
体は常にちょうどいい量を調節して放出しているので、原料がたくさんあっても過剰に作ると言うことは普通...続きを読む

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

QインスリンとC-ペプチドの比は必ず1:1になっているのか?

プロインスリン/インスリン比とプロインスリン/C-ペプチド比でβ細胞機能を検討できるとあります。
インスリンとC-ペプチドは1:1で存在するため片方だけ、つまりプロインスリン/インスリン比もしくはプロインスリン/C-ペプチド比のどちらか一方だけを調べておけば十分だと思うのですが、どちらも調べるのには何か意味があるのでしょうか?また、インスリンとC-ペプチドが1:1の割合で血中に存在しないことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。二つのケースがあります。

一つはインシュリン注射等で外部からのインシュリン供給がある場合。

もう一つは、抗インシュリン抗体が存在する場合に、Cペプチドは沢山あっても、あるはずのインシュリンが検出されないという結果が出ます。
具体的には自己免疫による糖尿病ですね。

Q合成ペプチドの細胞毒性

合成ペプチドを細胞にふりかけて実験に使おうと考えています。
その際、合成ペプチドの細胞毒性について教えてください。

各メーカーで合成ペプチドの受注はやっていますが、外注する場合、
精製度90%以上ではないと細胞毒性がでるなどのガイドラインはありますか?またどのメーカーがコストパフォーマンス的にも良いかなど、ありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その合成ペプチドを細胞にふりかける目的によっても意味は異なってくるでしょうが、当然のことながら濃度が高すぎては毒性を持ちます。例えば、カチオン性のpoly-L-lysinやアルギニン配列は、遺伝子デリバリーなどに用いられていますが、高濃度で細胞増殖に影響を及ぼすことが知られています。疎水性の高いものであればより影響が大きいかもしれません。また、特定配列が細胞表層の接着因子やTLRなどに影響することも知られていますし、単に毒性といっても細胞数で見るからには、細胞が破壊、増殖抑制、アポトーシス誘導などいくつかのことを考える必要があるかもしれません。

「精製度」の悪さが少量の塩やアミノ酸の存在を意味するのであれば特に問題はないかと思います。これも当然、質問者様が「精製度」に何を求められるかによると思います。

ガイドラインについては、臨床でもない限り関係ないと思います。

Q液相法によるペプチド合成の方法について

 ペプチド合成には、液相法と固相法の2種類があると思います。液相法によるペプチド合成の手順を知りたいのですが、固相法が確立されて以来液相法があまり行われなくなったのか、ネットや本を調べても載っていなくて困っています。
 液相法によるペプチド合成の手順について、また固相法と液相法の違いについてわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

固相法はカルボキシ末端を担体樹脂に固定し、アミノ酸を順次、活性エステル法で1つずつ縮合してペプチド鎖を延長した後に樹脂から脱離させてペプチドをつくる方法。
液相法は溶媒中で活性エステル法や混合酸無水物法などで適当な長さのペプチドをつくり精製し、それらをフラグメント縮合法で目的ペプチドを合成するのが一般的。
固相合成法の研究が著しく進展し、効率よくペプチド合成ができる中で、液相法をあえて使うのは特殊な場合を除いて、メリットはないとおもいます。もちろんその関係の研究であれば別ですが。
たしかに教科書的な本は洋書以外は見当たりませんね。
実験化学講座シリーズにある程度で、
30年以上昔の泉屋の本には液相法について記述があったとおもいます。

Qポリペプチドの合成実験について

人工的に合成したmーRNAに大腸菌のしぼり汁や必要な成分を加えてポリペプチドを合成する実験で、mーRNAのコドン内にメチオニンを指定するコドンがないのにポリペプチドが合成されるのがわかりません。

試験管にくわえた「必要な成分」によって転写が開始されるのですか?

Aベストアンサー

開始コドンの開始は転写の開始を示すコドンではないでしょうか?

まずコドン解読の際、ポリUの人工mRNAを翻訳してできる産物がフェニルアラニンの
ポリマーだったことから、UUUがフェニルアラニンをコードしていることがわかったわけですから。

一般にプラスミドベクターDNAの転写誘導にはIPTGなどを使いますが、
人工的に合成したm-RNAの場合は、転写の必要はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報